フランシス・ベーコンの名言

フランシス・ベーコンのプロフィール

フランシス・ベーコン。イングランドのルネサンス期におけるキリスト教神学者、哲学者、法律家。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、ロンドン・グレイ法曹院で学んだ後、国会議員となる。法務次長、国璽尚書、大法官を務めたのち、汚職の嫌疑をかけられ失職。主な著書に『学問の進歩』 『ノヴム・オルガヌム―新機関』『ニュー・アトランティス』 など。

フランシス・ベーコンの名言 一覧

冗談は、しばしば真実を伝える手段として役立つ。


嫉妬は常に他人との比較においてであり、比較のないところには嫉妬はない。


学問にあまり多くの時間をかけすぎるものは怠惰である。


高みに登る人は皆、螺旋階段を使うものだ。


人は確信をもってはじめると、それは疑いに終わる。しかし、疑いながらはじめることに満足するなら、それは確信に終わる。


真の友をもてないのはまったく惨めな孤独である。友人が無ければ世界は荒野に過ぎない。


金銭は肥料のようなものであって、ばら撒かなければ役に立たない。


人生は道路のようなものだ。一番の近道は、普通一番悪い道だ。


富を軽蔑する人をあまり信ずるな。富を得ることに絶望した人間が富を軽蔑するのだ。こういう人間がたまたま富を得ると、一番始末が悪い人間になる。


生みだされ受けいれられてきた哲学はどれも、舞台の上で演じられるお話のようなものだ。それらが説いているのは芝居小屋向けの架空の世界にすぎない。


おのおのは自分の運命の作り手ではないが、自分の才能の作り手ではある。


知識とはすなわち人間の力である。


フランシス・ベーコンの経歴・略歴

フランシス・ベーコン。イングランドのルネサンス期におけるキリスト教神学者、哲学者、法律家。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ、ロンドン・グレイ法曹院で学んだ後、国会議員となる。法務次長、国璽尚書、大法官を務めたのち、汚職の嫌疑をかけられ失職。主な著書に『学問の進歩』 『ノヴム・オルガヌム―新機関』『ニュー・アトランティス』 など。

他の記事も読んでみる

三浦淳寬(三浦淳宏)

どんな世界でも天才は一握り。僕は持ち前のセンスに胡座をかいて天狗になり、消えていった選手を何人も見てきました。


スティーブ・バルマー

壁にぶつかって失敗してもいい。それでも、ぶつかって、ぶつかって、ぶつかって、ぶつかり続けることが大事なんだ。


ウォーレン・バフェット

株は単純。みんなが恐怖におののいているときに買い、陶酔状態の時に恐怖を覚えて売ればいい。


土井英司

自由なコラボレーションから新しいビジネスが立ち上がるこの時代にあって、一流のビジネスパーソンほど、打算や下心が見える言葉や話し方を嫌う。利害抜きで面白い、一緒に何かやってみたい信頼できる人物と、あなた自身が見なされることは極めて重要。そこで問われるのは、利害のからまない雑談の上手さや、高い所からではなく共感を通じて志を伝える能力。


平田雄一郎

他社ができそうな仕事は断る。


田岡信夫

アメリカのマッキンゼーが、日本の企業をいろいろなアプローチで分析して、日本の企業の体質的弱点というものを指摘したことがある。要するに意思決定の領域の基準にエモーショナル・フィーリングが多いという批判。つまり、企業間競争のルールであるべき領域の中に、こうしたエモーショナルなフィーリングが入っているという批判である。


テリー伊藤

話が通じないほど怒っている相手にはまず鎮火のためにリズムを変えること。聞く耳を持っている人には、共感性を大切にして自分の言葉で語りかけていくこと。この2段階の対処法を駆使すれば、クレームはお客さんとのコミュニケーションの入口に変わっていくはずですよ。その上で、自分たちの企業理念なりを伝えていけばいいんです。


安川英昭

私がスピードにこだわるのは、気が短い性格にもよりますが、仕事において約束を守ることが最も大切なことだと考えるからです。若いころに納期を守れずお客さんに迷惑をかけたことが何度かありました。のんびりやっていたのでは、約束は守れません。


内田和成

極論すれば、仮説は思い付きレベルでもいいんです。ある程度用意周到に導き出した仮説でも、風呂場でパッとひらめいた思い付きでも、本質に迫ってさえいれば、どちらでも構いません。ただ、最初から自分で本質に迫っているかどうかを判断するのは難しいので、とにかく生煮えの状態でも上司に提出してジャッジをあおぐべきです。たとえ思い付きでも、それが正しければ評価されるし、間違っていればまたやり直せばいいだけですから。


宗次徳二

店のチェックのとき、店長がほかのお客様よりも、私に先にカレーを持ってきたことがあります。私は厳しく怒りました。お客様が第一。私に気を使ったりするような、間違った判断はいりません。


小山田浩定

役員賞与を受け取ったのは数えるほどです。自分のポケットに入れるよりも、会社の純資産を増やしたほうが、株価が上がって社員が安心する。


伊藤真(弁護士)

どんな勉強でも、一番に学ぶべきことは基礎・基本です。次に、全体像。この2つを押さえることが大切です。基礎・基本は、簡単に思えて、これほど難しく、深いものはありません。また、全体像を理解することは、新しいことを学ぶうえで不可欠です。部分がわからないと全体がわからないし、全体がわからないと部分がわからない。部分と全体は相互依存の関係です。常に全体を意識しながら学ぶことが大切です。


太田光代

とりあえず会社に染まりなさい。話はそれから。乱暴に聞こえるかもしれませんが、染まって初めて分かるものがたくさんあります。「会社に何を求められているのか」も発見できるはず。会社のいい点と悪い点も次第に見えてくる。


木南陽介

他社との提携というのは、人とのご縁が大事。


高田明(ジャパネットたかた)

変化に対応するには、自己否定できることがすごく大事です。すべて打ち消すという意味でなく、常に変わろうと考え、何かを求めていく心を持たなければなりません。


ページの先頭へ