名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フランシスコ(ローマ法王)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フランシスコ(ローマ法王)のプロフィール

フランシスコ(ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ)。第266代ローマ法王。アルゼンチン・ブエノスアイレス出身。史上初のアメリカ大陸出身のローマ法王。

フランシスコ(ローマ法王)の名言 一覧

私たちは歩みたいように歩み、多くのものを構築できます。しかし、イエス・キリストを告白しないならば、物事はうまくいきません。


猫や犬には大きな愛情を感じているのに、隣人の飢えは手助けをせずに放っておく人をしばしば目にする。


あなたにも心の中の渇きと闇でつらいと感じる時もあるでしょう。そういう時こそ、イエス様の後を追いその道をたどるべき時なんです。そのつらい時と良い時のバランスが大切です。


フランシスコ(ローマ法王)の経歴・略歴

フランシスコ(ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ)。第266代ローマ法王。アルゼンチン・ブエノスアイレス出身。史上初のアメリカ大陸出身のローマ法王。

他の記事も読んでみる

池谷裕二

私は、ものごとについて「俺だけは知っている」と思うことはできません。きつい言い方かもしれませんが、「俺だけは知っている」では、ものごとをわかったということにはならないのではないでしょうか。「オタク」や「おままごと」に過ぎないのかもしれません。他人の批判にさらされない思考は、そもそもいいのかダメなのかさえ、判断ができないものなのでしょう。歯がゆいですけど、言葉や数式にしなければ本人にもわからないままで、発見や理解について他の人たちに伝える時には、かなり話を噛み砕かなければならない。


小川仁志

哲学が難しいと感じるのは、単に言葉の問題なんですよね。どんなに哲学的な内容でも、突き詰めていけば、小学生でも分かるような話だったりします。「難しい言葉を使わない」というルールは、特に哲学を学んだことがある人に徹底してほしいですね。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

我が社の行動指針に「新しい失敗は大歓迎です」とあるのは、「失敗=フィードバック」であり、そのフィードバックを生かして次に動くことが大切だからです。


新将命

企業理念をきちんと使うと業績が上がります。理念が業績に及ぼす影響を数字で示したものがあります。20年間における経常利益率の増加をみるとき、企業理念のある会社は7.8倍に増え、企業理念のない会社は3.6倍にとどまっています。優れた企業理念は、確実に収益につながるのです。


亀井静香

運輸大臣や建設大臣もやったけど、一度も大臣席に座ったことがない。この応接セットの椅子が一番落ち着きます。


村田昭治

相手の立場を考えるのが商人だ。そして感謝しながら、相手にこころを捧げていくことが繁盛への決め手になる。


堀之内九一郎

私には実現できていない夢がまだまだある。「いつかは」という思いがあるから歩み続けられる。それがある限り「もう、諦めます」と歩みを止めることなどできない。


中本晃

常に研究開発に努力し、ナンバーワン、オンリーワンの製品を世に送り出してこそ、社会を豊かに、人を幸せにしていくことができる。


柴田励司

以前は「求心型」のリーダーでした。「俺についてこい!」と牽引するタイプです。いわば、自分のために皆を働かせていたのです。いまは「遠心力型」マネジメントへ変えました。皆のために私が働く、というスタイルです。その結果、スタッフとの心理的な距離が縮まり、彼らの方から様々な働きかけをしてくれるようになりました。


池谷裕二

目の前にある「すごい」という事実を整理整頓し、サイエンスの世界で理解される範囲のワクの中にパッケージングしなければ、論文にはなりません。そうして言語化していくプロセスは苦しいですけど、「このように見せていけばいいじゃないか」と考え抜くという、伝えるための試行錯誤は楽しいものでもあります。論文執筆前に学会などで発表すれば、「こうやれば伝わるのか」「こう言うと伝わりにくいな」と当たりもつかめます。


臼井由妃

断るにしても「どうして断るか」が大事です。仕事の依頼などの場合は、すっぱりと断ることができません。正面切って断れば角が立つ、すなわち人間関係にヒビが入ると考えてしまうからです。たしかに「嫌です」「やれません」とぶっきらぼうに言われれば、誰だっていい気持ちはしないでしょう。しかしそれは断り方が悪いからであって、断ること自体は感情とあまり関係がありません。


小笹芳央

トップは、不感症になってはいけない。たとえばマーケットが変わっているのに自分たちの内部の整合性ばかりを優先させるようになると、これは動脈硬化、脳梗塞が起こりかけているのに気づかないようなものです。