名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

フランク・ミュラー(時計技師)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フランク・ミュラー(時計技師)のプロフィール

フランク・ミュラー。スイスの時計技師。時計ブランド「フランク・ミュラー」創始者。スイス・ヌーシャテル州出身。ジュネーブ時計学校を首席で卒業。その後、熟練技師の工房で修業したのち独立。フランク・ミュラーブランドを創始した。

フランク・ミュラー(時計技師)の名言 一覧

革命的な美しさと時代に左右されない普遍性、そして明らかにほかとは違うアイデンティティーがあった。

【覚え書き|フランク・ミュラー トノウカーベックスのヒット要因について】


腕時計は身に着けるものだから快適であるべきだ。加えて、着装したときの美しさ、すなわち手首との調和を追求した。


最初に考えたのは視認性。私の顧客はそれなりに年齢を重ねた人が多かったため数字は大きいほうがいい。ただ、樽形のフォルムの場合、12と3では文字盤のスペースが全く異なる。そのため数字のプロポーション、バランス、太さ、位置……などを一つ一つアレンジした。着想を得たのは、時計修復でよく目にしていた20世紀初頭のアラビア数字です。


フランク・ミュラー(時計技師)の経歴・略歴

フランク・ミュラー。スイスの時計技師。時計ブランド「フランク・ミュラー」創始者。スイス・ヌーシャテル州出身。ジュネーブ時計学校を首席で卒業。その後、熟練技師の工房で修業したのち独立。フランク・ミュラーブランドを創始した。

他の記事も読んでみる

杉山武史

タイの赴任を終えて、古巣の自動車部門に戻るものだと思っていたら、携帯電話の製作所の責任者になった。完全な落下傘で、水戸黄門には助さん格さんがいたが、私は独りぼっち。はじめの半年は従業員やお客様の話を傾聴することや自分のメッセージを伝えることに徹した。


駒崎弘樹

短い時間で従来と同じかそれ以上のアウトプットを出し、生まれた可処分時間を自らの付加価値向上に投資する。そんなサイクルを持つ人が、今後求められる社員。


カルロス・ゴーン

国際的に活躍する人の共通点は、自分とは違う人に興味を持ち、共感し、敬意を払う姿勢があるところだ。


伊藤明(伊東屋)

我々が大切にしているのは、新しいものを見つけて、お客様に紹介すること。また商品は使い捨てではなく、一度手にしたらずっと使いたくなるようなものであるべき。そして人と人との関係性を大事にしていなければならない。


内田恒二

OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)で一度に教えられるのは2人くらいでしょう。しかし、その2人がまた2人ずつ教えていけば、暗黙知的なものも含め、ネズミ算的に広がっていきます。いい意味での知のネズミ講ができれば、組織全体の力はグンとアップします。


柳澤大輔

ブレインストーミングを行うことで仲間のアイデアに乗っかり、仲間のアイデアを褒めあうことでチームワークがよくなります。また、数多くのアイデアを出すトレーニングが仕事を面白がることにつながるというメリットも見逃せません。会社に課題があったときにただ批判するだけではなく、どうすれば課題を解決することができるのかを自然と考えられるようになるからです。


神田昌典

私が面白いと思ったのは、大阪の住宅メーカーが、他社のチラシを見た観点である。どういう観点かというと、まず商品仕様を見る。そして価格とのバランスを考える。つまり、商品品質と価格で、チラシの反応が決まると考えている。これは大変、大きな勘違い。お客はそういった観点からチラシを眺めていないから。「○○したいかどうか」という好き嫌いで、判断しているのである。このコンマ数秒の、好き嫌いテストをパスしないと、あなたのチラシはゴミ箱行きの束に直行する。


為末大

400メートルハードルへの転向は、手段としての100メートルを諦めたのであって、「陸上で勝つ」という目的を諦めたわけじゃない。あの決断は、その後の陸上人生に大きな影響を与えました。好きか、嫌いか。カッコいいか、カッコ悪いか。そういう判断基準はすべて捨てて、勝つために必要なら取り入れるし、必要でなければ諦めるという思考が自然にできるようになりました。


千田琢哉

数々の経営者をみていると、創業社長には不器用な方が多いのに気がつかされます。器用にどんな仕事でもできるわけではなく、むしろ自分の不器用さに悪戦苦闘しています。地獄のような苦労を重ねています。それでも挫けないのは、「不器用に遠回りをしても、最後に自分ならではのルートがハッキリと浮かび上がる」と確信していたからです。


ヴォルテール

自尊心とは空気でふくらませた風船である。ちょっと突いても破裂して風になってしまう。


秋元康

10戦10勝を目指すのではなく、「5勝4敗1引き分け」でいい。そう思ったら自分自身がとても楽になりました。たとえスタッフの仕事にミスがあったとしても、怒るのではなく、逆に励ますことができるようになりました。


冨安徳久

事業計画とは途中で変わっていくもの。