名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

フランク・ミュラー(時計技師)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フランク・ミュラー(時計技師)のプロフィール

フランク・ミュラー。スイスの時計技師。時計ブランド「フランク・ミュラー」創始者。スイス・ヌーシャテル州出身。ジュネーブ時計学校を首席で卒業。その後、熟練技師の工房で修業したのち独立。フランク・ミュラーブランドを創始した。

フランク・ミュラー(時計技師)の名言 一覧

革命的な美しさと時代に左右されない普遍性、そして明らかにほかとは違うアイデンティティーがあった。

【覚え書き|フランク・ミュラー トノウカーベックスのヒット要因について】


腕時計は身に着けるものだから快適であるべきだ。加えて、着装したときの美しさ、すなわち手首との調和を追求した。


最初に考えたのは視認性。私の顧客はそれなりに年齢を重ねた人が多かったため数字は大きいほうがいい。ただ、樽形のフォルムの場合、12と3では文字盤のスペースが全く異なる。そのため数字のプロポーション、バランス、太さ、位置……などを一つ一つアレンジした。着想を得たのは、時計修復でよく目にしていた20世紀初頭のアラビア数字です。


フランク・ミュラー(時計技師)の経歴・略歴

フランク・ミュラー。スイスの時計技師。時計ブランド「フランク・ミュラー」創始者。スイス・ヌーシャテル州出身。ジュネーブ時計学校を首席で卒業。その後、熟練技師の工房で修業したのち独立。フランク・ミュラーブランドを創始した。

他の記事も読んでみる

オグ・マンディーノ

明日という日があるのは愚か者の暦だけ。昨日の敗北は忘れ、明日の問題は無視します。今日こそ、最後の審判の日。あなたの持っているすべて。それを一年で最高の日にするのです。もう一度人生をやり直せたらという言葉ほどわびしいものはありません。今日はあなたの日です。


田中俊彦(経営者)

スタッフを信頼して任せる部分は大きい。一人ひとりがしっかり考えてやってくれれば細かいところは事後報告でいい。事後報告すらいらないということもある。


福嶋康博

事業には常に成長が必要であり、終わりがありません。常に満足せずに、次の目標を目指すことが重要。


田村潤

仕事だけの人間は視野が狭くなる。私はしっかり遊ぶことも推奨しました。中には出勤前に潮干狩りをする社員もいましたね。体験して分かる現地の空気がある。その延長線上で「浜で大鍋キャンペーン」の発想も生まれました。


野村雅男

当社が冠スポンサーになっている「鳥人間コンテスト」には若手社員チームも出場し、私を含め多くの社員が応援で盛り上がっています。


内藤誼人

もしあなたが普段「すみません」と言っているならいますぐ「ごめんなさい」に変えましょう。「すみません」が理性の言葉なのに対し、「ごめんなさい」は感情の言葉。謝罪においてはビジネス的であるよりも、反省の気持ちが伝わりやすいのです。また立場の弱さを強調し、相手の同情心を引き出すことで、怒りが増長するのを防ぐ効果も。結果、真摯な態度をアピールでき、最初のマイナスイメージもプラスに。そして最後に、ゆっくりと45度の深いおじぎをして上司の前から立ち去る。これであなたの申し訳ない気持ちは十分に伝わるはず。


フィリッポ・ブルネレスキ

知者を装おうとするから、いつまでも無知から抜け出せないのだ。


末木紳也

40代に差しかかると、必ずしも資格を取ることが絶対有利とは限りません。誰しも資格はなくても、長年培ったキャリアや専門分野、ノウハウ、スキルなどがあるはずですから、それらを前面に打ち出して勝負すべき時期なのです。


和田秀樹

いま、全国の小学校で「調べ学習」が流行っています。自分がわからない言葉や事柄に対して、ネットで検索して正解を見つけるのではなく、図書館に行ったり、辞書や百科事典を引いて調べる学習法です。アナログな方法と思う人もいるでしょう。ところが、学校に設置されたパソコンなどのデジタルツールを、あえて使わないのにはメリットがあります。ひと手間かけて答えを探すことで、調べることが正解さえわかればいいという単純作業ではなくなります。また紙媒体の辞書のページをめくることで、調べたい目的以外の単語や図版も目に入る。新たに興味や好奇心が生まれ、さらに知識を広げてくれる効果があるのです。このアナログ式勉強法で自分自身の知識量を増やしてから、デジタルツールを使ったほうが飛躍的な力を発揮できます。


枡野俊明

余裕がない一日の始まりは、縁の初めが悪いので、どんどん悪い縁につながっていく可能性があります。初めにいい縁を結ぶためにも、朝に掃除をすることは有効なのです。


朝井リョウ

スピードの質は何で決まるかというと、集中力。1日の執筆時間が、学生時代は10時間、いまは3時間だとしても、アウトプットの量はそれほど変わらない。いまの3時間のほうが、集中力の密度が濃いから。


遠藤功

社長就任時、「外資系コンサルティング会社の三強の一角に食い込む」という目標を立てました。知名度も実績も皆無の当時、それは途方もない夢でした。いわば大ぼらですね。でも成功体験がないときこそ、大きな目標が牽引力になります。