名言DB

9419 人 / 110788 名言

フランク・ミュラー(時計技師)の名言

twitter Facebook はてブ

フランク・ミュラー(時計技師)のプロフィール

フランク・ミュラー。スイスの時計技師。時計ブランド「フランク・ミュラー」創始者。スイス・ヌーシャテル州出身。ジュネーブ時計学校を首席で卒業。その後、熟練技師の工房で修業したのち独立。フランク・ミュラーブランドを創始した。

フランク・ミュラー(時計技師)の名言 一覧

革命的な美しさと時代に左右されない普遍性、そして明らかにほかとは違うアイデンティティーがあった。

【覚え書き|フランク・ミュラー トノウカーベックスのヒット要因について】


腕時計は身に着けるものだから快適であるべきだ。加えて、着装したときの美しさ、すなわち手首との調和を追求した。


最初に考えたのは視認性。私の顧客はそれなりに年齢を重ねた人が多かったため数字は大きいほうがいい。ただ、樽形のフォルムの場合、12と3では文字盤のスペースが全く異なる。そのため数字のプロポーション、バランス、太さ、位置……などを一つ一つアレンジした。着想を得たのは、時計修復でよく目にしていた20世紀初頭のアラビア数字です。


フランク・ミュラー(時計技師)の経歴・略歴

フランク・ミュラー。スイスの時計技師。時計ブランド「フランク・ミュラー」創始者。スイス・ヌーシャテル州出身。ジュネーブ時計学校を首席で卒業。その後、熟練技師の工房で修業したのち独立。フランク・ミュラーブランドを創始した。

他の記事も読んでみる

森正文(経営者)

僕は一休という会社を未来永劫、残していきたいと考えたんです。僕がやっても、そこそこ成長したと思う。でも、ヤフーさんの方が資金も人材もトラフィックもある。会社の未来を冷静に考えると、そっちの方が生き残る確率が高まると考えたんです。
【覚え書き|一休をヤフーに売却したことについての発言】


高岡浩三

ビジネスで勝つためには何が必要か。その答えはズバリ、「マーケティング」。厳しいビジネス環境の中で勝ち方を知り、リーダーシップを発揮するには、マーケティングをきちんと理解し、実践することが不可欠。


原丈人

ジャーナリストや経済学者などが「会社は株主のもの」と煽っていますが、それが正しいとなると、企業の目的は時価総額、株価を上げることになります。株価はROE(自己資本利益率)などの財務指標によって決まります。王道であれば、企業は世の中に役に立つ新製品をつくるため、失敗を繰り返し、リスクのある長期間の研究開発を行います。完成すれば売り上げが上がって株価も上がります。ですが会社は株主のものとなると、そんな長期間、株主は待ってくれません。良い経営陣は短期的に株価を上げること。そのためには資産の圧縮が正しいことのような錯覚を起こします。


熊坂隆雄

弱い部分を捨てて、強い部分だけを残します。そもそも「弱くても頑張ります」という姿勢では、顧客や株主に失礼だし、不遜です。社員の意気も上がらない。社内外の資源を得意分野へ集中的に投入します。


波戸内啓介

私たちが重視しているのが入念なコンサルティングです。お客様が新たなリーダーを求めているのは何のためなのか、それが事業にどのようなインパクトを与えるのか、しっかりと理解したうえで、成果につながる提案を行います。


丹羽宇一郎

良さそうな人材には、海外赴任など様々な経験をさせてみる。すると、良い人材は自然と周囲から押し出されてくる。


小山昇

コミュニケーションを円滑にすることは重要です。社員のコミュニケーションスキルは業績と深い因果関係にあるからです。多くの社長は、売上や利益が伸び悩む理由を「景気が悪いから」「ユーザーの消費動向が変わったから」などと外的要因に求めようとします。しかし、中小企業の場合、経営がうまくいかないのは内的な要因によることが大きいのです。すなわち社員のコミュニケーションスキルが低いことが業績を低迷させているのです。


吉田松陰

一日一時を記さば、一年にして三百六十字を得、一夜一時を怠らば、百歳の間 三万六千時を失う。


宮崎駿

魔女の宅急便のときは、本当にみんな貧乏になっちゃって。作品の精度を上げようと思って、一枚あたりに手間がかかるようになると、能率が上がらないから貧乏になっちゃうんです。原画を描いていても給料が10万円にいかない子とかね、そういうのが出始めちゃった。本当にこのままのやり方でつくり続けるなら、ちゃんと待遇をしなきゃいけないなっていう。だけど、ちゃんとし待遇をすると絶対生産性が悪くなる。社員化なんかしたら生産性が悪くなるのは、もう目に見えてるんです。だけど、つくり続けるならそっちを選ばなきゃいけない。


津田純嗣

3K(きつい、汚い、危険)の仕事に人が携わらなくて済むようにしたいですね。人間はアイデアを出すとかエンジニアリングをするとか、そちらに集中する方がいいと思います。製造業に従事する人数は減る方向になります。でも、頭を使って製造業をエンジニアリングしながら楽しむ。「こんなふうにロボットを利用しよう」ということを考えてほしい。人間がどんな仕事をするのが一番人間らしいか、というところまで思いを馳せて「ロボットにやってもらった方がいいな」という仕事は任せた方がいい。