フランク・ミュラー(時計技師)の名言

フランク・ミュラー(時計技師)のプロフィール

フランク・ミュラー。スイスの時計技師。時計ブランド「フランク・ミュラー」創始者。スイス・ヌーシャテル州出身。ジュネーブ時計学校を首席で卒業。その後、熟練技師の工房で修業したのち独立。フランク・ミュラーブランドを創始した。

フランク・ミュラー(時計技師)の名言 一覧

革命的な美しさと時代に左右されない普遍性、そして明らかにほかとは違うアイデンティティーがあった。

【覚え書き|フランク・ミュラー トノウカーベックスのヒット要因について】


腕時計は身に着けるものだから快適であるべきだ。加えて、着装したときの美しさ、すなわち手首との調和を追求した。


最初に考えたのは視認性。私の顧客はそれなりに年齢を重ねた人が多かったため数字は大きいほうがいい。ただ、樽形のフォルムの場合、12と3では文字盤のスペースが全く異なる。そのため数字のプロポーション、バランス、太さ、位置……などを一つ一つアレンジした。着想を得たのは、時計修復でよく目にしていた20世紀初頭のアラビア数字です。


フランク・ミュラー(時計技師)の経歴・略歴

フランク・ミュラー。スイスの時計技師。時計ブランド「フランク・ミュラー」創始者。スイス・ヌーシャテル州出身。ジュネーブ時計学校を首席で卒業。その後、熟練技師の工房で修業したのち独立。フランク・ミュラーブランドを創始した。

他の記事も読んでみる

分林保弘

我々の案件では、失敗するM&Aはほとんどありません。1つの案件につき、売り手と買い手の間を何度も行き来して慎重に進めているので、失敗事例は極めてまれです。当事者同士や素人の仲介で話を進めると、失敗しやすくなります。


矢崎裕彦

恩を返してもらおうと思ってやったらダメ。本気で思いやってやらないと分かってもらえない。


猪瀬直樹

自分が頑張るのが上司ではない。部下の力を最大限に引き出すのが上司の仕事。


高岡浩三

マーケティングは経営そのものです。経営で最も重要なことは、いかに新たな価値をイノベーションで創り出し、それをどのように顧客に届けるかを考えること。ですが日本はこれまでマーケティングが不在でした。言い換えれば、ずっと新興国モデルのままでした。「製品」を作って「広告」で売るモデルから抜け出せていなかったのです。


稲盛和夫

根底に哲学がなければ、欲望を肥大化させ、ついには破滅してしまう。根底に哲学が、とくに「利他の心」が必要。自分たちだけが良ければいいのではなく、みんなか幸せになっていくというものでなくてはならない。


いっこく堂

入門書を読んでみると、腹話術とは腹話術師が1体の人形を使い、甲高い声で……という芸の型が書いてありました。だったら、人形を2体にしてみたらどうだろうか。低い声のキャラクターを出したらどうだろうか……。師匠のいない僕は、腹話術の常識から自由でした。


中川政七・13代目(中川淳)

中計を作る際、当社では「グランドマップ」と呼ぶシートを使っています。市場成長性などの置かれた「環境」と自社の「強み」、こうなりたいという「意思」を書き込みます。そしてこの3つを基に、もう一度自らの「志」となりたい「ポジション」、そして「ゴール」の3つを設定します。この最初の設定が非常に大切。「どこでどう戦うか」という定性的な目標は「地図」です。その地図を基に、売り上げや利益、借金の返済計画といった定量的な中計を組み立てていきます。


浦沢直樹

「描くのが好きだ」っていうことに任せちゃうと、体がボロボロなのに気づかないときがある。でもまあ、思いっきり好きなことをやって寿命を縮めるっていうのも、そこそこ幸せな話なのかもしれないですけどね。


飯田泰之

「自分の気分にぴたっと合う、それっぽい話」ほど、慎重に検討しなければならない。


柳井正

部下の欠点ばかりを指摘する上司もいますが、欠点に目をつむって長所を活かすことのほうが大切。


井上礼之

技術革新は一見異質なものをぶつけ合ったり、組み合わせたりする中から生み出される場合が少なくない。


エドマンド・バーク

教育は国民の安価な防備である。


山口瞳

絶対に遅れないようにするには、午後6時に集合というときは、5時半に集合だというように30分ずらせて思いこんでしまうことである。これを3回ぐらいやってみると、それが癖になって絶対に遅れないようになる。


木梨憲武

正確で完全なものばかり追いかけると、結果的には小さくまとまっちゃうんですよ。テレビ番組も、これが完璧という台本のイメージは、皆それぞれ違うと思ってるんです。僕の場合は絵を描く時と一緒なんですが、キッチリ台本通りに埋めていくよりも、余白があるほうが好きなんですね。そういうライブ感というか、素敵な遊びの部分を大事にしていますね。


村上アシシ

昔は二足のわらじはネガティブに捉えられていましたけど、これからは二足のわらじが当然になると思っていますいろんな収入源を用意して、リスク分散する生き方を提唱したいです。


ページの先頭へ