名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

フランクリン・ルーズベルトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フランクリン・ルーズベルトのプロフィール

フランクリン・ルーズベルト、第32代米国大統領、アメリカ政治史上で唯一四選され長期政権を樹立した大統領。太平洋戦争開始時の大統領で、脚が悪く車椅子生活だったが精力的に政務をこなしアメリカを勝利に導いた人物。

フランクリン・ルーズベルトの名言 一覧

誠実に、簡潔に、腰を落ち着けて。


退却から前進に転じるのに必要な努力を麻痺させる、漠然として理屈に合わぬ筋の通らない恐怖感こそ、恐れなければならない。


我々の恐れなければならないのは、恐れることそのものである。


私は脚が悪いが、この肩を見てくれ。ジャック・デンプシーもうらやましがるだろうさ。
【ジャック・デンプシーは1919年から7年間チャンピオンであり続けたヘビー級ボクサー】


金貸しが努力してきた点は認めよう。しかし、その努力も古臭い伝統の枠から抜け出るものではなかった。信用の破たんに直面して、金貸しはもっと貸し出しを増やそうと提案するのみであった。偽りの指導に従うよう国民を誘導していた利益の誘惑が通用しなくなった時、金貸しは口先でごまかそうと信用を回復するよう涙ながらに訴えた。利己主義者の世代のルールしか知らない人たちなのだ。ビジョンはなく、ビジョンがなければ国民は滅ぶしかない。
【上記は大統領就任演説より。ブラックサーズデーからはじまる株式大暴落後の経済不況中に大統領就任した。上記金貸しは株式大暴落を起こした投機家、機関投資家たちのことを指している】


フランクリン・ルーズベルトの経歴・略歴

フランクリン・ルーズベルト、第32代米国大統領、アメリカ政治史上で唯一四選され長期政権を樹立した大統領。太平洋戦争開始時の大統領で、脚が悪く車椅子生活だったが精力的に政務をこなしアメリカを勝利に導いた人物。

他の記事も読んでみる

中原淳

耳が痛いことを言って嫌われるのは管理職の役割です。そんな覚悟を持ってフィードバックに臨めば、短期的にはつらい思いをしても、長期的には必ず部下から感謝される日が来るはずです。


土居健人

どんな形でもいいので、外国人の友人を持つことを強くお勧めします。インターネットがあるいまなら、共通の趣味を持つ外国人を見つけることも不可能ではないはずです。たとえネイティブでなくても、お互いの共通語が英語なら、十分、英語の勉強になります。それに、未知の文化や価値観を知ることもできる。そうやって英語で自分の世界が広がる喜びを味わうと、英語を勉強するモチベーションも一気に高まるはずです。


原晋

小さな成功体験を積み重ねることで自信がつき、それがゆくゆくは大きな成功につながる。


村上太一

いま思うのは、ビジネスモデルを考えるときに、最初の発想はよくても、それを事業モデルとして「完成」させるのは実は結構、難しいということです。


辻口博啓

一流になれる人と二流で終わる人の最大の違いは、「周りと群れるか、群れないか」の差じゃないでしょうか。一流の条件は、「他の人と違う何か突出したものを持っている」ことです。だから、周りの人間を物差しにし自分を測ったり、周りの人と同じということで安心感を持っているような人は、一流にはなれません。


山内伸介

工賃を安くするのではなく、高い加工技術を生かす道を選んだことが認められてきた。


池田弘(経営者)

試練は自分を大きくする。周りからは困難に見えても、それは自分を磨いてくれるありがたい経験。


雄星(菊池雄星)

生活のリズムが狂い出すと、フォームも狂ったりします。計画や準備を怠ることは、失敗を計画しているようなもの。「準備イコール結果」だと考えています。


松本晃(経営者)

世の中の仕事はすべて三つに分けられる。「しなくてはならない仕事」「したほうがいい仕事」「しなくてもいい仕事一です。このうち、「しなくてもいい仕事」や「したほうがいい仕事」はしない。仕事のスピードアップはこの一点に尽きます。


永守重信

最近私は、役員や子会社幹部らに経営に対する取り組み方として、3つのことを言い続けている。「ハンズオン」「マイクロマネジメント」「任せて任さず」だ。ハンズオンは、様々な課題を経営者が現場と一緒に解決していくということ。「やっておけ」と投げっぱなしにすることなどは論外だ。マイクロマネジメントは、現場のあらゆる課題を経営者が判断するということ。任せて任さずも同じ。権限委譲はする。しかし、放任はだめだ。任せるけれども、常に注意深く見ておけということだ。


岡田准一

仕事はちょっとバカなほうがやりやすい。僕たちの仕事は、周りから一挙手一投足を注目されるじゃないですか。隙のないガチガチな状態でいると、周りのほうが疲れてきて、「あいつは何だ」となってしまう。そうならないように、わざと無駄な話をしてみたり、わかっていることでもあえて「それって何でしたっけ?」と聞いたりします。本当にバカだと思われてしまうのはダメですが、ユーモアのあるやつと受け止めてもらえる範囲で気を抜くのは、人間関係をつくるコツのひとつだと思います。


川上量生

僕らはいろいろな矛盾を世の中に見せたいという愉快犯的なところもある。その先にどんな目的が、と聞かれると、すごく困るんですけれども。