フランクリン・ルーズベルトの名言

フランクリン・ルーズベルトのプロフィール

フランクリン・ルーズベルト、第32代米国大統領、アメリカ政治史上で唯一四選され長期政権を樹立した大統領。太平洋戦争開始時の大統領で、脚が悪く車椅子生活だったが精力的に政務をこなしアメリカを勝利に導いた人物。

フランクリン・ルーズベルトの名言 一覧

誠実に、簡潔に、腰を落ち着けて。


退却から前進に転じるのに必要な努力を麻痺させる、漠然として理屈に合わぬ筋の通らない恐怖感こそ、恐れなければならない。


我々の恐れなければならないのは、恐れることそのものである。


私は脚が悪いが、この肩を見てくれ。ジャック・デンプシーもうらやましがるだろうさ。
【ジャック・デンプシーは1919年から7年間チャンピオンであり続けたヘビー級ボクサー】


金貸しが努力してきた点は認めよう。しかし、その努力も古臭い伝統の枠から抜け出るものではなかった。信用の破たんに直面して、金貸しはもっと貸し出しを増やそうと提案するのみであった。偽りの指導に従うよう国民を誘導していた利益の誘惑が通用しなくなった時、金貸しは口先でごまかそうと信用を回復するよう涙ながらに訴えた。利己主義者の世代のルールしか知らない人たちなのだ。ビジョンはなく、ビジョンがなければ国民は滅ぶしかない。
【上記は大統領就任演説より。ブラックサーズデーからはじまる株式大暴落後の経済不況中に大統領就任した。上記金貸しは株式大暴落を起こした投機家、機関投資家たちのことを指している】


フランクリン・ルーズベルトの経歴・略歴

フランクリン・ルーズベルト、第32代米国大統領、アメリカ政治史上で唯一四選され長期政権を樹立した大統領。太平洋戦争開始時の大統領で、脚が悪く車椅子生活だったが精力的に政務をこなしアメリカを勝利に導いた人物。

他の記事も読んでみる

松本正義

パソコンを使った報告書は字も読みやすく、見た目も綺麗に仕上がっているため、立派なことが書いてあるように思えますが、幹部の文章でもじっくり読むと内容がよくわからないものがあります。報告書に限らず、徹底的に熟考して書くことを忘れてはいけません。


中林一樹

高齢社会で地震が起き、わが家での生活ができなくなったとき、次に警戒すべきは震災関連死です。慣れない避難所での暮らしは大きなストレスとなります。地震から命を守った後は、生活を守る工夫が必要です。在宅避難が可能なくらい家をしっかりしたつくりにして、いつも食べ慣れたものや処方薬の備蓄を十分にしておくことなども効果的でしょう。地震そのものは防げなくとも、事前の備え次第で災害の拡大は防げるのです。


桜井正光

目標達成度を賞与に反映する仕組みを取り入れたところ、目標値のレベルが徐々に下がりはじめました。「目標を低くして達成率をあげよう」という思いが、ここの社員や部門に働いたのです。


吉野真由美

テレアポでまず重要なのは、「呼び出す人を間違えないこと」と「受付を突破すること」です。多くの人はあまり深く考えず、「総務の担当の方をお願いします」と、自分が扱う商品やサービスの担当部署の人を呼び出してしまいますが、決定権のない一般社員の方にアポイントをとっても、成約に至る確率はとても低くなってしまいます。かつては、数をこなせば成約できた時代がありましたが、それはもう昔の話。いまはもっと可能性の高い「まじアポ」を狙うべきです。そのためには、「総務の責任者の方、お願いします」という言い方でも、まだ十分ではありません。商品やサービスに合わせて、さらに商談したい相手を絞り込み、「総務のオフィスサプライの責任者の方をお願いします」などというのが正解です。


北村龍平

自信を持って行動し、結果も出しているつもりですが、自分が常に正しいとは思っていません。


柳井正

たとえ再建に失敗したとしても、失敗した人のほうが見込みがあります。何もしない人が一番ダメ。


坂下英樹

モチベーションクライシスの背景には、構造的な問題が潜んでいます。組織である以上、そこには「組織の目標達成」と「個人の欲求充足」の衝突が多かれ少なかれ存在するものです。必然的に、この両者を結び付ける媒介役として「報酬」が必要になります。つまり、従業員から組織の全体目標達成に結び付く貢献活動を引き出すためには、個人に対して、何らかの見返り=「報酬」の提供が不可欠なのです。この「従業員が組織に提供する貢献活動」と「組織が従業員に提供する報酬」の価値交換状態のバランスが良ければ、モチベーションクライシスは起こりにくいものです。ここで言う「報酬」とは「金銭報酬」「地位報酬」のみを意味するものではありません。従業員が魅力的だと感じるモノやコトすべてを包括する「広義の報酬」だととらえなければならないのです。


ガー・レイノルズ

プレゼンで重要なことは、本当に大切なことのフォーカスすることです。「あれも、これも、みんな重要です」というのは、何も重要ではないと言っているのと同じです。


山岡鉄舟

諸行無常のならいにて、因果は車の輪のごとく、密接不離のものである。


中村獅童(二代目)

「自己完結はしない」ということも、心に決めています。自分の強みも弱点も把握しているつもりだけれど、自分の演技について「今日は良かった」と感じたことは一度もありません。もし感じてしまったら、成長はないよね。逆に、「もうちょっとうまくできたかもしれない」と感じても、監督が「カット、OK」と言ったら、それが正しくなる。「委ねる」ことも大事なんです。ビジネスで、「絶対にいい」と思える商品やサービスを作っても、「最終的に判断するのはお客様」というのと同じかもしれません。


黒鉄ヒロシ

議論において大切なのは、水も漏らさぬ言葉遣い。普段の会話でも、私たちはついうっかりをやってしまいがち。女性の変化に気づき、良かれと思い「今日は、きれいだね」と言ってしまえば、「昨日は汚かったわけ?」と返ってきます。助詞の使い方ひとつで場の、主導権を手放すことになってしまいかねない。


森俊憲

日本ではいまだに、ビジネスマンが身体を鍛えることの重要性が十分に認識されていません。だからこそ、他から抜きん出る「武器」となるのです。


加治敬通

よく「組織の末端」という言い方がされますが、私はパートナー社員(パート・アルバイト社員)のことをそうは思っていません。彼らは「現場の最先端」にいる社員なのです。


勝間和代

ある時期に、あまりにもベストフィットしたビジネスモデルは、その後に変革するのが大変難しい。消費者の年齢変化や技術革新などの環境変化に対応することが難しく、最後は陳腐化してしまう。


美崎栄一郎

自分にとって大事な情報は、工夫や経験によって生まれます。そのことを、ノートに残していくというスタンスが大事です。それらは、インターネットでは検索できない情報だからです。


ページの先頭へ