フラナガン裕美子の名言

フラナガン裕美子のプロフィール

フラナガン裕美子、ふらながん・ゆみこ。国際コミュニケーション・コンサルタント。津田塾大学学芸学部英文学科卒業。バンカース・トラスト銀行、ドイツ証券、メリルリンチ証券、リーマン・ブラザーズ証券などで秘書を務めたのち独立。著書に『伝説の秘書が教えるNOと言わない仕事術』『どの会社でも結果を出す「外資系エグゼクティブ」の働き方』『8カ国の超わがままエグゼクティブに学んだ 世界一打たれ強い働き方』。

フラナガン裕美子の名言 一覧

考えさえすれば、何かしらの方法が見つかるもの。


完璧な仕事ができなくてもあまり落胆しないことも大切。完璧にできなくても、軽く反省するくらいでいい。ゲームで少しポイントが減点されるくらいのもの。努力はいずれ何かしらの役に立つはず。


ストレスは翌日に持ち越さず、その日のうちに解消するのが鉄則。ストレス解消には身体を動かすのが一番良いそうですが、私の場合は、会社帰りにゲームセンターに寄って「もぐら叩き」をしていましたね。スーツにパンプス姿で、毎日、一心不乱に叩いていました。


日本企業の多くの秘書は、上司から言われたことをこなす一方通行のサポートが多いイメージでしょう。でも、外資系企業の秘書は、上司が業務に専念できるよう、右腕となって尽くすのが仕事です。ですから、秘書に「できない」という選択肢はないのです。


私は、最初に勤めた会社で、上司からひどいパワハラを受けました。でも、パワハラ上司に対して萎縮したら負けなんです。もちろん、パワハラは許される行為ではありませんが、「ご指導ありがとうございます」とお礼を言うくらいの気持ちで愛情を持って接すると、かえって上司のほうがひるむものです。


秘書の仕事は「できて当たり前」なんですね。どんな難題をこなしても、上司は褒めてくれません。だから「自分で自分を褒める」ことが不可欠。鏡を見たり、自分で自分の肩を抱いたりしながら、「よくやってる」などと褒めるのです。


上司の指示を、その言葉どおりに受け止めると、できないこともあります。しかし、「本当は何を求めているのか」を理解すれば、言葉どおりのことはできなくても、それに代わる提案をして、上司に喜んでもらうことができます。


上司を観察することが大切。「今日は表情が硬いな」ということに気づければ、「機嫌が悪いかもしれないから、複雑な話をするのはあとにしよう」といった判断もできるようになります。好きな人のことなら、どんな小さなことでも見逃しませんよね。ですから、私がお勧めするのは、心の中で「好き」と思いながら上司に接することです。どうしても「好き」と思えなければ、お給料をくれる上司の顔を1万円札だと思えば、好きになれるのではないでしょうか(笑)。


上司の仕事のために、様々な方と話をさせていただく機会があります。そのあとで感謝のメールを送るのですが、その文面の最後に「何かありましたら、お知らせいただければ、お力になります」と添えて、実際に何かあれば積極的にお手伝いすることでお近づきになれます。ただし、利用したいという気持ちでは、相手が離れていってしまいます。「愛情」を持って接しているかどうかは、必ず伝わりますから。


フラナガン裕美子の経歴・略歴

フラナガン裕美子、ふらながん・ゆみこ。国際コミュニケーション・コンサルタント。津田塾大学学芸学部英文学科卒業。バンカース・トラスト銀行、ドイツ証券、メリルリンチ証券、リーマン・ブラザーズ証券などで秘書を務めたのち独立。著書に『伝説の秘書が教えるNOと言わない仕事術』『どの会社でも結果を出す「外資系エグゼクティブ」の働き方』『8カ国の超わがままエグゼクティブに学んだ 世界一打たれ強い働き方』。

他の記事も読んでみる

中村天風

我々は人間としてこの世に生を享けた以上、必ず死ぬものである。そして人生はオンリー・ワン・ページで、2ページ目はない。


柳井正

去年と同じことをやっていたら、お客様はどんどん減って行く。


泉谷直木

仕事のスピードを確保するため、事前に資料を読み、面談なり会議の目的や経緯、判断材料を頭に入れておくようにしています。そうしておけば、1コマ30分のうち冒頭の10分に来るはずの説明部分を省くことができ、全体に中身の濃い仕事ができるのです。


池谷裕二

欲張りな学習はむしろ非効率です。焦らず基礎から順に学んでいった方が、じつはずっと早く目標を達成できるのです。たしかに最初に基礎を習得するのに時間はかかりますが、基礎を覚えると、その理論を応用して次の段階を容易に覚えられるようになります。


渡邊洋一郎

社員の方々に改善すべき事項があれば、金の問題を気にせずに、積極的に出すようお願いしています。お金の問題は、経営者の問題だから、お金の心配をせずに提案するよう話しています。


安本隆晴

失敗する経営者というのは総じて慢心しています。


デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)

お客様がいなければ、技術も企業も育たない。顧客のニーズを汲んで開発をしているか、自分が好きな技術だけを追求しているかでは、全く異なります。学生時代は何も考えず、好きな技術だけを研究していましたが、世の中を良くしていこうと思うのなら、社会が何を必要としているのか理解して行動しなければなりません。たとえ技術力を持っていたとしても、顧客のニーズが分からなければ使い様がありませんからね。


小池淳義

毎日ノートにその日の出来事と、それに対して自分が「何を感じ、どう考えたか」を書き出しています。考えを毎日記録するのは、自分にとっての「人生のゴール」をしっかりと見定めるため。ですからノートは書きっぱなしにはせず、必ず読み返します。読み返すと自分にとって「何が大切」で、そのために「どう生きたいのか」が見えてきます。


藤巻健史

プロフェッショナルになるのは、どんな分野でも構わない。先日、片づけのスペシャリストである近藤麻理恵さんが、『TIME』誌で「世界で最も影響力のある100人」に選ばれた。片づけも極めれば、世界で注目される。


古屋大貴

カプセル玩具は、一瞬でくすりと笑わせたり、精巧なつくりで感動させたりして消費者の心を動かせれば勝ちです。そういう意味で私たちは、一発ギャグを得意とする芸人さんに似ているのかもしれません。人を笑わせたり驚かせたりする方法を、朝から晩まで考え続けているのです。


池田育嗣

今後もいろいろと環境変化はあると思いますが、「住友ゴムWAY」を確実に実践すれば目標には到達できる。そう考えています。


細谷功

思考回転型の人は、「いまあるものでどうにかできないか」と考えます。どんな状況下でも、常に「いま自分ができることは何か」と自分に矛先を向けて考えるのです。それが「考え始める」という高い敷居を飛び越えるきっかけとなり、どんどん思考を回転させていくことができるわけです。


加藤修一(経営者)

成長が好きな人は、頑張って生産性を上げなければ、企業として生き残れないと言い張りますが、私は違うと思います。生産性は、頑張るのでなく仕組みで上げればいいのです。


土井英司

人間は「成功が手に入らない」と思った瞬間、ファンタジーに逃げますが、日本全体がファンタジーに走っている時代かなという気がします。実を言うと、最近はビジネス書でさえファンタジー化の傾向があります。


安田隆夫

私が実行した権限委譲は、まさしく板長が見習の皿洗いに板場を任せるようなもの。そりゃハラハラし通しだったよ。たとえば同じ商品を、私が(卸売業で)卸す売値より、わざわざ他社から高く仕入れてくる奴がいたりとかね、そんな下手や失敗は山のようにあった。それでも私は口を出さずにじっと耐え、彼らを見守った。以前とはうって変わって、社員かいきいきと仕事をし出したからだ。


ページの先頭へ