フッサールの名言

フッサールのプロフィール

エトムント・フッサール。オーストリアの哲学者、数学者。オーストリア帝国プロスニッツ出身。ライプツィヒ大学、ベルリン大学、ウィーン大学で学ぶ。ゲッティンゲン大学教授、フライブルク大学教授などを務めた。

フッサールの名言 一覧

研究への衝動は諸哲学からではなく、ものごとや諸問題から生じなければならない。


フッサールの経歴・略歴

エトムント・フッサール。オーストリアの哲学者、数学者。オーストリア帝国プロスニッツ出身。ライプツィヒ大学、ベルリン大学、ウィーン大学で学ぶ。ゲッティンゲン大学教授、フライブルク大学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

鳥居元忠

我が身にのしかかる重大事は、精神をさかんにして腰をとらえ、無二無三に踏み破って突き通らねば埒があかぬものである。


田中雅子(経営学者)

理念浸透の中心的役割を担うのは「人」。「人」を軸に理念浸透は進んでいく。


大場智康

分析結果の見せ方には注意が必要です。理系の人は「この数字はこうでした」という説明に終始しがちですが、これでは伝わりません。大切なのは数字「を」語ることではなく、数字「で」語ること。つまりビジネスの目的を達成するために数字を使うだけであって、数字そのものを理解させることにこだわる必要はないのです。


渡部建

「ホメる技術7」という本を書いたんですが、きっかけは3年前に始めたラジオ番組。僕は元々、自分で笑いを取りに行くタイプではないんですね。でも、番屋組のホストは毎回、初対面のゲストの方と、生放送で話さなきゃいけない。自分ひとりの力で面白く盛り上げられるのか不安で、悩みました。そこで、自分の話術でなく、ゲストに気分よく話してもらおう、意外なエピソードを引き出そうと思って、いろんな聞き方を試みました。本は、そんな相手を立てるスタイルへの試行錯誤の集大成とも言えます。


昆政彦

当社は一つの技術で一つの製品をつくるというより、あらゆる技術を組み合わせて製品をつくっていくのが得意。ウインドウフィルムで言うと、技術の掛け合わせで、熱と透明度という二つの要素を一気に解決するような商品ができていく。


テリー伊藤

自分を追い込むこと。眠れないぐらい大きなモノを抱えることがすごく大切。仕事のパワーが出てくる。


田中仁(経営者)

結局、どういう会社にしたいかという明確な志に尽きる。ただ、ぼんやり業務に打ち込んでいるのとは成長のスピードが全然違う。


森正文(経営者)

社員数は増えました。とはいえ、決して多すぎるわけでもありません。小さなボートに人が乗りすぎると沈むので、あくまで人件費は抑える。少人数で頑張るのが私の主義です。


眞形隆之

行動に何らかの起伏があるのも、嘘をついているサイン。たとえばしゃべりに濃淡が見られる人。自信のあるところで饒舌になり、自信のないところで口数が少なくなる。知ったかぶりをする際にも、注意すべきポイントになるでしょう。


山田満(経営者)

我々の現場とは病院です。病院に足を運ばなければ、本当のニーズは見えてきません。


堀田力

有能だからといって、いつまでもその部下を手放さない人は、残酷なエゴイストである。


金美花

どこにでも出店するというわけではありません。ルールはキッチンから近い場所にしか出店しない。常にできたてのケーキを食べていただきたいからです。


吉山勇樹

私が手帳を活用し始めたのは、大学2年生でベンチャー企業の創業、運営に役員として携わったときです。目の前には膨大な量の仕事があり、何から手を付けていいのかわかりません。そんなとき、先輩経営者から行動管理手帳の重要性を教えていただきました。


澤田貴司

顧客満足度を継続的に上げられる人、取引先の満足度を上げウィンウィンの関係をつくれる人、社員と一緒にゴールを目指せる人、それから数値結果を出せる人。この4つを経営の軸としてリーダーシップを発揮できる人なら間違いないと思います。


岡藤正広

単にお客さんの儲けだけを追求していけばいいわけでもないんです。重要なのは、その儲けの仕組みを自分が主導できるかどうかです。儲かる話を常にお客さんから求められるようにしなくてはいけません。


ページの先頭へ