名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

フジ子・ヘミングの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フジ子・ヘミングのプロフィール

フジ子・ヘミング(イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング)。ピアニスト。ロシア系スウェーデン人の父(画家・建築家)と日本人の母(ピアニスト)を持つ。ドイツ・ベルリン出身。5歳のときに母の祖国・日本に移住。幼少期から母の手ほどきでピアノを始める。17歳でデビュー。東京音楽学校(のちの東京芸術大学音楽学部)在学中にNHK毎日コンクールに入賞。卒業後、日本フィルハーモニー交響楽団をはじめ数多くのオーケストラと共演。国立ベルリン音楽大学(のちのベルリン芸術大学)に留学。ドイツで極貧生活の中チャンスをつかみかけるも風邪で聴力を失いチャンスを逃す。その後、ピアノ教師になる。母の死後、日本に帰国。NHKのドキュメンタリー「フジコ あるピアニストの軌跡」が反響を呼びブレイク。日本ゴールドデスク大賞クラシックアルバム部門を獲得。以降、本格的な音楽活動を再開。

フジ子・ヘミングの名言 一覧

間違えたっていいじゃない、機械じゃないんだから。


それでも私は、永遠に、永遠に来て永遠に、弾くことは出来るわよ。


私の人生にとって一番大切なことは、小さな命に対する愛情や行為を最優先させること。自分より困っている誰かを助けたり、野良(猫)一匹でも救うために人は命を授かっているのよ。


猫達を食わせていくための道具ね。
【覚え書き|「あなたにとってピアノとは何ですか」と聞かれての発言。】


フジ子・ヘミングの経歴・略歴

フジ子・ヘミング(イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング)。ピアニスト。ロシア系スウェーデン人の父(画家・建築家)と日本人の母(ピアニスト)を持つ。ドイツ・ベルリン出身。5歳のときに母の祖国・日本に移住。幼少期から母の手ほどきでピアノを始める。17歳でデビュー。東京音楽学校(のちの東京芸術大学音楽学部)在学中にNHK毎日コンクールに入賞。卒業後、日本フィルハーモニー交響楽団をはじめ数多くのオーケストラと共演。国立ベルリン音楽大学(のちのベルリン芸術大学)に留学。ドイツで極貧生活の中チャンスをつかみかけるも風邪で聴力を失いチャンスを逃す。その後、ピアノ教師になる。母の死後、日本に帰国。NHKのドキュメンタリー「フジコ あるピアニストの軌跡」が反響を呼びブレイク。日本ゴールドデスク大賞クラシックアルバム部門を獲得。以降、本格的な音楽活動を再開。

他の記事も読んでみる

高井伸夫

仕事柄、成功している企業の社長などとよくお会いしますが、彼らは口をそろえて、今があるのは「出会いに恵まれたから」と言うんです。衝撃的な出会いがあるわけでなく、いい出会いに恵まれる人は、わずかなご縁を大切に育み、良い出会いにしている。つまり、誰しも他人との関係を良縁にし、運命的な出会いにできるんですよ。


ニーチェ

理解するとは、何か新しいものを、何か古い熟知の言葉で表現しうるということにほかならない。


永守重信

当社が目指すのは残業ゼロではない。残業ゼロは「手段」であり、目的は「生産性を世界のトップレベルまで高めること」だ。その結果、競争力が高まれば、利益が増える。利益が増えれば、給料もボーナスも上がる。むしろ、従業員の収入は上がる。残業代で稼げる額の比ではない。


松本桂樹

「失敗してもこの人なら味方になってくれる」という存在が周囲にあれば、恐怖やプレッシャーが軽減され、苦しい場面に対処できる力が高まります。普段の人間関係のなかで、上司との間の信頼やチームメンバーとの結束を高めておくことが効果を発揮するでしょう。


隈研吾

短い時間で相手に理解してもらうために必須なのは、自分を捨てること。相手に感情移入して、相手がどんな情報を得たがっているかを理解するということです。


ひろゆき(西村博之)

いま現在、多くの方が耳にしているインターネットの進化というのは、昔からあった様々な技術を、様々な営業的サービスを駆使して見せ方を変え、売っているだけにすぎないのです。デザインがオシャレだったりするだけで、僕は、それ以外ないと思っています。なぜなら、インターネットの基礎的な技術は、すでに開発が終わってしまっているからです。


横山信弘

部下からの陰口は勲章みたいなもの。きちんと仕事をしているなら、気にする必要はない。


守山淳

ニューヨーク勤務時代に元気ハツラツの先輩がいました。国内商売の責任者として帰国し、新任務地で1日も早くお客様との信頼関係を構築しようと連日の宴席が続きました。その彼が喉頭ガンの病に倒れました。入院先の病室から「健康第一と言うが、それは違う。健康がすべて」という伝言が届きました。以来、いろいろな機会にこの「健康がすべて」のメッセージを発信してきました。


小林清志

私は英語が得意だったんです。海外の推理小説が好きで、そこから英語に興味を持つようになり、独学で身につけました。高校生のときには英作文の添削のアルバイトをしていたくらいです。


中村克己(経営者)

日産自動車で車体の設計をやってきた技術者だった私は経営企画部門に異動となり、初めて経営という視点で会社を見ることになりました。当時の日産は多額の借金を抱え、大変厳しい時代だった。それまでは技術者として自分の担当する分野だけの「最適解」だけに目を向けていましたが、経営の視点が入ることで、「全体最適」を考えるようになった。そして、その答えの出し方そのものが、実はこれまで技術者としてやってきたことと変わらないと思うようになった。


末廣由岐夫

私の仕事は駅弁の企画・開発。発想が勝負ですから、常に新しいものを生み出していかなければ取り残されてしまう。


田川博己

いまは月に3、4日程度しか完全に休める日はありませんが、それでも旅行に出かけたりしてしっかり休暇を取ります。平日には若手社員と飲みに行ったり、異業種交流会に参加する時間などもスケジュール管理で確保しています。