名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

フジ子・ヘミングの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フジ子・ヘミングのプロフィール

フジ子・ヘミング(イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング)。ピアニスト。ロシア系スウェーデン人の父(画家・建築家)と日本人の母(ピアニスト)を持つ。ドイツ・ベルリン出身。5歳のときに母の祖国・日本に移住。幼少期から母の手ほどきでピアノを始める。17歳でデビュー。東京音楽学校(のちの東京芸術大学音楽学部)在学中にNHK毎日コンクールに入賞。卒業後、日本フィルハーモニー交響楽団をはじめ数多くのオーケストラと共演。国立ベルリン音楽大学(のちのベルリン芸術大学)に留学。ドイツで極貧生活の中チャンスをつかみかけるも風邪で聴力を失いチャンスを逃す。その後、ピアノ教師になる。母の死後、日本に帰国。NHKのドキュメンタリー「フジコ あるピアニストの軌跡」が反響を呼びブレイク。日本ゴールドデスク大賞クラシックアルバム部門を獲得。以降、本格的な音楽活動を再開。

フジ子・ヘミングの名言 一覧

間違えたっていいじゃない、機械じゃないんだから。


それでも私は、永遠に、永遠に来て永遠に、弾くことは出来るわよ。


私の人生にとって一番大切なことは、小さな命に対する愛情や行為を最優先させること。自分より困っている誰かを助けたり、野良(猫)一匹でも救うために人は命を授かっているのよ。


猫達を食わせていくための道具ね。
【覚え書き|「あなたにとってピアノとは何ですか」と聞かれての発言。】


フジ子・ヘミングの経歴・略歴

フジ子・ヘミング(イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング)。ピアニスト。ロシア系スウェーデン人の父(画家・建築家)と日本人の母(ピアニスト)を持つ。ドイツ・ベルリン出身。5歳のときに母の祖国・日本に移住。幼少期から母の手ほどきでピアノを始める。17歳でデビュー。東京音楽学校(のちの東京芸術大学音楽学部)在学中にNHK毎日コンクールに入賞。卒業後、日本フィルハーモニー交響楽団をはじめ数多くのオーケストラと共演。国立ベルリン音楽大学(のちのベルリン芸術大学)に留学。ドイツで極貧生活の中チャンスをつかみかけるも風邪で聴力を失いチャンスを逃す。その後、ピアノ教師になる。母の死後、日本に帰国。NHKのドキュメンタリー「フジコ あるピアニストの軌跡」が反響を呼びブレイク。日本ゴールドデスク大賞クラシックアルバム部門を獲得。以降、本格的な音楽活動を再開。

他の記事も読んでみる

田川博己

交流文化事業という事業ドメインの実現に向けてまず取り組んだのが、地域との結び付きを深めることでした。大切なパートナーである地域の方々とともに新しい価値を生み出していくというものです。そのためには、自律創造型社員、つまり、様々な意見に耳を傾けられる人、自分で考えられる人、シナリオを書ける人、そういう人材を育成しなければならない。そのためにはあえて外に出すことも重要です。


心屋仁之助

自分を責める人は、何をしても責めるのです。遊びすぎたといっては責め、働きすぎだといっては責め、仕事が続かないといっては責め、会社を辞められないといっては責める。カウンセリングで「もう自分を責めるのをやめましょう」と言うと、「自分を責めるのをやめられません」と、責めるのをやめられない自分を責めるのですから大変ですよ。


キェルケゴール(キルケゴール)

人間とは奇妙な奴だ! 自分が持っている自由は決して使わないのに、いつも自分の持っていない自由を望む。


中田敦彦

組織って将棋に似ていて、「飛車」「角」もいれば「歩」もいるもの。そのとき「あの部下には歩の能力しかない」と苛立つのはナンセンスです。歩には、歩にしかできないことがあります。どんな業務にも必ず発生する単純作業はその代表例。飛車・角の人々ならば退屈がる類の仕事でも、同じことを繰り返し、間違いなくやることがやりがいという人もいる。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

一日の始まりの時、南側の地平線のそばでは大気がバラ色に染まった雲にぼんやり霞んでいる。西の方はまだ暗く、東の方へ行くにつれて地平線のあたりの湿った水蒸気のせいで、実際の地平線よりも明るく見える。そして東にある白い家々はほとんど識別できない。一方、南の方は遠くへ行くほど、バラ色の度合いが濃くなり、西の方はそれがもっと暗い色合いになる。そしてその影は白い家々の手前で消えている。【覚書き:ある日の日の出を描写した文章】


安藤百福

素人だから飛躍できる。


深谷紘一

モノづくりの現場力が低下していると言われています。日本は80年代の終わりまで「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われて、世界から見学者がいっぱいやってきた。そこでちょっと格好をつけちゃったんですかね。我々も、もう一度きちんと反省し、たとえば、現場のチェック体制などを見直していきたいと思います。


鈴木幸一(経営者)

日本の企業は保守的で、新しい領域に挑戦するのが遅れがちだ。当社がネット証券を立ち上げた際、大手証券会社に「一緒にやろう」と打診したのだが、どこも反応は薄かった。今だって状況はそれほど変わっていない。日本企業が1社で新しいことをやるのはなおさら難しいだろう。ならば当社がフィンテックの基盤を用意して、それを様々な企業に使ってもらえばデジタル化も進む。当社が特定の金融グループに属さないニュートラルな立場にあることも、今回の取り組みを推進する上では好都合だ。


山内溥

ハードの価格競争だとか、ソフトをおまけにつけてまで、ハードを売ったら勝ちだとか、そんな発想は通用しない。ハードウェアをいくら広げてもだめなんです。ソフトがそれにスライドして、ついてこないとだめなんです。そんな戦い方はハード体質の戦い方であって、本来のソフト化路線とは違うからだめです。


吉田松陰

古より議論は易(やす)くして事業は難(かた)し。
【覚書き|事業=物事を実行に移すこと】


野木森雅郁

もめごとはその場で解決し、後々まで引きずらないことが重要。


村尾隆介

「仕事は遊びの延長であり、遊びも仕事の延長であり」みたいな。そこをうまくミックスできている人が、社会人として伸びていると実感として思うんです。仕事は仕事、プライベートはプライベートと、区切っている人達よりも、良い意味で公私混同している人の方が、「伸びしろ」があるな、と特に、僕と同世代の社会人に関しては思います。