名言DB

9413 人 / 110706 名言

フジ子・ヘミングの名言

twitter Facebook はてブ

フジ子・ヘミングのプロフィール

フジ子・ヘミング(イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング)。ピアニスト。ロシア系スウェーデン人の父(画家・建築家)と日本人の母(ピアニスト)を持つ。ドイツ・ベルリン出身。5歳のときに母の祖国・日本に移住。幼少期から母の手ほどきでピアノを始める。17歳でデビュー。東京音楽学校(のちの東京芸術大学音楽学部)在学中にNHK毎日コンクールに入賞。卒業後、日本フィルハーモニー交響楽団をはじめ数多くのオーケストラと共演。国立ベルリン音楽大学(のちのベルリン芸術大学)に留学。ドイツで極貧生活の中チャンスをつかみかけるも風邪で聴力を失いチャンスを逃す。その後、ピアノ教師になる。母の死後、日本に帰国。NHKのドキュメンタリー「フジコ あるピアニストの軌跡」が反響を呼びブレイク。日本ゴールドデスク大賞クラシックアルバム部門を獲得。以降、本格的な音楽活動を再開。

フジ子・ヘミングの名言 一覧

間違えたっていいじゃない、機械じゃないんだから。


それでも私は、永遠に、永遠に来て永遠に、弾くことは出来るわよ。


私の人生にとって一番大切なことは、小さな命に対する愛情や行為を最優先させること。自分より困っている誰かを助けたり、野良(猫)一匹でも救うために人は命を授かっているのよ。


猫達を食わせていくための道具ね。
【覚え書き|「あなたにとってピアノとは何ですか」と聞かれての発言。】


フジ子・ヘミングの経歴・略歴

フジ子・ヘミング(イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング)。ピアニスト。ロシア系スウェーデン人の父(画家・建築家)と日本人の母(ピアニスト)を持つ。ドイツ・ベルリン出身。5歳のときに母の祖国・日本に移住。幼少期から母の手ほどきでピアノを始める。17歳でデビュー。東京音楽学校(のちの東京芸術大学音楽学部)在学中にNHK毎日コンクールに入賞。卒業後、日本フィルハーモニー交響楽団をはじめ数多くのオーケストラと共演。国立ベルリン音楽大学(のちのベルリン芸術大学)に留学。ドイツで極貧生活の中チャンスをつかみかけるも風邪で聴力を失いチャンスを逃す。その後、ピアノ教師になる。母の死後、日本に帰国。NHKのドキュメンタリー「フジコ あるピアニストの軌跡」が反響を呼びブレイク。日本ゴールドデスク大賞クラシックアルバム部門を獲得。以降、本格的な音楽活動を再開。

他の記事も読んでみる

澤本嘉光

人が口を挟んでくるというのは、みんながその企画を良くしようと思ってくれている証拠。そのように考えています。


津田全泰

フォートラベルは私と野田臣吾(のちに同社社長兼CEO)の2人が300万円で作った会社なのですが、この資本金を使うのがもったいないと。そこで、オフィスを借りるのも考えようだということで、某ファーストフードに毎日ノートパソコンを持って通いまして、そこの無線LANを利用していました。初期段階でも収支の部分で赤字があったらビジネスをしている意味がないですから。店員さんには嫌な顔をされるので、毎日席を移動しつつ通い詰めていましたね(笑)。


ジェイ・エイブラハム

私はマーケティングと戦略、コミュニケーションが得意ですが、コンピュータは苦手で、電球の交換もできません。弱みも自覚しつつ、強みを認識し磨いていく。そうすれば、必ず自信は生まれます。


出口治明

相手が怒っていたり、感情的になっている場合は、とくに冷静に対応することが大事。こちらも感情的になったら、同じ土俵に上がってしまいますから。


室伏重信

現状よりも良くするには、次にどうすればいいか、絶えず考えること。私の息子にできるアドバイスもそれしかないと思うんです。昔を振り返らない。むしろ先を考えていく。ロケットみたいにぐんぐん進むだけだと。


水野学

デザインセンスは天賦の才のように思われがちです。でも、実は誰でも磨くことができます。まずは王道を知ることです。王道のものとは、「定番のもの」「一番いいとされているもの」とも言い換えられます。2つ目は、使われるシーンを深く考えること。最後はシズル感を見つけ出すこと。広告業界では商品をおいしそうに見せる演出のことを「シズル」と呼びます。僕はこの言葉をもう少し広く捉え、思わず手に取りたくなるような「そのものらしさ」と定義しています。


国吉拡

自分が話すことに慣れてしまっている営業マンは、相手に話をさせるのが苦手なものです。慣れないうちは、あらかじめ質問事項を用意しておき、順番に質問していくやり方でもいいでしょう。質問が詰問にならないよう細心の注意が必要ですが、相手と積極的にやり取りすることを意識すれば、商談にも心地よいリズムが生まれてきます。


似鳥昭雄

私は「改善」と「改革」は違うと思っているんです。つまり、景気がいい時なら今までのやり方を工夫して改善していけばいいけど、改革は今までのやり方を捨てるということですね。しかし、改革、改革といっても好景気の時はなかなか進まないものです。フォローの風に乗って伸びますから。いったん不況や逆境になると、商品の改革、物流の改革、人事組織の改革、社員の意識の改革が必要となります。


安田隆夫

私は、小学校4年生のときに目をケガしまして、今もう左目がまったく見えないんです。まさに独眼竜。そのころはどうしようもないガキ大将で、本なんかまったく読まなかったんですが、何回か入院をしまして、病院でじっとしていなきゃいけなくて、これが辛くてですね(笑)。で、しょうがなく本を読み始めたんです。そうしたら、はまりましたね。『十五少年漂流記』とか、夢中になって読みました。ですからもう、私は本に救われましたね。ケガをしたからよかった。何が幸いするかわかりません。


江上剛

私は、50代に必要なのは「自分を捨てる力」だと考えています。身に染み付いた我欲や見栄の一切を、思い切って捨ててみる。いままで50年生きてこられたのだから、御の字です。これからの第二の人生を輝かせるためにも、人生をリセットしましょう。


浅野純次

西洋人にとっては「ユーモアがある」ということは道徳や道理をわきまえていることを意味し、「ユーモアがない」と言われれば人間的欠陥を指摘されるも同然の厳しさらしい。


本田健

一代で財を成した人たちに共通しているのは、自分の特質をよく知っていることだと思います。自分の特質を知っている人は、それが活きるところでビジネスや投資をします。特質の活きるところに注力すれば結果が出やすく、お金もついてくるのです。


渋沢健(渋澤健)

「このままでいいのか?」と悩んでいる人は、会社の人間関係を離れた場所から自信を眺め、自分の仕事を再評価してみてください。仕事によって富を生み、そのお金を社会に循環させることは、素晴らしい社会的意義があるのです。


秋元康

僕らの仕事というのは、差異を生み出さなければいけないわけです。差別化されてないといけない。そのために、企画でもプレゼンでも、まずはみんなが想定するようなことを考える。それを捨てたところから初めてクリエーティブがスタートするんです。


吉井雄一

何か事業を始めたいとか、お店をやりたいって、多くの人が思うでしょうけれど、それを続けていくのは、簡単なことではないんです。強い信念を抱き続けるというのは、すごく消耗するし、疲労することでもある。1年間だけ頑張れと言われたら誰でも頑張ると思うんですよ。でも、それを一生やれるかどうかですね。