フジ子・ヘミングの名言

フジ子・ヘミングのプロフィール

フジ子・ヘミング(イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング)。ピアニスト。ロシア系スウェーデン人の父(画家・建築家)と日本人の母(ピアニスト)を持つ。ドイツ・ベルリン出身。5歳のときに母の祖国・日本に移住。幼少期から母の手ほどきでピアノを始める。17歳でデビュー。東京音楽学校(のちの東京芸術大学音楽学部)在学中にNHK毎日コンクールに入賞。卒業後、日本フィルハーモニー交響楽団をはじめ数多くのオーケストラと共演。国立ベルリン音楽大学(のちのベルリン芸術大学)に留学。ドイツで極貧生活の中チャンスをつかみかけるも風邪で聴力を失いチャンスを逃す。その後、ピアノ教師になる。母の死後、日本に帰国。NHKのドキュメンタリー「フジコ あるピアニストの軌跡」が反響を呼びブレイク。日本ゴールドデスク大賞クラシックアルバム部門を獲得。以降、本格的な音楽活動を再開。

フジ子・ヘミングの名言 一覧

間違えたっていいじゃない、機械じゃないんだから。


それでも私は、永遠に、永遠に来て永遠に、弾くことは出来るわよ。


私の人生にとって一番大切なことは、小さな命に対する愛情や行為を最優先させること。自分より困っている誰かを助けたり、野良(猫)一匹でも救うために人は命を授かっているのよ。


猫達を食わせていくための道具ね。
【覚え書き|「あなたにとってピアノとは何ですか」と聞かれての発言。】


フジ子・ヘミングの経歴・略歴

フジ子・ヘミング(イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング)。ピアニスト。ロシア系スウェーデン人の父(画家・建築家)と日本人の母(ピアニスト)を持つ。ドイツ・ベルリン出身。5歳のときに母の祖国・日本に移住。幼少期から母の手ほどきでピアノを始める。17歳でデビュー。東京音楽学校(のちの東京芸術大学音楽学部)在学中にNHK毎日コンクールに入賞。卒業後、日本フィルハーモニー交響楽団をはじめ数多くのオーケストラと共演。国立ベルリン音楽大学(のちのベルリン芸術大学)に留学。ドイツで極貧生活の中チャンスをつかみかけるも風邪で聴力を失いチャンスを逃す。その後、ピアノ教師になる。母の死後、日本に帰国。NHKのドキュメンタリー「フジコ あるピアニストの軌跡」が反響を呼びブレイク。日本ゴールドデスク大賞クラシックアルバム部門を獲得。以降、本格的な音楽活動を再開。

他の記事も読んでみる

原田泰造

ドラマに出たとき、最初は俺も「お笑いの世界からきたんだ、ネプチューンを背負ってるわけだから……」って気負ってた。でも、よく考えたら、どこに行ってもぺーぺーなんだよね。それってすごく得なことじゃない。そう気づいたら気が楽で。俺、なにも守ることないなって。素直に監督や周りのベテランの人に任せて、わからなかったら頭を下げて聞けば全部教えてもらえる。弱点だらけなんだから周りを信じちゃえばいいやって。


島本久美子

ロンドンでは、言葉には違和感はなかったのですが、文化には驚きました。彼らは新聞、テレビを見る時に、そこにバイアスがかかっているということを、ものすごくわかっているのです。これは大人だけではなく、子供もそうです。例えば、授業では複数の新聞を示して、誰がオーナーで、だからこそどういうバイアスがかかっている可能性があるかを、小学生にも教えているのです。メディアに対しては批判的に、バイアスを認識しながら消費していくという姿勢に驚き、私も勉強してみたいと思い、マンチェスター大学でメディア教育の修士をとりました。


萩原吉太郎

私は勉強不十分なのでなんにもわからないが、みなさんがさっきから議論している人事権よりももっと大事なものがあると思う。それは「人道」の問題だ。よしんば会社に人事権があるとしても、人道はすべてに優先すると私は確信する。今度の解雇は自分がやったものだが、不当に辞めさせらものがあるとしたら、人道上許せないから、会社は速やかに撤回すべきだ。
【覚書き|北炭人事部長時代の発言。労組から「上司の個人的感情によって首にされた者がいる」という抗議に対し語った言葉】


樋口卓治

今ではありませんが、僕が放送業界に入った時代は鉄拳制裁が残っていました。新人がミスをしたとき、叱られないように逃げ回るより、「すみませんでした。一発お願いします」と頭を差し出すほうが、潔いということでかえって可愛かられることが多かったんですよ。その経験からすれば、翌日は誰よりも早く出社して、迷惑をかけた上司の元へ。「昨日はすみませんでした! 私の土下座か、一発殴るか、どちらかを選んでください!」とオーバーに頭を下げるといい。どちらも選べないし、反省の意志は伝わるから、「しょうがないな。今後は気をつけるよ」で、落ち着く公算が大きい。


長谷川和廣

給料が天から降ってきていると思っている人があまりにたくさんいます。会社に行けば給料が出る、と思っているような人にいい仕事などできません。


金子源

メニューを見た方からは「安い」という声を多く頂きます。流通の仕組みを知っているため、他店よりも安く食材を仕入れることができているのは確かですが、それほど大きく値段が違うかと言えば、実はそうではありません。これは印象の問題でもあるのですが、他店では刺身は3人盛りとか5人盛りというふうにしか注文できないことが多いと思います。しかし当店に来られるお客様は一人客が中心ですので、食べ物はすべて1人前で提供するようにしています。だから刺身の値段だけを単純に比較すると安く感じるのです。ただ、そのまま1人分で提供すると少なく見えてしまうこともあるので、お得感を出すために量は1.5人前にしています。


上田準二

ほとんど誰も聞いていない状況でも、2、3秒黙ると「話が飛んだのかな?」と注目が集まる。そのときを狙って「そ・こ・で!」とハッキリ大きな声で説明すると、聞き手の頭に入りやすい。間を使って「これはみんなが聞きたい話か?」「聞かせどころの順番間違えてないか?」と頭の整理もできます。


屋代浩子

俯瞰することによって、本来は自分が目にも止めなかったような良い選択ができるかもしれない。


芦田昭充

かつて日本企業のミドルクラスは、「社長はこういう考えだ」ということを部下に小出しにすることで権威を保っていました。社長との接点があると部下に思わせるだけで、部下はありがたみを感じていたわけです。しかし、こんなミドルは何のバリューも持っていない。一方の社長は雲の上の存在でね、一般社員とはたまにロビーですれ違うだけ。組織形態を変えるのはなかなか難しいですが、私はこういう状況を変えたかったのです。かつて、自分がマネジャー・クラスだった時代に、トップの考え方がなかなか伝わってこないという歯がゆさを感じることが多かったので。
【覚書き|マネジャー・クラスとのミーティングを頻繁に開いている理由について語った言葉】


中村信仁

商談ではこちらから無理に情報提供をするよりも、「教えていただく」という姿勢で臨んだほうが、スムーズに商談が進むことも多いのです。とくに若手の営業マンであれば、「自分は勉強中なので、ぜひ教えてください」という態度のほうが、好感をもたれるものです。


本田健

経験豊富な人にメンターになってもらうことで、ミリオネアとしてグッと安定感が出てきます。よいメンターと出会えれば、ビジネスゲームをどこで降りて悠々自適の生活に入るのかという問題についても、有益なヒントがもらえるでしょう。「何でも自分で」と考えず、素直にメンターの声に耳を傾けることも、幸せなミリオネアであり続けるためのコツなのです。


本田健

40代は軌道修正を迫られる時期。対応を間違えると30代で積み上げてきたものを一気に失います。


二宮尊徳(二宮金次郎)

学者は書物を実にくわしく講義するが、活用することを知らないで、いたずらに仁はうんぬん、義はうんぬんといっている。だから世の中の役に立たない。ただの本読みで、こじき坊主が経を読むのと同じだ。


鍵山秀三郎

いま、世の中に閉塞感が漂っているとよく言われます。それは誰がつくったものでもない。必然だと思います。なぜならば、一人一人が、自分さえよければいいという考えになってしまったからです。


施崇棠(ジョニー・シー)

当社はハードウエアから始まった企業だ。最初はパソコンのマザーボードだった。創業時の四人の仲間たちは全員がエンジニアで、機械いじりが大好きだ。この点は大きな強みになってきたと思う。


ページの先頭へ