名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フォントネルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フォントネルのプロフィール

ベルナール・ル・ボヴィエ・ド・フォントネル。フランスの著述家。ルーアン出身。イエズス会のコレージュで学んだのち、父のあとをついで弁護士となるも裁判を1回弁護したのち辞めてしまう。その後は哲学者・科学者となった。『世界の多数性についての対話』はヨーロッパ各国で翻訳され、人々に大きな影響を与えた。アカデミー・フランセーズ会員、科学アカデミーの終身書記などを務めた。享年99歳。

フォントネルの名言 一覧

幸福の最も大きな障害は、過大な幸福を期待することである。


フォントネルの経歴・略歴

ベルナール・ル・ボヴィエ・ド・フォントネル。フランスの著述家。ルーアン出身。イエズス会のコレージュで学んだのち、父のあとをついで弁護士となるも裁判を1回弁護したのち辞めてしまう。その後は哲学者・科学者となった。『世界の多数性についての対話』はヨーロッパ各国で翻訳され、人々に大きな影響を与えた。アカデミー・フランセーズ会員、科学アカデミーの終身書記などを務めた。享年99歳。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

仕事では辛辣なことも言うが、(兄弟)みんな分をわきまえて我慢している。一番は信頼でしょう。信頼の絆は血でしょう。
【覚書き|兄弟で経営を頑張ってきたことについて語った言葉】


川西勝三

欠点は財産です。ミスすれば、自分には直すところがまだまだあるということがわかるわけです。直すところがあるということは、まだまだ上に行けるということですから。欠点がない人はそれ以上は伸びません。


松下幸之助

社員はお得意さまである。感謝の気持ちを持って接することが大切。


ルイス・バークスデール

学生たちが地域社会と交流できる仕組みをつくりたい。学生たちが地域社会に出て、そこで現実に何が起きているかを自分の目で確かめてほしい。


岡田陽介

三越伊勢丹が当社の仕組みを導入しました。デパートは、どこに何を置くと売り上げが上がるのかという仮説検証があまりできていない業界でした。そこを私たちの仕組みで検証したわけですが、結果としては、目玉商品はどこに置いても売れ行きは変わらず、人通りの多い場所に置くより、店舗の内側に置いたほうが「ついで買い」が発生して、客単価が高くなることがわかりました。そのことを踏まえて置き方を変え、売り上げも伸びています。


ジョン・ウェルス

企業経営において今後重要になるのは、環境の変化に応じて柔軟に対応できる「柔軟性の創造」です。25年前に主流だったロジックは「いったん戦略を開発したら長期間有効でなければならない」でした。だから誰もが5年、10年の経営計画書を立案しました。しかし、変化が激しく不確実ないまの時代はそうはいきません。


大澤道雄

変化を起こすための社内改革の一例がセクショナリズムを排し、ブランド間の交流を促すことです。昨年には全ブランドの課長以上が参加する営業会議を開催しました。また、支店の営業や企画の担当者を生産工場や素材メーカーに見学に連れて行くようにしています。ここでも全国から様々なブランドの担当者が集まり交流ができます。23ブランド横断で、デニムのキャンペーンも実施しています。


弘兼憲史

若い人にとって、年配者の話は、「昔の話」「時流に合わない」と感じることもあるでしょう。しかし実は、豊富な経験を持った「ジジ話」には、普遍的なビジネスのヒントが多いものです。頭ごなしに否定する前に、一度自分の中に落としてみると、意外な気つきが見えてくるかもしれません。


進藤貞和

私は誠心誠意という言葉も好きです。うそを言わない、心にもないこと、できそうにないことは安請け合いしない。これは私のちいさな経験ですが、20年前にオランダの風車を見物していた時、小学生が20人ばかり見学に来ていました。私は好きな写真を撮って送ってやるよと約束したので、住所を聞いてあとで送りました。約束したら事の大小にかかわらず、実行すべきです。


弘兼憲史

最もアイデアが生まれるのは、目覚めて布団の中で天井を見上げている時。


逢沢明

あなたはビジネスや投資の確率が7~8割、と言われたらどう思いますか? 「これは結構イケる」と安心する人が多いのではないでしょうか。しかし本当に成功する人たちはじつは確率7~8割ではまだ危ないと思っているんですね。プロ野球や歌手を目指す才能溢れた人でも、なれる確率が9割以上超えている人ほど、ますます努力を続けます。これは投資の世界も同様。だからこそ成功確率7割を9割以上に上げる方法が必要になります。


伊藤雅俊(味の素)

「我々は、何で生きていくんだ」という、性格付けがなければ、グローバル競争で危ない立場に追い込まれてしまう。