名言DB

9412 人 / 110637 名言

フォントネルの名言

twitter Facebook はてブ

フォントネルのプロフィール

ベルナール・ル・ボヴィエ・ド・フォントネル。フランスの著述家。ルーアン出身。イエズス会のコレージュで学んだのち、父のあとをついで弁護士となるも裁判を1回弁護したのち辞めてしまう。その後は哲学者・科学者となった。『世界の多数性についての対話』はヨーロッパ各国で翻訳され、人々に大きな影響を与えた。アカデミー・フランセーズ会員、科学アカデミーの終身書記などを務めた。享年99歳。

フォントネルの名言 一覧

幸福の最も大きな障害は、過大な幸福を期待することである。


フォントネルの経歴・略歴

ベルナール・ル・ボヴィエ・ド・フォントネル。フランスの著述家。ルーアン出身。イエズス会のコレージュで学んだのち、父のあとをついで弁護士となるも裁判を1回弁護したのち辞めてしまう。その後は哲学者・科学者となった。『世界の多数性についての対話』はヨーロッパ各国で翻訳され、人々に大きな影響を与えた。アカデミー・フランセーズ会員、科学アカデミーの終身書記などを務めた。享年99歳。

他の記事も読んでみる

望月靖志

職人技にも近い高度なアナログ技術がなければ、デジタルの性能を引き出すことができないばかりか、製品に価値を付けることができません。ところが、ほとんどの日本メーカーはデジタルにあまりにも傾倒しすぎて、本来は重要であるべきアナログ技術をおろそかにしてきました。これから日本が再び復活していくには、10年あるいは15年をかけてでも優れたアナログ技術者をもう一度育成することが重要です。


吉永泰之

地位が上の人間が下の人間に命令するのは簡単なことです。地位に付与されている権限を使って人を動かすことは、誰にだってできる。しかし、私が考える優れたリーダーとは、そんなリーダーではありません。命令によって人を動かすのではなく、命令しなくても人がついてくるリーダー。部下の側からいえば、思わずついていきたくなってしまう上司ということになるでしょうか。


奥田務

改革に着手した当初は相当な反発を受けました。「人を減らせばサービスの質が落ちる」と訴えられたものです。しかし職務分析を通して必要な業務は押さえてありますから、サービスの質が落ちることはありませんでした。まさに「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ですよ。人を減らせばサービスの質が下がると、誰もが勝手に思い込んでいた。けれど私は100%買い取りモデルのオーストラリアでも、もっと少ない人員で百貨店を運営していました。外を知っていたから思い込みに惑わされず、生産性の高い業務運営体制を構築できたのです。


御立尚資

仕事のできる人とは、自分の頭の中だけで完璧なものをつくろうとして、つくってから上司に突き返される人ではなく、先に上司に相談して仮説検証しながら進めて行ける人です。


数土文夫(數土文夫)

川崎製鉄とNKKの統合発表直後は社員や社外OBが「NKKに絶対に負けないように統合してください」と訴えに訪れたものですが、新会社をつくる傍から何の勝ち負けでしょうか。そんな拙い話はありません。合併という事態に直面した場合は、決して旧来の手法や技術に拘泥すべきではありません。管理職、社員にかかわらず、自分は新たに誕生する会社に再就職するのだと、そして新会社の収益と価値創造に自分はいかに貢献できるかを考えるべきでしょう。


浦上ヤクリン

仕事をしていれば、うっかりミスをしてしまうこともあります。ミスではないけれど、ノルマや目標を達成できない自分にがっかりすることもあるかもしれません。こうした状況のとき「自分はダメな存在だ」と落ち込み、鬱々とした気持ちを引きずっていると、再びミスを犯しかねません。ネガティブな循環を断ち切るにはどうしたらいいか。私は「ものごとをポジティブに捉えることが大切」だと考えます。


今西頼久

私の視点でお話しすると、いかにしてこの古き良き街並みにソフトパワーを加えることができるかです。大阪では、商売で一旗揚げると、御堂筋沿いの淀屋橋、本町に事務所を構えるのが1つのステータスでした。しかし、今や予算が見合えば事務所はどこでも構わないという風潮もあります。やはり大阪でビジネスをするのであれば、「御堂筋沿い」だと思われる街としてのブランディングが必須なのです。ですから、1つのコミュニティとして皆で知恵を絞り、魅力的なソフトパワーとは何かを突き詰めていく必要があります。仮に大企業をスピンアウトして起業するにしても、また戻りたいと思える街にしていくのが、本来の街づくり団体の仕事です。


加藤久光

現場の人間にしてみれば、今日の仕事が明日も続いたほうが楽なのは当然です。でもそれではいけない。そのためトップが会社の方針を明確にし、それを下まで浸透させる。


野口敏(話し方)

上司の立場にある人なら、部下に自分の仕事の進め方に問題点がないか聞いてみたらいいと思います。普段部下が上司のやり方に問題点を感じていたとしても、よほどのことがなければ言い出しにくいものです。しかし、上司自身がネガティブな情報を積極的に聞く姿勢を示せば、部下の本音を聞き出すことができます。


高田明(ジャパネットたかた)

経営者は覚悟を見せなくてはいけない。


コリン・アングル

日本の最も重要な問題の1つが高齢者の問題。これは世界各国の先進国に共通した問題でもあります。高齢者が1人で自立した生活を送れるようなロボットが必要とされているのです。現時点でも様々なアイデアがありますが、すぐに製品化を進めるのではなく、役立つものだけを作りたい。たとえば、高額すぎて手に入らないものや、全体の10%の人しか必要としていない製品を作っても意味がありません。まずは掃除の分野でシェアを拡大し、その後に更なるジャンル拡大を図っていきたい。


高田明(ジャパネットたかた)

トレンドを捉えるのが難しくなっている。トレンドが変わる中でヒットを生むには、別々のカテゴリーの商品を組み合わせて、新しい価値を持たせることも大事。


嶋津良智

米国コーネル大学の心理学教授であり、近年注目を集める行動経済学の研究者でもあるトーマス・ギロビッチ博士によると、人間は、行動したときの後悔より、行動しなかったときの後悔の方が深く心に残のだそうです。


田中孝司(経営者)

スピード感の欠如は業界特有の問題でもあります。通信業者は月々に決まった収入があり、収益は急激に変わりません。世の中に10の変化が起きても、0.5くらいの変化しか起きません。そのため、世の中の変化が業績に直結するメーカーなどとは違い、社会の変化に乗り遅れてしまうのです。


中井政嗣

営業マンの訪問を受けた場合、基本的にお会いするようにしています。なぜなら、千房は外食業です。営業マンは私たちのお客さんでもあるのです。店のファンを増やすには、営業マンにも親切にするのが当然です。