名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フォントネルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フォントネルのプロフィール

ベルナール・ル・ボヴィエ・ド・フォントネル。フランスの著述家。ルーアン出身。イエズス会のコレージュで学んだのち、父のあとをついで弁護士となるも裁判を1回弁護したのち辞めてしまう。その後は哲学者・科学者となった。『世界の多数性についての対話』はヨーロッパ各国で翻訳され、人々に大きな影響を与えた。アカデミー・フランセーズ会員、科学アカデミーの終身書記などを務めた。享年99歳。

フォントネルの名言 一覧

幸福の最も大きな障害は、過大な幸福を期待することである。


フォントネルの経歴・略歴

ベルナール・ル・ボヴィエ・ド・フォントネル。フランスの著述家。ルーアン出身。イエズス会のコレージュで学んだのち、父のあとをついで弁護士となるも裁判を1回弁護したのち辞めてしまう。その後は哲学者・科学者となった。『世界の多数性についての対話』はヨーロッパ各国で翻訳され、人々に大きな影響を与えた。アカデミー・フランセーズ会員、科学アカデミーの終身書記などを務めた。享年99歳。

他の記事も読んでみる

野村克也

言葉の力は強い。「根拠は?」「~とは何か?」と言い続けるうちに必ず思考が変わり、行動が変わり、自分自身を必ず向上させていくはずだ。


西川八一行(西川康行)

給料は、買ってくださったお客様の一品一品から、ほんのちょっとずついただいているのです。自分だけの力で稼いでいると思い始めると派手になるし、どこかでつまずいてしまう。お客様が価値を感じていただいたお金を少しずつ集めたものが会社に集まり、それが自分の糧になる。ならば、常に謙虚に努力しなければならない。そうした考え方が西川家の基本となっているのです。


藤井孝一

どんな時代でも生き残れる人は、複数の収入システムを持っている。


川村隆

苦しいときほど楽観は意志に属す。困難に直面するいまの日本に求められているのも、リーダーの強い意志と明確な意思決定ではないだろうか。


河野修平

部分最適を目論んでシステムを乱立させるうちに、全体は最適から遠のいてしまう。これもIT導入でよくある典型的パターンの一つです。こうした失敗が相次ぐのは、一般にシステム部門は社内での裁量が小さく、ユーザー(使用する)部門の要望をそのまま受け入れがちだからでしょう。ユーザー部門は、「あったらいいな」を率直にシステム部門にぶつけてきますが、システム全体、あるいは業務プロセスを含めた全体を設計するという発想はありません。結果として、システム部門でいきあたりばったりの開発が行われ、全体最適からほど遠くなるのです。


寺尾玄

両親は私が10歳の時に離婚、私と弟は父と一緒に暮らすことになりました。その当時の父は定職がなく、新聞や牛乳の配達、ペンキ塗りや下水道工事などをしながら生計を立てていました。そんな父がある日、「オレは陶芸をやる!」と目を輝かせて言ってきたのです。スーパーに張ってあった陶芸教室のポスターを見た瞬間、なぜだか体に電気が走ったのだそうです。父は次の日には陶芸教室に出向き、1か月後には先生よりもうまくなり、半年後には陶芸品店で自分の作品を並べてもらっていました。定職も持たず、2人の子供を抱えた40歳の父が、ある日を境に驚くべきスピードで陶芸家への転身を遂げたのです。やりたいことを見つけ、自分の力で人生を切り開いていく父の姿を間近で見て、私は圧倒されました。人は本気になったらとてつもない力が出る。どんな可能性もあり得るのです。


柴田陽子

仕事でも、家の中でも、外出先でも、常に一緒にできることを3つ探しています。


白波瀬丈一郎

管理職が率先して職場での挨拶を促すだけでも、職場のストレス要因を減らす有効な対策になります。また、部下を褒めるのも大きな効果があります。頑張った自分を認め、自己評価を高めることは、部下がより高いモチベーションで仕事に取り組む原動力になるからです。


益岡徹

私はあまり引きずらないというか、「引きずらないように努力する」というほうが正確でしょうか。失敗をできるだけ早く忘れるようにしているんです。これは昔からそうですね。


本庄八郎

頭の良かった兄(本庄正則)と違い、できが悪かった私は、徹底して足で稼ぎました。伊藤園は、兄貴の頭と私の足で上手くいったんです。


ヒラリー・クリントン

私はビルに「意思決定のデッドラインを決めなさい」といった。ビルを知っている人ならわかっているが、デッドラインが決められていないと、賛成・反対の可能性をいつまでも探りつづけてきりがない。ビルは7月17日をデッドラインと決め、どっちに転ぶにせよ、ホテルで声明発表するといってホテルの予約をした。


サイモン・クーパー(経営者)

ホテルの全従業員が「クレド(信条)」と呼ばれるカードを四つ折りにして携帯し、常に確認するようにしています。大切なのは、クレドを実行できるかどうかです。おそらく、多くの方はカードをご覧になって、これなら実行できるとお考えになるでしょう。書いてあることは、サービスにおける基本的なことだからです。