名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フォルクマル・デナーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フォルクマル・デナーのプロフィール

フォルクマル・デナー。ドイツの電動工具・自動車部品メーカー「ロバート・ボッシュ」社長。シュツットガルト大学卒業後、ロバート・ボッシュに入社。オートモーティブ・エレクトロニクス事業部長、取締役などを経て社長に就任。物理学博士号を持っており、研究開発部門の責任者を兼任した。

フォルクマル・デナーの名言 一覧

不確実性に備えるには、ひとつの未来を予測するのではなく、複数の未来を予測し、どれが現実になっても困らないように最大限の準備をすることが大切です。


太陽光パネル事業からは撤退しました。失敗は、イノベーションを起こすプロセスで生じる現実です。太陽光パネル事業は技術的には成功していましたが、経済的には持続性がありませんでした。


私たちは中立であることを重視しています。特定の顧客に依存したくありません。もちろんイノベーティブな製品を共同開発する場合、一定期間、その成果を特定の自動車メーカーだけに提供することはあります。それでも、その後はすべての顧客に提供します。これはおそらく、日本のサプライヤーとの最も大きな違いではないでしょうか。


ドイツの自動車メーカーの経営者とは定期的に会っています。そこで私たちは長期戦略を示して顧客のニーズを聞き、自らの製品ロードマップを調整するのです。そのうえで、顧客と合同で開発チームを作っています。


R&D(研究開発)活動を支えるのが、財団が会社を所有するという組織構造にあります。新しいアイデアを市場に投入するには時間がかかります。短期利益を求めるような投資家に左右されない会社の所有形態が、長期的視点でR&Dに取り組める理由のひとつです。


1日19件。これは、私たちが申請している特許の数です。ロバート・ボッシュのDNAであるイノベーションのために、我々は年間48億ユーロ(約6720億円)をR&D(研究開発)に投じています。


フォルクマル・デナーの経歴・略歴

フォルクマル・デナー。ドイツの電動工具・自動車部品メーカー「ロバート・ボッシュ」社長。シュツットガルト大学卒業後、ロバート・ボッシュに入社。オートモーティブ・エレクトロニクス事業部長、取締役などを経て社長に就任。物理学博士号を持っており、研究開発部門の責任者を兼任した。

他の記事も読んでみる

渡邉美樹

「なんで、いつもそんなに元気なんですか?」とよく聞かれます。答えは簡単です。常に夢があり、自分の可能性に限界を感じていないからです。


藤井孝一

お小遣いを稼ぐだけなら、アルバイトでもできます。しかし、アルバイトは誰かの考えたビジネスモデルの末端を担うだけです。週末起業をすれば、会社を辞めてもその経験や自分の会社が残ります。明日、自分の会社がどうなるか不確かな時代、キャリアにおいてもリスクを分散してはどうでしょうか。


アンダース・エリクソン

頭の中にイメージができあがるほどの訓練を行っていれば、熟達者になりうる。


須原清貴

1.5流の戦略でも、徹底して継続すれば勝てる。


堀正岳

書評ブログを読んでいていつも感じるのは、「多読をしている人で、深く面白い書評が書けている人はほとんどいない」ということ。たんなる内容の要約で終わっているものが圧倒的多数なのですが、内容の要約であればアマゾンなどをみればすぐわかることですから、価値はほとんどありません。本当に大切なのは、これまで自分が読んできた本と組み合わせたり、自分の専門領域や興味関心に引き寄せて書評のなかに独自の観点を盛り込んでいくことなのに、それができずにいるのです。


大嶋祥誉

多くの人がマイナス思考に縛られる原因は、不安が生まれる理由や解消法を言語化できていないから。モヤモヤした不安や心配は、それを感じた時点ですべて「言葉」に変えるといい。心理学ではカタルシス効果と言われ、言葉によって脳が自分の状況を把握し、心を浄化する作用がある。言語化は、思考を整理しながら原因が特定でき、前向き思考も鍛えられる優れた方法。


田中仁(経営者)

ブレークスルーのきっかけというのは、ピンチの時。危機に陥った時が、その人の能力が最大限活用できる、チャンスの手掛かりを掴める。


荒蒔康一郎

仕事を通じて若い世代にビジョンを示してほしい。仕事の具体的な目標だけではなく、その先に大きな夢を見ることを教えるのも、リーダーの大切な役割ではないでしょうか。


久水宏之

何のための仕事や経済だったかの原点に戻ることが必要。私たちは厳しい試練に直面するときこそ元々何がしたかったのか、その本当の願い、志に立ち返ることができる。


小林一雅(小林製薬)

新市場を創出した後、先行者は手をこまぬくのではなく、ライバルが出してくる商品よりも先を行くモノを投入しなければなりません。


カーリー・フィオリーナ

信念があれば、そのうちきっと誰かに通じる。ベストを尽くせば、チャンスの扉は開かれる。自分が屈しなければ、人から貶められはしない。


秋田正紀

国外であっても、取引先の方と直接会うことは、人的ネットワークを構築するうえで、非常に重要です。ですから、部長やバイヤーも、どんどん海外へいかせています。すぐに売上げにつながるかどうかはわかりませんが、人の育成には役立っていると思います。