名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フォルクマル・デナーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フォルクマル・デナーのプロフィール

フォルクマル・デナー。ドイツの電動工具・自動車部品メーカー「ロバート・ボッシュ」社長。シュツットガルト大学卒業後、ロバート・ボッシュに入社。オートモーティブ・エレクトロニクス事業部長、取締役などを経て社長に就任。物理学博士号を持っており、研究開発部門の責任者を兼任した。

フォルクマル・デナーの名言 一覧

不確実性に備えるには、ひとつの未来を予測するのではなく、複数の未来を予測し、どれが現実になっても困らないように最大限の準備をすることが大切です。


太陽光パネル事業からは撤退しました。失敗は、イノベーションを起こすプロセスで生じる現実です。太陽光パネル事業は技術的には成功していましたが、経済的には持続性がありませんでした。


私たちは中立であることを重視しています。特定の顧客に依存したくありません。もちろんイノベーティブな製品を共同開発する場合、一定期間、その成果を特定の自動車メーカーだけに提供することはあります。それでも、その後はすべての顧客に提供します。これはおそらく、日本のサプライヤーとの最も大きな違いではないでしょうか。


ドイツの自動車メーカーの経営者とは定期的に会っています。そこで私たちは長期戦略を示して顧客のニーズを聞き、自らの製品ロードマップを調整するのです。そのうえで、顧客と合同で開発チームを作っています。


R&D(研究開発)活動を支えるのが、財団が会社を所有するという組織構造にあります。新しいアイデアを市場に投入するには時間がかかります。短期利益を求めるような投資家に左右されない会社の所有形態が、長期的視点でR&Dに取り組める理由のひとつです。


1日19件。これは、私たちが申請している特許の数です。ロバート・ボッシュのDNAであるイノベーションのために、我々は年間48億ユーロ(約6720億円)をR&D(研究開発)に投じています。


フォルクマル・デナーの経歴・略歴

フォルクマル・デナー。ドイツの電動工具・自動車部品メーカー「ロバート・ボッシュ」社長。シュツットガルト大学卒業後、ロバート・ボッシュに入社。オートモーティブ・エレクトロニクス事業部長、取締役などを経て社長に就任。物理学博士号を持っており、研究開発部門の責任者を兼任した。

他の記事も読んでみる

テリー伊藤

人間、キャリアを重ねると冒険をしなくなる。それは若い人でも同じことだ。年数の長さに関わらず、実績とともに自分のスタイルができてくると、それをもとに考えたり、行動することしかできなくなる。それでは、何も新しいことを生み出せない。


伊藤真(弁護士)

どんな勉強でも、一番に学ぶべきことは基礎・基本です。次に、全体像。この2つを押さえることが大切です。基礎・基本は、簡単に思えて、これほど難しく、深いものはありません。また、全体像を理解することは、新しいことを学ぶうえで不可欠です。部分がわからないと全体がわからないし、全体がわからないと部分がわからない。部分と全体は相互依存の関係です。常に全体を意識しながら学ぶことが大切です。


高橋智隆

私自身、インスピレーションを得るために日頃から意識的に変わった場所や人、モノと出会うようにしています。


植田統

メールは短くすませるべきです。三行でもいい。日本では時候の挨拶から始まって、相手に謝礼や社交辞令を書き連ね、それからやっと本題というメールが少なくありません。メールは最も簡便な通信手段です。あれこれ手間をかけては、簡便でなくなってしまいます。それに長いメールは、相手が読んでくれません。伝えるべき事項を簡潔に書けばいいんです。


オマル・エル=アッカド

いつか本当にやりたい仕事を実現するには、どうすればいいか。私の場合は、食べるために就いた仕事が、本当にやりたい仕事に役立つスキルを身につけさせてくれました。毎日会社に行って記事を書き、上司からフィードバックを受けることが、フィクションの書き手としての力をも鍛えてくれたと思います。もちろん、アフガニスタンやグアンタナモ、ルイジアナやフロリダを取材した経験も小説の中に生きています。やりたいことがあるなら、日々の仕事の中でその準備をしていくことが、とても重要でしょう。


立川談慶

師匠(立川談志)は落語を「人間の業の肯定」と言った。「人間は駄目でいいんだよ」と。「酒が人間を駄目にするんじゃなくて、人間というものはもともと駄目だということを酒が教えてくれる」という発想。


二宮雅也

(東日本大震災時)社員は自ら手を上げて被災地入りし、受付、書類整理、損害調査の三種の仕事にあたりました。スタッフ部門の社員や部長クラスまで志願しました。彼らは返ってくると、口々に「行ってよかった」『保険会社の仕事をしていてよかった」と感想を述べます。未曽有の災害にあって、我々の存在意義、プロ意識が再確認されたのは大きな出来事でした。


田中良和(GREE)

他の人と同じことをやっていれば安心できるし、将来自分たちがどうなるかもある程度わかりますが、それでは同じことしか起きません。ユニークなことや誰もやっていないことを始めるときは、やっぱり常に不安で孤独なものも確かです。でも、それは当たり前です。自分のしていることが正解かどうかは、ひとまず置いて、不安であることが当然だと考えながら今後も新しいサービスを考えていくつもりです。


新関八洲太郎

私はまだ、過去を語る年代ではないと承知している。事実、赤いチャンチャンコを着る還暦には、まだ、そこばくの間があり、いまだに人並みの娑婆気も抜けず、将来にも少なからず夢を描いているといった私は、人を頷かせるに足るだけの処世訓の用意もなければ、枯れた人生観の持ち合わせもない。


ギュスターヴ・フローベール

我々は、過去を知らないばかりに、自分の生きる時代を中傷する。人間はかれこれずっと、こんな調子で来たのである。


田川博己

いまは月に3、4日程度しか完全に休める日はありませんが、それでも旅行に出かけたりしてしっかり休暇を取ります。平日には若手社員と飲みに行ったり、異業種交流会に参加する時間などもスケジュール管理で確保しています。


ひろゆき(西村博之)

最終的に2ちゃんねるは聞いたこともない国の、誰ともわからない人が運営しているという未来があるかもしれません。2ちゃんねるが消滅したとしても、なにか似たようなサービスが必ず出てくるのです。そして、そのウェブサイトにユーザーが集まるという状況になるのではないでしょうか。2ちゃんねる的なサービスは、名前や形を変えつつも残り続ける。