フォルクマル・デナーの名言

フォルクマル・デナーのプロフィール

フォルクマル・デナー。ドイツの電動工具・自動車部品メーカー「ロバート・ボッシュ」社長。シュツットガルト大学卒業後、ロバート・ボッシュに入社。オートモーティブ・エレクトロニクス事業部長、取締役などを経て社長に就任。物理学博士号を持っており、研究開発部門の責任者を兼任した。

フォルクマル・デナーの名言 一覧

不確実性に備えるには、ひとつの未来を予測するのではなく、複数の未来を予測し、どれが現実になっても困らないように最大限の準備をすることが大切です。


太陽光パネル事業からは撤退しました。失敗は、イノベーションを起こすプロセスで生じる現実です。太陽光パネル事業は技術的には成功していましたが、経済的には持続性がありませんでした。


私たちは中立であることを重視しています。特定の顧客に依存したくありません。もちろんイノベーティブな製品を共同開発する場合、一定期間、その成果を特定の自動車メーカーだけに提供することはあります。それでも、その後はすべての顧客に提供します。これはおそらく、日本のサプライヤーとの最も大きな違いではないでしょうか。


ドイツの自動車メーカーの経営者とは定期的に会っています。そこで私たちは長期戦略を示して顧客のニーズを聞き、自らの製品ロードマップを調整するのです。そのうえで、顧客と合同で開発チームを作っています。


R&D(研究開発)活動を支えるのが、財団が会社を所有するという組織構造にあります。新しいアイデアを市場に投入するには時間がかかります。短期利益を求めるような投資家に左右されない会社の所有形態が、長期的視点でR&Dに取り組める理由のひとつです。


1日19件。これは、私たちが申請している特許の数です。ロバート・ボッシュのDNAであるイノベーションのために、我々は年間48億ユーロ(約6720億円)をR&D(研究開発)に投じています。


フォルクマル・デナーの経歴・略歴

フォルクマル・デナー。ドイツの電動工具・自動車部品メーカー「ロバート・ボッシュ」社長。シュツットガルト大学卒業後、ロバート・ボッシュに入社。オートモーティブ・エレクトロニクス事業部長、取締役などを経て社長に就任。物理学博士号を持っており、研究開発部門の責任者を兼任した。

他の記事も読んでみる

ダニエル・ピンク

自分が死んだ後、人にどのように思われたいか。理想とする自分の姿を思い描き、それを一言で表現するといいでしょう。「上司の命令に従うだけで、とてもみじめな人生を送った」と言われたいか、「健康に貢献する商品を開発して、人々の暮らしを改善した」「信頼される医師として、地域の子供たちを助けた」と言われたいか。そう自問することで、目指すべき方向が見えてくるのではないでしょうか。


魚谷雅彦

僕が入社したタイミングは、ちょうど当時の広告の続編の撮影をスタートする時期だったんですが、みんな続編の内容に納得していないことがわかったので、撮影をすべてキャンセルしてしまいました。莫大なキャンセル料がかかりましたが、純粋におかしいと思ったからキャンセルしました。
【覚書き|コカ・コーラにマーケティング担当上級副社長として入社し、缶コーヒー「ジョージア」のブランド立て直しに着手した当時を振り返っての発言】


田原総一朗

僕は過激なことを言うから叩かれたこともあったけど、それは伝えたいことが伝わった証。気にせずガンガン主張してください。


川上量生

ネットにおける文化やテクノロジーというのは全世界でかなり共通化されていますから、日本で流行ったものは、同じ環境を作ることができれば、海外でも成功すると思っています。


江上治

一旦始めたなら途中で諦めず、継続して投資することが大切ではないでしょうか。そうすれば次の短期の上昇相場にもきっと乗れるでしょう。富裕層の多くは長期投資家で、投資の継続を実践しています。


藤田晋

新たな挑戦には、批判はつきもの。初期段階における「まだ何もできていないじゃないか」という指摘は、まさにその通りだったりします。ですが、そう言われるのが「現場」なのです。


日覺昭廣

どの企業もコストダウンに手を付けないと利益を得られないだろう。東レは2016年度までの3年間で2000億円のコストダウンを実現し、ようやく2000億円の利益が出る見通しだ。


須磨久善

ビジネスと心臓外科医の仕事の最大の違いは、心臓外科医には「~を糧に」という考え方は、あり得ないということです。心臓手術は失敗すれば患者さんの命が失われてしまう。ですから、とりあえずやってみて、失敗したからそれを糧にして次を頑張ればいい、という考え方は成り立ちません。


藤森義明

現状と向き合い、その時点でベストな判断を下すのが経営者だ。そのことに躊躇があってはならないと思う。


齋藤孝(教育学者)

肝心なのは、師を間違わないということ。


小笹芳央

人を採るという行為自体が、経営の根幹に関わっています。採れなければ事業を拡大できません。そういう意味では経営者はもちろんのこと全社をあげて、採用に関心を持たなくてはいけません。当社では売り上げの30%を採用関係に注ぎ込んでいます。


澤田秀雄

どこよりも速い情報と、どこよりも速い行動、それがどこよりも速いサービスにつながる。


齋藤孝(教育学者)

自分に不利な事実を隠蔽したりねじ曲げたりしても、大抵バレるもの。それによって、傷口を修復不能なほど広げてしまった事例は、新聞や週刊誌を広げればいくらでも拾える。


なかにし礼

いい作品を生むという行いは、1行1行を書きながら自分が進化している実感を得られるもの。そう思うと小説家って本当に楽しい仕事ですよ。何にもないところから1行書き出して、2行目、3行目。気がついたら500枚できあがっているわけです。作品を生み出すことが生きることの意味につながる、幸せな職業かもしれませんね。


本郷陽二

仕事を100%完璧に仕上げようと思うと歩留まり率が悪化して、効率、成果でマイナス面が出るもの。余裕をもって80点主義でよしとすれば、むしろ仕事がはかどり、目標にも早く到達する。つまりショートカットになる。


ページの先頭へ