名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フェルディナン・フォッシュの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フェルディナン・フォッシュのプロフィール

フェルディナン・フォッシュ。フランス軍人。元帥。フォンテンブロー砲兵学校の戦略戦術論講師。主な著書に『戦争原論』『戦時統帥論』。第一次世界大戦ではフランス第20軍、第9軍で指揮を執ったのち、連合国軍総司令官に就任。連合国を勝利へ導いた。母国フランスだけでなく、イギリス、ポーランドからも元帥を与えられた。第一次大戦後はドイツ非武装監視委員会会長などを務めた人物

フェルディナン・フォッシュの名言 一覧

わが軍の右翼は押されている。中央は崩れかけている。撤退は不可能だ。状況は最高、これより反撃する。
【覚書き|第一次世界大戦でフランス第9軍の指揮を執っていた時の発言。戦況がドイツ軍に押されていた際に】


我々はパリを前にしても、パリの真っただ中でも、パリを後ろにして戦うだろう。
【覚書き|どんなことがあってもパリを守り抜く決意を表現した言葉】


指揮官は心を自由にしておかなければならない。偏見、先入観、固定観念を排除することである。


軍規はマニュアル訓練には役立つ。しかし、危機に直面した時は役に立たない。だから諸君は、考えることを鍛えよ。


フェルディナン・フォッシュの経歴・略歴

フェルディナン・フォッシュ。フランス軍人。元帥。フォンテンブロー砲兵学校の戦略戦術論講師。主な著書に『戦争原論』『戦時統帥論』。第一次世界大戦ではフランス第20軍、第9軍で指揮を執ったのち、連合国軍総司令官に就任。連合国を勝利へ導いた。母国フランスだけでなく、イギリス、ポーランドからも元帥を与えられた。第一次大戦後はドイツ非武装監視委員会会長などを務めた人物

他の記事も読んでみる

生田正治

大きな改革には反対と抵抗がつきものだ。


村井雄司

身近な技術を組み合わせることで新たな価値を創造していきたい。これこそが、モバイルクリエイトの創る少し先の未来です。


中村天風

もし、知識だけを磨いて人間が幸福になれるなら、学問を一生懸命勉強した人はみんな幸福になれそうなもんじゃないですか。そして、学問を勉強しない人はみんな不幸であるべきはずだが、そうじゃないでしょう。


村上賀厚

外資系企業の人事でよく使われるのが「アクセシブル」という言葉。これは他者から見たときのアクセスのしやすさ、つまり、取っ付きやすさを指す言葉です。当然ながら、怒りっぽい人、常にイライラしている人というのはアクセシブルではない。つまり、社内の人が寄り付かず、自ずと情報が入ってこない不利な立場を強いられることになります。自ら部下や他部署に何か頼み事をした場合でも、そもそも好かれていないので、優先順位が下げられてしまい、十分な協力が得られなくなるリスクもあるでしょう。


尾賀真城

我々は発泡酒や新ジャンルの先鞭をつけ、市場を開拓、成果を上げてきました。ただし、多くの商品を投入した結果、分散したところがあったことは否めません。そこでもう一度原点に戻ろうと努めてきました。それが本業のビールに特化するというものです。


矢野博丈

一人で始めた移動販売が社員3人規模まで大きくなったとき、「よし、ワシも経営の勉強をせにゃいかん」と思って、本を3冊買ってきたことがある。3冊とも松下 幸之助さんの本だった。読んでみると、私が考えたこともないようなことがいろいろ書いてある。さすが経営の神様だと思った。その中のひとつに、「経営者には権限移譲する力、部下に仕事を任せる力が必要だ」と書いてあった。だからそれに倣って、それまで平社員だった社員3人をそれぞれ専務、部長、課長にしていろいろ任せることにした。ところがこれは上手くいかなかった。大きな会社で、ふさわしい年月と経験を重ねてきた社員に権限を委譲するのは、効果的なのかもしれない。だけど、当時のうちの社員は年月も経験も浅い。苦労もしないまま役職が与えられると何か勘違いしてしまって、権限移譲の悪い面ばかりが出てしまった。このとき私は、本に書いてあることをそのまま鵜呑みにしたらいけないと思った。


小林陽太郎

いま、リーダーに問われるのは、経済性と社会性、人間性を両立させる判断力と決断力です。


アルフレッド・アドラー

暗いのではなく、優しいのだ。
のろまではなく、丁寧なのだ。
失敗ばかりではなく、たくさんチャレンジをしているのだ。


上野和典

世の中は会社ではなく、お客様の都合で動いています。ですから、会社を一歩出たら、一人の消費者としてアンテナを立てます。これでアナログ情報に対する感度もぐっと高まります。とくにマネジメント層は、会社のロジックが体に染みついているものです。意識して自分をリセットすることが重要です。


野田順弘(オービック)

失敗を安心して報告できる雰囲気を企業風土として根付かせるためには、まずトップが「マイナス情報を経営に役立てたい」という方針を明確にすることで、オープンで風通しのいい組織に変えていかなければなりません。


望月明美

私たちは職業柄、このお客様はどこまで上がっていく人かをなんとか嗅ぎ分けようとするわけですが、まず言えるのは、権力に野心を持っている人に共通するのは飲み方が一通りではないということです。子飼いの部下とそうでない部下に見せる顔が明らかに違う。いろいろな顔を持っていて、その場その場に応じて使い分けることができると言ってもいいでしょう。変わり身の早さに、凄みすら感じることもあります。


柳井正

僕は子供の頃、親と一緒の部屋で寝ていました。するとおふくろとおやじが夜、年末の資金繰りを話し合うんです。うちは大丈夫かと思うことが何度もありました。これが僕の原体験です。今は皆さんサラリーマンで、毎月毎月、同じ額の給料が入ってくる。これは現実のビジネスとは違います。会社はいつ潰れるか分からないし、店だっていつ閉店するか分からない。そういう現実感が希薄になっている。