名言DB

9412 人 / 110637 名言

フェルディナント・ヤマグチの名言

twitter Facebook はてブ

フェルディナント・ヤマグチのプロフィール

フェルディナント・ヤマグチ。コラムニスト、恋愛評論家、半導体・電子部品専門マーケットアナリスト。著書に『恋愛は投資である』『恋愛投資論』『悪魔のモテ理論』。

フェルディナント・ヤマグチの名言 一覧

会社で隣の奴に敵わないのは「才能」とか、「あいつのお父さんは取引先の役員だから」とか言い出したら、もう自分自身に、それ以上の伸びはないのよ、というのは確か。


フェルディナント・ヤマグチの経歴・略歴

フェルディナント・ヤマグチ。コラムニスト、恋愛評論家、半導体・電子部品専門マーケットアナリスト。著書に『恋愛は投資である』『恋愛投資論』『悪魔のモテ理論』。

他の記事も読んでみる

山本高史

人に評価される発想とは、「なるほどね、そういう見方もあったね」と言わせる種類のアウトプットだったりするもの。


松岡修造

僕は、現役時代の自分に対しては、自分を褒めたいとは思わない。ただ唯一、自分を褒められることがあるとすれば、ジュニアの育成システムを作ってきたことです。それも自分で独自に作ったんじゃなくて、テニス協会のなかに作り上げた。自分で言うのもなんですけど、これは画期的なことだったんです。それには人を動かさなきゃいけなかった。どうすれば動かすことができるのか? 僕なりに試行錯誤を繰り返しながら、作り上げていったんです。


野村克也

言葉の力は強い。「根拠は?」「~とは何か?」と言い続けるうちに必ず思考が変わり、行動が変わり、自分自身を必ず向上させていくはずだ。


秋田正紀

松屋に入社し、最初の2年間は、研修で伊勢丹の婦人服売り場に立たせてもらいました。一販売員として婦人服を扱ったわけですが、つねに自分がいま受けている研修が、将来どう役立つのかを自覚するようにしました。


澤田秀雄

ハウステンボスのイベントは最初は結構、失敗しましたね。そのうち、コツがわかってきまして、世界中でここにしかないイベントをやろうということで、国内最大級「100万本のバラ祭」。最初は「ボタニカルガーデン」と言ったんですけど、そんな、ぼた餅みたいな名前、と名前を変えて。イメージできますでしょ。


宮田博文(経営者)

トラック運転士にとって、交通事故は最も辛く、苦しく、しかし絶対に目を背けてはいけない問題です。安全のために様々な取り組みを続けていますが、どうしても限界があります。運転士の心に「ゆとり」や「優しい気持ち」がなければ事故はなくならない。


青崎済

門司工場閉鎖のとき、社外からの圧力は凄いものがありました。そのときは相手の懐に飛び込み、かつ毅然とした態度で誠心誠意、徹底して話をし、最後は親友のようになりました。


赤塚不二夫

よく聞かれるんだけど、漫画を描くのに苦しんだり悩んだりしたことが一度もないんだ。「ギャグ漫画は同じネタが二度と使えないので、きつくはないですか」なんて聞かれても、辛いことなど何もなかったからまったくピンとこない。


松橋良紀

信念は、多くの人に語るうちに、自分のなかでもより強固になっていくのです。


ゴードン・ムーア

部品あたりのコストが最小になるような複雑さは、毎年およそ2倍の割合で増大してきた。短期的には、この増加率が上昇しないまでも、現状を維持することは確実である。より長期的には、増加率はやや不確実であるとはいえ、少なくとも今後10年間ほぼ一定の率を保てないと信ずべき理由は無い。すなわち、1975年までには、最小コストで得られる集積回路の部品数は65,000に達するであろう。私は、それほどにも大規模な回路が1個のウェハー上に構築できるようになると信じている。


太田彩子

普段は忙しくてイライラする人も、朝は余裕があるので穏やかです。「おはようございます」と元気に声をかければ、たいていは笑顔で応じていただけます。これは電話営業も同じです。朝の方が話を聞いてもらえる確率は高いと思います。


春香クリスティーン

私は基本的にネガティブで自分に自信があるわけではありません。だから、自信がない分、自分がいろいろな現場に行って、なるべく多くのことを自分の目で見て、感じ取るように心掛けています。


筒井義信

どんどん失敗を恐れずにやれと言っています。会社の風土として闊達風土ですから。


青木仁志

その人の働きに応じて、その人が必要とされ、本当に生きがい、やりがいを見いだせるような職場環境をつくってあげれば、人は辞めない。そして生産効率も上がる。


野木森雅郁

外箱のパッケージデザインも世界で統一すると決めて欧米各国の事務所などに提示しましたが、多くの国から返答が来ません。理由を聞いて、初めてわかりました。例えば北欧で販売するためには複数の言語での表示が必要でした。日本では想像できない様々なルールがあったのです。各国の担当者からすればとても受け入れられない案だったわけです。それぞれの国の規制や実情を細かく尋ねました。