名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フェルディナント・ヤマグチの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フェルディナント・ヤマグチのプロフィール

フェルディナント・ヤマグチ。コラムニスト、恋愛評論家、半導体・電子部品専門マーケットアナリスト。著書に『恋愛は投資である』『恋愛投資論』『悪魔のモテ理論』。

フェルディナント・ヤマグチの名言 一覧

会社で隣の奴に敵わないのは「才能」とか、「あいつのお父さんは取引先の役員だから」とか言い出したら、もう自分自身に、それ以上の伸びはないのよ、というのは確か。


フェルディナント・ヤマグチの経歴・略歴

フェルディナント・ヤマグチ。コラムニスト、恋愛評論家、半導体・電子部品専門マーケットアナリスト。著書に『恋愛は投資である』『恋愛投資論』『悪魔のモテ理論』。

他の記事も読んでみる

澤上篤人

アベノミクスでもどんな政策でもそうだが、株式市場では決まって大騒ぎするものの、実のところは目先筋、つまり短期投資家とマスコミの話題でしかない。我々長期投資家は、そもそも政策などに期待もしていない。何しろ株式投資は個別企業の将来業績を丁寧に分析して、安いと思えば買うだけのことなのだから。


弘兼憲史

優れた経営者は、事業撤退の意思決定が早く、致命的なミスを早めに回避する力がある。


北島義俊

これからは従来の印刷業務だけでは時代の波に取り残されてしまう。まさにお客様との「対話」に基づく新たな付加価値創造が問われるだけに、社員の「対話」の力が欠かせない。


浜野安宏

すべての産業は、ファッション産業になる。


稲盛和夫

リーダーという存在は、相手が聞く耳をもっていようともっていまいと、自分の信じるところを諄々(じゅんじゅん)と部下に説いていき、心から納得させなくてはならないのです。


高橋是清

授かった仕事が何であろうと、常にそれに満足して一生懸命にやるなら衣食は足りる。


松本幸夫

私はビジネスパーソンを対象にした研修の講師を務めることが多いのですが、「残業を減らす方法を教えてほしい」という要望は、最近とくに多くなっていると感じます。そうした方々にはまず、自分の時間の使い方を記録して、それを分析することから始めてもらうのですが、そこで愕然とする人も多いようです。その人自身としては、「仕事量が多い」「予定外の仕事が発生する」といった理由で自分の残業が多くなっていると思っていたのに、どうもそれだけが理由ではない、という事実がわかってくるからです。


上野和典

自分で会社を起こしたわけではありません。先輩から引き継いだわけなので、数字の目標はシンプルです。先輩の達成した数字を超えられるかどうか。それが非常にわかりやすい。誰にも言いませんが、内心では「ここは超えたんだ」と納得したり、自信を持ったりしています。


鈴木雅哉(経営者)

独自のデータベースを作ったところで、大企業へ売り込みました。ところが全くうまくいかない。バイイングパワーが無いので価格競争ができないし、システムの使い勝手も悪かったので、見向きもされませんでした。そこで方針転換し、中小企業に集中することにしました。間接資材のメーカーや問屋の営業マンは、1回当たりの購入額が大きい大企業に集中しがちです。そのルートから外れた中小企業向けに、通信販売の仕組みを提供できればビジネスになると考えたわけです。


伊藤謙介

厳しく言うけど褒めるときは褒める、というのが大切で、ガミガミ言わないけど褒めもしない、というのでは、リーダーは務まりません。


ケリー・マクゴニガル

ストレスを避けようとするのは本当によくない方法です。ストレスを正面から受け止めようとする人に比べて、ストレスを避けようとする人は、不安や気分の落ち込みを感じやすいのです。人生をもう少し広い目で見て、自分の生きてきた歴史を振り返った時、「ストレスを伴った経験はすべてなかったことにしてしまいたい」と思うでしょうか。なかったことにしたところで、人生が理想的なものになるというわけではありません。それどころか、自分を成長させてくれた経験や、最も誇りに思っている挑戦、そしてあなたをあなたたらしめている人間関係を消し去ってしまったことに気づくでしょう。不快感は多少軽くなるかもしれませんが、人生の意義が奪われてしまうことにもなりかねません。


音尾琢真

ドラマ『陸王』で城戸監督役を演じることが決まる前に、実は読んでいたんです。わりと脂ぎったイメージだったので、演じられるか心配でした(笑)。池井戸さんの作品は、いつも読んでいて映像が見えてきますね。役作りで青山学院大学陸上競技部の原監督にお会いしたんですが、選手を見る目がすごく鋭いんですよ。すべてを見抜こうとする目なんだなと。池井戸さんにお会いしたら、やっぱり目が鋭かった。常に観察している目。だからこそこういう作品が書けるんですね。