フィロラオスの名言

フィロラオスのプロフィール

フィロラオス(ピロラオス)。ピュタゴラス教団の数学者。地球が宇宙の中心ではないという考えを述べた最初の人物といわれている。

フィロラオスの名言 一覧

知られているあらゆることに数がある。数がなければ考えることも知ることもまったくできないだろう。


フィロラオスの経歴・略歴

フィロラオス(ピロラオス)。ピュタゴラス教団の数学者。地球が宇宙の中心ではないという考えを述べた最初の人物といわれている。

他の記事も読んでみる

上原明

私は本当に人の縁に恵まれていたと思います。「自分以外は師」と自分に言い聞かせ、年齢などにも関係なく、多くの方々からたくさんのことを学ばせていただきました。


小暮真久

タリーズコーヒージャパン創業者の松田公太さんは、ハワイ生まれのレストラン「エッグスンシングス」を日本で大ブレイクさせるなど、次々とヒットビジネスを生みだしています。その秘訣をご本人に聞いたところ、「海外旅行や出張先で出合ってビビッときたものをビジネス化する」とのこと。これはまさに「アイデア直感力」と呼ぶべきソフトスキルです。


ディオン・ワイズラー

開発陣には毎年新しい製品が出てくるたびに、「素晴らしい。でも、もっとだ」と言い続けた。長年慣れ親しんだものづくりの発想を抜本的に変えるには、トップが妥協してはいけない。


沢村一樹

現れてはいるけれど、気づいていない人が多いのではないでしょうか。「家の一番近くにあるゴルフショップは?」と聞かれても、普通は答えられませんよね。でも、ゴルフを始めた途端、「こんなに近くにゴルフショップがあるんだ」と気づくようになります。だから、自分がやりたいことは何かということは、常に考えておいた方がいいでしょう。


渡辺大

食べ物は人間にとってのガソリンだと思うので、不純物が多い油よりも、ハイオクの方がいいと思うんですよ。映画やドラマを見ている人たちが、「あの役者は別格」と思ってくれる土台も、食事や休息といった日々の積み重ねにあるはずですから。僕はどんなに忙しくても簡単に済ませるご飯で妥協したくない。


宮内誠

理論はとても大事ですが、実践しなければ付加価値は生まれない。


奥野宣之

ライフログをつける効果の一つは自信です。いまは頑張っても結果が出にくい時代。自分は何をやってきたのか、振り返って何もないと落ち込みます。でもノートに自分の足跡を残しておけば、「オレは頑張ったんだ」と安心できる。たとえ望んだ結果が出なくても過程を誇れる。


水野哲也(経営者)

日本の優良な中小企業の商品を発掘して海外に輸出し、その結果、日本の地方経済の活性化に貢献できれば、日本人としてそれほど嬉しいことはありません。


山本為三郎(経営者)

ビールは軍需品に近いもので、これを供給して軍に協力しているではないか。山本五十六元帥は横山中佐をビール会社へ送って「ビールは爆弾よりも必要だ。空中戦をやるときにはどうしてもビールがなければならない。というのは機上では炭酸ガスが不足するので、ビールと一緒に、中に含まれている多量の炭酸ガスを飲んで耐久時間を長くする」と言われたことがある。だから我々がビールをつくることもひとつの国策ではないか。
【覚書き|太平洋戦争中に軍からビール工場を接収し、その工場の機材で燃料をつくるという命令を受けたときに語った言葉。説得は失敗し工場と原料すべてを取り上げられてしまった】


鈴木治雄

迷ったときは、十年後にその決断がどう評価されるか、十年前ならどう受け入れられたかを考えてみればよい。【覚書き|第二次石油危機後、不採算部門だったアルミの国内精錬から撤退した時を振り返っての言葉。合理化案に社内全体から不満の声が上がったが、先行きを見て廃止を決断する。】


ダン・ケネディー

最も有能で高給取りの広告マンは、実にきちんとした人たちで、膨大なデータを集めて検討し、じっくり考えて結論を導き出していた。いまでは、私もこのやり方の良さがよくわかっている。「新しい」「オリジナル」なアイデアは敬遠する。どうせ魚を釣るなら、いけすの中に居る魚を釣りたい。それも小さないけすで、水を張ってない方がいい。大きい魚に越したことはないし、できれば機関銃を使って仕留めたい。


小澤三敏

経営者として、とくに株主の視点に立って執行役員を監督する取締役の会長という立場になると、良否だけでは判断できません。むしろ(業績の)良し悪しの判断が重要なのです。つまり、悪しにも3分の理があると、悪しの存在も認めざるを得ません。


小松俊明

社内で仕事が集まってくる人は、外部環境の変化に対応できるように、情報収集に長けていたり、自ら勉強したりしている人。これは日本企業全般に言えることですが、従来のビジネスモデル、収益モデルが変わってきてしまっているからなんです。たとえば、出版業界を例にとれば、電子書籍という黒船がやってきたために、これまでのやり方が一切通用しなくなってしまった。そうなると当然、電子書籍に詳しかったり、人脈が豊富だったりする社員へと仕事が回っていくわけです。


加谷珪一

目先のことにとらわれることなく、この先どうしていくか、という視点で意識や行動を変えることができれば、貧乏脳から脱出できる。


宮嶋宏幸

大事なのはお「客様の立場に立つ」ということです。「お客様のため」ではありません。それでは自分が一番ということになってしまう。一番はあくまでお客様、自分は二番なのです。


ページの先頭へ