名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

フィル ナイトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フィル ナイトのプロフィール

フィル・ナイト、米国起業家、バスケットボールシューズのパイオニアであるNike社の創業者。陸上部員だったオレゴン大学時代に現アシックスのシューズを日本から輸入するビジネスをスタート。その利益をもとに自社ブランドシューズを開発。スポーツの大衆化を支える。ナイキの名はギリシャ神話の勝利の女神ニケNikeからとったもの

フィル ナイトの名言 一覧

人生で最後の一回だけ成功すればいい。それまでトライし続けることが重要だ。チャレンジしなかったら、成功するかどうかさえ分からない。ラストチャンスだけは失敗しないようにすればいい。


消費者がなぜ『ナイキ』の商品を買うのか、契約選手がなぜ『ナイキ』を愛用するのか。それは理屈の問題ではない。なぜか『ナイキ』を好きになる、な ぜか『ナイキ』を買いたくなる、なぜか『ナイキ』を履きたくなる。すべては感情の問題、すなわち「エモーショナル・タイ(Emotional Tie=感動の絆)」である。


エモーショナル・タイ(Emotional Tie=感動の絆)が重要である。エモーショナル・タイを作りだすのが、スポーツマーケティングである。


レストランを開きたいと思っても、厨房で一日23時間働く覚悟がなかったら、やめたほうがいい。


自分が事業をはじめるときにもらったアドバイスは「ラストチャンスの時だけは失敗しないように。」でした。最後だけは失敗できません。


漠然と事業を始めたいではだめ。参画したい事業があり具体的にやりたいことがなければだめ。失敗してもやり続けることが大事です。


フィル ナイトの経歴・略歴

フィル・ナイト、米国起業家、バスケットボールシューズのパイオニアであるNike社の創業者。陸上部員だったオレゴン大学時代に現アシックスのシューズを日本から輸入するビジネスをスタート。その利益をもとに自社ブランドシューズを開発。スポーツの大衆化を支える。ナイキの名はギリシャ神話の勝利の女神ニケNikeからとったもの

他の記事も読んでみる

川村誠

社長になったばかりの私に稟議を上げてくる社員は、私がその事業に詳しくないことを知っています。最初は、判断を仰ぐことに不安を感じた人もいたでしょう。しかし、私が京セラの経営理念に基づいて判断することが分かっていたので、その分は不安が少し軽くなったのではないでしょうか。


岡野雅行(岡野工業)

依頼が来たとき、採算は度外視してやってみる。失敗を重ねても、最終的に完成させる。これが技術なんだよ。コスト意識が強かったり、最初からできないと思う奴が多すぎる。おかげで、あたしには大きな仕事がくるんだけどね(笑)。


渡邉美樹

仕事をするうえで心得ておくべきことは、一にも準備、二にも準備、三にも準備。徹底した準備が仕事を成功させる。そこは当然、お客様を思う心もある。準備と心が揃って、ようやく楽しい時間を過ごしてもらうことができるのだ。


大野直竹

尊敬する人は織田信長です。あの人だけが戦国の世にあって、日本を統一し平和にして、今までの悪い点を改革して新しい世をつくろうというビジョンを持っていた。本当に今までの世の中を変えたいと思ったリーダーであることは間違いない。


見城徹

異業種交流会やパーティー、催しと名のつくものは全部くだらないと僕は思っている。よっぽど義理のある人に頼まれない限り、参加しないよ。表面的な名刺交換をして、「いい天気ですね」って雑談をする程度で関係性がつくれるはずがないじゃないですか。人脈ができたと勘違いしても、実際は余計な名刺が増えただけ。


山田直美(社会起業家)

家賃はもちろん、フードや生活用品費、ワクチン接種や薬の費用、去勢手術費用……運営にはたくさんの資金が必要になります。寄付集めや街頭募金活動も必死ですよ。加えて、行政や信頼できる団体と連携しながら譲渡会や写真展などのイベントを開催したり、併設しているペットホテルとトリミングサロンの売り上げをシェルター運営に充てたりして、何とか費用を捻出しています。「かわいそう」「助けてあげたい」という感情だけでは、決して続きません。持続可能にするための仕組みをきちんと考えること、そして、何としてでもやり抜くという覚悟。それが重要だと思っています。


新将命

私はこれまで世界で多くのリーダーに会いました。「この人は素晴らしいな」と思わせる人物には共通する特徴がありました。それは一口でいえば教養です。文学や美術、歴史の造詣が深く、カクテルパーティーなどでは、ギリシャ神話やシェークスピアが、しばしば話題に上がります。そうした教養の裾野の広さに、私は彼らの懐の深さを感じました。ビジネスに役立つ経営学だけでなく、こうしたいわば無用の学があるわけですが、そのバランスがとれているのも器の大きな人としての欠かせない条件です。


佐藤透(経営者)

人間に普遍的なニーズである「喜び」を満たすことが当社の理念です。引き続き、魅力溢れる商品を社会に供給していきます。


二宮尊徳(二宮金次郎)

わざわいは過去の因縁によって来る場合もある。名僧が強盗にあったときの歌に「前の世の借りを返すか、いま貸すか、いずれ報いはありとしぞ知れ」と詠んだとおりだろう。決して迷ってはならない。


山本康博

話題の商品があったら、実際に購入して使ってみたり、食べてみたりする。巷で「売れている」と話題でも、それが作られた評判の場合もある。その情報を元に似たような新商品を企画しても、ダメですよね。


嶋浩一郎

私は博報堂ケトルという会社で毎日、斬新なキャンペーンや広告のアイデアをひねり出していますが、そんな日々で気づいたのは、「斬新なアイデアは散らかった情報の中から突然変異的に生まれる」こと。ムダ(情報)を活かすには、集めたものを「整理しない」のが重要なんです。情報は、整理・分類してファイルに綴じたり、引き出しにしまったりした瞬間に死んでしまうからです。そもそもアイデアは既知の情報の組み合わせでしかなく、それは斬新なアイデアも同じ。そして1つの情報は「多面体」の性質を持っていて、各面がほかの情報のどこかの面とくっつく可能性を秘めている。それが意外性のある組み合わせになった時、斬新なアイデアが生まれるわけです。


真藤恒

電電公社が民営化され日本電信電話(NTT)となったとき、公社時代から口酸っぱくして意識の変革を職員に言い続けた。私から見ればまだまだだが、民営化後のNTTの評判は概して良いようだ。この中で、私は次々と子会社を設立した。将来性はあるがリスクの高いものを、お客さんからいただいた料金でやってはいかんと思うし、そうかといってNTTが国鉄のようにならないためには、新しい分野へ挑戦しなければならないからだ。