名言DB

9419 人 / 110788 名言

フィル ナイトの名言

twitter Facebook はてブ

フィル ナイトのプロフィール

フィル・ナイト、米国起業家、バスケットボールシューズのパイオニアであるNike社の創業者。陸上部員だったオレゴン大学時代に現アシックスのシューズを日本から輸入するビジネスをスタート。その利益をもとに自社ブランドシューズを開発。スポーツの大衆化を支える。ナイキの名はギリシャ神話の勝利の女神ニケNikeからとったもの

フィル ナイトの名言 一覧

人生で最後の一回だけ成功すればいい。それまでトライし続けることが重要だ。チャレンジしなかったら、成功するかどうかさえ分からない。ラストチャンスだけは失敗しないようにすればいい。


消費者がなぜ『ナイキ』の商品を買うのか、契約選手がなぜ『ナイキ』を愛用するのか。それは理屈の問題ではない。なぜか『ナイキ』を好きになる、な ぜか『ナイキ』を買いたくなる、なぜか『ナイキ』を履きたくなる。すべては感情の問題、すなわち「エモーショナル・タイ(Emotional Tie=感動の絆)」である。


エモーショナル・タイ(Emotional Tie=感動の絆)が重要である。エモーショナル・タイを作りだすのが、スポーツマーケティングである。


レストランを開きたいと思っても、厨房で一日23時間働く覚悟がなかったら、やめたほうがいい。


自分が事業をはじめるときにもらったアドバイスは「ラストチャンスの時だけは失敗しないように。」でした。最後だけは失敗できません。


漠然と事業を始めたいではだめ。参画したい事業があり具体的にやりたいことがなければだめ。失敗してもやり続けることが大事です。


フィル ナイトの経歴・略歴

フィル・ナイト、米国起業家、バスケットボールシューズのパイオニアであるNike社の創業者。陸上部員だったオレゴン大学時代に現アシックスのシューズを日本から輸入するビジネスをスタート。その利益をもとに自社ブランドシューズを開発。スポーツの大衆化を支える。ナイキの名はギリシャ神話の勝利の女神ニケNikeからとったもの

他の記事も読んでみる

中島聡(ソフトウェアエンジニア)

小さくスピードを上げてやる開発は、今のところはうまくいっています。何でそうやって新しいものを手がけるのかと言うと、本当に面白いソフトウェアを開発できるのは、それぞれの分野における黎明期の、ごくごく限られた時間の中だけである、と実感してきたからです。


坂戸健司

乱雑な机ではたった一枚の書類すら紛失する可能性大です。他人に迷惑をかける危険性をはらむことになります。仕事は個人戦ではなくチープワークです。周囲も自分もスムーズに仕事を進めるためにも、書類整理は必要不可欠だと心得るべきです。


千本倖生

起業は9割が苦労。喜びは1割しかない。それでも、世のためになる事業であれば、挑戦する意義は非常に大きい。


津坂純

ハーバードの教育のすべてがいいというつもりはないのですが、ほとんどの授業が議論の中で進められます。「正解は何か」を求めるのではなく、「より良い結論に至るプロセス」が学びの中心に据えられているからです。


守谷雄司

部下が上司から命令や指示を受ける際、最も大切なのは、その目的や意図をはっきりさせておくことです。よく上司は、言った「ハズ」、部下は聞いている「ハズ」という声を耳にしますが、そんな「ハズ」ほど、あとで精神的な苦痛を感じるものはありません。


野口敏(話し方)

廊下ですれ違うときやエレベーターに乗り合わせたとき、目を合わせ、軽く会釈するだけでも存在を認められ、「話しかけてもいい人なんだな」と相手に認識されます。同じ会社であっても普段接点のない人にいきなり話しかけると驚かれてしまうこともあります。しかし、このうに日頃からアイコンタクトを心がけていれば相手の警戒心が薄れ、話しかけやすく、さらには話しかけられやすい人になのです。これを「打ち解け力」と私は言っています。


こだま(作家)

「これが最後かも」と、毎回どこか観念しながら書いています。綱渡りです。だからこそ後悔のないように心を込めて書きたい。


成毛眞

相手の話す英語がわからなければ、「わからない」「もっとゆっくり話して」と遠慮なく言えばいいんです。それでもわかるように話してくれないなら、相手が一緒にビジネスをする気がないということです。これは英語以前の問題です。


鷲北修一郎

一握りのトップ営業マンを育てるよりも、大多数の普通の営業マンの潜在能力を引き出し、全体の底上げをすることの方が大切です。一人が少しずつでも成長すれば、全体の売上は大きく上がります。その意味で、営業マンの育成は、一つの経営改革と言えるでしょう。


佐藤可士和

僕は問診という言葉を使っていますが、デザイン制作をする前に、「相手が考えていることは何か」「どういった形のコミュニケーションを望んでいるか」といった本質を知りたいのです。僕の場合、問診をして、かなり深いところまで触れて初めてデザイン制作が可能になります。