名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フィル ナイトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フィル ナイトのプロフィール

フィル・ナイト、米国起業家、バスケットボールシューズのパイオニアであるNike社の創業者。陸上部員だったオレゴン大学時代に現アシックスのシューズを日本から輸入するビジネスをスタート。その利益をもとに自社ブランドシューズを開発。スポーツの大衆化を支える。ナイキの名はギリシャ神話の勝利の女神ニケNikeからとったもの

フィル ナイトの名言 一覧

人生で最後の一回だけ成功すればいい。それまでトライし続けることが重要だ。チャレンジしなかったら、成功するかどうかさえ分からない。ラストチャンスだけは失敗しないようにすればいい。


消費者がなぜ『ナイキ』の商品を買うのか、契約選手がなぜ『ナイキ』を愛用するのか。それは理屈の問題ではない。なぜか『ナイキ』を好きになる、な ぜか『ナイキ』を買いたくなる、なぜか『ナイキ』を履きたくなる。すべては感情の問題、すなわち「エモーショナル・タイ(Emotional Tie=感動の絆)」である。


エモーショナル・タイ(Emotional Tie=感動の絆)が重要である。エモーショナル・タイを作りだすのが、スポーツマーケティングである。


レストランを開きたいと思っても、厨房で一日23時間働く覚悟がなかったら、やめたほうがいい。


自分が事業をはじめるときにもらったアドバイスは「ラストチャンスの時だけは失敗しないように。」でした。最後だけは失敗できません。


漠然と事業を始めたいではだめ。参画したい事業があり具体的にやりたいことがなければだめ。失敗してもやり続けることが大事です。


フィル ナイトの経歴・略歴

フィル・ナイト、米国起業家、バスケットボールシューズのパイオニアであるNike社の創業者。陸上部員だったオレゴン大学時代に現アシックスのシューズを日本から輸入するビジネスをスタート。その利益をもとに自社ブランドシューズを開発。スポーツの大衆化を支える。ナイキの名はギリシャ神話の勝利の女神ニケNikeからとったもの

他の記事も読んでみる

中山泰男

やらされ感ではなく、やりたい感ですよ。それぞれの主体性を発揮でき、モチベーションが上がることが大事。そのため全員経営は必然。社員がワクワクする会社、社員が成長を感じて自己実現できる会社にしたい。


徳谷智史

夢の実現には、まず機会を創ること。自分より前に進んでいる人との接点を増やしたり、小さくても自ら新しい予定を入れることをおすすめします。


三宅占二

原点に戻るには、マインドや働き方を変えないと駄目なのではないか。熾烈なシェア競争をしているときに、我々はどこを見ていたのだろうかというと、お客様ではなくアサヒばかり見てしまっていた。アサヒがこういう商品を出したからうちも出さなくちゃいけないと。いったいキリンは何をやっているんだと長年のお客様は怒り、「落第の通信簿(シェアの下落)」をもらってしまったわけです。
【覚書き|社長就任時のキリンの状況について語った言葉】


加納裕三

アメリカ人は0から1を生むのが得意ですが、1を2や10にしていくのは日本人の得意領域。


マハティール

我々は「対立」を好みません。「競争」は好みます。


井上逸兵

言語学は言葉がどう使われるかに注目する学問で、カタカナ語が使われること自体を良い悪いではとらえません。ただ乱用する風潮は個人的に好きではありませんし、相手がわからないと思ったら日本語に置き換えてあげるべきです。その心遣いはビジネスマナーに通じるのではないでしょうか。


中田亨

人間が仕事をするうえで、ミスをなくすことは不可能。しかし、事象が小さなうちにミスに気づいて方向修正をしたり、起こってしまったミスから、次に起こらないように対策を講じることは必要不可欠であり、それにより大きな間違いや事故を防ぐことは可能。


中井貴一

出演作のDVDをいただいても1回観たら終わりです。次回作を自分の代表作にしたいって気持ちで取り組んでますからね。いまの現場で新しく撮られるシーンで、いかに楽しく勉強できるかがすべてだと。


高橋俊介

因果関係のひとつひとつは証明できないような形ではあるが、ほかの人たちのためになる行動をとっている人は、困ったときや必要なとき、それらの人たちから何らかのサポートを受けていることが社会心理学の世界でも証明されている。


米津玄師

自分の気持ちを言葉や音楽にする行為って、やっぱり自己表現なんですよ。自分のこと、自分が美しいと思っているものについて、他の人にも知って欲しいという欲求だと思うので。


青井忠雄

いつかは挫折する時があります。どうぞその時は自分に負けないでください。


高橋浩一(ビジネスコーチ)

どちらかの損得で考えるのではなく、「私たち」目線にして話すことで、相手の協力度合いが高まる。