名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フィリッポ・ブルネレスキの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フィリッポ・ブルネレスキのプロフィール

フィリッポ・ブルネレスキ。ルネサンス期イタリアの金細工師、彫刻家、建築設計家、建築技術者。フィレンツェ出身。サンタ・フェリーチタ聖堂バルバドーリ礼拝堂、サン・ロレンツォ聖堂、サント・スピーリト聖堂などの設計を行った。また数々の建設機械や工法を発明した。

フィリッポ・ブルネレスキの名言 一覧

知者を装おうとするから、いつまでも無知から抜け出せないのだ。


愚者や世間知らずは説明してやっても何も理解しない。無知であるがために、すぐに怒り出す。


フィリッポ・ブルネレスキの経歴・略歴

フィリッポ・ブルネレスキ。ルネサンス期イタリアの金細工師、彫刻家、建築設計家、建築技術者。フィレンツェ出身。サンタ・フェリーチタ聖堂バルバドーリ礼拝堂、サン・ロレンツォ聖堂、サント・スピーリト聖堂などの設計を行った。また数々の建設機械や工法を発明した。

他の記事も読んでみる

野津基弘

祖父(創業者)が考えていたのは「日本のために」ということ。言葉にはしませんでしたが、敗戦で帰ってきた時に「ここで負けてなるか」という気持ちがあったのではないでしょうか。人々を豊かにするためなら、何でもやってやろうという人でした。


大山健太郎

新商品を毎年大量に投入すると、一見効率が悪いように見えるでしょう。ただ、単年の決算だけでなく、会社の未来を考えれば、損して得を取るべきです。


菊原智明

結局、要求を丸呑みすると、客はどんどんモンスター化するもの。子供が泣き叫ぶ度にお菓子をあげていたら、どんどん増長してわがままになるのと同じです。かといって完全に突っぱねれば、お客を失ってしまいます。そこで有効なのが「交換条件」を出す方法です。たとえば「棚の取り付けサービスをするかわりに、モニターとしてウェブで紹介させてください」とか「10万円の値引きをするので、お客様の知り合いを2人紹介してください」など。ダダでは譲らないのです。こんなふうに交換条件を出すことで、お客とギブ&テイクな横並びの関係が築けるうえに、客からテイクしたもののおかげで自分の成績も上がる。まさにメリットだらけの根回し法なのです。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

子どもと同じく、経営者も周りの助けなくては生きられない。自身の経営者目線をいったん外し、助けてもらう相手として接するべきポイントを意識しましょう。


ジェームス・W・ヤング

既存の要素を新しいひとつの組み合わせに導く才能は、事物の関連性を見つけ出す才能に依存するところが大きい。


荒谷卓

特殊部隊を作ると言っても、どういった組織なのか未知数な部分があった。それで他国の特殊部隊の教育を受けて参考にしようとしたのです。でも最初は誰がやるのだと。私は当時既に40歳でしたし。でも最終的には言い出しっぺの私が手を挙げて行くことになりました。
【覚え書き|自衛隊時代を振り返って】


ポール・シーリィ

中間管理職は上下から挟まれる立場で、ストレスも多いでしょう。でも、これはサッカーで言えば、ミッドフィルダーのポジション。試合の状況を最も的確に把握でき、ゲームを動かせるのも彼ら。つまり、中間管理職こそが「仕事の渋滞」を解消する力を持っているのです。


神吉武司

よい社風をつくるには社長が率先垂範すること。また、「節約すれば、社員たちにどういう利益があるのか」が目に見えるかたちでわかる仕組みづくりが不可欠。


小嶋淳司

問題に真正面から向き合って乗り越えることができたら、その時はものすごく大きな経験になっている。それまで考えられなかったような力を与えてくれる。乗り越える壁があることほど、ありがたいものはありません。


ピーター・ドラッカー

たいていの経営者は、その時間の大半を過ぎ去った「きのう」の諸問題に費やしている。


赤羽雄二

書類・資料作成のスピードアップの基本は、締め切り直前にやることです。誰でも経験があると思いますが、明日が締め切りの仕事と時間的に十分な余裕がある仕事では、はかどり方がまるで違います。人は締め切り前には、普段の数倍の効率で仕事が処理できるので、それを意識して利用します。ただし、ただ締め切り直前に取り組むのでは、単なるやっつけ仕事になってしまいます。質の高いアウトプットを上げるには、準備が大切です。事前に書類・資料作成に必要な下準備は済ませて、締め切り直前には一気呵成に仕上げるというやり方が効果的です。


ジェリー・ヤン

『マス』メディアではなく、『マイ』メディアにしていきたい。Web2.0ではこの点が重要になる。最初の10年間、Webはパブリックな存在だったが、それは次第にパーソナル化し、さらにソーシャル化に向かっている。これからはコミュニティがベースになる。