名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

フィリップ・フィッシャーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フィリップ・フィッシャーのプロフィール

フィリップ・フィッシャー、米国有名証券アナリスト、世界的投資家のウォーレン・バフェットも彼の投資原理に大きな影響を受けた

フィリップ・フィッシャーの名言 一覧

究極の成長株を見つける15の質問

  1. 少なくとも数年間にわたって、会社の売上を大きく伸ばす製品や、サービスがあるか
  2. そうした成長の牽引役となる製品やサービスを、次々と生み出そうとしているか
  3. 研究開発費が有効に活用され、成果を上げているか
  4. 強い営業体制はあるか
  5. 営業利益率が高いか
  6. 営業利益率をさらに高める努力をしているか
  7. コスト分析や、財務分析がきっちりできるか
  8. 労使関係が良好か
  9. 幹部社員のやる気を引き出す、社風や体制があるか
  10. 幹部社員に優秀な人材が多いか
  11. その業界で勝ち抜くための独特のノウハウを十分に持っているか
  12. 長期的な視野に立って、企業運営されているか
  13. むやみに新株を発行していないか
  14. 自社にとって、不利益な材料を正直に説明しているか
  15. 株主に対して誠実であるか

投資家は決して10%や20%の小さな利益にではなく、何年間もかけて10倍近くになるような株価の成長にこそ興味をもつべきだ。企業経営者は長期に渡って立派な会社を作り上げることを最優先課題とすべきである。大きく儲ける秘訣は、並外れて優秀な企業を選んで株を買い、 その企業が成長し内容が充実していく間は何年間でもずっと持ち続けられることだ 。


よい銘柄について1回1回いいタイミングを計りつつも、いちどきに買ってしまうのではなくて、時間を分散しながら徐々に買い増していくべき。あくまでも企業の状態を分析して、『買ってよい株価水準』として判断されれば、どんなに景気後退期でも買うべきだ。


やる気も能力もある”傑出した企業”が、トラブルに見舞われたり、経営が悪化したところが買い場である。『何があっても売らずに、持ち続けよう』と思えるくらい価値ある株を、初めから探して投資していくべきだ。十年も上がり続け、何十倍、何百倍になる”究極の成長株”を探し、保有し続けることが株式投資の王道だ。


あらゆる事業で売り上げを上げることは基本でそれがなければ生き残ることは不可能。


株を売る3つのタイミング。

  1. 最初の株式購入時の判断が誤っていた場合
  2. 環境・企業の変化により買うべき企業の条件を満たさなくなった場合
  3. もっと有望な企業を発見しそちらに乗り換える場合。

行き過ぎた分散投資はしてはいけない。厳しく選び抜かれた少数の最優良株に投資し、最小のリスクで資産を最大化しなさい。その企業が並み外れた成功を収めるための条件を満たしている間は、その株は決して売ってはならないこと。


株を買う3つのタイミング。

  1. 新製品の工場を立ち上げて経費がかさみ利益が減少し株価が下落した時。
  2. 新製品販売の特別な経費をかけたため利益が減少し株価が下落した時
  3. 優良企業に一時的なトラブルが生じた時(労使関係の悪化など)

フィリップ・フィッシャーの経歴・略歴

フィリップ・フィッシャー、米国有名証券アナリスト、世界的投資家のウォーレン・バフェットも彼の投資原理に大きな影響を受けた

他の記事も読んでみる

古田英明

社会的によほど問題がある会社であれば別ですが、そうでなければ、不満があってもとりあえず目の前の仕事で本気で取り組んでみることが必要です。営業マンなら、取引先が人手不足で困っていれば、忙しくても手伝いに行く。急な注文で納品が間に合わないときは、工場に直接出向き、「今晩中につくってほしい」と土下座する……。本気の人の周りには本気の人が集まってきますから、そんなあなたの姿を見て「よし、コイツに教えてやろう」という先達がきっと出てくるでしょう。


観世清和

海外に出ていって、現地の人と交流し、お互いに刺激し合う。相手のことを知り、他の文化や芸能に接することが、逆にまた自分たちの文化や芸能を知ることにもつながる。


藤田晋

当社には2年に1度、8人の役員のうち1~3人が交代する「CA8」という制度があります。当社は役員の年齢がとても若く、それぞれが長く役員に留まる可能性がある。役員になると「上がり」の意識が出てきても不思議ではありません。役員にとっては厳しい制度かもしれませんが、上に立つ役員こそ、誰より自分に厳しく仕事をしてもらうために、CA8を作りました。下の人間にとっても、2年に1度、役員になれるチャンスが巡ってくるわけですから、上層部のポストに閉塞感を感じることなく希望を持てる制度です。


吉越浩一郎

報連相は無駄以外の何ものでもありません。任せる仕事の分野とデッドライン(締切り)が明確なら、あとは結果を判断するだけで、突発事故を除けば、途中で報連相が発生することはあり得ません。要するに、「手が回らないから、この仕事、ちょっとやっておいて」というような、いい加減な仕事の依頼を上司がしているから、「そういえば、あの仕事どうなった」という疑念を上司が持ち、その一言が部下の仕事の手を止めるのです。


葛飾北斎

天が私にあと10年の時を、いや5年の命を与えてくれるなら、本当の絵描きになってみせるものを。


麻野進

酒の席でのグチやクダ巻きは要注意です。昔と違ってアルコールを無理に勧めるようなことがなくなったので、出席者の2割ぐらいは素面と思っていい。そんな場所でうっかり失言をした場合、昔のように「あれは酒の席のことだから」と流してもらえなくなっているのです。


西藤彰

技術者としてのプライドがありますから、安物は作りません。やはり西ドイツで見てきたことが非常に印象深く、いいモノを作ろうという気持ちはありました。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

仕事が速い人というのは、常にゴールイメージが明確。バイヤーにとってゴールといえば、顧客のニーズに他ならない。お客さんが喜ぶものは何か。そのイメージが鮮明に描けていれば、不要なものに惑わされることなく、ゴールまで最短距離で突き進める。


殿村政明

私は19歳の時、お笑いの世界に飛び込んだが、相方の事情でコンビを解散。その後、住宅メーカーに営業マンとして就職した。入社当初の成績は鳴かず飛ばず。このままではマズイと思い、社内で断トツに売っているトップセールスマンの営業に同行させてもらうことにした。自分との違いはすぐに分かった。その人はまず、お客さんの興味を引くような話題を次々と放り込んでいき、雑談の時間を重視しているように見えた。何分かに1回は必ずお客さんを笑わせるので、商談をしている席の周りに、自然ととてもリラックスしたムードが漂ってくる。


似鳥昭雄

物事はすべて立体で、四次元で表さないと本質というのはわからない。一枚の絵を見たときに、その絵の奥行きはもちろん、その世界の空気や温度や時代背景までも観察する。


小濵裕正(小浜裕正)

リーダーには知力や体力も必要ですが、一番大事なのは胆力。胆力は修羅場で養われる。


長谷川裕一(お仏壇のはせがわ)

世界を舞台に羽ばたく人材を育てなくてはならない。そのためには、日本人を優先するのではなく、海外の優秀な人材をどんどん日本に受け入れて、採用し、日本人と競わせる。危機に強い日本人は、そうした経験をすることで目覚めるはず。