名言DB

9419 人 / 110788 名言

フィリップ・フィッシャーの名言

twitter Facebook はてブ

フィリップ・フィッシャーのプロフィール

フィリップ・フィッシャー、米国有名証券アナリスト、世界的投資家のウォーレン・バフェットも彼の投資原理に大きな影響を受けた

フィリップ・フィッシャーの名言 一覧

究極の成長株を見つける15の質問

  1. 少なくとも数年間にわたって、会社の売上を大きく伸ばす製品や、サービスがあるか
  2. そうした成長の牽引役となる製品やサービスを、次々と生み出そうとしているか
  3. 研究開発費が有効に活用され、成果を上げているか
  4. 強い営業体制はあるか
  5. 営業利益率が高いか
  6. 営業利益率をさらに高める努力をしているか
  7. コスト分析や、財務分析がきっちりできるか
  8. 労使関係が良好か
  9. 幹部社員のやる気を引き出す、社風や体制があるか
  10. 幹部社員に優秀な人材が多いか
  11. その業界で勝ち抜くための独特のノウハウを十分に持っているか
  12. 長期的な視野に立って、企業運営されているか
  13. むやみに新株を発行していないか
  14. 自社にとって、不利益な材料を正直に説明しているか
  15. 株主に対して誠実であるか

投資家は決して10%や20%の小さな利益にではなく、何年間もかけて10倍近くになるような株価の成長にこそ興味をもつべきだ。企業経営者は長期に渡って立派な会社を作り上げることを最優先課題とすべきである。大きく儲ける秘訣は、並外れて優秀な企業を選んで株を買い、 その企業が成長し内容が充実していく間は何年間でもずっと持ち続けられることだ 。


よい銘柄について1回1回いいタイミングを計りつつも、いちどきに買ってしまうのではなくて、時間を分散しながら徐々に買い増していくべき。あくまでも企業の状態を分析して、『買ってよい株価水準』として判断されれば、どんなに景気後退期でも買うべきだ。


やる気も能力もある”傑出した企業”が、トラブルに見舞われたり、経営が悪化したところが買い場である。『何があっても売らずに、持ち続けよう』と思えるくらい価値ある株を、初めから探して投資していくべきだ。十年も上がり続け、何十倍、何百倍になる”究極の成長株”を探し、保有し続けることが株式投資の王道だ。


あらゆる事業で売り上げを上げることは基本でそれがなければ生き残ることは不可能。


株を売る3つのタイミング。

  1. 最初の株式購入時の判断が誤っていた場合
  2. 環境・企業の変化により買うべき企業の条件を満たさなくなった場合
  3. もっと有望な企業を発見しそちらに乗り換える場合。

行き過ぎた分散投資はしてはいけない。厳しく選び抜かれた少数の最優良株に投資し、最小のリスクで資産を最大化しなさい。その企業が並み外れた成功を収めるための条件を満たしている間は、その株は決して売ってはならないこと。


株を買う3つのタイミング。

  1. 新製品の工場を立ち上げて経費がかさみ利益が減少し株価が下落した時。
  2. 新製品販売の特別な経費をかけたため利益が減少し株価が下落した時
  3. 優良企業に一時的なトラブルが生じた時(労使関係の悪化など)

フィリップ・フィッシャーの経歴・略歴

フィリップ・フィッシャー、米国有名証券アナリスト、世界的投資家のウォーレン・バフェットも彼の投資原理に大きな影響を受けた

他の記事も読んでみる

宮沢文彦

物事の本質は世間で「正しい」とされていることの裏側にある。


レイ・クロック

我々が「QSC&V(品質・サービス・清潔さ・価値)」という言葉を言うたびにレンガを積み上げていたとしたら、おそらく太平洋を横断する橋ができていただろう。


大越健介

自分が手掛ける仕事は、インタビューにしてもロケの取材にしても、今日性とニュース性があり、納得できるものを前提にしています。そのため、どんな企画でも立案段階から、担当者と話し合いをして取材・制作を進めます。


岩根茂樹

これからはエネルギーの大競争時代に入っていきますが、競争の時代だからこそお客様の信頼にこたえていくことが必要。当社の究極の目的はお客様と社会のお役に立ち続けること。これは昔も今も変わらぬ使命です。


伊藤雅俊(イトーヨーカドー)

仕事は生ぬるいものではなく、きつい仕事を与えるようにすると人は成長していくものだ。


佐々木常夫

部下との対話は「8対2」で聞くをメインにしましょう。信頼度が上がり、必ずいい関係が築けます。


谷内正太郎

世界と共存し、ゼロサムではなくプラスサムの世界をつくるべく、交渉の中で努力することが大事。自国の国益、産業のことだけを考える姿勢になっては交渉はまとまらない。


遠藤憲一

監督の指示で動いて、自分でも知らない表情や話し方ができた。新しい自分になるにはこのパターンだと思った。同時にいままで「この演技がいい」と監督に最初に提案してたのは、じつは、自分のやりやすいことをくり返していたんだなあと気づいた。


笹野和泉

ライフスタイルが多様化していく中で、持つ人の内面的魅力を引き出すブランドを目指すことが、ブランドビジネスの次の可能性を拓くと考えています。


友野紀夫

少子高齢化でも、今後大きく成長する保険はあるのです。これはすべてお客さまのニーズに沿ったものです。お客さまが自分で保険を選ぶ時代になりつつありますから、そこに対して当社は商品力で勝負したい。