フィリップ・トルシエの名言

フィリップ・トルシエのプロフィール

フィリップ・トルシエ、オマル・トルシエ。フランス生まれのプロサッカー選手、監督。フランスリーグでプロサッカー選手となるも、2部リーグどまりで、膝の故障で28歳のときに引退。その後、指導者に転向。U-15フランス代表監督を皮切りに、フランス2部3部リーグのチームで采配をとったのち、ナイジェリア、南アフリカ、モロッコなどアフリカ諸国でサッカー監督として実績を積み、W杯日本代表監督を務めた。

フィリップ・トルシエの名言 一覧

進歩はフィールドの中だけにあるのではない。むしろフィールドの外の方が大きい。


フィリップ・トルシエの経歴・略歴

フィリップ・トルシエ、オマル・トルシエ。フランス生まれのプロサッカー選手、監督。フランスリーグでプロサッカー選手となるも、2部リーグどまりで、膝の故障で28歳のときに引退。その後、指導者に転向。U-15フランス代表監督を皮切りに、フランス2部3部リーグのチームで采配をとったのち、ナイジェリア、南アフリカ、モロッコなどアフリカ諸国でサッカー監督として実績を積み、W杯日本代表監督を務めた。

他の記事も読んでみる

村上隆男

ホールディングスと言っても、それぞれ別会社だからそれでいいと思ったら、そこで変化がなくなってしまいます。ですから、それぞれの技術や知見を応用しなければならないと思っていました。簡単ではありませんが、例えばビールと焼酎、ワイン、飲料の研究所を同じ敷地に置いてみると、自然に交流が進む可能性が高いと考えました。


殿村政明

芸人が舞台に立った時、いきなりネタを始めず、本題とは別の話題でドン! と場を沸かせるでしょ? それをきっかけに舞台と客席の間の壁が崩れ、笑いが起きやすい雰囲気が生まれる。こういう土壌を戦略的に創るからこそ、そのあとに続くネタがウケるんですよ。


田口弘

情報の洪水の中から自分にとって必要なものを得るには、問題意識を持つことです。


是枝裕和

制作者は「業界の制約」にぶつかる前に、「自分の中の制約」とぶつかるんです。それとどう向き合うかが先。


谷口祥子

「褒める」とは、「すごいですね」といった言葉を贈ることだけではありません。「あなたを認めています」と伝えるコミュニケーション全般が「褒めること」である、と私は定義しています。


大村浩次

我が社の社員は全員、紺のシングルスーツに白のワイシャツです。私は20年来、早朝に本社周辺の道路や地下街通路、本社のトイレを掃除しながら、経営理念である「FC加盟店の役に立っているか」「業界の発展に貢献しているか」といったことを自問しています。こうしたことを通じて、我が社の社風は自然に出来上がったと思います。FCの方々にも私の思いは伝わっているのではないでしょうか。


リチャード・カールソン

心の健康を保つことによって、自尊心、つまり自分の常識を信じる心と自信が生まれる。人生をバランスのとれた見方で眺められるようになる。そしてまた、生真面目にならず、ときには自分を笑い飛ばせる強さを身につけることができる。心の健康はすべては上手くいくと信じられる楽天性を私たちに与えてくれる。


中山勇

美味しいお弁当づくりには、種も仕掛けもあるんです。ご飯の盛り付け一つでも、機械が無理やり押し込んだような仕上がりより、手で立体的に盛り付けたようなビジュアルのほうが美味しそうに感じていただけるはずです。


山本真司

「自分が本当に情熱を持てる」対象を選ぶことが必要です。努力は継続が大切ですが、寝食を忘れて取り組めるようなことなら、そのハードルをクリアしやすいですから。


似鳥昭雄

順境のときは、あまり人は育たない。努力しなくても数字がいいというのは、人を育てるということでは適していない。逆に景気が悪いときが一番、役員、社員の教育のためになる。


高塚苑美

手帳で1か月の予定のバランスを見て、偏りがないように調整します。営業をしていた時代は、月の前半でノルマ達成のメドが立つように調整し、不足していた分を後半で補うように予定を組んでいました。


ガー・レイノルズ

プレゼンで重要なことは、本当に大切なことのフォーカスすることです。「あれも、これも、みんな重要です」というのは、何も重要ではないと言っているのと同じです。


羽鳥兼市

何十人、何百人といる同期と同じようなお金の使い方や貯金していたら、いつまでもほかより秀でられるはずがない。


島野容三

何事も誠意を持って取り組むのみ。


童門冬二

私たちがよく使う「風土」は、国土や国民性などの地理上の情景をいいますが、「風度」は心の情景のことをいいます。この言葉はある中国文学者によると、中国の古い言葉だそうです。風度が高い、または低いというのは、その人の人徳の度合いを示しています。古代中国で民衆から尊敬されていた人たちは、風度を高めようと自己研鑽を積んできたのです。この風度があれば、内容に多少納得がいかなくても人は従ってくれるのです。「うちの社長は凄い。歩く姿にオーラがある」とか、「うちの課長はいつもお客様のことを考えている。言っていることに説得力がある」などと部下がしみじみ思うような、にじみ出る風格を確立しなければだめだということです。


ページの先頭へ