名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フィリップ・チェスターフィールドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フィリップ・チェスターフィールドのプロフィール

フィリップ・チェスターフィールド。イギリスの教養人、文人政治家。ケンブリッジ大学卒業後、若くして国会議員に選ばれ活躍した。また、同時代の啓蒙思想家、作家、詩人たちと交友関係を持った。息子に送った書簡集『父から息子への手紙』は多くの教訓を含んでおり、いまなお人生論として人々に読み継がれている。

フィリップ・チェスターフィールドの名言 一覧

よく何にでも手を出す人がいる。そういう人は何の喜びも享受することができない。真剣に仕事に取組み、それに喜びを感じられる人だけが、遊びにも喜びを感じられるものだ。


君だって覚えがあるだろう。ほんのわずかな気配りで、どれだけ嬉しかったか。人間なら誰でもが持っている虚栄心が、そのことでどれだけ満足させられたか。たったそれだけのことで、それ以後その人に傾斜し、その人のすることなすこと、すべて好意的に受け止められるようにならなかっただろうか。人間とはそんなもんだ。


相手の本心を知りたければ、相手の顔をじっと見つめることだ。表情を見ていると、言葉の意味がつかみやすくなる。


フィリップ・チェスターフィールドの経歴・略歴

フィリップ・チェスターフィールド。イギリスの教養人、文人政治家。ケンブリッジ大学卒業後、若くして国会議員に選ばれ活躍した。また、同時代の啓蒙思想家、作家、詩人たちと交友関係を持った。息子に送った書簡集『父から息子への手紙』は多くの教訓を含んでおり、いまなお人生論として人々に読み継がれている。

他の記事も読んでみる

武永修一

少しずつだけど会員数が伸びていたから、続けられた。


アラン(哲学者)

人間は自信を持ち、貫禄がつき、自分の仕事以外に己れがないようになると、平凡なものになる。役所ほど人間を殺すところはない。


村上太一

思考力の高い人は、メリットとデメリットを漏れなく出せる人です。何らかの意思決定において、いくつかの選択肢があった場合、それぞれの選択肢のメリットとデメリットを漏れなく出せれば、正しい決断ができる可能性が高くなります。しかし現実には、メリットとデメリットに漏れがある人が少なくありません。こういう様子を見ると、全体を見渡す視点がちょっと欠けているのかな、という風に感じます。


内田和俊

多くの場合、問題ある新人は一回二回の注意では改善しません。「うざい」などと反発されることもあるでしょう。諦めたら容認されたと思われてしまうし、周囲にも示しがつきません。何回でも言い続け、構い続けるべきです。私が見る限り、上が指導し続ければ、8~9割は普通の社員になっています。


天坊昭彦

仕事を任されれば本気になります。自分の仕事なのだから必死で取り組むし、誰よりも深く理解します。そうすると仕事がどんどん面白くなります。社員の目が輝いてきたらしめたものです。必ずお客さまにも出光の社員が一生懸命やっていることが伝わります。


金子和斗志

すべての社員が自分の可能性に挑戦し、喜びに満ちた人生を歩める会社にするのが、経営者としての私の使命だと思っています。


出水麻衣

声と表情はリンクします。堅苦しい表情ですと、声も堅めになりますし、朗らかな表情をしていると丸みのある優しい声色になります。


松本晃(経営者)

経営って2つしかないんですよ。「世のため人のためになること」と「儲けること」。それ以外のことを考えすぎると経営が複雑怪奇になってしまう。


林野宏

ビジネスにおいて、いいアイデアをひとつ考えたら、すべてうまくいくなんて甘い状況はあり得ない。アイデアを出し続け、市場に問い続け、信頼を得続ける。そこに近道はない。


太田剛

外食ビジネスは、昨今、1~2年で初期投資を回収するのが一般的です。ところがHUBは、ブリティッシュ・パブ風のテイストを重視するため、費用をかけてしっかりと作り込みます。どんなに良い物件でも居抜きというわけにはいきません。すると、投資回収に5~6年はかかるため、決して優れたビジネスモデルではないように映ります。他社があまり参入しない理由は、ここにあるのかもしれません。


西田厚聰

私がアメリカでパソコン事業を担当してた当時の競争相手は、日本やアメリカに追いつこうと必死に攻勢をかける台湾メーカーでした。彼らの猛烈なハングリー精神に対抗するためには、かつて日本人が高度成長時代に持っていた、ガムシャラなハングリー精神に代わるだけの、物事に立ち向かっていく姿勢が必要でした。


ジェフ・ベゾス

アマゾンは準備が完璧に終わらない限り、事業を開始しません。今回は日本語のフォントを高精細の画面で美しく表示することにこだわりました。
【覚書き|日本での電子書籍発売が、発表からだいぶ経ったあとにスタートしたことについて語った言葉】