名言DB

9412 人 / 110637 名言

フィリップ・チェスターフィールドの名言

twitter Facebook はてブ

フィリップ・チェスターフィールドのプロフィール

フィリップ・チェスターフィールド。イギリスの教養人、文人政治家。ケンブリッジ大学卒業後、若くして国会議員に選ばれ活躍した。また、同時代の啓蒙思想家、作家、詩人たちと交友関係を持った。息子に送った書簡集『父から息子への手紙』は多くの教訓を含んでおり、いまなお人生論として人々に読み継がれている。

フィリップ・チェスターフィールドの名言 一覧

よく何にでも手を出す人がいる。そういう人は何の喜びも享受することができない。真剣に仕事に取組み、それに喜びを感じられる人だけが、遊びにも喜びを感じられるものだ。


君だって覚えがあるだろう。ほんのわずかな気配りで、どれだけ嬉しかったか。人間なら誰でもが持っている虚栄心が、そのことでどれだけ満足させられたか。たったそれだけのことで、それ以後その人に傾斜し、その人のすることなすこと、すべて好意的に受け止められるようにならなかっただろうか。人間とはそんなもんだ。


相手の本心を知りたければ、相手の顔をじっと見つめることだ。表情を見ていると、言葉の意味がつかみやすくなる。


フィリップ・チェスターフィールドの経歴・略歴

フィリップ・チェスターフィールド。イギリスの教養人、文人政治家。ケンブリッジ大学卒業後、若くして国会議員に選ばれ活躍した。また、同時代の啓蒙思想家、作家、詩人たちと交友関係を持った。息子に送った書簡集『父から息子への手紙』は多くの教訓を含んでおり、いまなお人生論として人々に読み継がれている。

他の記事も読んでみる

澤田道隆

花王の業績は全体ではまずまずです。しかし個別の事業で見ると、まだまだ課題があるため、組織を再編しました。これまで洗剤や化粧品は大きく4つの事業ユニットに束ねていましたが、売り上げ規模や製品グループに合わせ10事業部に作り変えました。大きなくくりだと、たとえば紙おむつが好調で、その事業ユニットの業績がすごくいいように見えても、実はそれ以外にうまくいっていない事業があった。だから全部ばらして、もっと個別に責任を持たせようという狙いです。事業部のリーダーには40代の若い人を積極的に抜擢しています。組織としては、階層を重ねず、自分たちが抱えているものは、自分たちの責任でやれ、ということです。


正垣泰彦

野菜は自社基準に照らし合わせて、自信をもって安全と言い切れない限りお客様に出すのはやめようということで、違う産地でとれた農作物をつかったり、放射能汚染の疑いがないビニールハウスで栽培をしたりしています。PB(プライベートブランド)をつくるので、当然種からです。種からつくってつくったら管理をして、いかに自分たちの工場に持ってくるかを農家の方に指導するわけです。その代わり、それをやってくれたらこれだけの金額で引き取りますよと。


加藤久光

成功体験を捨てるために必要なのは、これでメシが食えなくなったらどうするんだ、という危機意識。


枡野俊明

人の背後には、その人の良さが隠れているものです。でも、色眼鏡をかけると、それが見えなくなってしまいます。まずは、色眼鏡を外して真っ白な心で、上司に接してみてください。できれば、この上司のいいところを見つけようと意識しながら。


森下洋子

私は毎日、二時間の基本レッスンをやっています。これは私の舞台を支えている大事なレッスンです。一日基本レッスンを怠ると、自分の体が不調になるのがわかります。二日怠ると、パートナーにわかります。そして、三日怠ると多くの人にわかります。


加瀬豊

副社長をしていた頃、中東に商談に行ったとき、映画『アラビアのロレンス』に出てくるような眼光鋭いワシ鼻の長老に、「約束を守らなかったら喉を切るぞ」と驚かされました。恐ろしいことを言いますけど、相手が求めているのは信頼・安心で、それはこちらとしてもウェルカムでした。「心配はいらない。日本人は約束を守らないことを恥とする。日本には約束を違えれば腹を切る習慣もある」と伝えたら、すぐに仲良くなって長老自らブドウを剥いてくれました。


中原伸之

株主とは何でしょうか?独立した市民が株主として権利を行使するのが本来の資本主義社会であると私は考えます。法人株主は短期利益を追求することで、ともすれば会社の富をゆがめてしまうのです。同時に、東燃を成長させてくれた株主には、いまも感謝しています。
【覚書き|エクソン、モービルから東燃の資本金に相当する金額を配当として求められたときを振り返っての話。エクソン、モービルが持ち株比率50%を超えていたため飲まざるを得なかった】


安田隆(経営者)

ジムは朝6時からやっているので、最近は出社前に身体を動かす習慣ができました。早起きをするとイライラする頻度が減ったような気がしますし、体力だけでなく気力も充実してきたような気がします。


今井むつみ

当たり前だと思っていることでも「なぜなのか」「どうすればできるのか」を深く考えながら読むのと、通り一遍に読むのでは、書類から読み取れる情報が大きく違ってくる。その情報が、自分の知識体系にきちんと統合できるかどうかにも影響する。


谷口祥子

「褒める」とは、「すごいですね」といった言葉を贈ることだけではありません。「あなたを認めています」と伝えるコミュニケーション全般が「褒めること」である、と私は定義しています。


永野重雄

男一匹、相手を殴るような気迫がなければいい仕事はできない。


小寺圭

机上の勉強よりも、現場での経験を積み上げることでスペシャリストを目指す方がずっと有益だと思います。私自身、ハーバードなどのビジネススクールに通ったことがありますが、得ることはほとんどなかった。逆に、私たちの方が先生方からビジネスの現状を聞かれました。私も時々聞かれましたが、先生よりも生徒が語る話の方がずっと面白かったですね。


斉藤惇

私は今まで人がなかなか受けない仕事を頼まれてきました。そして意識してきたのは「天命」という言葉です。


加藤寛一郎

熟年になっても自分を甘やかさない気持ちというのは大事ではないでしょうか。たとえば、私はもともと太りやすい方ですが、格闘技をするためと健康のために独自の減量法を編み出し30数年来続けています。


古川貞二郎

私の実家は農家です。高校生時代の「ごぼう掘り」の経験は人生の大きな支えになりました。みぞれが降るような寒い時に、畑にごぼうを掘りに行くのですが、ごぼうは先が切れてしまったものは安くしか売れません。短いものはスッと畑から抜けるのですが、長く、根が張ったものはそうはいかない。金棒を使ってごぼうの先端を傷つけないように根を切る必要がありました。ところが、それでも抜けない大物がある。腰も痛くなり、とにかく寒い。大学受験を控え「何でこんなことをしているのか?」と自問することが多かったのですが、それでも再び体勢を整え土を掘り、根を切るとごぼうが抜けるのです。忍耐強く継続し、最後の一押しをいとわない。ごぼう掘りから得た教訓は私の助けとなりました。