名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フィリップ・シドニーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フィリップ・シドニーのプロフィール

フィリップ・シドニー。16世紀、エリザベス朝イングランドの詩人、軍人、当時最も情熱的で賢く勇敢な人物と称えられた政治家。オックスフォード大学クライスト・チャーチ卒業後、イングランドの交渉使節団の一人としてヨーロッパを歴訪。帰国後、エリザベス一世にフランスとの縁組について反対する長文を送って激怒され宮廷から身を引いた。下野後は、芸術家へと転向し、創作活動に没頭、詩人としての頭角を現した。その後再び宮廷に戻り、軍人としていくつかの勝利を経験したのち戦死。主な作品に『アストロフェルとステラ』『詩の弁護』『アーケイディア』。

フィリップ・シドニーの名言 一覧

勇将は根のようなものであり、そこから枝となって勇敢な兵卒が生まれる。


高貴な考えとともにある者は、決して孤独ではない。


フィリップ・シドニーの経歴・略歴

フィリップ・シドニー。16世紀、エリザベス朝イングランドの詩人、軍人、当時最も情熱的で賢く勇敢な人物と称えられた政治家。オックスフォード大学クライスト・チャーチ卒業後、イングランドの交渉使節団の一人としてヨーロッパを歴訪。帰国後、エリザベス一世にフランスとの縁組について反対する長文を送って激怒され宮廷から身を引いた。下野後は、芸術家へと転向し、創作活動に没頭、詩人としての頭角を現した。その後再び宮廷に戻り、軍人としていくつかの勝利を経験したのち戦死。主な作品に『アストロフェルとステラ』『詩の弁護』『アーケイディア』。

他の記事も読んでみる

みうらじゅん

恥ずかしさやつまらないプライドで親孝行できないなら、いっそプレイだと思い込んで楽しもう。僕自身、親に反発することが義務だったロック世代なので(笑)、親孝行が恥ずかしくて嫌だった。でも一人っ子だった僕は、両親の愛情を一身に浴びていた分、期待されちゃっている。30歳前後かな、「そろそろ親孝行する時期ちゃうんかいな」って親から言ってきた(笑)。親孝行にはリミットがあるんだよね。親孝行しようと思う心がじわじわとわくのを待っていたら遅い。だったら、すぐに始めて楽しんだ方が得策でしょ?


熊切直美

トップダウンを重視するのもひとつの経営スタイルだと思いますが、私は「トップの指令だけでは、社員は本当にいい仕事はできない」と考えています。だから皆で意見を出し合い考える風土、上位者ほど謙虚に聞く耳をもち、部下が気軽に相談できる体制を構築することが、何より重要だと思うのです。


北井博

いろいろなところに出向いて、人の話を聞き、そこで浮かんだアイデアを形にしていくのが好きなんです。


木暮太一

大事なのはこの判断が正しいかどうかではなく、ロジックを理解して、自分の頭で正誤を判断したかどうか。結果的に間違っていても、「自分の判断のここがおかしかった」「あそこの考え方を修正しないといけない」と1人でフィードバックできるから、トライアンドエラーができる。この思考習慣を持ち続け、少しずつ判断のレベルを上げていくことが大事。


福山誠

上村はグーグルの同期で部署も一緒で、仲がよかった。そこで、彼にソーシャルランチのアルファ版を見せたところ、「面白そうだ」ということになり、どちらが誘うともなく、起業することにしました。


竹中平蔵

日本には幸運なことに、ポピュリズムに対する強力な歯止めがあります。それは民主党政権の失敗です。民主党政権の3年間で、変な人に政治を任せたら大変なことになることを国民は学びました。あの失敗は予防接種だったと言えるでしょう。そういった意味では民主党政権の貢献は素晴らしい(笑)。


松田雅也

鮮魚流通のビジネスに参入すると言ったとき、周囲からは「無理だ」とよく言われました。何十年もの経験を持つ人たちがやっている職人芸の世界だから、素人が太刀打ちできるはずがない、と言うのです。けれども、実際には、私は経験ゼロから始めてやってこられました。


山本梁介

ラグジュアリーは脳で感じるものです。高級ホテルに泊まって豪華な料理を食べると、脳が自分に良いことをしたと感じて快感になる。同じように環境に良く、健康に良いホテルに泊まったということで脳から至福のホルモンが出てくる。さらに言えば、自分のためでなく世の中に良いことをした時に最高の至福のホルモンが出るのです。


高岡浩三

いいマーケターというのは、極端な言い方をすると育てられないと思うんですよ。育てるよりも、育つ環境をどう作るかしかない。


ナカノ・マクレーン

夢は楽しく生きるために持たざるを得ないもの。


マーク・ザッカーバーグ

自分が何をやっているか知っていたフリをするつもりはない。最初の何年かは、いつも死の淵にいる気分だったし、Googleがうちみたいな製品を作って、うちが潰されるんじゃないかと心配していた。


ジョン・コッター

太平洋戦争の敗戦という苛烈な試練が、日本の偉大なリーダーを育てたんです。