フィリップ・シドニーの名言

フィリップ・シドニーのプロフィール

フィリップ・シドニー。16世紀、エリザベス朝イングランドの詩人、軍人、当時最も情熱的で賢く勇敢な人物と称えられた政治家。オックスフォード大学クライスト・チャーチ卒業後、イングランドの交渉使節団の一人としてヨーロッパを歴訪。帰国後、エリザベス一世にフランスとの縁組について反対する長文を送って激怒され宮廷から身を引いた。下野後は、芸術家へと転向し、創作活動に没頭、詩人としての頭角を現した。その後再び宮廷に戻り、軍人としていくつかの勝利を経験したのち戦死。主な作品に『アストロフェルとステラ』『詩の弁護』『アーケイディア』。

フィリップ・シドニーの名言 一覧

勇将は根のようなものであり、そこから枝となって勇敢な兵卒が生まれる。


高貴な考えとともにある者は、決して孤独ではない。


フィリップ・シドニーの経歴・略歴

フィリップ・シドニー。16世紀、エリザベス朝イングランドの詩人、軍人、当時最も情熱的で賢く勇敢な人物と称えられた政治家。オックスフォード大学クライスト・チャーチ卒業後、イングランドの交渉使節団の一人としてヨーロッパを歴訪。帰国後、エリザベス一世にフランスとの縁組について反対する長文を送って激怒され宮廷から身を引いた。下野後は、芸術家へと転向し、創作活動に没頭、詩人としての頭角を現した。その後再び宮廷に戻り、軍人としていくつかの勝利を経験したのち戦死。主な作品に『アストロフェルとステラ』『詩の弁護』『アーケイディア』。

他の記事も読んでみる


藤野清治

一番大変だったのは、父との葛藤だったように思います。父は事業拡大に厳しく、特に新しいことには慎重でした。私の労力の8割は、父の説得にあてられたといってもいいくらいです。今、創業時と従業員数で50倍、売上100倍にまでなりましたが、父から直接褒められたことは一度もありません。ただ、父は「本当によくやっている」と親戚に話しているようです。父が内心では私を認めてくれたことが、私の人生において何より嬉しいことです。


松本晃(経営者)

グローバル化の本質は2つです。ひとつは「一物一価」。あらゆるものの価格が、漸近的に一定の価格帯の中におさまってしまうということ。もうひとつは「消費者主権」。生産者主権の時代は、コストを積み上げて利益を乗せて価格を決めていたけれど、消費者主権の時代は、顧客が買ってくれる値段から利益を引いた残りがコスト。そのコスト内で作らない限り、生き残ることができない。グローバル化した世界では、顧客の声を聴くしかないのです。


ケヴィン・ダットン

失敗の後、精神的に回復する能力があっても、その失敗から学ぶことをしなければ、それは、ビジネスにはマイナスになる。


河田真誠

認識のズレを防ぐために、相手と話した時に自分が持った違和感や、相手と自分の考え方とが異なる点を明らかにしてメモしています。違和感を持つ点こそ、ミスが起こりやすい要注意ポイント。


岩崎裕美子

まずはやりがい、それから生産性を上げるための仕事環境を追求する。この順番が大切。


井上五郎

平常の経営では節約というよりも、ケチとまで批評された中部電力であるが、この非常事態に電灯電力の復旧をはかることは、社会の安定を図るうえで絶対の要請である。私は金はこういう時に使うものだといって担当者を激励した。
【覚書き|伊勢湾台風で多くの電柱が折れたときにすぐに多額の対策費を決断したときを振り返っての発言】


岩井俊二

僕も自分がピュアじゃないから、映画ぐらいピュアなものを観たいんだと思う。


ページの先頭へ