フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)の名言

フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)のプロフィール

フィニアス・テイラー・バーナム。P・T・バーナム。19世紀アメリカの興行師。現在のサーカス形式の基礎を作った人物の一人。三面舞台形式のサーカスを世界で初めて開いた。そのほか多くの商売を行い、新聞発行者、都市ディベロッパーなどを手がけた。ユーモラスなホラ話のスピーカーとしても好評を博した。

フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)の名言 一覧

ビジネス成功のための十訓

  1. 自分の生まれつきの性格に合ったビジネスを選ぶこと。
  2. 約束は必ず守ること。いったん約束をしたら、ただちに実行すること。
  3. どんなことでも一生懸命やること。いまできることを先延ばししないこと。
  4. 酒を飲みすぎないこと。
  5. 理想に走り過ぎないこと。
  6. エネルギーを無駄に分散しないこと。自分の時間と能力をひとつの事業に集中すること。
  7. 優秀なスタッフを雇うこと。自分の職務を十分に遂行できない人はさっさと交代させること。
  8. 自分のビジネスを常にPRすること。隠れていては誰も見つけてくれない。
  9. 浪費を避けること。自分の収入の範囲内で生活すること。いざという時の備えを蓄えること。
  10. 他人に頼らないこと。自分の成功は自分でしか築けない。

広告活動をする資金的余裕がないという人もいるだろう。しかしこれは逆だ。広告活動を「しない」余裕などない。農家が種をまいたら寝ている間にトウモロコシやジャガイモが育つ。広告も同じだ。自分が寝たり、食事したり、お客としゃべっている間に、広告は何千人もの人々に読まれているのだ。


自分のビジネスをPRすること。隠れていては誰も見つけてくれない。どんな仕事でも社会の支持が必要なら、注目を集めるようなPRをすべきだ。私がビジネスで何らかの成功を収めたとすれば、それはPRのおかげである。PRのいらない職業などないだろう。


合理的な計画を立て、冷静にそれを実行するには、酔っ払っていては無理だ。いかに優秀な人でも、アルコールにおかされていてはビジネスの成功はおぼつかない。人と飲み歩いている間に失われるビジネス・チャンスがどれほど多いことか。酔っ払って愚かな取引をしてしまう人がどれだけ多いことか。飲酒を好むビジネスマンは数多いが、飲んだくれていてはビジネスでの成功はおぼつかない。


自分の時間と能力をひとつの事業に集中することだ。その事業が成功するか、または破綻したことがはっきりするまで、別の事業に手を出してはいけない。何事もひとつのことに集中して努力しなければ成就しない。多くのプロジェクトを抱えていると、集中力が分散するため、ひとつの事業をやっている時間なら絶対見逃さなかったようなチャンスを逃してしまう。


優秀なスタッフを雇うこと。幸いなことに私は常に誠実で優秀なスタッフを雇うことができた。このことはいくら感謝してもしきれない。自分の職務を十分に遂行できない人は、理由が何であれさっさと交代させるべきだ。他人の改善を待つのは無駄というものである。その人はきっと、他に向いている仕事があるはずだ。


希望を持つことは重要だが、理想を追いすぎて成功できない人は案外多い。どんなプロジェクトでもバラ色に見えるために、次々と仕事を変えるのも問題だ。「とらぬ狸の皮算用」をしてもどうにもならない。


新しいスーツを買わずに、もう一年過ごす。シャンパンのかわりに、ミネラル・ウォーターを飲む。馬車に乗るかわりに散歩する。高いお金を出してパーティに行くかわりに自宅で家族団欒する。これでどれだけコスト削減ができるかを考えたり、派手な生活がもとで破綻してしまった人の多さを考えれば、節約は苦痛ではなく楽しみだろう。


急に収入が増えることは大きな試練でもある。イギリスの古いことわざにあるように「急に入った収入は出て行くのも速い」。収入の増えた人は、自分の生活水準を誇示するために、贅沢品を購入したくなる。そんなことをしているうちに、あっという間に出費が収入を上回るようになる。しかし、貧しくなったと思われたくないために出費を削ることができない。生活水準を抑えるにはプライドを飲み込まなければならない。


広告活動をやってみたが、結局うまくいかなかったという人たちは、嫌々ながら、または中途半端なPRしかしなかったから上手くいかなかったのだ。中途半端なPRはコストがかかるだけで、まったく利益を生まない。PRの経費は惜しんではいけない。


周りの人が中途半端な仕事しかしないのに、自分が徹底的に仕事をしたことで、大儲けした人は実際少なくない。ビジネスで成功するには強い野心とエネルギーと努力が欠かせない。


何をするにしても一生懸命やる。必要ならば早く出勤してでも、残業してでも、季節外れだろうがなんだろうがやるべきことはやることだ。今できることを先送りしてはならない。「何事にせよ、やる価値のあることはきちんと成し遂げるべきだ」というアメリカの古い格言は、まさに的を得ている。


自分の欲しいものをいつでも手に入れることに慣れている人は、無駄な浪費を削ることに、最初は苦痛を感じるに違いない。小さい家に移り住み、安い家具を買い、付き合いを減らし、安い服を着ることが非常に苦しい節約のように思えるだろう。しかし、貯蓄をすることの楽しさにいずれ気づくはずだ。自分の小さな財産の山が少しずつ高くなっていくのを見るのは楽しいものだ。そうなれば節約することそのものが苦痛から楽しみに変わってくるはずだ。


自分の生まれつきの性格に合ったビジネスを選ぶこと。機械に強い人もいれば、機械オンチの人もいるように、仕事には向き不向きがある。ディック・ホームスパンが言っていたように、「人間がみんな同じように考える生き物でなくて良かった。そうでなかったら、みんな僕の彼女を追っかけまわしていることだろう」


約束は必ず守る。いったん約束したら直ちに実行することだ。ビジネスの世界では、やるといったことをすぐにやってくれる人は、とても重宝される。このルールに従ってさえいれば、困ったときには必ず周囲が助けてくれると思ってよい。


私なども、たとえば商人としては絶対成功していなかっただろう。実際、何度かやってみたがダメだった。私は山師のような性分なので、毎日決まった給料をもらうようなサラリーマン的な生活は耐えられなかった。もちろん、私とは正反対に毎月安定した収入がなければ嫌だという人も世の中にはたくさんいる。自分に合わない仕事は避けたほうがいい。


大抵の人間は、大抵の場合、騙せる。


良いでっち上げは民衆の知性を研ぎ澄ます。


フィニアス・バーナム(P・T・バーナム)の経歴・略歴

フィニアス・テイラー・バーナム。P・T・バーナム。19世紀アメリカの興行師。現在のサーカス形式の基礎を作った人物の一人。三面舞台形式のサーカスを世界で初めて開いた。そのほか多くの商売を行い、新聞発行者、都市ディベロッパーなどを手がけた。ユーモラスなホラ話のスピーカーとしても好評を博した。

他の記事も読んでみる

石橋信夫

困難を解決するのが社長の仕事だ。


アリストテレス

もしどんな学問もその仕事を立派に果たすのに正しい方法を心がけているとすれば、もし優秀な職人たちが美徳という道を重んじているとすれば、それは中庸を目指しているということにほかならない。


高篠静雄

最初から完璧な試作品は必要ありません。ウォークマンの試作品も初めはガラクタ同然でしたが、それでも井深さんは感動し、事業化へと動き出したのですから。


飯降敦史

まず切り込んだのは組織関係の質の改善。そこを変えなければ、どれだけ高度な戦略も浸透しない。


小宮一慶

ただ漠然と、「この情報はユニークだ」「発見があった」で済ませては生きた情報になりません。そこから、定点観測を続けたり、過去と比較することで、自分なりの視点を得ていくのです。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

一個人として自社製品を使ってみて、非常に使いにくいということを実感したとしても、上層部にフィードバックを伝えられないというのが、残念ながら今の日本企業に多い。自分の意見を言えないというのは一つの弱点です。あと日本のビジネスパーソンに多いのが、問題点だけ文句を言って解決案は言わない。


山崎将志

昔から、謙遜することが日本人の美徳とされ、「うちの愚妻が」というような言葉が普通に使われてきたが、今はそういう時代ではない。特にビジネスの世界においては、謙遜は決して美徳にならない。例えば、「うちにはノウハウがないので、ぜひともご指導ください」と言うと、相手を立てているように聞こえるが、仕事を共にする相手にとってみれば、ノウハウのない会社に仕事を任せられない気持ちになる。また、同席した部下も、まるで無能な社員ですと言われているようでいい気持ちはしない。


山本憲明

ちょっと調べ事をするはずが、ダラダラとネットサーフィンをしてしまう。このような「やるべきではないこと」は、エクセルのシートに「やらないことリスト」として列挙し、毎朝、仕事を始める前に目を通すようにしています。これだけのことでも効果があります。


縣俊貴

僕は親や先生に「やっちゃダメだよ」と言われたことを、積極的にやる子供でした。頭の中だけで理解するより、実際に失敗したりケガをしたりする方がダメな理由をちゃんと理解することができる。それが、「どうすればうまくいくか」を考えるうえで生きる。これはまさに、僕が仕事の現場で日々繰り返していることです。そして、失敗が怖くなくなることもメリットです。


堀主知ロバート

アスリート自らがファンに感謝の気持ちや思いを伝えコミュニケーションを取ることで絆は生まれていく。ファンとの深い絆を構築できたアスリートは、企業や社会もただの支援対象ではなく、尊敬し、応援すべき対象となり、日本全体が本当の意味でのスポーツ立国になると信じている。


谷原誠

ビジネスには交渉が伴うものですが、そこでは「強引に主張してくる人」が非常にやっかいな相手になるでしょう。このタイプは、自分に都合のいい同意を得るために話を組み立ててきます。要するに、自分のいうことを聞かせたい、自分の世界だけで生きていて、相手のことを思いやろうとしない。だから交渉でも強引で押しが強いわけです。とはいえ、このタイプにも弱点はあります。それは、交渉にエネルギーを集中するために、そのぶんエネルギーの消費が早いということ。それを頭に入れておけば、エネルギーを使い果たすのを待つことでラクに話を進めることができます。


櫛田健児

日本のガラパゴス化はITの世界で非常に問題になっていますが、私はこの状況を「後継者のいない先駆者」と捉えています。


高橋俊介

過去の成功体験から来る「内的な自信」、つまり自分はこの課題を解決できる、というイメージを持っているかどうかが、仕事にのめり込む力を左右する。成功の筋道がはっきり見えるわけではなくても、「なんとなくいけそうな感じ」が持てるかどうか。


オグ・マンディーノ

行動なき夢は、消え去る夢に過ぎない。


齋藤孝(教育学者)

ここぞという戦いに勝つためには、単に地道な努力を重ねるだけでは十分ではない。その努力は何のためにしているのかを常に意識することも重要。


ページの先頭へ