名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フィデル・カストロの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フィデル・カストロのプロフィール

フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス。キューバの政治家、軍人、弁護士。キューバ・ビラン出身。ハバナ大学で法律を学ぶ。大学生時代に革命叛乱同盟(UTR)に参加。政府軍と対立。大学卒業後、弁護士として貧困層のために活動。将軍フルヘンシオ・バティスタのクーデター後、武力勢力を組織。キューバ革命を主導した。

フィデル・カストロの名言 一覧

自分の命を惜しんでこそこそ隠れているような指導者に一体誰がついてくるというのだ。


人間、死ぬ時は何処にいても死ぬ。


フィデル・カストロの経歴・略歴

フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス。キューバの政治家、軍人、弁護士。キューバ・ビラン出身。ハバナ大学で法律を学ぶ。大学生時代に革命叛乱同盟(UTR)に参加。政府軍と対立。大学卒業後、弁護士として貧困層のために活動。将軍フルヘンシオ・バティスタのクーデター後、武力勢力を組織。キューバ革命を主導した。

他の記事も読んでみる

谷正人

上場には資金調整ができるとか良い人材が採用できるとか会社の知名度が上がるなどのメリットがありますが、1番は世界におけるおける日本のアパレルの社会的地位を向上させたいと思っているからです。現状、有名大学に行ってアパレル業界に就職ってなったら、周りからしたら「大丈夫?」みたいな目で見られるところがある。しかし、私たちのような若い力で上場企業になり、「アパレル業界って本当にビジネスとしてもすごく重要で、収入も良く、世界進出できる」ということをしっかり世の中に見せることで、良い人材が業界に増え、またアパレル業界自体を活性化させていければと思っています。


シャルル・ド・ゴール

人間は偉大になろうと決意して初めて偉大になれる。


舘神龍彦

手帳を有効活用するには、「なんのために使うのか」という目的を明確にすることが重要です。私のように「スケジュール管理用」「プロジェクトベースの情報整理用」「メモ用」などと役割を決め、「いつ、何を、どう書くか」を決めておかないと、いくら立派な手帳を買っても使いこなせません。


森本千賀子

経験したことのない部署への異動に対しては、1つの社内で多様なジャンルを経験できる、またとないチャンスと思った方がいい。企画、総務、経理、営業など様々なジャンルの中から最低3種類の職種を経験しておくと、それぞれの場での情報の取り方、整理の仕方、アウトプットの仕方などを身につけることができる。そうした経験を積んだ人は、社内外、どこに行っても即戦力として対応できる。


一戸明美

プライベートでマッサージをよく受けるのですが、私はサービスにとてもわがまま。自分が満足できるマッサージをすれば、お客さまが必ず喜んでくれるという自信があります。


しりあがり寿

ずっとサラリーマンと漫画家の「二足のわらじ」生活を続ける選択肢もあったと思います。漫画家としても、サラリーマンの世界を知っていることは大きなメリットでしたし、一方、会社でも「マンガが描ける人」ということで、いろいろなプロジェクトに参加させてもらえました。でも、徐々に「どちらも中途半端になってしまうんじゃないか」という思いが芽生えてきたのです。当時、吉田戦車さんのような新しい漫画家が出てきて、このままでは取り残されるという危機感もありました。一方、会社でキャリアを積むためには、地方への転勤も覚悟しなければならない年代に来ていました。どちらかの自分を「リストラ」しなければ、すべて中途半端になってしまう。そう思い、36歳のときに独立を選んだのです。


片田珠美

「いい人」が共通して身につけるべきスキルは、「スルーする力」。相手の身勝手な言動をいちいち真に受けていては身が持ちません。身を守るには、態度や言葉の使い方が重要になりますが、一番有効なのは、やはり接触する回数を減らすことです。人間関係を絶ち切ることが難しい職場では、なかなかできないかもしれません。しかし、やっかいな人とは直接話さず、なるべくメールのやり取りで済ましたり、行動する時間をずらしたりするといった工夫はできるはず。場合によっては、部署の異動願いを出すのも手です。


白石達

すべての職員が企画提案力を身につける必要があると思っています。管理業務を担っている職員も例外ではありません。管理する業務はできるだけコンピューターに任せて、職員自身は動きながら事業を組み立てていく意識を持つことが大切です。


百田尚樹

僕の場合は、いつも本を読むことを意識していました。テレビ番組は情報のエッセンスをわかりやすく伝える性質のものですが、だからこそ、それをつくる人間は、本で情報をより深く理解しておく必要があるのです。


琴坂将大

スタートアップと組むことで本気でイノベーションを起こしたいのであれば、完全に独立した存在として尊重すること。その上で迅速な意思決定と、徹底して自社の事業のコアとつなげる意識が求められる。スタートアップのスピード感についていけない中途半端な関わり方では、単なる事業の多角化などと変わらない。


羽鳥由宇介(羽鳥裕介)

どんなに有能なビジネススキルを持っていても、会社の業績に貢献していても、「挑まない社員」はいらない。困難は必ず解決できる。社員は「挑む」プロセスを楽しんでほしいし、そこで成長してほしい。会社も結果ではなくプロセスを見ている。


坂本孝

重要なことは、自分よりも優秀な人を少なくとも2人集めること。できれば自分とは性格や能力、得意分野が異なる人と組むのがいいでしょう。特性の違う3人ががっちりスクラムを組んでシナジーを発揮すれば、ビジネスはうまくいきます。