名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

フィデル・カストロの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

フィデル・カストロのプロフィール

フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス。キューバの政治家、軍人、弁護士。キューバ・ビラン出身。ハバナ大学で法律を学ぶ。大学生時代に革命叛乱同盟(UTR)に参加。政府軍と対立。大学卒業後、弁護士として貧困層のために活動。将軍フルヘンシオ・バティスタのクーデター後、武力勢力を組織。キューバ革命を主導した。

フィデル・カストロの名言 一覧

自分の命を惜しんでこそこそ隠れているような指導者に一体誰がついてくるというのだ。


人間、死ぬ時は何処にいても死ぬ。


フィデル・カストロの経歴・略歴

フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス。キューバの政治家、軍人、弁護士。キューバ・ビラン出身。ハバナ大学で法律を学ぶ。大学生時代に革命叛乱同盟(UTR)に参加。政府軍と対立。大学卒業後、弁護士として貧困層のために活動。将軍フルヘンシオ・バティスタのクーデター後、武力勢力を組織。キューバ革命を主導した。

他の記事も読んでみる

菅谷太一

我々は、不動産取得後のキャッシュフローと節税効果についてもシミュレーションソフトで計算し、どのフェーズで売り抜けるのがベストか、シナリオを描きます。お客様の利益を最大化するための提案力が、当社の強みです。


荒木香織

私は今、大学で教えています。学生がとんでもないレポートを提出してくることがあります。そんなとき、自分が何を求めているかを伝え切れていなかったことを反省して、伝え直します。そのように、できない部下に苛立つのではなく、そう育ててしまった自分の指導力やリーダーシップを見直すべきです。


杉田敏

価値観や考え方は、国や民族だけでは到底ひとくくりにできず、フタを開けてみれば、社会的階層、世代、業種などによって多様です。相手の反応や語り口から会話術を学び、場数を重ねる。ビジネス英語を上達させるなら、こうした実地訓練を積むことが何より重要です。


田坂広志

時代の背景、社会の雰囲気、空気を読み切るのがリーダーです。もともと政治家はその資質がないとできない。


横山美弥子

「机を並べて仕事のやり取りをしながら」「電車や車での移動中にやり取りをしながら」部下と接しているので安心しきっている上司は多い。しかし、若い社員たちに話を聞くと、彼らはこれらをコミュニケーションと受け止めていません。彼らが求める上司とのコミュニケーションは「個別コミュニケーション」で、「忙しい上司がわざわざ自分だけのために時間を割いてくれること、個別にちょくちょく気にかけてくれること」に価値をおく傾向にあります。


高橋がなり

僕は販売店の人たちに「お前らが客じゃない。お前らは俺の作品を売って儲けているんだから、パートナーなんであって客じゃねぇ」って言うの。それで逆に「もっとこういう店をつくれ」「ああしろ」とガンガン威張るんです(笑)。その反面、うちの営業部隊の連中は、毎日販売店に行って頭を下げているんです。「すいません。うちの高橋が生意気なことを言って。いや、もう本当に、うちはあなたのお店のおかげで食べさせてもらってます」って。このバランスのおかげで、上手く付き合っていけるんです。クッションになる人間が入ってくると、相手ももっとお金を出しやすくなる。


大野直竹

自分の仕事をあまり近視眼的に考えるな。辛抱強く、辛抱強く一生懸命やっていてごらん。そうすると、どこかで花開く。


碓井稔

世の中の人から感動してもらったり、新しい価値ができたなと思ってもらったりするものをつくらないといけない。


松下幸之助

経営のコツはね、教えて悟れるものやないんですよ。私は経営者は自得するもんやと思うな。自得するためには、あるいは人の教えを聞くとか、あるいは自分で体験してみるということは必要ですよ。しかし、これは教えられるもんやないんですよ。これはもう自得せなしょうがないですな。


スティーブン・トルドー

私は経済的にとても貧乏な家に生まれました。小さい頃からいじめられていたし、周りの環境も劣悪でした。11歳でドラッグを始め、その依存症が酷くなるにつれ、自分が運命の犠牲者だという思いに駆られていました。弟が自殺したとき、私の心は壊れました。でもそのどん底のなか、なぜか心の奥から「生きる!」という決心が湧いてきた。そしてドラッグを止めて3か月後に日本の武道と出会った。それが、今の私の原点です。自分はどういう人間に、大人になりたいのか、武道が私の基盤を作ってくれた。


青木仁志

弊社では採用までに全部で7段階の行程があるのですが、最終段階の選考までには、すでに100時間を超える採用活動を行なっています。通常、企業が一人の学生を採用するのにかける時間は、平均5時間といわれています。そんな短時間の「お見合い」だけで相手を判断して採用するから、入社してから互いに「こんなはずじゃなかった」と言うことになるのです。弊社の採用システムは、いうなれば「恋愛結婚型」です。じっくり時間をかけて、我々は学生を、学生は我々企業を見定め、「うまくやっていけそうだ」と言う両想い状態で採用が決まるのです。


為末大

一人で生きてきたわけではありません。多くの方に支えられて、競技を続けてきたんです。とくに、母の後押しには感謝しています。私の人生で、幾度となく訪れる転機で、母は決断を支えてくれました。といっても、強い後押しではありません。競技人生の道はいつも自分で選んできたのですが、その都度、母は「その選択がいいと思っていた」と言ってくれました。