名言DB

9412 人 / 110637 名言

フアン・ロマン・リケルメの名言

twitter Facebook はてブ

フアン・ロマン・リケルメのプロフィール

フアン・ロマン・リケルメ。プロサッカー選手(MF)。アルゼンチン・ブエノスアイレス州出身。アルゼンチンを代表するサッカー選手。南米年間最優秀選手賞などを獲得。アルゼンチン代表として北京五輪金メダル獲得に貢献。

フアン・ロマン・リケルメの名言 一覧

クラブの規模じゃないんだ。試合に出られてプレーできればそれでいい。


フアン・ロマン・リケルメの経歴・略歴

フアン・ロマン・リケルメ。プロサッカー選手(MF)。アルゼンチン・ブエノスアイレス州出身。アルゼンチンを代表するサッカー選手。南米年間最優秀選手賞などを獲得。アルゼンチン代表として北京五輪金メダル獲得に貢献。

他の記事も読んでみる

原田泳幸

雑誌も本も、考えを刺激するためのトリガーであって、本の内容をそのまま真似したところで通用するわけではない。得た知識をきっかけに自分がどう考えるか、それが本当の学びです。


山海嘉之

研究者の多くは研究がある程度まとまると論文作成のため、次の研究テーマに移ることが多い。しかし、せっかく生み出した研究テーマなら、それを責任持って大切に育て、社会実装できるまでやり抜く意志が重要。


加藤誠之

トヨタの給料は、GM時代の半分だった。朝は7時に出社して、夜は星を抱くまで働く。しかも休みは月に二日だけである。それでも酷使されているとは思わなかった。


フィリップ・コトラー

良いブランドだと信じるなら安易に変えてはいけません。良いブランドはある種の厳格さをもって社内外の圧力から守られなければなりません。


岡田斗司夫

頭の瞬発力には限界があるので、企画を立てるとき長時間考えてもしんどいだけです。


長谷川嘉哉

現代の組織で働く人間は、上司や仕事相手を不快と判断しても逃げるわけにはいきません。ですから、「本来は敵だが、どうすれば味方としてやっていけるか」を考える必要が生じます。


是川銀蔵

私にとって経済の研究は、最高の芸術なんや。芸術というものは、作者の純粋な気持ちを注ぎ込んで、情熱を持って作りあげられた作品が芸術として認められるわけですね。だから、例えば画家が全身全霊を打ち込み、一心不乱になってキャンパスに向かっているときの心境と、私が株式投資をやってるときの心境とは相通ずるものがあるのや。


村田昭治

すぐれた経営者の言動には学ぶところが多い。大激動に揺るがない志は、独自の価値創造となった姿だ。その鋭さ、軽重をいま経営者は問われていると思う。


吉田直人(経営者)

32歳で喉頭がんになりました。当時経営していたゲーム会社は成長していましたが、誰に聞いても「あの作品ね」といわれるような代表作がなかった。それならば、そういう作品を作って、名前を残して死のうと思っていました。社員には病気を隠していたので、断腸の思いで突っ込んでいく私の思いが社員には理解できず、「社長が狂った」と言われていました。社員との距離は広がる一方で、社員もどんどん辞めていつてしまい、最終的に銀行による貸しはがしの影響で、会社は倒産してしまいました。


堀場雅夫

ダメと言われた地方でも新たな視点で見れば潜在能力は十分にある。


板倉雄一郎

当時はビジネスとして一つの階段を上がったところだったので、焦って早く次の一段を上がろうとしていたんです。ビジネスには「たられば」はありませんが、もうすこしゆっくりやっていれば、IT企業が上場し始めた時期と重なって状況は変わっていたとは思います。
【覚書:上記はインターネット接続料金無料のプロバイダを経営していた時を振り返っての発言。当時は斬新なビジネスモデルとして各メディアで取り上げられ期待されたが、様々な問題が重なり倒産に至る】


小山昇

たとえ万の学びを重ねても、実行されなければ何の結果も生まない。学ぶことが目的ではない、実践が目的。ここを取り違えないこと。


海老根智仁

仮に自分の性格の強みを「明るいところ」と答えた社員がいたとしたら、私は「世界一」という接頭語をつけてみるようアドバイスします。そして、「世界一明るい人間になるためには何をしなくてはいけないのか」を考えさせて、10項目くらいあげさせます。それを書いた紙を部屋に貼り、毎朝読み返してから出勤する習慣をつけるものいいでしょう。世界一なんて極端な考え方だと思うかもしれませんが、私の経験上、そのくらいでないと、その目標には少しも近づけません。


田島弓子

人は仕事の量に関係なく、トンネルの出口が見えないときに一番ストレスを感じます。したがって、大事なのは自分で自分のスケジュールを「把握している感」を持つことだと思うのです。


岡崎慎司

負けは次の成長の糧になる。他人から見れば順風満帆かもしれないけど、常に負け続けてきた人生。勝ちきったあとの満足感を知らないんですよ。