名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ファーブルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ファーブルのプロフィール

ジャン=アンリ・カジミール・ファーブル。フランスの生物学者、昆虫行動研究の先駆者。『ファーブル昆虫記』の著者。作曲や詩作なども行った。観察によって昆虫の多くの習性を発見する。フランス国内よりも他国での知名度の方が高い人物。ダーウィンとの親交があったが、自分の観察・実験の成果から進化論に疑問を抱き理論的な批判を行った。

ファーブルの名言 一覧

一分間さえ休む暇のないときほど私にとって幸せなことはない。働くこと、これだけが私の生き甲斐である。


ファーブルの経歴・略歴

ジャン=アンリ・カジミール・ファーブル。フランスの生物学者、昆虫行動研究の先駆者。『ファーブル昆虫記』の著者。作曲や詩作なども行った。観察によって昆虫の多くの習性を発見する。フランス国内よりも他国での知名度の方が高い人物。ダーウィンとの親交があったが、自分の観察・実験の成果から進化論に疑問を抱き理論的な批判を行った。

他の記事も読んでみる

伊藤洋一(エコノミスト)

講演などをしていて思うのは、相手の話をちゃんと聞いたうえで質問してくれる人は、それが伝わるということ。独りよがりではダメで、相手の話と自分の持っているものを照らし合わせて、でもここがわからないというところを質問すると良いでしょう。


中野信子

妬みは、環境によって「良性」と「悪性」に分かれます。良性の妬みが生まれるのは、健全な競争が行われている場所です。たとえば契約件数など数字で公正に順位付けしている営業部など。この良性の妬みの環境では、努力をすればするほど報われるので、気の持ち方で大きな原動力にもなります。


泉谷しげる

子供の頃はどちらかというと内弁慶で、1人で部屋にこもって絵を描いているようなタイプだったんですよ。俺たちの若い時って、ちょうど60年代。ベトナム戦争や学生運動があって激動の時代だったから、新しい文化もどんどん出てきた。そしたら、部屋の中で作業してる自分が地味な気がしてきて(笑)。やっぱり、外へ出たかったんでしょうね。音楽をやることで、内弁慶ならぬ「外弁慶」になりたかったんだと思う。


安達洋

いまは英語ではなく、中国語を勉強しています。英語は勉強するものではなく、情報を得るための手段として使うものという位置づけです。


勝海舟

俺など本来、人(出自)が悪いから、ちゃんと世間の相場を踏んでいる。上がった相場はいつか下がるときがあるし、下がった相場もいつか上がるときがあるものさ。その間、十年焦らずじっとかがんでいれば、道は必ず開ける。


水野哲也(経営者)

20歳で起業した当初は理念なんてありませんでしたが、今の会社は理念の塊みたいなものです。


柴咲コウ

星の運びといいますか、これまでやってきたことを総ざらいして、改めるべきところは改め、気づいていなかったところに気づき改善していく年が、いよいよ来たなという気持ちでいます。


弘兼憲史

あなたが部下を抱える立場なら、時には部下に失敗させて勉強させることも必要です。「失敗してもいいから思い切りやれ」と言われた部下は、大概意気に感じて一生懸命やるから失敗しないものです。逆に「絶対失敗するなよ! 失敗したらクビだぞ!」などと言われると、萎縮して失敗することもある。ただし、必ず上司であるあなたが、リカバリーできる範囲で任せることです。


高崎秀夫(高﨑秀夫)

当行も以前、人件費を抑えるべく大幅に採用を削減したことがありました。そして、その影響が20年近くたってから出てきて苦労した苦い経験があります。ですから、辛抱してでも、ほかを倹約してでも、トップは信念をもって採用も含めた人材育成を続けなければならないのです。これが、トップの重要な役割の一つ。


吉野俊昭

私が入社した当時の社長はよく「ロートの人はどこか違う。そう言われる人間になってほしい」と話していました。奇をてらうだけではなく、「自分たちを支えてくれる自然や社会、人間に感謝の気持ちを持ち、他にはない製品を送り出すことで、世の中に新しい価値を提案できる会社であれ」という意味です。


永持孝之進

リストラとは、本来その会社が、関連するものからイモズル式に枝葉を伸ばして、本業に次ぐものを育てようと言う転換の精神、事業構築の精神であって、首切り、事業を放り出したりするのがリストラと呼ばれているのは事業再構築という原意と全く違っています。


武田双雲

僕はもともとNTTに勤める営業マンだったんです。ただ僕は「目標達成しよう!」「競合に勝つぞ!」とか全然、関心がなかったんですよね(笑)。一方で昔から目の前の人を喜ばせるのは大好き。だから悩んでいるお客さんに「これなんかいいみたいですよ」と、自社以外の商品を紹介したりしてました(笑)。そんな具合なので、上司に「仕事は遊びじゃねえ!」と胸ぐらをつかまれたこともありましたよ。それでも、できれば人を喜ばせたいわけです。成績や競争は横に置いておいて。そこで「書道」という道を選んだんです。