名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ファンキー加藤の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ファンキー加藤のプロフィール

ファンキー加藤、ふぁんきー・かとう。日本の歌手、俳優。東京都出身。音楽グループ「ファンキーモンキーベイビーズ」を結成しリーダー、ボーカルを務めた。同グループ解散後、ソロで活躍。

ファンキー加藤の名言 一覧

とにかく目の前にあることを無我夢中にやる。すると、不安も葛藤も巻き込んで、ファンキー加藤になれる瞬間がやってくる。


足りない部分を埋めてくれたのは間違いなくファンの方々の声援。


今、自分に何があるんだろうと見つめ直して、音楽が、歌うのが好きだ、と。本当に小さなプライドというか、拠り所だったけど、それに賭けるしかないと決めた。


「夢は叶わない」ではなく、夢を叶える人はちゃんと頑張った人なんだ。


一人の時間は苦手。休みをもらってもベッドの中では、1つと過ごしてしまうことが多いですね。人から求められて初めて頑張れる気がする。


プロを目指して音楽に取り組みたい。自分の人生を人様に「どうぞ」と、お見せできるような日々を過ごしたい。2年間一生懸命やってダメだったら諦めよう。ここがラストチャンスだと腹をくくり、モン吉とケミカルを誘って、ファンモンを結成しました。


斜に構える姿勢は捨てて、1人の頑張る男として、1日1つ必ず音楽のために何かすると決めたんです。そうやって半歩ずつ、1ミリずつ前に進んだ結果、28歳でデビューすることができた。ステージに立つと、俺たちを必要とする人たちがいてくれる。音楽に真剣になって初めて、僕は自分が必要とされる場所を見つけた。


「斜に構えた姿勢のまま大人になった人は、どうすれば抜け出せますか?」と聞かれて、つい沈黙してしまったんですよね。誠実に考えれば考える程、自分もそうだったから、簡単に「もっと前向きになろうぜ!」「頑張ろうぜ!」とは言えないですよ。どこかで抜け出さなくてもいいんじゃないかとも思っているから。それでもライブに足を運んでもらえれば、何か1つきっかけとなるようなメッセージを伝えることができるかもしれません。たぶんそれは、現時点での自分の100%を出し続けろってアドバイスになります。


さすがに僕もいい年なんで、10人いたら10人全員の夢が叶うはずないことはわかっています。僕自身、叶ってきた夢もあれば、全然、叶わなかった夢もたくさんありますから。「信じていけば必ず夢は叶う」という歌詞を書いている自分にすごく矛盾を感じる瞬間もあるわけです。曲を作りながら、なんかきれいごとを言っているなーと突っ込む自分もいます。でも、そこで止まらない。「だけど、でも」って踏ん張って進むんです。


ぶらぶらしていたフリーター時代は、本当に居心地が悪かったです。洋服店、工場、倉庫、いろんなところでバイトしましたけど、役に立てている実感がなくて……。自分がいなくたって、すぐに代わりがみつかる。家族以外、誰も悲しむことなく、世の中はどんどん未来へ進んでいく。その怖さに怯えた感覚は、いまだにトラウマのように残っているんです。でも、だからこそ、ライブでは最高にファンキーな加藤になれるんだと思います。だって、誰かに必要とされること、がどれだけ喜ばしいか。身にしみてわかっていますから。


ライブ中は、劣等感だらけの僕が唯一胸を張って、「見ろ! このライブ、超いいぜ!!」って言える時間。一番好きな自分でいられる場所です。直前までのガクブルは、お客さんと対面した瞬間に吹っ切れて最高にファンキーな加藤になれる。僕は必要とされるのがうれしいんですよね。なぜかと言うと、誰からも必要とされない期間がすごく長かったから。


僕は日本で一番名前負けしているミュージシャンなんです。性格的に何か物事が始まる前はネガティブな目線で見えてしまうし、ライブの前はいつもガクブル。全然、ファンキーじゃないんですよ。ソロになった直後、この不安や劣等感をどうにか拭い去ってやろうと足掻いてもみたんです。でも、どうにもならなかった。だったら、前に進んでいく力にしてしまおう、と。不安を正面で抱きかかえず、背中に背負いながら、でも、振り切ってやろうと前に進んでいく感じです。


ファンキー加藤の経歴・略歴

ファンキー加藤、ふぁんきー・かとう。日本の歌手、俳優。東京都出身。音楽グループ「ファンキーモンキーベイビーズ」を結成しリーダー、ボーカルを務めた。同グループ解散後、ソロで活躍。

他の記事も読んでみる

リンダ・グラットン

学び直しには2種類あると考えます。1つ目は従来の仕事のスキルを磨く「アップ・スキル」です。もう一つが、これからの時代に重要な「リ・スキル」です。新たなスキルを身につけ全く別の仕事に転換することです。トラック運転手が介護士になるような大胆な変化を意味します。AI(人工知能)やロボットが労働市場で存在感を増し、多くの職が姿を消すでしょう。テクノロジーの進歩に合わせて新規のスキルを身につける必要性が大きくなります。


菅谷太一

不動産投資でお客様が幸せになるには、ご本人が心から望んで始めることが必須条件。お客様のニーズをきちんと理解し、お金や将来への不安を払拭するために最良のご提案をするのが、我々の役目です。


松木安太郎

僕の解説はあくまで自然体でやっています。その瞬間にテレビに映るシーンを、見ている人が楽しめるように伝えることが、テレビでのサッカー解説の仕事だと思っています。だから視聴者と一緒になって応援したり興奮したりする。それでいいと思うんです。


青木泰憲(プロデューサー)

少なくともクオリティの担保はマストだと思ってます。面白い面白くないは、究極好みの問題でもあるんですけど、まずはお金を払っただけの価値のある作品にしないといけない。それが解約防止にもつながると思います。


吉川浩伸

うちはまだ、それほど知名度が高いわけではありません。それなのに商圏が重なるからと離れた場所にしか出店しなかったら、ネームバリューは上がりません。それよりも集中的に出店してエリアナンバーワンを目指した方が、メリットははるかに大きいです。新宿はポテンシャルが非常に高いので、近所に新店を出したところで、既存店の客数が減るなんてこともありません。一番近い店舗は100mと離れていませんから。たとえば、インド料理やカレーを食べたいとなったら、多くの人は地域の一番店に行きたいと思うはずですからね。


池田千恵

漠然と「やりたい」と思うことはたくさんある。その中で「今の自分にとって一番大事なこと」を1つに絞るのが、時間デザインのコツ。アレもコレもやろうとすると時間が足りなくなる。


森田仁基

従来のスマホゲームは、遠くにいる人たちとオンラインでつながってプレイするものが中心でした。つまり、顔も知らない相手と一緒に遊ぶことができる。それに対して、「モンスト」が採用した協力プレイという仕組みは、一緒に遊ぶ人同士が実際に集まらないとプレイできないというものにしたのです。僕らはSNSのミクシィを十年前から運営してきて、リアルな友人同士のコミュニケーションがどれほど重要かを認識していた。だから、今回も身近にいる人と一緒にワイワイと楽しめる大切さを誰よりも知っていたのです。多くの人は「モンスト」の成功を、SNSのミクシィとはまったく関係のないものと思っているかもしれませんが、僕らの中ではちゃんとつながっているのです。


イチロー(鈴木一朗)

達成感や満足感を、僕は味わえば味わうほど、前に進めると思う。小さなことでも満足することは、すごく大事なこと。それを味わうと次へのやる気が生まれてくると、僕は経験上信じている。


羽鳥由宇介(羽鳥裕介)

どの産業でも、市場が成熟段階に入ると、小売りのプレーヤーが変革を起こしてきた。ヤマダ電機などの家電量販店や、イオン、セブンイレブン、ユニクロなどがその代表選手だろう。その点、自動車だけは進化が止まっていた。日本には世界一の製品が揃っている。ただ、これまでメーカー支配が強すぎたためか、流通では旧態依然とした構造が残されている。だからこそガリバーが消費者視点を貫くことで、変えていく余地が残されている。


ショーペンハウエル

人生の幸福にとっては、我々のあり方、すなわち人柄こそ、文句なしに第一の要件であり、最も本質的に重要なものである。


飯島勲

客観的に考えて、上司と部下には正反対の性格の人間を据えるべきだ。上司がよく喋る、よく行動する「動」のタイプなら、その直属の部下・参謀には冷静に物事を判断できる「静」のタイプを置く。人間はどうしても自分と同じタイプの人間を重用したがるものだ。自分への自信のなさの表れだろうが、それでは組織がうまく機能しない。まったく違うタイプの部下をあえて抜擢する。性格が合わないから表向きは反発し合うが、必ず成果が挙がるだろう。


茂木健一郎

ブームを仕掛ける側としては、二つのシナリオが考えられる。まずは、世の中に広がるべき熱いもの、深いものを自らつくり出すことである。それは、こだわりや工夫から生まれるものだろうし、多くの努力、情熱を注ぎ込まなければならないだろう。次に、どこかに隠れている、世の中に広がるべき「原石」を見つけることである。そして、その原石が世の中に広がるきっかけを与えることである。「仕掛け人」と呼ばれるような方々の仕事が、これに当たる。元気がないと言われる日本社会だが、まだまだブームが起こる種はあるように思う。原石そのものをつくるか、それとも仕掛け人になるか。いずれにせよ大切なのは、熱く、深いものに対する感度だろう。