ファンキー加藤の名言

ファンキー加藤のプロフィール

ファンキー加藤、ふぁんきー・かとう。日本の歌手、俳優。東京都出身。音楽グループ「ファンキーモンキーベイビーズ」を結成しリーダー、ボーカルを務めた。同グループ解散後、ソロで活躍。

ファンキー加藤の名言 一覧

とにかく目の前にあることを無我夢中にやる。すると、不安も葛藤も巻き込んで、ファンキー加藤になれる瞬間がやってくる。


足りない部分を埋めてくれたのは間違いなくファンの方々の声援。


今、自分に何があるんだろうと見つめ直して、音楽が、歌うのが好きだ、と。本当に小さなプライドというか、拠り所だったけど、それに賭けるしかないと決めた。


「夢は叶わない」ではなく、夢を叶える人はちゃんと頑張った人なんだ。


一人の時間は苦手。休みをもらってもベッドの中では、1つと過ごしてしまうことが多いですね。人から求められて初めて頑張れる気がする。


プロを目指して音楽に取り組みたい。自分の人生を人様に「どうぞ」と、お見せできるような日々を過ごしたい。2年間一生懸命やってダメだったら諦めよう。ここがラストチャンスだと腹をくくり、モン吉とケミカルを誘って、ファンモンを結成しました。


斜に構える姿勢は捨てて、1人の頑張る男として、1日1つ必ず音楽のために何かすると決めたんです。そうやって半歩ずつ、1ミリずつ前に進んだ結果、28歳でデビューすることができた。ステージに立つと、俺たちを必要とする人たちがいてくれる。音楽に真剣になって初めて、僕は自分が必要とされる場所を見つけた。


「斜に構えた姿勢のまま大人になった人は、どうすれば抜け出せますか?」と聞かれて、つい沈黙してしまったんですよね。誠実に考えれば考える程、自分もそうだったから、簡単に「もっと前向きになろうぜ!」「頑張ろうぜ!」とは言えないですよ。どこかで抜け出さなくてもいいんじゃないかとも思っているから。それでもライブに足を運んでもらえれば、何か1つきっかけとなるようなメッセージを伝えることができるかもしれません。たぶんそれは、現時点での自分の100%を出し続けろってアドバイスになります。


さすがに僕もいい年なんで、10人いたら10人全員の夢が叶うはずないことはわかっています。僕自身、叶ってきた夢もあれば、全然、叶わなかった夢もたくさんありますから。「信じていけば必ず夢は叶う」という歌詞を書いている自分にすごく矛盾を感じる瞬間もあるわけです。曲を作りながら、なんかきれいごとを言っているなーと突っ込む自分もいます。でも、そこで止まらない。「だけど、でも」って踏ん張って進むんです。


ぶらぶらしていたフリーター時代は、本当に居心地が悪かったです。洋服店、工場、倉庫、いろんなところでバイトしましたけど、役に立てている実感がなくて……。自分がいなくたって、すぐに代わりがみつかる。家族以外、誰も悲しむことなく、世の中はどんどん未来へ進んでいく。その怖さに怯えた感覚は、いまだにトラウマのように残っているんです。でも、だからこそ、ライブでは最高にファンキーな加藤になれるんだと思います。だって、誰かに必要とされること、がどれだけ喜ばしいか。身にしみてわかっていますから。


ライブ中は、劣等感だらけの僕が唯一胸を張って、「見ろ! このライブ、超いいぜ!!」って言える時間。一番好きな自分でいられる場所です。直前までのガクブルは、お客さんと対面した瞬間に吹っ切れて最高にファンキーな加藤になれる。僕は必要とされるのがうれしいんですよね。なぜかと言うと、誰からも必要とされない期間がすごく長かったから。


僕は日本で一番名前負けしているミュージシャンなんです。性格的に何か物事が始まる前はネガティブな目線で見えてしまうし、ライブの前はいつもガクブル。全然、ファンキーじゃないんですよ。ソロになった直後、この不安や劣等感をどうにか拭い去ってやろうと足掻いてもみたんです。でも、どうにもならなかった。だったら、前に進んでいく力にしてしまおう、と。不安を正面で抱きかかえず、背中に背負いながら、でも、振り切ってやろうと前に進んでいく感じです。


ファンキー加藤の経歴・略歴

ファンキー加藤、ふぁんきー・かとう。日本の歌手、俳優。東京都出身。音楽グループ「ファンキーモンキーベイビーズ」を結成しリーダー、ボーカルを務めた。同グループ解散後、ソロで活躍。

他の記事も読んでみる

森田英一

叱ることがプラスに転じるのは、お互いの信頼関係ができていればこそです。嫌なことを言われたとたん、心のシャッターを下ろす部下も確かにいます。もうこの上司とは話さないという。そうなると、上司のほうもどこまで踏み込んでいいのか、迷ってしまいます。そこで部下のシャッターを下ろさせないためには、日ごろから信頼関係を築いておくことしかないのです。


出雲充

銀行員時代、平日は神保町支店で働き、土日にミドリムシ研究をしていた先生のところに相談に行っていたのですが、どうも先生方に思いが伝わらなくて。「銀行員の週末の楽しみとしては熱心だね」という程度にしか受け止めてもらえなかったのだと思います。思い切って退職したら、メチャクチャ協力してくれるようになりました。


鳥原隆志

判断力は「技術」です。回数をこなし、上司や同僚からフィードバックをもらうことで、誰でも磨くことが可能。日頃からあらゆる問題を「自分だったらこう判断する」と考える習慣をつけるといいでしょう。


井村荒喜

石の上にも3年で、その次が10年。10年で社業の基礎を固めねばならぬというのが設立のときの覚悟であった。だいたい10年で所期のごとく社業の基礎を固めることができた。


増田宗昭

日本経済の問題の一つとして需要よりも供給が上回っていることがある。僕らの手がけた図書館に来た人は、本を読んで、こんな場所に行きたい、この車が欲しい、こんなおしゃれな服が着たい、もっと学びたいと感じるようになります。意欲を刺激するので、需要が増える。そうなると街が活性化していく。


マイケル・ポーター

CSR活動の場合、ほとんどの企業は支援活動に費やした金額や参加した人数といった数字でCSRに費やした費用だけを計算しています。こうしたインプットではなく、アウトプット(結果)を測定することを提案します。


松井道夫

インターネット株取引を開始したことがイノベーションだったとは思っていません。誰でも思いつきますから。外交営業をやめたことの方が遥かに画期的だったと思います。顧客はそれを欲していないと気が付いただけに過ぎません。今から思うと当たり前のことなんですが、実行するのは大変でした。


樋口武男

私たちは貧しい中で育ったせいか、馬力もあったし、野心とか野望というものもありました。そういう人が少なくなったかもしれませんが、なかには必ずいます。馬力があって野心もある人を見つけて、その人たちに任せることが大切です。


山内溥

ヒットのノウハウなんて、わかれば苦労しない。たとえあったとしても、それは絶対、活字なんかになり得ないことなんだ。そんなもん、どうやったら金が儲かるか、どうして趙治勲(ちょう・ちくん、韓国生まれのプロ囲碁棋士)が強いのかという質問と同じなんだ。答えなんてないで。


船川淳志

思考停止に陥った人は、誰かの発言を聞いても、「なるほど、そうか」とすぐに納得してしまいます。しかしここで、「なぜ」と問い返すことが必要です。


原礼之助(禮之助)

ストレスをなくすには、食事をきちんと取って体を動かすというベースが大事。朝はコーヒー一杯、昼はラーメン、夜は酒を飲んでお茶漬けじゃ健康になれるわけがない


桑原豊(経営者)

私が叱るときに実践してきたのは、「ルールを決めること」です。具体的にいえば、やってはいけないことを明確に決めて共有し、そのルールに反したときのみ叱る。そうすれば冷静に叱ることができますし、叱られる側も、「ルールに反したから仕方がない」と納得して聞くことができます。お互いに無駄な葛藤がない分、思いもより伝わりやすくなります。


田川博己

我々が扱う旅行商品というのは目に見えません。したがって、受け皿となる地域の方々に誇りを持っていただくために、まず「住んでよし」というものを一緒につくりあげていかないと、旅行会社としての新しいたびに形は生まれないのです。そこで、我々は「旅行業」という言葉をやめて「交流文化産業」という造語をつくったのです。交流することによって文化が生まれ、それを文化論だけでなく、ビジネスとして生業にしていくわけです。


和田秀樹

「こんなのがあったらいいんじゃないか」を日常生活の中で考えてメモする。知識人ではなく、アイデアマンになる。それも既存の枠を飛び越えた発想ができる人がいい。それさえできれば、サイドビジネスはいくらでも成り立つ。


江崎利一

私は栄養菓子グリコを売りたかった。牡蠣からとれたグリコーゲン、息子の病気を救った牡蠣エキス、これを国民の健康に役立てようというのが私の念願だった。だから、私一人になってもやるという心に嘘偽りはなかった。


ページの先頭へ