名言DB

9412 人 / 110637 名言

ファツマ・ロバの名言

twitter Facebook はてブ

ファツマ・ロバのプロフィール

ファツマ・ロバ。エチオピアの女子マラソンランナー。アトランタ五輪女子マラソンで金メダルを獲得。ボストンマラソン三連覇などの記録も残した選手。

ファツマ・ロバの名言 一覧

苦しいってことは、飽きるってこと。
【覚書き:自身のハードなトレーニングについて尋ねられた時の言葉。練習が苦しくなるのは漫然と行うからで、目的意識を持ち、興味が尽きないように様々な練習メニューを行うことで苦しさは軽減するとの発言】


ファツマ・ロバの経歴・略歴

ファツマ・ロバ。エチオピアの女子マラソンランナー。アトランタ五輪女子マラソンで金メダルを獲得。ボストンマラソン三連覇などの記録も残した選手。

他の記事も読んでみる

夏川賀央

最近は、社員全員に同じような能力や働きを求めるというよりも、それぞれの個性を活かして新しい価値を生み出すことが求められています。これまで埋もれていた部下の性能を発掘するのは、無駄を排除しないコミュニケーションを通じてのみ可能でしょう。


森雅弘

当社が行っているのは、インターネット上でのおもてなしです。お客様が運営しているウェブサイトをより「見やすく・わかりやすく・入力しやすく」しています。皆さんは今、インターネットで日々いろいろなホームページを見ていると思いますが、見やすいものもあれば、そうでないものもあります。買い物をする際に、入力しやすいサイトもあれば、そうでないものもあります。まずはそれらを解決するのが、ネット上でのおもてなしの第一歩だと考えています。人間と同じことをITでも実現することを、私たちは目指しています。


鑄方貞了(鋳方貞了)

なかには決断を下しづらいケースも出てきますが、たとえ間違った決断をしてしまったとしても、誤りに気がついた時にすぐに訂正し、その理由をはっきりと説明すればよいのです。いつまでも決断しないのが一番困ります。


堀坂明弘

ヒントは現場にある。マーケットに近い現場に解決策がある。


ジョージ・カーン

マーケティングには「合理的な科学」、すなわちこれさえやれば誰もが成功できるという法則はない。結局は経営者の直感が重要。


栗山清治

作業服業界は個人経営が多いのですが、当社は全国規模というスケールメリットを活かした商品仕入れやプライベートブランド(PB)開発などで他社と圧倒的な差別化を図っています。


中村義一

開発も製造も自分でやるからには、機械も自分でいじってよくしろと言っているよ。社員は、会社のコンピュータの性能が低いと文句を言うんだけど、うちは光学メーカーなのだから何でもやれなきゃ。コンピュータだって、いくつかマシンをつないで自分で改造したらいいのね。そうして、道具も含めて勝手に組みあげていくってのがうちの仕事の前提なんです。便利なものを上に買ってもらうだけじゃ、自分の頭で考えられなくなるからね。


麻野進

年齢を重ねれば重ねるほど、大半の中高年社員の立場が厳しくなることは否定できません。そこで過去や自分のプライドに固執せず、経験を活かした柔軟性を発揮していくことが、能力ピークを過ぎてからも生き残る力の核になるのです。


田中淳子(人材教育コンサルタント)

結果を見てほしいのか、プロセスを重視してほしいのかなど、部下本人から確認できればいいですね。本人が答えに詰まった場合も聞き出します。どんなことを褒められるとやる気が出るかを自己分析させてみることも勉強の一つです。上司は部下のモチベーションが上がるポイントを知り、マネジメントに役立てましょう。


ニエンハ・シェ

「真実を話す」「盗みは悪いことだ」といった一般的な倫理的思考を共通に持っていなければ、経営倫理を議論の俎上に載せることは難しい。


米長邦雄

人は日々成長します。10歳のときよりは20歳のときの方が、知識も経験もはるかに増えています。ところが、人生も40年、50年生きていると、あるときふっとその知識や経験にカビが生えていることに気づくわけです。老化とともに体力や思考力が衰えてくるのは致し方ないとしても、本来衰えないはずの経験や知識までもが腐っていることに気づく。それが40歳ごろの私でした。それも悔しいことに、一番腐っているのは自分の十八番の戦法だったりするわけです。


鈴木修

スズキのクルマづくりがここまで進化できたのは、GMという「いい師匠」に恵まれて、技術者を育ててもらったということ、これはもう120%確かなことです。


大前研一

マッキンゼーにいた頃、コンサルティング料(フィー)は半年で大体1億5千万円くらいだった。コンサルタントでは世界イチだったんじゃないかな。なぜそれだけの額になるかって? まさに経営の世界には「答えが無い」からだよ。これだけのフィーを正当化するには重圧もあるね。マッキンゼーの看板を背負う以上は「フィーを1千万円に下げていいのでお手柔らかに……」なんて言えないからね(笑)。


山田昭男

経営者が知恵をしぼって従業員が働きやすい環境をつくり、従業員が意に感じて一生懸命に働くという、ごく当たり前の経営のあり方が、残業問題のみならず、全国の7割にものぼる赤字企業の、黒字化への何よりの処方菱になるだろう。うちはべつにユニーク経営をしている会社ではなく、普通の会社なんだよ。


葉田順治

エレコムは今、大きな転換期にあると思っていて、「第2の創業」と言ってもいい。地球の隅々まで、ライフスタイルを変えるエレコムのプロダクトを広げていきたいという夢はありますよ。ただ、残念ながら今はまだ、その力がない。もう一度、コアコンピタンスみたいなものを磨き、探りながら世界中の人々をハッピーにしていく。