名言DB

9412 人 / 110637 名言

ファイティング原田の名言

twitter Facebook はてブ

ファイティング原田のプロフィール

ファイティング原田。日本人プロボクサー。17歳でデビューし全日本フライ級新人王に輝き、19歳で世界フライ級王者、22歳で世界バンタム級王者を獲得。日本人で唯一、アメリカボクシング殿堂入りを果たした。現役当時、日本の国民的英雄と称えられた

ファイティング原田の名言 一覧

全然、相手のパンチ力が違ったね。それだけじゃなく身長から体格まで違った。背が高いからパンチが届かないんだ。でも、そんなに人間変わらないと思って闘うしかない。
【覚書き:フライ級からバンタム級に移ったときの発言。その後、世界フライ級に続きバンタム級でも世界チャンピオンを獲得した。】


ファイティング原田の経歴・略歴

ファイティング原田。日本人プロボクサー。17歳でデビューし全日本フライ級新人王に輝き、19歳で世界フライ級王者、22歳で世界バンタム級王者を獲得。日本人で唯一、アメリカボクシング殿堂入りを果たした。現役当時、日本の国民的英雄と称えられた

他の記事も読んでみる

田村潤

事態は最悪だった。しかし、底を打ったらあとは跳ねるだけ。


吉田博一

「株主ありき」の経営体質ではなく、「従業員ありき、顧客ありき」に株主が並ぶような経営の方向性が大事だ。短期の収益確保、習慣的な株主利得を求めることは有益ではない。


山本昌(山本昌広)

正直いって、悩みましたよ。みんなが期待してくれているのに応えることが出来ないわけですから。頭の中には、絶えず引退の2文字があったし、辛いことばっかりの1年でしたけど、応援してくれる人もいっぱいいましたから、「ここで諦めるわけにはいかない」と。
【覚え書き|200勝達成の前年、スランプに陥ったことについて】


濱口道雄

もしあなたがとても面白いアイデアを思いついて、失敗を嫌う上司に提案をする気になりますか? 私はなりません(笑)。挑戦と失敗の意義を知り、それを日々楽しんでいる人間のところにこそ、人材もアイデアも集まるのではないでしょうか。


小野誉之

安定した経営を維持していくためには、常に人の目を意識して細かいことにも目を配っていく必要がある。


五関晃一

知り合いの放送作家さんに「五関くんは言葉を気にしたほうがいいよ」とこの本(『名言力』)を渡されたんです。中心で仕切るタイプじゃないからこそ、ときどき発する一言にはちゃんと意味をもたせなきゃいけないって考えることはあったから、勉強しなさいと言ってくださったのかなと。読んでみたら、すごく面白かったですね。


鈴木敏文

先手を打つという言葉があります。しかし、本当に先手なんて打てるのでしょうか?世の中が変わることがわかっていたら、誰もバブルなんか引っかからない。先手を打つことはばくちを打つのと同じ。世の中の変化を至近距離でとらえて対応していくしかないと思います。


桜井章一

運というものは、求めるものじゃなくてね。運のほうから、しかるべき人を選んでやってくると思ったほうがいい。運に選ばれる人というのは、小さなことにもよく気づくし,それには感覚を研ぎ澄ませないといけない。


石渡美奈

商品に愛情を持ち、その魅力をきちんと伝えていく。そうしてもう一度自分の足元を、しっかり見つめ直してみる。そうした地道な毎日の積み重ねからしか、良い結果は生まれません。


山本梁介

25歳で父親から繊維会社の家業を継いだ際に計数管理のトップダウンの経営を試みましたが、社員の反感にあい失敗しました。それに自分も楽しくありませんでした。社員がイキイキとした姿で働いていた方が、私も嬉しいし、それで社業が伸びていくのが経営の醍醐味だと思います。社員の共感を得られなければ会社は上手く行きません。ピンチはチャンスです。一度ではなく何度か失敗を繰り返し、社員への感謝の気持ちを忘れてはいけないと心に刻みました。


齋藤孝(教育学者)

ビジネス文書を書くときに、最初の一文が思いつかないのであれば、ひとまず書いてしまってからキーフレーズを抜き出すといいでしょう。キーフレーズをそのままコピー&ペーストする感覚で冒頭に持って来れば、それが読み手にとって、もっともインパクトのある冒頭文になります。


小沢和典

どこに情熱を注ぐかが重要。開発系ベンチャーは情熱の全てを製品開発に注ぐべき!


ジャン=パスカル・トリコワ

私たちは100か国以上で事業展開していますが、一方で非常にローカルな存在であるとも考えています。工場や物流センター、研究拠点を各国に設置し、ローカルなお客様が望むものをすぐに提供できる体制を整えていますから。今、確かに世界はグローバル化からローカル化する傾向があるかもしれません。それはローカル展開を進めている私たちにとってはチャンスと捉えることもできます。


菅井敏之

アッパークラスという意識がある人は金融機関の「特別な話」という囁きに弱いが、特別な話などあるわけない。


鈴木喬(経営者)

経営者はバクチを打つもの。未来は誰も読めませんから。バクチに勝ったヤツが名経営者。負けたヤツは落伍者。