名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ピーター(池畑慎之介)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ピーター(池畑慎之介)のプロフィール

ピーター(池畑慎之介、いけはた・しんのすけ)。日本の歌手、俳優、タレント。大阪府出身。デビュー曲の『夜と朝のあいだに』で日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。映画、舞台、テレビドラマ、バラエティ番組などで活躍。

ピーター(池畑慎之介)の名言 一覧

長く続けていくためには、無理なブームに乗らず、定番を地道に磨き続けることが大切なんじゃないでしょうか。


理想は、求められれば何色にも変化できる無色透明な存在であること。本質の部分を磨き、柳のように揺れながら、しなやかで折れない人生を歩んでいきたい。


17歳でデビューした当時は、夜な夜な六本木で遊んでいました。でも役者の世界に入った頃からか、ずっと同じでは成長がないし、そんな生き方はつまらないと思うようになりました。今の私は早寝早起き。お酒もほとんど飲みません。おかげさまで、来秋で芸能生活50年目を迎えます。


ストイックな生き方を自分に課すのは大嫌い。「健康のために」なんて、あんまり考えたことないですね。その代わり、これと決めたらとことん追求します。料理も同じ。何度も工夫を重ねて、自分なりのさじ加減を見つけるんです。


ピーター(池畑慎之介)の経歴・略歴

ピーター(池畑慎之介、いけはた・しんのすけ)。日本の歌手、俳優、タレント。大阪府出身。デビュー曲の『夜と朝のあいだに』で日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。映画、舞台、テレビドラマ、バラエティ番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

川村隆

結局、日本企業の多くは村落共同体なんだよ。村落共同体は村長がみんなの意見を聞いて、真ん中を落としどころにする。先人が築いた事業だから様子を見ようとか、畳むにしても一部にとどめようとかする。


松尾静磨

新人採用にあたって、うちの会社では、なるべく秀才第一主義を避けて、いざというときに不屈の精神力と忍耐力と粘りを発揮できる者を選ぶことにしている。そうなると、どうしてもスポーツマンだ。私はあまり小さいことにはこだわらない性分だが、これは中学時代からやったスポーツのせいだと思っている。


村尾隆介

経営者ばかりが、セミナーとかでブランディングについて勉強 していても、それと同じレベルで社員も勉強しないと、チームと してはうまくいかないですね。会社のロゴとか印刷物だけを変えてブランドらしく仕上げることはできても、中身が変わらないですしね。社員の意識とか組織体制、あとはそれこそ社長の性格とか。


ダ・ヴィンチ・恐山(品田遊)

ツイッターのような場では、少人数のコミュニティなら成立するバランスがいとも簡単に崩れてしまうんですよね。炎上が象徴的ですけど、一人の人間の発言が、それがいかに吟味されたものであっても、圧倒的な「群れ」の前には意味をなさなくなる。それってコミュニケーションの齟齬というより、もっと統計的な現象であるように思います。


佐藤優

忙しいからこそ、最初に自分の時間を確保してしまう。そうやって時間の天引きをしておかないと、いつまでも自分の時間が作れない。


尾藤克之

事業を成功させるための努力は大変だしライバルも多い。でも、敗戦処理なら簡単なのに誰もやらないので、評価も上がりやすい。トラブルの最終処理を仕上げることで、周りを助け、最後に自分の人望も集まる。こんな部下なら、上司は評価せざるを得ませんよね。


村口和孝

中堅企業投資のサラリーマン時代の中で、組織に埋もれてしまうことを恐れ、年に2回の夏休みと冬休み休暇を利用して、毎年欠かさずシリコンバレーをはじめ、海外視察に出かけ、日本での投資活動の肥やしにした。私費視察旅行で行ったところは、シリコンバレー、ニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、クアラルンプール、ジャカルタ、バンコク、台北、香港、深川、マニラ、北京、上海、イスラエルである。格安チケットが普及してきて財政的には助かった。


大村浩次

父は仕事をしてそこで死ぬのが当たり前だと言っていました。たまに「倒れるまで働いたか」と聞かれて、「倒れていない」と答えるとひっぱたかれました。昔の仕事は身の危険になることが多かったので、それを考えると今のビジネスは優しいものです。


佐藤安信

仕事をするうえで一番大切なことは、初志を忘れないこと。誰でも今の仕事に就くときには何かしらの強い思いを持っていたはず。


カルロス・ゴーン

私はグローバル化とアイデンティティの尊重とは、足並みをそろえて進むべきだと思っています。自らのアイデンティティを保ちたいという願望は、肯定的な意味でも、また否定的な意味でも、あらゆるところに顔を出します。これは当然でしょう。グローバル化とアイデンティティの尊重とは両立しうる、また両立させなければならない概念なのです。


山田進太郎

重視しているのは失敗やミスそのものを責めないこと。大胆に挑戦した結果の失敗はいいのです。失敗を恐れて大胆さを失うほうがよほど問題です。ただし、失敗の原因を客観的に分析し、次回は失敗しないように対策を講じることも重要。それができる人こそプロフェッショナルというものでしょう。


中村邦夫

社業は社長がやるのですから、会長の言葉は少なくていいのだと思います。