名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ピーター(池畑慎之介)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ピーター(池畑慎之介)のプロフィール

ピーター(池畑慎之介、いけはた・しんのすけ)。日本の歌手、俳優、タレント。大阪府出身。デビュー曲の『夜と朝のあいだに』で日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。映画、舞台、テレビドラマ、バラエティ番組などで活躍。

ピーター(池畑慎之介)の名言 一覧

長く続けていくためには、無理なブームに乗らず、定番を地道に磨き続けることが大切なんじゃないでしょうか。


理想は、求められれば何色にも変化できる無色透明な存在であること。本質の部分を磨き、柳のように揺れながら、しなやかで折れない人生を歩んでいきたい。


17歳でデビューした当時は、夜な夜な六本木で遊んでいました。でも役者の世界に入った頃からか、ずっと同じでは成長がないし、そんな生き方はつまらないと思うようになりました。今の私は早寝早起き。お酒もほとんど飲みません。おかげさまで、来秋で芸能生活50年目を迎えます。


ストイックな生き方を自分に課すのは大嫌い。「健康のために」なんて、あんまり考えたことないですね。その代わり、これと決めたらとことん追求します。料理も同じ。何度も工夫を重ねて、自分なりのさじ加減を見つけるんです。


ピーター(池畑慎之介)の経歴・略歴

ピーター(池畑慎之介、いけはた・しんのすけ)。日本の歌手、俳優、タレント。大阪府出身。デビュー曲の『夜と朝のあいだに』で日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。映画、舞台、テレビドラマ、バラエティ番組などで活躍。

他の記事も読んでみる

北島素幸

苦労をしてつらいことに耐えておかなければ、いざ勝負という時にそれだけのことができないんです。ちょっとのずるさで進路は変わってしまうのだから、自分にウソをつかず、自分に負けないようにしなければ。


高橋茂雄

「この人のこと、もっと知りたいなぁ」と思って、好きな人と一緒にいるうちに距離が縮まってきますよね。僕は、それで自然と仲良くなれるんです。嫌いな人とは無理ですもん。でも、「この人イヤやなぁ」っていう人は、僕の周りにはあまりいないんですよ。


野口吉昭

考える習慣には、問題意識と情報収集が欠かせません。実はこの2つには密接な関係があります。問題意識のない人は、自分の見たい現実だけを見る傾向があります。ゼロベースで見れば疑問を感じるようなことでも、見えないことにして意識の外に追いやってしまうのです。この殻を打ち破るには、自分がこれまで触れてこなかった情報に意識的に触れて、自分の視野を広げる必要があります。


吉岡俊介

状況を変えるには、まず自分の本音に目を向け、自分の限界を認めることから始めてください。そのためには、友人や家族といった自分に寄り添ってくれる相手に、本音を素直に語ってみることをお勧めします。言葉にするだけでも頭の中が整理されて、気持ちがラクになるからです。身近な人に弱みを見せるのはどうしても抵抗があるなら、今は地方自治体が開設している無料の相談窓口もありますから、そこに匿名で電話をかけるのもいいでしょう。


大嶋啓介

飲食の世界で勝負しようと決めたのは24歳のとき。ところが、就職した居酒屋で店長になったものの、従業員をまとめることができず、完全に心がポキッと折れてしまった。半年間、肉体的にも精神的にもおかしくなった。でも、そのときの経験が間違いなくいまに生きている。


高田明(ジャパネットたかた)

業績が悪化したら人員削減、経費削減。これもある種の固定観念だと思います。私たちは、経費を絞るどころか、東京オフィスの開設など、むしろ投資を増やしました。先のことを心配するより「今」に集中することを選んだのです。


寺畠正道

我々は今、たばこ会社としてサステナビリティ(持続可能性)について長期的な視点から考えています。原料となる葉たばこを持続的に調達していくためには農家さんとWin‐Winの関係をつくらなければなりません。そのため、農家さんと長期的なお付き合いをしたいと考え、世界の取引量の半分を直接契約に切り替えました。日本ではもともと専売制があり、葉たばこ農家さんから100%買い受けてきました。海外でも似たようなことをやっていこうとしたわけです。


高田明(ジャパネットたかた)

アマゾンさんも楽天さんもライバルではありません。ライバルは過去の自分です。売上高が1170億円に下がったんだから、これを上げればいい。あくまで自分との比較です。無理をして2000億円を目指そうとしたら、商品を増やしすぎて品質が落ちてしまう。


北尾吉孝

ビジネスモデルというものは、今は良くても10年、20年先にはどうなるか分かりません。時代も経済環境も刻一刻と変化するので、それに合わせて変えていく必要があります。継続的に成長させるには、経営者の資質によるところが大きい。


東和浩

会社を辞めていく仲間も多かったが、私は辞めようと思ったことはない。例えば私がもし転職のために他の会社の面接を受けたとして、「りそな出身」と話したときに、「ああ、あの(公的資金が注入された)銀行ね」と言われるのが嫌だったのだ。残された私は再建に向けてとにかくもう踏ん張らなきゃいけないという感じだった。自分はトップでも何でもなかったが、とにかく立て直して、いい銀行にしたいとずっと思っていた。


本田秀夫

文化の差があるかもしれません。同じADHD(注意欠如・多動性障害)やASD(自閉症スペクトラム障害)でも、ほかの国では許容されるレベルが、日本では問題視されてしまう。日本は国家レベルで空気を読むことを国民に求める風潮があり、人々は互いに完璧を求めすぎているように思います。


中島明彦(不動産経営)

そこ(屋久島に買った土地)では、釣りをしたり、山菜を採ったり、妻と山に登ったり、現地の人と酒を飲んだり、親しい友人を招いて騒いだり。いまは一年の半分を屋久島で暮らしています。投資的には現在は年間100万円のマイナス・キャッシュフローですが、心と体の豊かさは大きく膨らんでいます。この場所を将来どう使うか思案中ですが、海と山に囲まれた隠れ家で、日々激務に追われる大人が童心に戻り、人生を見つめ直せるような場所にするのもいいですね。