名言DB

9412 人 / 110637 名言

ピーター・ベインズの名言

twitter Facebook はてブ

ピーター・ベインズのプロフィール

ピーター・ベインズ。トリニダード・トバゴ出身の経営者。「そーせいグループ」社長CEO(最高経営責任者)。英シェフィールド大学生理動物学科卒業。英グラクソ・スミスクライン上級副社長、バイオコンCEO、そーせいグループ社外取締役などを経て社長CEOに就任。

ピーター・ベインズの名言 一覧

我々が目指すのは世界的なバイオテクノロジー企業。基本的に地域別に市場を分けて考えることはしない。


戦略的価値を生み出すためには、有能な人材と有望なチームによるチームワークが非常に重要。私の役割は、彼らと一緒にその実現をサポートすること。


ピーター・ベインズの経歴・略歴

ピーター・ベインズ。トリニダード・トバゴ出身の経営者。「そーせいグループ」社長CEO(最高経営責任者)。英シェフィールド大学生理動物学科卒業。英グラクソ・スミスクライン上級副社長、バイオコンCEO、そーせいグループ社外取締役などを経て社長CEOに就任。

他の記事も読んでみる

鈴木修

スズキは生産設備を平均して3年ぐらいで償却しています。たとえば、税制上の法定償却期間が10年となっている大型機械も、うちでは3年です。国が定めた償却期間は、当初は8時間労働を前提としてできているものと思いますが、スズキの工場は二交代で1日16時間、さらに残業と休日出勤の間も稼働しています。早く元が取れて当然です。うちのような企業は、ゆっくりと10年単位で元が取れればいいといった悠長なことは言っていられません。是が非でも3年で元を取るという覚悟で皆、一生懸命やるのです。たとえ、有税償却であっても。


横田尚哉

そもそも、出社というものは必要なのでしょうか。出社のファンクション(役割、効用)として、「業務効率を上げること」が考えられます。わざわざ通勤するのは人や資料を一か所に集めるためであり、一か所に集めるのは業務効率を上げるためなのです。ただ、業務効率を上げるというファンクションを満たせば、出社という形にこだわらなくてもいいはずです。


池谷裕二

私も、20代の頃には社会性もなく、研究室に閉じこもりたがるタイプでしたが、嫌々でも何でも学会に出かけてみたら、そのうち、外出をすればものすごくたくさんの収穫があるものなんだと気づきました。自分の発表に対する反応を見れば、どのように受けとめられる研究なのかも直にわかりますし。


北城恪太郎

一度しかない人生を自分の考えだけで生きることもできるが、変わることのないものに支えられて歩んでゆくべきではないだろうか。
【覚書き|若いころキリスト教の洗礼を受けたときを振り返っての発言】


ニーチェ

もっと喜び楽しむことを学ぶこと、それこそ他人を苦しめたり、苦しめようと考えたりすることを忘れさせる最善の方法である。


樽見茂

お客さんの立場で考えれば、数字の発想力が磨かれる。そこから仮説を立てて検証し、結果へと繋げていく。自ら数字を作り出せる人が、本当に数字に強いビジネスマン。


高岡浩三

新たな発想を生むコツがあれば社員にもとっくに伝授していると思います(笑)。ただ、創造的にああしようこうしようと考えている時間が、たぶん他の人より圧倒的に長いんじゃないかとは思います。基本的には、会社にいないときのほうが多いですね。完全に現実世界の感覚でアイデアを夢で見て、起きてすぐにメモするということもあります。例えば、営業が地方に行くと店舗間の距離が長くて1日の3分の1~4分の1が運転時間だと言う。でも、そういう時間を使えれば、相当いろいろなアイデアが出ると思うんですね。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

いま得ているものに執着し、それを守ることしか考えられないような人間は、出世なんか望むべきじゃない。べつに会社を辞めなくたっていい。会社の中にいても、現状に満足せず、新しいことに挑戦できる人間だけが、出世の道を自ら切り拓くことができるんだ。


大朏時久

昇格すると、お客様を見ることより「自分を見て欲しい、褒めて欲しい」と思いがちです。私たちは「お客様の方向を見ることを忘れてはいけない」と胆に銘じさせています。


清田瞭

今、日常でも誰かに何かしてもらった時には「ありがとう」というのが癖になっています。相手が誰でも何かお世話になったら、そのことへの感謝の気持ちがあるのです。


中村裕(ホテル経営者)

市場の成熟化に伴い、画一的、ありきたりのサービスが通用しなくなり、個客に応じた心からのサービスが要求されています。


岩崎裕美子

お客様の声は、商品の改善に役立ちます。たとえば、ホットクレンジングゲルに対して「最後までクリームを使えない」というご指摘が多くありました。そこで、容器の口を指が入る大きさに広げ、指でクリームをすくい取って最後まで残さず使えるように改善しました。今ではお客様のご指摘には速やかに対応する姿勢を社員全員が身に付けています。その上、私たちは小さな会社なので改善スピードが早い。それが弊社の自慢です。


菊原智明

日々のちょっとした「とほほ話」をさりげなく自己開示していくことで、人間味が増して相手との距離がグッと縮まる。どんな優秀な人でも、意識してみれば小さな失敗は毎日必ずしているもの。それをノートに記録すればいい。ネタ帳になる上、反省点を振り返るきっかけにもなる。


辻本憲三

人のできないことをやる。お客さんはほかと同じものでは喜びませんからね。


フィル ナイト

人生で最後の一回だけ成功すればいい。それまでトライし続けることが重要だ。チャレンジしなかったら、成功するかどうかさえ分からない。ラストチャンスだけは失敗しないようにすればいい。