名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ピーター・ベインズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ピーター・ベインズのプロフィール

ピーター・ベインズ。トリニダード・トバゴ出身の経営者。「そーせいグループ」社長CEO(最高経営責任者)。英シェフィールド大学生理動物学科卒業。英グラクソ・スミスクライン上級副社長、バイオコンCEO、そーせいグループ社外取締役などを経て社長CEOに就任。

ピーター・ベインズの名言 一覧

我々が目指すのは世界的なバイオテクノロジー企業。基本的に地域別に市場を分けて考えることはしない。


戦略的価値を生み出すためには、有能な人材と有望なチームによるチームワークが非常に重要。私の役割は、彼らと一緒にその実現をサポートすること。


ピーター・ベインズの経歴・略歴

ピーター・ベインズ。トリニダード・トバゴ出身の経営者。「そーせいグループ」社長CEO(最高経営責任者)。英シェフィールド大学生理動物学科卒業。英グラクソ・スミスクライン上級副社長、バイオコンCEO、そーせいグループ社外取締役などを経て社長CEOに就任。

他の記事も読んでみる

大浜平太郎

優秀な経営者を取材して感じるのは、彼らは総じて視点を融通無碍(ゆうずうむげ)に変えて新しい答えを出す能力を持っていることです。その背景に読書体験があるのかどうかはわかりませんが、多くの人や多くの書物との出会いを血肉としていることは想像に難くありません。


今井孝

アイデアをどうやってビジネスにするか悩む前に、ブログやSNS等で「こんなアイデアで起業を考えています」と情報発信してみましょう。これらの意見を参考にすれば、あっという間に実際の商品案ができてしまいます。これが、「順番を変える」効果。一人で考え続けるよりはるかに効率的です。しかもコメントをくれる人やフォロワーは、将来あなたのサービスにお金を払ってくれそうな大切な見込み客でもあるわけです。


黒木渚

死を優秀なリミッターのようなものとして捉えているんですね。死があるから、それまでの生が凝縮してくる濃度が高くなっていく。使いようによっては素晴らしいリミッターになっていく。それを常々思い出していたほうが、絶対愉快になる。


粟田貴也

「丸亀製麺」は10年間ブラッシュアップを続けてきたからこそ今がある。一夜にして生まれた業態では決してない。


池上彰

ネットの情報は便利ですが、まさに玉石混交。事実関係のあやふやなものや、偏った情報がたくさんあります。そこで大事なことは、最初に出てくるページの情報だけで終わらせないこと。1ページ目には肯定的な情報しか載っていなかったのに、3ページ目でようやく批判的な情報が出てきたり、ということも。そうして全体像が見えてくるのです。


似鳥昭雄

どの年代の方が、どれだけ住んでいて、収入はどれぐらいなのか。商圏として考えるのは、徒歩なのか自転車なのか、あるいは車なのか。そして競合店舗はどうなっているか。あらゆる数字を調べて、ここに造れば一坪あたりどれぐらい売れるのか、大きさは何坪が適正なのか、あらゆる予測をしてから出店しています。


パトリック・ハーラン(パックン)

意識すべきなのは、相手の目を見ること。複数の人と話すときも全員に目を配るようにすると、相手はそれぞれ「自分に向かって話してくれている」と思い、そこに仲間意識が生まれます。仲間意識が生まれるということは、反論が少なくなるとも言えます。


ロデリック・クレイマー

当然のことですが、プレーヤーに必要なスキルと、マネジャーに求められるスキルは別物です。適切なスキルを持っていない人をマネジャーに昇進させるべきであはりません。


大坪勇二

たいしたことをやる必要はない。重要なのは難易度の高さではなく、「決めたことをやった」という事実。簡単なことでも、きちんとやれば達成感は得られるし、続けていれば習慣化して、目標達成への道筋もクリアに見えてくるはず。


坂口孝則

話題になっている商品やサービスについては、自分で実際に買ってみるのが一番です。たとえば、最近急激に増えている「割引クーポンビジネス」なども、一度自分で体験してみればいい。「1万円のディナーコースが半額で食べられるクーポン」を買って食べてみて、「本当に1万円の価値があるのか?」「半額にしてどうやって利益を出しているのか?」と自分で考えることで、表面的な数字だけではない理解が深まります。


出口治明

アダム・スミスの『国富論』を開き、「見えざる手」の部分だけ読んでも無意味です。それならウィキペディアを引いた方がいい。本を読む醍醐味は、著者の思考プロセスの追体験にある。飛ばさず、1行ずつじっくり読む。


加藤清正

乱舞は一切停止する。太刀や刀をとれば人を斬ろうという心が起こるのが、武士として当り前のことであるから、武芸のほかにやたらに刀を抜いて乱舞するような者に対しては、切腹を申しつける。