名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ピーター・フランクルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ピーター・フランクルのプロフィール

ピーター・フランクル。ハンガリー出身の数学者、大道芸人。ショモジ県カポシュヴァール出身。国際数学オリンピック金メダル獲得。ハンガリー・オトボス大学大学院修了、数学博士号取得。ハンガリーサーカス学校で舞台芸人の国家資格を取得。フランス亡命を経て来日。算数オリンピック委員会専務理事を務めた。

ピーター・フランクルの名言 一覧

自分に向いていないことを無理矢理頑張ってはダメ。自分に向いたこと、他の人より得意なことをやるべき。


自分の意志で人生を変えることもあれば、意図せずに変わることもある。それまでと同じように生き続けるというのもひとつの選択。ですから、人生はターニングポイントだらけ。


ピーター・フランクルの経歴・略歴

ピーター・フランクル。ハンガリー出身の数学者、大道芸人。ショモジ県カポシュヴァール出身。国際数学オリンピック金メダル獲得。ハンガリー・オトボス大学大学院修了、数学博士号取得。ハンガリーサーカス学校で舞台芸人の国家資格を取得。フランス亡命を経て来日。算数オリンピック委員会専務理事を務めた。

他の記事も読んでみる

月岡隆

労働組合がなくていいですねと周囲からは言われますが、組合がないということは、組合がある会社以上に社員を大切にしないとやっていけない。経営陣も社員も大変ですが、そういう中で信頼関係が生まれてくるんです。


片岡鶴太郎

初めてボクシングジムに足を踏み入れた時は、周りの目も冷たかったように思います。「なんで、お前なんかが来るんだよ」っていう雰囲気で。実際、縄跳びをしても30秒で息が上がりましたから。でも、やるからには本気でプロのライセンスを取ろうと。1年で10キロぐらい体重を落としたのかな。そうなると周りの目も変わってきて、33歳でライセンスも取得できたんです。そういう意味でも、30代は本当に充実しきった10年だったんじゃないでしょうか。


松岡正剛

全く関わりのない数冊を同時に読むのも面白い。バラバラなテーマに見えるが、ふと思いもよらないひらめきがあるかもしれない。


伊庭正康

顧客と何度も会い、段階を踏んで提案していく営業スタイルは、一見良さそうだが効率が悪い。何度もやりとりをすることで、自分の時間も相手の時間も奪う。会う回数は最小限にするのがお互いにプラス。


出光佐三

終戦から2日後の8月17日、社員一同に対し僕は3つのことを伝えた。

  1. 愚痴を止めよ。
  2. 世界無比の三千年の歴史を見直せ。
  3. そして今から建設にかかれ。

松田雅也

何より重要なのは、シーズンごとにお店を訪問して「顧客はどんな意図にもとづいて発注しているのか?」を知っておくことです。それができる会社が、これまでほとんどなかった。これが当社の最大の差別化要因だと思います。


林雄司

成果があがらずピンチの案件があれば、期待感を演出してみてはどうでしょう。たとえば熱心な顧客を集めてイベントや飲み会を開いて上司に見せたり。もし人数があまり集まらなくても、部屋の隅によってもらってギュウギュウ詰めで写真を撮れば「盛り上がってます感」は演出できます。トータルはダメでも、部分で見れば期待感の持てるデータを引っ張り出してきて報告するのも手です。そしてその間に、肝心の成果の方もなんとかあげていきましょう。


本田健

自分が現場にいなくても回る仕組みをつくっていたとしても、経営者が病気で会社から離れるのはトラブルのもと。最悪の場合、会社そのものが傾きかねません。健康も一つの資産と考えて、しっかり管理すべきでしょう。


ジェームズ・ポンソルト

現実の世界でもシリコンバレーのハイテク企業を動かしている人びとが共有している理想的な世界像があるわけですが、それは必ずしもすべての人にとっての理想とは限りません。この映画(『ザ・サークル』)についても世代や属するコミュニティ、テクノロジーに対する関心度などによって感じ方は違ってくると思うし、感情移入するキャラクターも変わってくるでしょう。ぜひ多くの人に観てもらいたいですね。


中村維夫

負けているというイメージが嫌です。負けているというのは、やはり、お客様に対して十分でないのだろうという、ひとつの指標であります。そういう評価を持たれること自体、ドコモというブランドがおかしくなってくる。そのことを一番恐れます。


山本康博

調査をする際に、どんな商品が欲しいかとか、この製品をどう思うか、と聞いてしまう。マーケッターの陥る罠はここにあります。お客さんが欲しいというものではなく、お客さんも気付いてないものが重要。


野村忠宏

しばらくは2連覇の余韻に浸りながら流れに任せてみたのですが、1年経っても何も変わらない。それで、語学留学のためにアメリカへ。金メダリスト、柔道選手という自分が長年背負ってきたものをいったん降ろしてみたかったのです。練習で体をいじめ抜く必要もない、プレッシャーもない。人生で初めて経験する、とてもやさしい時間でした。最初は本当に楽しかった。ただ、楽しいだけの毎日は飽きるんですね(笑)。徐々に、戦う選手たちの活躍がうらやましく思えてきたんです。これまで柔道を続けてきて、楽しいと思えることってほとんどなかったのですが、それよりも大事なことがあることに改めて気づいたのです。