ピーター・フランクルの名言

ピーター・フランクルのプロフィール

ピーター・フランクル。ハンガリー出身の数学者、大道芸人。ショモジ県カポシュヴァール出身。国際数学オリンピック金メダル獲得。ハンガリー・オトボス大学大学院修了、数学博士号取得。ハンガリーサーカス学校で舞台芸人の国家資格を取得。フランス亡命を経て来日。算数オリンピック委員会専務理事を務めた。

ピーター・フランクルの名言 一覧

自分に向いていないことを無理矢理頑張ってはダメ。自分に向いたこと、他の人より得意なことをやるべき。


自分の意志で人生を変えることもあれば、意図せずに変わることもある。それまでと同じように生き続けるというのもひとつの選択。ですから、人生はターニングポイントだらけ。


ピーター・フランクルの経歴・略歴

ピーター・フランクル。ハンガリー出身の数学者、大道芸人。ショモジ県カポシュヴァール出身。国際数学オリンピック金メダル獲得。ハンガリー・オトボス大学大学院修了、数学博士号取得。ハンガリーサーカス学校で舞台芸人の国家資格を取得。フランス亡命を経て来日。算数オリンピック委員会専務理事を務めた。

他の記事も読んでみる

吉越浩一郎

行うべき行動を言葉にして紙に記すと、それは書いた時点で形骸化が始まってしまいます。野菜は収穫した瞬間から腐り始めるように、理念も文字にした瞬間から腐り始める。やがて理念は陳腐化し、過去のものとなり、遺物となる。会社においてあるべき理念とは、現に生きて動いているべきであって、経営者の仕事の仕方や生きざまを含めたものでしょう。


内村航平

いまは団体総合で金メダルを取ること。それしか考えていません。団体は皆で補い合って戦う。全員がまとまるチームが優勝すると思っています。


奥山清行

相手に何を与えられるかを考えた方が、本当の意味での自分の市場価値を高めることにつながると思います。


堀場厚

今、グループ従業員数は約5500名。そのうちの約6割、3000人が外国人です。私たちは決して、安価な労働力を求めて海外進出したのではなく、海外の優秀な人財を求めて進出していった結果がこのようになっているのです。


瀧澤光雄

仕事への厳しい姿勢は父親から影響を受けました。いまでも覚えているのは墨をする作業。墨が薄く文字がにじんでしまい、提灯をダメにするたびに「提灯をムダにしやがって!」とゲンコツが飛びました。墨をうまくすることができるようになったのは修行開始から3年目でした。


熊平美香

リフレクション(内省)には3段階あります。レベル1が出来事についてのリフレクションで、何か起きたのかを虚心に振り返る段階です。レベル2は他者や環境について振り返ること。レベル3が自己についての振り返りです。我々が過去を振り返る場合、大抵はレベル1と2に留まっています。しかし実はレベル3までいかないと成果は得られません。そこまできてようやく知らず知らずに前提としていた価値観(メンタルモデル)の存在に気づくのです。そこから次の行動に結びつけることができる。


中原淳

「鉄は熱いうちに打て」が部下指導の鉄則。何か問題が起こってから2週間も3週間も経ってからでは、部下も忘れていますし、指摘されたところで心に響きません。まして、年に1~2回だけ行なう人事評価のときだけしか一対一の面談を行なわないのは論外。


千代の富士

いま強くなる稽古と、3年先に強くなるための稽古を両方しなくてはいけません。


秋元久雄

うちの会社では、社員をマニュアルで縛るようなことは絶対にしない。うちが目指しているのは、高級和風住宅の分野を中心に、建設業界の中で日本一の職人集団になること。大工なら大工の世界で、日本の上位100人のうち半分は、うちの会社の社員で占めるようになりたいと思っている。


岡村隆史

仕事でパーフェクトを出した実感がまだないんです。これまで多くの仕事をやらせていただいて、その中には「今日はよかったな」という手応えが残ることはありましたけど、百点満点は出していない。


高橋興三(経営者)

経営危機になって、ほんまに潰れそうになったから僕らは目を覚ますことができた。それで風土改革の行動を起こせるようになった。


有馬裕一

今の自分があるのは、多くの幸運に恵まれた結果だと感じています。その一方で、幸運を呼び寄せるために相当の努力をしたという自負もあります。


鳥羽博道

私は社内で口を酸っぱくして「現状打破、現状否定」と唱え続けている。常に将来に対して危機感を抱き、革新していかなければならない。現状に満足しきって、危機感、革新性を失うと、国も企業も、そして人間までも駄目になっていく。そうした失敗例はそれこそ掃いて捨てるほどある。危機感の欠如は、さらなる危機を呼ぶことにもなる。


佐々木常夫

帝人の社長兼CEOを務めた安居祥策さんの復活劇は、勇気づけられます。安居さんは会社人生の半分を、世間では傍流と呼ばれる所で過ごした方。50代当時の勤務先は、アジアの子会社です。しかし、「会社員人生はここで終わりか」と思っていたら、東京本社に呼び戻されて、取締役に就任。数年後には社長になります。安居さんの働きぶりを、ずっと見ていた人がいたからこそでしょう。見る人は、見ているのです。


団野村

まず市場を理解すること。1億円相当の選手は10億円も貰えない。それを自負心の強い選手に理解させることです。そのうえでほかの選手のデータを参考にしつつ、どこでどう活躍したかを検証し、そこで見出したユニークさを武器に、交渉で1億5000万円、2億円につり上げるんです。


ページの先頭へ