名言DB

9412 人 / 110637 名言

ピーター・バラカンの名言

twitter Facebook はてブ

ピーター・バラカンのプロフィール

ピーター・バラカン。ブロードキャスター。イギリス・ロンドン出身。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院卒業。シンコー・ミュージック、ヨロシタ・ミュージックなどを経て独立。テレビ・ラジオ音楽番組パーソナリティなどを務めた。

ピーター・バラカンの名言 一覧

英国ではマナーを欠いた行動で他人を不快にさせるのは、教養のない証拠と思われる。「教養のある人に見られたい」なら、人前でだらしない身なりをして、人を不快にさせるなんて、できませんよね。


英国人にとってマナーは、「自立した人間として、他人に不快な思いをさせないための自発的な行動」です。英国は個人主義を重んじる国ですから、一人ひとりが他人を最大限、尊重する。同時に自分も、他人から尊重してもらえるよう、普段から周りに良い印象を与えるべく努力します。だから意識せずとも、他人を気遣った行動ができるのです。


日本人が話す英語の約9割は、英語圏の人にとって聞き取りにくい。この原因は文法・試験偏重の学校教育にある。会話に限って言うと、正しい文法より正しい発音の方が圧倒的に大切。


大切なのは、日頃の心がけです。聖書の中に「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」という一節があります。英国では「黄金律」と呼ばれるもので、子供の頃から、事あるごとに教え込まれます。だから「こんな時、自分だったらどうしてもらいたいだろうか」と常に考え、行動するようになる。そうしたことを積み重ねていくと、他人を気遣った行動を、自然にとれるようになります。


ピーター・バラカンの経歴・略歴

ピーター・バラカン。ブロードキャスター。イギリス・ロンドン出身。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院卒業。シンコー・ミュージック、ヨロシタ・ミュージックなどを経て独立。テレビ・ラジオ音楽番組パーソナリティなどを務めた。

他の記事も読んでみる

林下清志(ビッグダディ)

夫婦生活で一番大事なのはお互いを尊敬、リスペクトする気持ちです。そういう気持ちがない人に限って、力関係がどうのこうのって言っちゃう。例えば女房に対して偉そうな態度を取っていても、きちんと信頼して、お金のことには一切口を出さずに、家のことはすべて任せていたり、女房が家をちゃんと守ってくれてるから、俺はとにかく仕事に専念できるっていう感謝があれば、力関係なんてことを気にする必要はないはずなんです。夫婦間にそういうものがないから、それを力関係で表現しようとしてしまう。


杉村太蔵

株主になることで、その会社だけでなく政治や経済、あらゆることに関心が向き、勉強するようになる。変な資格を取るよりよっぽどいい。


能町光香

まずは相手に興味を持ち、「なぜ、この人はこういうことを言うのだろうか」と観察し、考える癖をつける。それを踏まえ、接し方を変えてみましょう。たとえば、部下の失敗に対し、「なぜそんなことをしたんだ!」と頭ごなしに叱ってしまっていたとしたら、「その選択をした理由はなんだったの?」と聞くようにする。前者は一見、原因を聞いているように思えますが、実際には頭ごなしに叱責しているだけ。そうではなく、「なぜ部下は失敗してしまったのだろうか」と本当に興味を持って聞いてみることが大事。


カルロス・ゴーン

経営における迅速さというのは、決定の迅速さではありません。行動の迅速さです。大切なのは、問題を発見してから、その問題が実質的に解決されるまでの速さなのです。


ウィリアム・A・コーエン

自分が正しいことをしているという確信は、その人物をどこまでも推し進める。


川西勝三

三途の川に向かって、豪快かつ繊細に生きようと思っています。いままで、社員とともに生きてきたことのすべては、これからの人生のための前奏曲にすぎません。
【覚書き|63歳のときの発言】


加藤俊徳

経験の蓄積でしか脳力は伸びない。でも裏を返せば、経験すれば脳の力は何歳からでも上げることができる。


林野宏

経営者は、どうやったら社員の給料が上げられるかということに、ものすごくエネルギーを使うべきだ。経営者の責任は、社員の給料を上げることだ。


ロジャー・ベーコン

人は賢明になればなるほど、ますます腰を低くして他人から学ぼうとする。


鮎川義介

「All OK = All no good(誰もが賛成することは、総好かんと選ぶところはない)」。売り方と買い方の競り合いなしに相場が成り立たないのと同じ理屈である。


早坂清志

たとえば、営業部門とのほかの部門の数字を比較したいのに、すべての部署の数字を網羅したデータをグラフにしたら、何のためにグラフ化したかわからなくなりますよね。まとめられるものはまとめる。伝わるグラフの鉄則です。


池田貴将

年収一億円を稼いでいたり、会社を上場させたりといった、成功を手にした人でも、いわゆる「ネガティブな感情」にとらわれることは当然あります。日々、不安になったり、迷ったり、無力感を感じたりする点では、成功者もそうでない人も変わりない。それが、多くのビジネスマンをコーチングしてきた私の実感です。


神尾友信

礼を尽くして「煩わしい」と思われることはまずないので、万が一相手が自分より目上かどうかがわからないときでも、基本的には礼を尽くします。相手に「やらなくていい」と言われたり、恐縮されてしまったりした場合は、望まれた距離感で接することもまた礼儀。


安田正

初めて会った人と話をしていて、引き込まれるのはどんなときでしょうか、そのひとつが、相手が特定の分野に精通していると思えた瞬間、つまり「ある業界で働く専門家」として認識したときだと思います。ビジネスマンは、専門性を間われない場合も多いかもしれませんが、自分の将来を見据えつつ、得意分野をひとつ探して、徐々に知識を集めましょう。


山本寛斎

デザイナーの中でも、私は日本人だということを非常に強く意識しています。西洋の人と日本人のものの考え方には差がある。欧米人は「個性=素晴らしい」という考えがありますが、日本は抜きん出た風体をすることはあまり感心しないという文化圏に属している。だから私に対する評価は、欧米の方が高かったのだと思います。