名言DB

9429 人 / 110879 名言

ピーター・バラカンの名言

twitter Facebook はてブ

ピーター・バラカンのプロフィール

ピーター・バラカン。ブロードキャスター。イギリス・ロンドン出身。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院卒業。シンコー・ミュージック、ヨロシタ・ミュージックなどを経て独立。テレビ・ラジオ音楽番組パーソナリティなどを務めた。

ピーター・バラカンの名言 一覧

英国ではマナーを欠いた行動で他人を不快にさせるのは、教養のない証拠と思われる。「教養のある人に見られたい」なら、人前でだらしない身なりをして、人を不快にさせるなんて、できませんよね。


英国人にとってマナーは、「自立した人間として、他人に不快な思いをさせないための自発的な行動」です。英国は個人主義を重んじる国ですから、一人ひとりが他人を最大限、尊重する。同時に自分も、他人から尊重してもらえるよう、普段から周りに良い印象を与えるべく努力します。だから意識せずとも、他人を気遣った行動ができるのです。


日本人が話す英語の約9割は、英語圏の人にとって聞き取りにくい。この原因は文法・試験偏重の学校教育にある。会話に限って言うと、正しい文法より正しい発音の方が圧倒的に大切。


大切なのは、日頃の心がけです。聖書の中に「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」という一節があります。英国では「黄金律」と呼ばれるもので、子供の頃から、事あるごとに教え込まれます。だから「こんな時、自分だったらどうしてもらいたいだろうか」と常に考え、行動するようになる。そうしたことを積み重ねていくと、他人を気遣った行動を、自然にとれるようになります。


ピーター・バラカンの経歴・略歴

ピーター・バラカン。ブロードキャスター。イギリス・ロンドン出身。ロンドン大学東洋アフリカ研究学院卒業。シンコー・ミュージック、ヨロシタ・ミュージックなどを経て独立。テレビ・ラジオ音楽番組パーソナリティなどを務めた。

他の記事も読んでみる

池史彦

日本国内では「若者のクルマ離れ」が叫ばれているが、我々自動車メーカーの方が、消費者から離れていたのではないか。


神田昌典

「知識の創造」には、大きく分けると2つの段階があります。第1段階は、「情報の編集」。世の中にあふれかえる玉石混交の情報から、正しい情報と間違った情報を見分け、編集した上で、発信することです。いわば、「キュレーション(目利き)」ですね。そして、第2段階が、「知識の創造」。正しい情報を元に、思索を重ね、イノベーティブなアイデアや知識を創造することです。


樋口建介

最近では国際交流に力を入れていまして、保健科学部の1年生全員をハワイ大学に1週間研修に行かせるんです。現地の病院見学やレクチャーを受けることで、学生たちも目の色が変わります。


中野雅至

私は、元・厚生労働省の官僚ですが、官僚時代は仕事柄、毎日のように様々なトラブルが発生していました。重要な関係者からのクレーム電話、怖い政治家からの叱責の電話、一般市民からの苦情……。毎日電話は鳴りっぱなし。若手の新人なんかは、だんだんとビビって電話に出たがらなくなる。うっかり出てしまって、厄介なトラブルに巻き込まれるのは嫌だからです。しかし、私は「みんなが嫌がるトラブルこそ、出世への最大の根回しチャンス」と考え、どんどんトラブル電話に出ろと新人に指導してきました。トラブル電話に率先して出ると、みんなホッとする。失敗しても知らねーよ、とほくそ笑む反面、無意識には「あいつは、いざというとき頼りになる男だ」という認識が刷り込まれている。じつは、この「刷り込み」こそが、将来の出世への根回しにつながるのです。


渡邊陽一

織田信長は桶狭間の戦いの時、生き残るために必死で「天下布武」の理念を掲げる余裕なんてなかったと思います。天下統一を真剣に考え始めるのは、ある程度、力がついてからです。


大川隆法

今は、「いかに決裁速度を上げるか」ということに取り組んでいるのがふつうであり、さらには、「そもそも、決裁しなくてもよいようにする」という方向に時代は流れてきています。


川西修

弊社の創業当時は、お腹さえ満たせれば良い時代でした。満たされた後にはおいしさが求められ、それから安心・安全へとさらに健康へと、消費者の要求は決してとどまることはありません。


鈴木喬(経営者)

63歳の時に社長になりました。工場の閉鎖や商品数の大幅削減など、私の改革案はことごとく、他の取締役に反対されましてね。民主主義でやっていたら変えられないと思い、独裁者になりました。


岸谷五朗

地球ゴージャスを立ち上げきっかけは阪神・淡路大震災でした。あのとき医者は人を助けて、大工は家を建て直すことができたけど、俳優は何ができるのかと考えたとき、無力な職業だなって思ったんです。そんなとき、テレビでどこかの国の戦争の場面を見かけました。街が破壊されているのに、その人たちが壁に映し出された映画を観て笑っていたんです。「これだ」と思いましたね。唯一自分ができるのは、人の心を和ませること、人の心をゴージャスにすることだと……。だから、自分は人の心や地球全体をゴージャスに飾っていきたいと考えて、1994年に「地球ゴージャス」を結成したわけです。


森郁夫

私のモットーは、「楽しく、厳しく、仕事をしろ」です。