名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ピーター・コーエンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ピーター・コーエンのプロフィール

ピーター・A・コーエン。アメリカの経営者。シェアマン・リーマン・ブラザース会長。オハイオ州立大学卒業、経営管理学修士号を取得、コロンビア大学卒業後、保険会社、銀行を経て、シェアソン・リーマン・ブラザース證券に取締役として移籍。その後同社で会長を務める。

ピーター・コーエンの名言 一覧

功を奏するとどめの一撃などはない。小さなステップを積み重ねるしかない。


ピーター・コーエンの経歴・略歴

ピーター・A・コーエン。アメリカの経営者。シェアマン・リーマン・ブラザース会長。オハイオ州立大学卒業、経営管理学修士号を取得、コロンビア大学卒業後、保険会社、銀行を経て、シェアソン・リーマン・ブラザース證券に取締役として移籍。その後同社で会長を務める。

他の記事も読んでみる

益田ミリ

高校時代は、今、このときが一番すばらしく、大人の世界なんてつまらないに違いないと考えていたんです。だから大人になりたくなかった。日記に感情を綴っておけば大人にならずにすむんじゃないか、なんて思ってたんですね。書く、ということは、あの頃から私の人生の一部になっていました。さすがに、今は大人もいいと思います。今日の悩みを、明日の自分に任せてもいいかな、と思える日もあります。それだけ大人の自分を信用できるようになったんでしょうね。


中野信子

脳に効率的に本の内容を取り込むには、虫食いで読むという方法もあります。目次を見たり、ページをパラパラめくったりして、気になる見出しのところから読み始めてしまうのです。自分が気になるところというのは、それだけ情動が動きやすく、記憶に残りやすい。だからまずはそこを確実に自分の血肉としてから、徐々に周辺にも読み広げていくのです。これなら本を読み込むハードルをグッと下げられます。


木島洋嗣

人とのつながりは重要です。僕の場合、「この仕事は何がきっかけで始まったのか」ということは、いつも振り返るようにしています。すると、つれていってもらったバーで隣に座っていた人が日系企業のトップで、のちに仕事につながったというケースが結構あります。だから人間関係づくりには、お金を惜しまないようにしています。といっても、飲み代と交通費ですが。


マイケル・ウィリアムソン(ホテル経営者)

ミーティングでは、場を支配するよりも、人の話を聞くことと、質問されたことに対して曖昧な返事はせず、明確に、正直に答えるよう心がけています。それが結果的に時間の無駄を省き、信頼関係を築くことにもなるからです。


大久保幸夫

結局、人手不足の問題も突き詰めれば根源的な問題に行き着く。1つは人材のマネジメントを整えるということ、もう1つは生産性を良くするということ。


橋本進(経営者)

モノづくりというのは本当に難しい。特注機械の開発は顧客満足度をできるだけ高くしないと、次の仕事を任せてもらえません。一方で、企業としては開発コストをできるだけ抑えて利益を追求しなければいけません。私は「顧客満足度の最大化」と「開発コストの最小化」という矛盾する要求を実現するのが、本当の技術だと考えています。そのためには、技術者こそが最もコスト管理の意識を持っていなければなりません。


横田英毅

会社は社員の幸せを一番に考えなくてはなりません。人に感謝でき、利他を一所懸命考えられる人が集まれば、コミュニケーションやチームワークがよくなります。最終的に業績を上げられるのは、幸せな人の集団です。


和地孝

会社が危機に直面していたとしても、社内に危機感があれば危機に立ち向かって乗り越えることができるのですが、そもそも危機感がまったくないということ自体が一番の危機なんです。意外にも社内の人間には危機感がないものなのです。内向きの思考では、なにもかわらない。鎖国状態で組織の内部だけ見ていては、危機感は生まれません。


常盤文克

そもそも、あらゆる制度、システムには寿命、あるいは有効期間があると思います。よく制度疲労などと言いますが、私はそういう言葉で表現されるようなものではないと感じています。制度疲労というのは、ある制度やシステムの効果が時間とともに薄れてくるというイメージでしょう。


横田英毅

自分の内側から湧き上がるような動機を持っている社員が、群を抜くサービスを提供し、お客様に感動をもたらすことができるのです。


森雅彦

いまや世界で高度な技術を必要とする工作機械を製造できるのは日本とドイツしかありません。次が中国。つまり世界中のあらゆる製造業が、我々の製造する機会を必要としています。工作機械メーカーほどグローバルに企業活動を展開している製造業はないでしょう。


ジェイ・エイブラハム

会社は社員一人ひとりの集合体ですから、お互いの良好な信頼関係なくして社員の成長は望めません。社員がお互いを理解し、お互いの仕事に感謝することが必要です。そうすれば会社の業績を自分のことのように感じるでしょう。