名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

パブロ・ピカソの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

パブロ・ピカソのプロフィール

パブロ・ピカソ、スペイン出身の芸術家。前衛芸術というジャンルを不動のものにした天才画家。彫刻や陶芸にも高い評価がある。最も多作な芸術家としてギネスに認定されている。本名『パブロ、ディエーゴ、ホセー、フランシスコ・デ・パウラ、ホアン・ネポムセーノ、マリーア・デ・ロス・レメディオス、クリスピーン、クリスピアーノ、デ・ラ・サンティシマ・トリニダード』

パブロ・ピカソの名言 一覧

ひとりひとりの命が大切に守られること。互いに許し合うこと。これによって平和がもたらされる。


明日描く絵が一番素晴らしい。


良い芸術家は真似をする。
偉大な芸術家は盗む。


いや、40年と30秒だよ。
【覚書き|ピカソが食事をしていた時、ファンの女性がお礼はちゃんとするから何か描いてほしいとレストランのナプキンを差し出した。ピカソは絵をサッと描き上げ、女性に1万ドルを請求した。女性は「描くのに30秒もかかっていないのに!?」とびっくりした。上記はその女性への返答。このエピソードが本当にあったかどうかは不明。しかし、ピカソがサッと描いた絵が高値で取引されていることは事実。】


私は貧乏人のように生きたい―――たくさんのお金を持ちながら。


パブロ・ピカソの経歴・略歴

パブロ・ピカソ、スペイン出身の芸術家。前衛芸術というジャンルを不動のものにした天才画家。彫刻や陶芸にも高い評価がある。最も多作な芸術家としてギネスに認定されている。本名『パブロ、ディエーゴ、ホセー、フランシスコ・デ・パウラ、ホアン・ネポムセーノ、マリーア・デ・ロス・レメディオス、クリスピーン、クリスピアーノ、デ・ラ・サンティシマ・トリニダード』

他の記事も読んでみる

山本康博

話題の商品があったら、実際に購入して使ってみたり、食べてみたりする。巷で「売れている」と話題でも、それが作られた評判の場合もある。その情報を元に似たような新商品を企画しても、ダメですよね。


村西とおる

私など、前科7犯、50億円の借金を抱える身になって初めてわかったこともございます。会社が倒産した途端、蜘蛛の子を散らすように周囲から人がいなくなりました。ええそりゃもう早いものです。「監督のためなら命を捨てます」「一生ついていきます」といわれていたのに、その世界が一瞬にして消えてしまったんです。すると考えますね。私の何を人は評価していたのかと。私という人間を支えているバックボーンは何なのか、自分は人からどういう人間に見られていたのかと。


遠山元一

兜町に入って50年以上になる。過去を振り返ってみると、朝から晩まで剣の刃渡りをしているようなものだった。
【覚書き:関東大震災、昭和恐慌、太平洋戦争後の不況などを証券業界で経験してきたことに対する回想】


成毛眞

企業が人材を採用する視点はふたつあります。「仲間」として採用するか、「労働力」として採用するかです。面接官を笑わせられる人材ならば、仲間として迎えられる確率が高くなります。知的産業や日本的な風土の企業では仲間意識を大切にするから、点を稼ぐことができるはずです。


保木将夫

25歳で起業したときは、何を扱えばいいのかわかりませんでした。金もない、信用もない。となると、人の売れるものをやったら負ける。ニッチで誰も手を出さない製品、しかも将来有望なものは何か。弟の話をヒントに心電計の記録用紙に着目しました。当時は日本のメーカーが心電計を開発中でした。確かにこれは伸びるかもしれない、と。


ジャック・ウェルチ

事業というものは、もっともらしい計画や予測を立てるから成功するのではない。現実に起こっている変化を絶えず追いかけてそれにすばやく反応するから成功する。だからこそ事業戦略はダイナミック(動的)で、かつ先の読みがしっかりしていなければならないのだ。


大谷博国

私どもは広島県外に店を出すつもりはありません。地元でかわいがられる会社でありたい。


嶋津良智

自分の考えをまず伝えるのではなく、自分の考えていることに対して部下がどう感じているかをまず聞く。そのうえで、部下の思いを入れ込んで自分の考えを話せば、説明しやすいし、部下の理解や納得も得られるはず。


大山倍達

勝つ、負けるは別にして大山空手は後ろを見せない。


福島良典

人に伝えたくなるものって、つまりいいものでしょ? いい製品を作り続けることが最高の営業だと思っています。


窪田良

創業後はずっと会議室がなかったので、オフィスのそばのコーヒーショップでよく打ち合わせをしていました。すると、いつも遅くまでワイワイガヤガヤやっていたからでしょうか。ある時、店主が「君たちは何をしているのか」と聞いてきました。そこで、失明を防ぐ治療薬を開発していると説明すると、すごく感激してくれて、その日のコーヒー代をまけてくれました。たった1回のコーヒー代にすぎません。ですが、このような社会の温かい目は、ともすれば壁に突き当たってくじけそうになっているベンチャー企業にとって、大きな心の支えになります。


下村博文

大事なのは、労働力がもっと向上するようにという、上から目線の労働生産性向上のための教育の場ではなく、あらゆる世代の一人一人が自らの人生の豊かさを共有できるようにするための教育の場を作らなければならない。