名言DB

9425 人 / 110833 名言

ピエール・ルメートルの名言

twitter Facebook はてブ

ピエール・ルメートルのプロフィール

ピエール・ルメートル。フランスの小説家、脚本家。パリ出身。55歳のときに『悲しみのイレーヌ』で小説家デビュー。リーヴル・ド・ポッシュ読者大賞ミステリ部門、インターナショナル・ダガー賞、ゴンクール賞を受賞。

ピエール・ルメートルの名言 一覧

15世紀のフランドル画派の特徴を作品に取り入れるという構想でこの小説(『悲しみのイレーヌ』)は人物配置を行いました。フランドル絵画では、中心人物の周囲にデフォルメされた脇役が描き込まれる。この構図が主人公を引き立たせるのです。無意味な人物が登場しないのがいい作品の条件だと私は考えています。


読者は登場人物に自分を重ね合わせて楽しさを味わっていきます。だからまずヒロインに対して感情移入してもらう必要があった。その第一印象を次々に変化させることで、読者に作品の中を散歩してもらおうと考えた。


小説とはその時代にとっての共鳴箱ですから、死の尊厳が失われている時代にはそういう(死をもてあそぶ犯人が登場する)作品が現われる。私も1世紀前に作家活動をしていたらその時の死を描いたでしょう。現代の死はシンボルにすぎないのです。


私はこの作品(『天国でまた会おう』)をピカレスク(悪漢小説)だと考えています。主人公は悪人ではないですが、理不尽な世界と戦うために悪漢へと追い込まれてしまう。第一次世界大戦というのはそうした、不正ばかりが通ってしまう時代でした。そうした状況を描き、自身の倫理観を貫くために世間では不道徳とされる行為をすることが許されるかという問いを発したかったのです。


ピエール・ルメートルの経歴・略歴

ピエール・ルメートル。フランスの小説家、脚本家。パリ出身。55歳のときに『悲しみのイレーヌ』で小説家デビュー。リーヴル・ド・ポッシュ読者大賞ミステリ部門、インターナショナル・ダガー賞、ゴンクール賞を受賞。

他の記事も読んでみる

平塚常次郎

人間万事塞翁が馬というが、事業もやはりそうだと思う。禍福はあざなえる縄のごとしという。それをいちいち、喜びに有頂天になり、悲しみにしょげきっては、人間安らかなときはない。所詮、人間航路は頑張りと誠実がものをいうのではあるまいか。


小笹芳央

組織は社員との関係で成り立っています。社員は組織に対し仕事で成果を出すという貢献行為があり、組織からも何らかのものが提供されます。これは給料だけではありません。組織と個人は互いに価値の交換をしています。この交換バランスが崩れてしまうとどうなるでしょう。働く個人は提供している仕事の成果よりも、もらうものが上回っていなければ、もっとバランスの取れるところへ行こうと変わってしまいます。企業は人材の流失を防ぐためにも何か支払わなければなりません。


山口瞳

行儀のいい社員は、最初は少しも目立たないけれど、ある時期になると、ボーンと飛躍的に伸びる。


南壮一郎

海外では、日本の考え方を相手に理解してもらう必要があるが、それには、自分も相手の文化を理解する姿勢を見せなくてはならない。


山田賢治(経営者)

ビール市場を好転させるには、本来のビールのおいしさを体験していただくのか一番だと考えている。冷たさやさわやかさは他の酒類でも味わえるが、ビール固有のベネフィットは泡だ。泡の魅力を知ってもらう。これが一番だと思う。


アリ・ダエイ

成功は神の意志によって決まる。


ジェイ・エイブラハム

不幸の原因を他者に求めてもしかたがない。肝心なのは、その問題自体ではなく、どうやってそれに対処するかということ。


鈴木敏文

セブンイレブンの創業時、ヨーカ堂の幹部も業界関係者も学者もみな、セブンイレブンの創業に反対しました。その根拠として挙げたのは、商店街や小型店が衰退しているというデータです。大型店の進出が原因とされていました。しかし、本当にそうか。私は人事や販促などの管理部門を担当していたため、商店街の凋落の原因を別の視点で捉えていました。ひとつには生産性の低さ、もうひとつは市場の変化です。小型店でも労働生産性と商品の価値の両方を高める仕組みがあれば、大型店との共存も可能ではないか。そう考えて決断したのが、セブンイレブンの創業でした。


鈴木修

かつて大企業といえば、資本金や人員数、売上高、歴史、利益といったものさしで判断することができました。ところが現在では、そうしたものさしだけで大企業だと判断することはできません。業界でシェアがナンバーワンかどうか、すなわちプライスリーダーであるかどうかが肝心です。たとえ小さな規模でも、強い個性や特色を備えた商品で、極めて高い市場シェアを持つ会社こそが大企業であると言えると思います。スズキはまだその域に達していません。


榎本稔

依存症とは、あることがやめられず日常生活に支障をきたすような状態のこと。自分ではどうにもできない状態に陥ることだ。危ないのは、主体的に行動できない人、好奇心がない人。対人関係に問題を抱え孤独な人も依存症になりやすい。