名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ピエール・ルメートルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ピエール・ルメートルのプロフィール

ピエール・ルメートル。フランスの小説家、脚本家。パリ出身。55歳のときに『悲しみのイレーヌ』で小説家デビュー。リーヴル・ド・ポッシュ読者大賞ミステリ部門、インターナショナル・ダガー賞、ゴンクール賞を受賞。

ピエール・ルメートルの名言 一覧

15世紀のフランドル画派の特徴を作品に取り入れるという構想でこの小説(『悲しみのイレーヌ』)は人物配置を行いました。フランドル絵画では、中心人物の周囲にデフォルメされた脇役が描き込まれる。この構図が主人公を引き立たせるのです。無意味な人物が登場しないのがいい作品の条件だと私は考えています。


読者は登場人物に自分を重ね合わせて楽しさを味わっていきます。だからまずヒロインに対して感情移入してもらう必要があった。その第一印象を次々に変化させることで、読者に作品の中を散歩してもらおうと考えた。


小説とはその時代にとっての共鳴箱ですから、死の尊厳が失われている時代にはそういう(死をもてあそぶ犯人が登場する)作品が現われる。私も1世紀前に作家活動をしていたらその時の死を描いたでしょう。現代の死はシンボルにすぎないのです。


私はこの作品(『天国でまた会おう』)をピカレスク(悪漢小説)だと考えています。主人公は悪人ではないですが、理不尽な世界と戦うために悪漢へと追い込まれてしまう。第一次世界大戦というのはそうした、不正ばかりが通ってしまう時代でした。そうした状況を描き、自身の倫理観を貫くために世間では不道徳とされる行為をすることが許されるかという問いを発したかったのです。


ピエール・ルメートルの経歴・略歴

ピエール・ルメートル。フランスの小説家、脚本家。パリ出身。55歳のときに『悲しみのイレーヌ』で小説家デビュー。リーヴル・ド・ポッシュ読者大賞ミステリ部門、インターナショナル・ダガー賞、ゴンクール賞を受賞。

他の記事も読んでみる

福嶋康博

大事なのは自信を持って事業を進めていくことです。揺るぎない自信があればこそ、壁はすぐに破ることができます。


ジョセフ・ジューベル

我々の改革者たちは、経験に向かって「お前は時代遅れだ」と言い、過去に向かっては「お前は未熟者だ」と言う。


柏倉康夫

今や国際化の時代。世界の文学まで視野を広げてみましょう。他者の視点を知ることは、仕事の場でも必ず生きてくる。各国の優れた作家が描く、多種多様な価値観や文化に根ざした作品を読むことで、深い学びを得ることができるはずです。


井岡一翔

怖さや不安を解消するために、対戦に向けて練習をやりこむ。そうやって不安がなくなるまで練習をしますから、試合当日は「絶対に負けるわけがない」っていうくらいの自信になっている。


高濱正伸

博物館や記念館へ足を運ぶのもお勧めです。著名な科学者の中には「修学旅行で見学した施設で刺激を受けたことが科学者を目指すきっかけになった」という方もいるそうです。私も小学校の修学旅行で初めてプラネタリウムを見たときの衝撃が忘れられません。田舎に住んでいましたから、夜空に浮かぶ満天の星など珍しくありませんでした。しかし。プラネタリウムという洗練された場所で大きな刺激を受けたわけです。北極星の探し方もそこで習ったことを鮮明に覚えています。公的な博物館の常設展なら「高校生以下は無料」というケースも少なくありません。国立科学博物館や東京国立博物館などは、一日中、ヘトヘトになるまで楽しめます。


設楽洋

「ワーク」だけじゃなく、「プレイ(遊び)」も仕事。そして、そうすることが、ビームスがライフスタイルを提案する上で、直接的、間接的にものすごいパワーを生むかもしれない。


柄澤康喜

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」とは、野村克也・東北楽天イーグルス元監督がよく口にした名言だ。とくに勝因もなくたまたま勝ってしまうこともあるが、何の理由もなく負けることはなく、負けには必ず要因かある。敗因にいち早く対処するためにも、決断力とスピードが重要なのだ。


佐藤優

「自分の能力」について見極めることが必要。僕が強調したいのは、自分の能力は自分で計るものではないということ。会社員の場合、能力というのは常に他者が判断し評価するもの。それをふまえたうえで、自分はどんな仕事に適性があるのかを考えなければならない。適性がないとしても40代なら、まだほかの選択の余地がある。50代になったらほぼ難しい。


福永雅文

微妙な差では目立たない。差別化は徹底的に。


渡部昭彦

終身雇用は残してもいいと思っていますが、年功制の待遇は改めなければいけません。年功制が人事制度と人材の流動性との間にゆがみを生んでいます。年功制では中高年層で賃金が高いので中途は採りにくいし、ポストも年功で昇格するので、実力のある若手は上がっていけないといった負の面が目立ちます。これを、個人の付加価値に合わせた報酬に変えれば、人材の流動性が高まります。成果を評価したり、組織に横串を刺したりすることです。若手も伸びることができますし、転職組も自分の価値に見合った報酬で新天地が求められる。高齢社員も能力次第で70歳まで働けるようになるでしょう。


所ジョージ

ヒマがあると、汗ビッショリになって、ホコリだらけになって、モノをあちこち動かしてる。なんて私はセッカチな人間なんだってブツブツ言いながらね。でも、こういう面倒臭いことをいっぱいやることが大事だと思っています。多くの人は、「物事には完成形がどこかにあって、そこに最短で、どれだけ近づくか」ばっかり考えてるのね。私は違います。だって、その「完成形」なんて、よく考えたら、曖昧なものじゃないの? 私の引っ越しだって、毎日あっちこっち動かしてたら、予想もできなかった素晴らしい配置ができるかもしれない。


秋津壽男

肥満は絶対によくありません。そうかと言って40代のサラリーマンがアスリート並みに体脂肪率一桁台というのもよくない。免疫や代謝に関わると思うのですが、体脂肪率だと24%くらいの「ちょいぽちゃ」のほうが長生きするという調査結果があります。40代以降はストイックに体を絞ることはやめたほうがいいでしょう。