名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ピエール・ルメートルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ピエール・ルメートルのプロフィール

ピエール・ルメートル。フランスの小説家、脚本家。パリ出身。55歳のときに『悲しみのイレーヌ』で小説家デビュー。リーヴル・ド・ポッシュ読者大賞ミステリ部門、インターナショナル・ダガー賞、ゴンクール賞を受賞。

ピエール・ルメートルの名言 一覧

15世紀のフランドル画派の特徴を作品に取り入れるという構想でこの小説(『悲しみのイレーヌ』)は人物配置を行いました。フランドル絵画では、中心人物の周囲にデフォルメされた脇役が描き込まれる。この構図が主人公を引き立たせるのです。無意味な人物が登場しないのがいい作品の条件だと私は考えています。


読者は登場人物に自分を重ね合わせて楽しさを味わっていきます。だからまずヒロインに対して感情移入してもらう必要があった。その第一印象を次々に変化させることで、読者に作品の中を散歩してもらおうと考えた。


小説とはその時代にとっての共鳴箱ですから、死の尊厳が失われている時代にはそういう(死をもてあそぶ犯人が登場する)作品が現われる。私も1世紀前に作家活動をしていたらその時の死を描いたでしょう。現代の死はシンボルにすぎないのです。


私はこの作品(『天国でまた会おう』)をピカレスク(悪漢小説)だと考えています。主人公は悪人ではないですが、理不尽な世界と戦うために悪漢へと追い込まれてしまう。第一次世界大戦というのはそうした、不正ばかりが通ってしまう時代でした。そうした状況を描き、自身の倫理観を貫くために世間では不道徳とされる行為をすることが許されるかという問いを発したかったのです。


ピエール・ルメートルの経歴・略歴

ピエール・ルメートル。フランスの小説家、脚本家。パリ出身。55歳のときに『悲しみのイレーヌ』で小説家デビュー。リーヴル・ド・ポッシュ読者大賞ミステリ部門、インターナショナル・ダガー賞、ゴンクール賞を受賞。

他の記事も読んでみる

徳光正子

実は、女将になって2年目のとき、心底「この仕事を辞めたい」と思ったことがありました。そのことを、高校時代から通っていた教会の牧師さんに相談すると、「もしあなたが、この仕事は神様から与えられたのではないと自信を持って言えるなら、お辞めなさい」とおっしゃいました。ただ、その一方で、「これがあなたに与えられた仕事なら、どんなに自分ができない、苦手だと思っても、やり遂げられるよう、必要なものが与えられます。だからやってごらんなさい」と言ってくださったのです。女将を続けるなかで「もうダメだ」と思ったこともありました。特にこの十数年は、苦労しました。でも不思議と、すべてが守られてきたことを実感しています。それを思い返すと、感謝の涙でいつぱいになります。


テリー伊藤

仕事は自分のキャパを超えようが断らない。仕事の価値を決めるのは自分じゃなくて、頼み事をする方だから。その姿勢の大切さを芸人さんたちから学んできた。みんな基本的に断らない。後々、売れていった人ほど、「苦しければ苦しいほどおいしい」と思うメンタリティーを持っていた。


阪本順治

今は若い人の見本になれるような大人が少ないというのがあって。映画がその代わりになれるかは分かりませんが、親でも教育者でもない、何か別の世界を提示してくれる暗闇ではあったはずなんです。映画がなくても人は生きていけるけど、あった方がより深く世界が見える。


田中仁(経営者)

技術は大切ですが、そのものを通して、どういう人生、どういうライフスタイルをもたらすかを提供できないと成長はない。


孫正義

説得するのが一番難しい相手は、嘘のつけない自分自身である。


安田道男

上司を困らせる部下の対応は、頼んだ仕事をやらずに放っておくパターンです。「自分はそうは恩わない」といった理由で放置しているのかもしれませんが、そうすれば上司がいつか忘れてくれるのではと思っているところが問題ですね。その人は、お客様のことでも会社や上司のことでもなく自分のことばかり考えているのです。


内藤誼人

挨拶とは「自分はこういう人間なのだ」とアピールする絶好の場。周りが定型句で終わらせているだけに、ほんの一言、二言のやりとりを増やすだけで、相手に「あいつは明るく挨拶する若者だ」という評判を簡単に勝ち取ることができます。とくに、家族の話は身内感も高まりますし、自分のドジ話は笑いもとれてより効果的です。


嶺脇育夫

自分の仕事について、「好きじゃない」とか、「興味が持てない」と口にする人がいますよね。それが理由で仕事を辞めてしまう人すら結構いるようですが、「ちょっと待って」と言いたい。心斎橋店で働いていた頃、ロックばかり聴いていた僕は、ジャズ音楽の良さが分かりませんでした。そのことを店の先輩に言ったら、何て言われたと思います? 「そんなセリフは、ジャズのレコードを100枚聴いてから言え」ってひどく怒られたんです。渋々、100枚を聴いてみると、確かに面白いんですよ。だから、「努力すれば、好きになることもできる」、これが現在の僕の持論なんです。


陰山孔貴

病気にならないだけではなく、常に心身を平穏に保つ、つまり「イライラしない」ことが重要だと思っています。その時々の気分で言うことが変わるような教員には、誰もついてきませんよね。


川田達男

当時の自動車用シート材は塩化ビニールが主流で、繊維製品で耐久性を実現できるわけがないと言われていただけに、社内外の批判は強かった。しかし、快適性を向上させるニーズはあったので、必ずビジネスになると信じ、昼夜を忘れて働きました。
【覚書き|社内の反対を押し切り、繊維製自動車用シート材の開発に着手したときを振り返っての発言。この事業は後にセーレンの主力事業となった】


武藤潤(経営者)

課長や部長だった時代を振り返ると、部下に言われて一番嫌だったのが「言われたことは何でもします」という発言でした。じゃあ会社が何も言わなかったら、何もしないのかと。聞こえはいいけれど、裏を返せば何も考えていないということですよね。


津川雅彦(マキノ雅彦)

ものを創るってのは人の知恵をもらい、人の真似から始まる。オギャーと生まれてこのかた、しゃべる事も全て、人の真似をして成長をするんだ。「学ぶ」前に「まねぶ」んだね。だから映画監督で、自分だけで創ってると思う大馬鹿者はいないはず。世の中、人の知恵を借りなきゃ1歩も前に進めない。そもそもゼロから物を作るなんてありえないんだから。