ピエール・ルメートルの名言

ピエール・ルメートルのプロフィール

ピエール・ルメートル。フランスの小説家、脚本家。パリ出身。55歳のときに『悲しみのイレーヌ』で小説家デビュー。リーヴル・ド・ポッシュ読者大賞ミステリ部門、インターナショナル・ダガー賞、ゴンクール賞を受賞。

ピエール・ルメートルの名言 一覧

15世紀のフランドル画派の特徴を作品に取り入れるという構想でこの小説(『悲しみのイレーヌ』)は人物配置を行いました。フランドル絵画では、中心人物の周囲にデフォルメされた脇役が描き込まれる。この構図が主人公を引き立たせるのです。無意味な人物が登場しないのがいい作品の条件だと私は考えています。


読者は登場人物に自分を重ね合わせて楽しさを味わっていきます。だからまずヒロインに対して感情移入してもらう必要があった。その第一印象を次々に変化させることで、読者に作品の中を散歩してもらおうと考えた。


小説とはその時代にとっての共鳴箱ですから、死の尊厳が失われている時代にはそういう(死をもてあそぶ犯人が登場する)作品が現われる。私も1世紀前に作家活動をしていたらその時の死を描いたでしょう。現代の死はシンボルにすぎないのです。


私はこの作品(『天国でまた会おう』)をピカレスク(悪漢小説)だと考えています。主人公は悪人ではないですが、理不尽な世界と戦うために悪漢へと追い込まれてしまう。第一次世界大戦というのはそうした、不正ばかりが通ってしまう時代でした。そうした状況を描き、自身の倫理観を貫くために世間では不道徳とされる行為をすることが許されるかという問いを発したかったのです。


ピエール・ルメートルの経歴・略歴

ピエール・ルメートル。フランスの小説家、脚本家。パリ出身。55歳のときに『悲しみのイレーヌ』で小説家デビュー。リーヴル・ド・ポッシュ読者大賞ミステリ部門、インターナショナル・ダガー賞、ゴンクール賞を受賞。

他の記事も読んでみる

安田隆夫

個人は有限、会社は無限。未来永劫、永遠に生きながらえる会社であるために、私はここで身を引いた方がいいと考えました。社員は親離れをし、私も子離れをする。そうやって自立して生きていくことが、当社が100年、200年成長するための礎になると信じての決断です。


佐々木正悟

朝の行動を振り返ると、意外と無駄な時間が多いもの。これらの行動で時間を浪費し、本当にすべき朝の習慣ができないことはよくあること。ムダな行動をリストアップし、止める努力をしましょう。


大塚雅樹

やる気が出ないビジネスマンの多くは、視野狭窄(しやきょうさく)の状態に陥っていることが考えられます。仕事で難題にぶつかったとき、なんとかそれを切り抜けようと焦ってしまい、ひとつの方向からしかものごとを見ることができなくなっているのです。そういう場合は、いったん目の前の仕事を置いて、異なる視点から眺め直した方がいいでしょう。


入山章栄

経営学でも長期ビジョンの重要性がよく言われます。例えば米デュポンは毎年、社内のトップ級が集まり、100年後の世界はどうなるかを、有識者を交えて真剣に議論するんです。そして、そこから逆算して、M&Aなどを考えているらしいです。この議論により、経営学的に言うと幅広い「知の探索」が可能になる。


片岡一則(経営者)

いま当社で評価していただいているのは商品力です。しかし、どんな優れた商品も、他社がより優れた商品を出せば負けてしまう。


佐治信忠

経営者は勘を磨くことが大事。トップは、いろいろ情報はあっても、最後は自分で決めなければなりません。将来のことは誰も言ってくれませんし、いくらITやテクノロジーが発達しても答えを出してくれることはないでしょうから、勘を磨くことは大事です。この場合の勘というのは、第六感的な勘ではなくて、やはり自分の知識や経験、あるいは人から聞いたことが蓄積されたもので、それが最後の決断をさせるのだと思います。


兼本尚昌

時には部下の言い訳が一理あるケースもあります。たとえば上半期の目標が未達成だった営業マンが、「今期は競合他社のキャンペーンがすごくて、お客さんに十分訴求できませんでした」と言い訳したとします。この場合は「何が駄目だったのか」ではなく、「その中でもうまくいったものは何なの?」と聞くようにします。部下自身に、「駄目な理由=犯人探し」でなく、「うまくいった=将来の芽を探させる」。すると「来期に商談延期となったのが3件あります」といった話が出てきます。そこで「わかった。来期は大丈夫だろうね」と伝え、勝てる方法を考えさせます。競合の弱みを探させ、ウチはどの強みで勝負するか、具体的にどう勝つかを考えさせます。


岡田裕介(東映)

クールジャパンにしても、まずメイド・イン・ジャパンのキャラクターで海外に出ていって、その後に、俳優さんなどの実写で出ていくべきです。キャラクターは、言語などの壁を越えられますから。


有馬浩二

マザー工場の力が弱いと、海外のレベルも上がらない。我々がしっかりしないと、仕入れ先も海外の関係会社も弱くなる。


石坂泰三

上手くいったら、お前たちの功績、上手くいかなかったらオレの責任にしていい。


西成活裕

「困難は分割せよ」とは、哲学者・デカルトの言。一気に片づけるのは大変でも、フェーズごとに分ければ解決が見えてくる。


古市幸雄

まとまった資金があれば、目標達成の方法に選択肢が増え、成功率が上がるばかりか、時間短縮さえもが可能になります。東京から京都まで行くのに、お金がなければ莫大な時間をかけて歩くしかないが、お金があれば、新幹線や飛行機を使えるのと同じです。


永野重雄

男一匹、相手を殴るような気迫がなければいい仕事はできない。


吉岡秀和

水がたまる桶があっても、蛇口をつけなければ仕組化にはなりません。


辻範明

現場にいる社員の声に耳を傾け、彼らが抱える仕事上の問題に向き合えば、結果的にお客さまに対応することができる。


ページの先頭へ