名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ピエール・ナンテルムの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ピエール・ナンテルムのプロフィール

ピエール・ナンテルム。フランス人経営者。「米国アクセンチュア」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスのエセック経済商科大学大学院(ESSEC)修了後、米国アクセンチュアに入社。チーフ・リーダー・オフィサー、フランス市場統括責任者、金融サービス本部最高責任者などを経てCEOに就任。そのほかフランス・コンサルティング協会会長などを務めた。

ピエール・ナンテルムの名言 一覧

私は毎日のように顧客企業の経営者と議論していますが、誰もが変化の中にチャンスがあると考えている。


経営環境は大きく変化しています。それに応じられなければ、顧客企業との関係性を維持できませんし、競争優位性も保てません。


業績が伸びている理由は、アクセンチュア自身が過去数年、変わってきたからだと考えています。


デジタル化により最も非効率なところが、最も破壊される。


デジタル技術を活用した新たなビジネスモデルの構築を、多くの企業が求めている。


多くの技術や企業を連携させ、デジタル関連サービスを創出する。その際の「アーキテクト(建築家)」のような位置付けにアクセンチュアはなりたいと考えています。「アクセンチュア・デジタル」という全社横断組織を立ち上げ、2万8千人の社員を集結させた意義はここにあります。当社のデジタル関連ビジネスは、グローバルで年間50億ドル(約6千億円)規模に成長しました。


IBMなどは技術については強いでしょう。ただし、業界ごとにIoTをどう活用するかといった専門知識やソリューションの提供では、アクセンチュアが差別化できると考えています。最適なパートナーから技術を調達したうえで、当社が組み合わせて提供するというスタンスです。


ピエール・ナンテルムの経歴・略歴

ピエール・ナンテルム。フランス人経営者。「米国アクセンチュア」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスのエセック経済商科大学大学院(ESSEC)修了後、米国アクセンチュアに入社。チーフ・リーダー・オフィサー、フランス市場統括責任者、金融サービス本部最高責任者などを経てCEOに就任。そのほかフランス・コンサルティング協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

東平豊三

経営の目的は利潤の最大化です。これは、私利私欲を満たすこととは異なります。社会貢献するにせよ、利益がなければできないからです。そもそも利益なくして会社は存続しません。社員や取引先はもちろん、お客様にとっても大きな損失となります。


陰山英男

お金の使い方や稼ぎ方、貯め方は、突き詰めれば「どのような人生を送りたいか」という問題につながります。たとえば年収が500万円として、それで書籍を買うのか、趣味に使うのか、定期預金にするのか、株に投資するのか。どれを選択するかで、その人の生き方は確実に違ってきます。


福井智明

当社の場合は1年間みっちり研修を受け腕を磨いたオーナーたちが清掃にいくためクオリティの高いサービスを提供することができています。そのため当社はリピート率80%以上を記録しているのです。


伊藤邦雄

日本で成功すると、他の国でも成功すると。つまり普遍であると思い込みたくなるんです。そういう誘惑がある。成功するということは、やはり思い込んで現状肯定になってしまいがち。たから権威主義になる。国内で成功してきた日本企業はそういうリスクをずっと蓄積してきている。だから、その権威をどう否定して、いつもどういうように真っ白になれるかということです。


猪子寿之

たとえば安土桃山時代の日本画、江戸時代の浮世絵、現代のマンガすべて1本の線でつながっている。その連続性を切り離して、いきなり無から何かをつくろうとしたって無理。


岡崎慎司

僕は他の人の声や評価を割と気にかけるタイプ。自分だけの考えや世界で終わって、小さくまとまってしまうよりも、他人の意見がどんどん入ってきた方が、選択肢も増え、思考も柔軟になります。でも最終的には自分で自分を評価できなくてはいけないと思います。そして、自分を信じ、自身で決断しなければならないと考えています。


アラン・グリーンスパン

外からとやかく言うべきことではないだろうが、エコノミストとして見る限り、移民を増やそうとしていないことは日本経済を将来難しい状況に追い込むと思う。生産性上昇や労働人口に限りがあれば成長は鈍くなってしまう(日本経済の先行きへのコメント)


入山章栄

ビジネスには正解がありません。そうした状況の中で決断するためには、常に考え続けることが大切。


榊原定征

私が社長に就任した前年度は創業以来の危機的状況でした。立ち直るために「新しい東レをつくろう」と改革を始めて以来、私は意識改革を唱え、「大企業でも潰れることがある」という危機意識を持ち続けようと言いました。


小泉純一郎

政治家は演技をしてはダメだ。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

私はテーマパーク型事業構造と言っているのですが、ディズニーランドのように、当社グループのブランドの元で様々な事業を展開していく。「安心・安全・健康」に関するものであれば全部やっていこうと思っています。柱は国内損保、海外損保、国内生命保険、そして介護・ヘルスケアの4つです。


桐山一憲

業界が変わっても、何かにものすごくエネルギーを注げるというのが活躍するための第一条件でしょう。