名言DB

9413 人 / 110706 名言

ピエール・ナンテルムの名言

twitter Facebook はてブ

ピエール・ナンテルムのプロフィール

ピエール・ナンテルム。フランス人経営者。「米国アクセンチュア」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスのエセック経済商科大学大学院(ESSEC)修了後、米国アクセンチュアに入社。チーフ・リーダー・オフィサー、フランス市場統括責任者、金融サービス本部最高責任者などを経てCEOに就任。そのほかフランス・コンサルティング協会会長などを務めた。

ピエール・ナンテルムの名言 一覧

私は毎日のように顧客企業の経営者と議論していますが、誰もが変化の中にチャンスがあると考えている。


経営環境は大きく変化しています。それに応じられなければ、顧客企業との関係性を維持できませんし、競争優位性も保てません。


業績が伸びている理由は、アクセンチュア自身が過去数年、変わってきたからだと考えています。


デジタル化により最も非効率なところが、最も破壊される。


デジタル技術を活用した新たなビジネスモデルの構築を、多くの企業が求めている。


多くの技術や企業を連携させ、デジタル関連サービスを創出する。その際の「アーキテクト(建築家)」のような位置付けにアクセンチュアはなりたいと考えています。「アクセンチュア・デジタル」という全社横断組織を立ち上げ、2万8千人の社員を集結させた意義はここにあります。当社のデジタル関連ビジネスは、グローバルで年間50億ドル(約6千億円)規模に成長しました。


IBMなどは技術については強いでしょう。ただし、業界ごとにIoTをどう活用するかといった専門知識やソリューションの提供では、アクセンチュアが差別化できると考えています。最適なパートナーから技術を調達したうえで、当社が組み合わせて提供するというスタンスです。


ピエール・ナンテルムの経歴・略歴

ピエール・ナンテルム。フランス人経営者。「米国アクセンチュア」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスのエセック経済商科大学大学院(ESSEC)修了後、米国アクセンチュアに入社。チーフ・リーダー・オフィサー、フランス市場統括責任者、金融サービス本部最高責任者などを経てCEOに就任。そのほかフランス・コンサルティング協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

片桐実央

うまくいっているシニア起業家に話を聞くと、自然と以下の5原則を実践している人が多い。バリバリ働いているミドル層にも当てはまる部分はあるのではないか。

  1. 楽しいと思える。
  2. やりがいを感じる。
  3. 経験を生かす。
  4. 利益を追求しない。
  5. 健康が一番。

大迫忍

やめる時期は早い方がいい。年を取ると老害になる。


小林一雅(小林製薬)

逆境に置けば、その社員はもがき苦しみます。そこで厳しい状況を抜け出す術を考える。この瞬間こそ社員が伸びる時なのです。


枡野俊明

ありのままの自分で生きている人は魅力的に映ります。その人を応援してくれる人も増えていくでしょう。人間的な魅力があれば、大勢の人が集まり、仕事の成果も大きくなるはずです。


前野ウルド浩太郎

私はエリートではない普通の人間だからこそ、読者の方に近いとも思います。私の本を読んで少しでも「頑張ろう」という気持ちになってもらえれば、それ以上に嬉しいことはないですね。


石川康晴

(「メチャカリ」は)シェアリングエコノミーを先取りした形ですね。今の時代、「お金はかけたくない」「モノは持ちたくない」といった人が増えている。でも服は着るし、オシャレも楽しみたい。そんなニーズに対する1つの回答です。周りからは「石川はとうとう頭がおかしくなった」と皮肉られましたが、新規顧客の獲得が進み、ようやく今年になって黒字化が見えてきました。


小笹芳央

個人の持つリソースにも限界があります。能力、時間、体力などは無尽蔵にあるものではない。にもかかわらず、実績や自信のない人ほど、周囲のニーズにすべて応えようとして、疲弊していきます。周りを見回してみてください。できないヤツほど徹夜で働いていませんか?


岡素之

M&Aは、当社の9つの事業部門が自分たちのやっているコア事業をどう大きくするのかという戦略をいろいろ描いて、その実現に必要なときに実施するのが基本です。


坂崎幸之助

翌日のライブが18時スタートなら、前日からコンディションのピークをそこに合わせた生活をしています。


小杉俊哉

ものごとが上手く進んだときには、自分一人の手柄にせず、周りの人間にも感謝の気持ちを示すことが好感度をアップさせます。「おかげさまで」という言葉が自然と口に出せる人は、周囲に味方が増えていきます。


相川秀希

プレゼンや交渉の場では、質問に素早く切り返す瞬発力、すなわち「即興力」が大切です。短時間で問題を解こうと努力すれば、その能力が磨けるでしょう。また、短時間で表現するほど本音が出やすくなるため、自分が深層心理で考えていることを確認することもできるのです。


大河原毅

最近の若い人はグローバル感覚が大切だと教わるようですが、何でも外国の方が良いという考えは間違っています。日本マクドナルド創業者の藤田田さんも外資と渡り合った外食経営者でした。彼が経営する貿易会社で私がアルバイトしていた縁もあります。家族主義の経営で社員の待遇を上げるなど、私と同様に日本人にとって良いと思うことを貫きました。


穂村弘

何かをやろうとした時に、自分の才能や可能性の有無を考えても意味がない。人は無限にそれを考えてしまうけれど、結局は託すしかなくて、でもそれはすごく怖くて。例えば、自分は曲がった植物が好きだけど、お店中に曲がった植物を置いてやっていけるんだろうかなんて、いくら考えたってたぶんわからない。でも曲がった蔓がいかに生命力に満ちて魅力的かを語るとき、彼は輝いていたし、こちらが植物に詳しくなくても、そのパッションはわかるから説得される。カッコいいよね、そういう人って。


秋元康

「50個アイデアを考えて、それを全部捨てて51個目を持ってくるように」と言っているのは、予定調和の答えを消すため。パッと思いつくアイデアが出尽くしたところで、唸りながら捻り出した51個目は、今まで誰もやったことがないものになる。それに、「51個目を」と言えば、言われた側は50個分は頑張るわけですよね。


松本晃(経営者)

高度経済成長時代なら、「成果主義」の私でも長時間残業を高く評価しますよ。例えば商品を1時間で1台作るとします。そのペースで100時間働けば、100台作れるでしょう。当時は、「かける時間の長さ」と「成果」がほぼ比例していましたから。しかし現代は違います。効率よく働くことを徹底的に意識・実践して、ようやく成果が出る。求める結果を最短距離で出すために、どんなアクションが必要か。そこを見極め、時間を有効に使うビジネススキルが欠かせません。