名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ピエール・ナンテルムの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ピエール・ナンテルムのプロフィール

ピエール・ナンテルム。フランス人経営者。「米国アクセンチュア」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスのエセック経済商科大学大学院(ESSEC)修了後、米国アクセンチュアに入社。チーフ・リーダー・オフィサー、フランス市場統括責任者、金融サービス本部最高責任者などを経てCEOに就任。そのほかフランス・コンサルティング協会会長などを務めた。

ピエール・ナンテルムの名言 一覧

私は毎日のように顧客企業の経営者と議論していますが、誰もが変化の中にチャンスがあると考えている。


経営環境は大きく変化しています。それに応じられなければ、顧客企業との関係性を維持できませんし、競争優位性も保てません。


業績が伸びている理由は、アクセンチュア自身が過去数年、変わってきたからだと考えています。


デジタル化により最も非効率なところが、最も破壊される。


デジタル技術を活用した新たなビジネスモデルの構築を、多くの企業が求めている。


多くの技術や企業を連携させ、デジタル関連サービスを創出する。その際の「アーキテクト(建築家)」のような位置付けにアクセンチュアはなりたいと考えています。「アクセンチュア・デジタル」という全社横断組織を立ち上げ、2万8千人の社員を集結させた意義はここにあります。当社のデジタル関連ビジネスは、グローバルで年間50億ドル(約6千億円)規模に成長しました。


IBMなどは技術については強いでしょう。ただし、業界ごとにIoTをどう活用するかといった専門知識やソリューションの提供では、アクセンチュアが差別化できると考えています。最適なパートナーから技術を調達したうえで、当社が組み合わせて提供するというスタンスです。


ピエール・ナンテルムの経歴・略歴

ピエール・ナンテルム。フランス人経営者。「米国アクセンチュア」会長兼CEO(最高経営責任者)。フランスのエセック経済商科大学大学院(ESSEC)修了後、米国アクセンチュアに入社。チーフ・リーダー・オフィサー、フランス市場統括責任者、金融サービス本部最高責任者などを経てCEOに就任。そのほかフランス・コンサルティング協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

サミュエル・スマイルズ

困難や災禍ほど人を鍛えてくれる。富や運は始め味方のようだがいつか最大の敵となる。


長谷川和廣

ビジネスは戦争だ。よく部下に対して言ってきた言葉です。だから、味方は多いほうがいい。しかし、そんな簡単なことにも気づかず、淡々と上司に命じられた仕事をこなしている人があまりにもたくさんいます。しかし、現代の日本ではほとんどの企業の経営者はダウンサイジングする機会をうかがっています。そして、味方がいない人、敵が多い人がまず先に、会社からはじき出される危険性があります。


宮内義彦

会社を大きくしたら解決すると思っていた問題が、大きくなったことで解決しないばかりか、むしろ大変になった。


佐藤優

昔、モスクワのイラン大使館に行ったときのことです。暗い部屋に通され、やたらに低いソファーに座らされました。向こうは高い椅子に座って、その後ろにはホメイニ師の大きな肖像画がこちらを睨んでいる……。思わずビビってしまうでしょ? ただ、そのとき僕はチャップリンの有名な『独裁者』という映画を思い出しました。チャップリン扮する独裁者ヒンケルが他国の独裁者のナパロニと会う場面。ヒンケルは背が低いから、相手に低い椅子を用意して座らせます。ところがナパロニは、椅子の低さを嫌ってテーブルに座り、立場が逆転してしまう。そんな滑稽なシーンがよみがえってきたんです。ビビる前に心の中で笑ってしまった。じつに原始的な方法だなぁと。


マット・デイモン

シェールガス開発を題材にした理由は、「問題の複雑さ」かな。それぞれの思惑が絡む、複雑な問題なんだ。そんなシェールガス開発の実情は、アメリカ人のアイデンティティーや、アメリカがどこから来て、どこへ向かおうとしているのかを描くのにピッタリだった。ある人にとっては一時的な救世主になるけど、恐ろしい損失の可能性もある。エネルギー業界にとって、想像もつかないような地政学的な利益があると同時に、大きな賭けであったりもするからね。

【覚え書き|映画『プロミスト・ランド』について】


藤井孝一

仕事で結果を出し、評価されている人ほど、何のために働いているのかをきちんと自覚しています。人生の目的や目標がはっきりしないという人は、何にもましてそれを考える時間をねん出することです。人生設計図はそれをブレイクダウンして、具体的なスケジュールに落とし込まなければ効果は出ません。


吉田忠裕

(社風の)原点は、創業者が富山の漁師町である魚津出身ということにあるのではないでしょうか。漁師の世界はいつ嵐になるか、天候が良くなるか分からないわけです。ですから、いつでも船を出せる、または船を港に戻す準備をしておかねばならないわけです。どんな状況になっても自らの判断で対処できるように、しっかり準備をしておくようにと言われていました。


ベンジャミン・フランクリン

今日のたいていの読者は、自分の読む文章の作者が誰であるか、何をしている人かということをある程度知らないうちは、なかなかその文章を褒めたり貶したりしたがらない。


清川肇

海外には行きません。海外でやるなら同じ投資を地元でやります。海外でグローバル展開すれば過度な価格競争に巻き込まれる。価格競争に巻き込まれない最先端の技術を開発し続けて、ここ福井で生き残るつもりです。


ヒデ(お笑い芸人)

ムダなものを買わないコツは、ネットで買わず、店で買うことですね。しかもいきなり買わずに、パンフレットで研究。再び店で「欲しい」と思っても、別のフロアで頭を冷やします。すると、「あ、要らないか」と気づける。


藤井佐和子

日本人はとくに、自分のことを理解してもらうための「発信」を苦手とする人が多い気がします。言いたいことが上手く伝えられなくて相手の誤解を招いたり、言いたいことを我慢して発信しないために、職場のメンバーからの理解や協力が得られなかったりする人が多いのです。それが積み重なると人間関係がこじれ、仕事に支障が生じることにもなりかねません。


安達明彦

独立後、会社員時代のように派手に売って稼げると思ったんです。でも思うように行かず落ち込みました。その時、格闘技経験が活きた。格闘技では当然試合で負けることもあります。でもそこで立ちどまるわけにはいかない。どうすれば次の試合に勝てるか、気持ちを切り替えて、練習方法や作戦を考え直します。それを仕事に応用し、敗因を分析。経営方針を販売型から地域密着型に切り替えました。地元の地主さんたちに顔を覚えてもらうところからリスタートしたんです。