名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ビンセント・ローチの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ビンセント・ローチのプロフィール

ビンセント・ローチ。経営者。「アナログ・デバイセズ」CEO(最高経営責任者)。

ビンセント・ローチの名言 一覧

お客様による製品開発の初期段階から私たちが関与し、お互いの技術を擦り合わせることで、一歩進んだ製品を開発できた成功例が数多くあります。日本のお客様には、当社を、高度なアナログ技術を提供する最も信頼できるリソースと考えていただければと切望しています。


統合を考えた時点での両社の経営状況は極めて良好だったため、短期的視野からは統合は不要と見えたかもしれません。しかし長期的視野においては、補完性の極めて高い両社の力を結集することで、将来のお客様にさらに高い価値を提供できるようになると考えたのです。


買収完了後、精力的に統合作業を進めています。そもそも両社は互いをよく理解していましたし、高性能なテクノロジーに特化しているなど、似通った部分も多かったのです。今は、最大限のシナジーを出せるよう研究開発、製造、基幹システムなどの統合を集中的に進めています。


以前は、ほとんどの企業が垂直統合型の事業の強みを生かしたビジネスをしていました。自社だけで高度なイノベーションを生み出そうとしていたのです。しかし、そのような時代は終わりました。世界の市場は多様で、しかも刻々と変化し続けています。迅速に、かつ継続的にイノベーションを生み出すためには、エコシステムを形成し、世界中の技術、知恵を取り入れ、今までにない新しい形で組み合わせていく必要がありますし、我々はその取り組みを進めています。


ビンセント・ローチの経歴・略歴

ビンセント・ローチ。経営者。「アナログ・デバイセズ」CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

嶋浩一郎

雑記帳を出張先に数冊持って行ったり、枕元に置いて、寝る前にパラパラとめくったり。記憶から抜け落ちていた古いネタと、仕入れたばかりのネタが掛け合わされて「化学反応」が起こることもよくあります。


森内俊之

人生は登っていく時期もあれば、必ず下っていく時期もある。


中村邦晴

思いをぶつければ、思いが返ってくる。そうやって、人と人のつながりが生まれる。入社40年、僕の人生はその都度、「思いの理解者」と出会いながら、ひとつひとつ仕事を積み上げてきたように思う。


本多均

高まったモチベーションを維持する工夫もしています。役職はローテーション制で、多くの社員にチャンスを与える仕組みです。また、そのために机の並びは役職に関係なく全員同列です。同時に、社員のモチベーションを下げる要因を知ることも大切です。社員が不安視している要因を一つずつ取り除き、下地を作ることで初めて、モチベーションは上がるからです。


佐藤琢磨

努力や苦労をしたっていう記憶はないんです。ただ、速くなりたい、上手くなりたいという一心でした。


楠本修二郎

同じワイアードカフェでも出店する場所に合わせて、少しずつ中身を変えているんです。例えばターミナル駅の連絡通路にある店舗なら、1人で利用されるお客さんのために1人掛けの席を多めに作ります。ノマドワーカーが多いエリアなら、カーテンを引けば個室感覚で使える席を用意したりもする。お客さんのタイプも場所によって様々ですから、接客の仕方も変わってきます。だから、マニュアルが作れないんです。


木本茂

個々の能力も大事だが、私は組織で動いていく力を重視している。


和地孝

朝は考えを醸成する時間です。毎朝の起床は原則5時半ですが、そのあと30分ほど時間を取って、自宅周辺を散歩します。この毎朝30分が、一人で考える絶好の機会になるのです。机に向かってウンウン唸ったところで、いい考えが浮かぶことは少ないのですが、山も海も近い環境の中で歩き回っていると、ふと新しい考えが浮かんでまとまっていくものです。この時間に一日のスケジュールも思い浮かべて、会社についたときはすっかりスタンバイができます。


大西洋

人材と現場力が財産。最大の課題は、社員とお取組先すべてが、おもてなしの質を高めていくこと。それはとりもなおさず「現場力」であり、その現場力をつくるのは「人材」。


斉藤惇

私は市場の反応というのが長期的に見ると正しいと思います。株式価値が10年、20年にわたって下がってきて、消費が下がり、GDPの成長がマイナスだったら、それは、そのときの政策が正しくなかったということだと思うんです。


桜井弘(櫻井弘)

「ポイントが3つあります」と指を立てるのと立てないのでは、印象がまったく違う。あとはアイコンタクトも大事。常に相手を見て発信して、聞き手からの情報もキャッチする。日本人はアイコンタクトを嫌がりますが、プレゼンや会議などで「お手元の資料をご覧ください」と下を向かせては駄目。目的を意識して、話し方を磨けば、挨拶一つでも相手に印象づけられます。


小日向文世

劇団にいた頃はゆったりと構えていたのに、最近は神経質になっていて。「セリフを忘れたら……」「舞台に立ち尽くしたらどうしよう」という恐怖があるんですよ。いまのうちにたくさんナーバスになっておいて、本番は楽しみたいと思っています。