名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ビンセント・ローチの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ビンセント・ローチのプロフィール

ビンセント・ローチ。経営者。「アナログ・デバイセズ」CEO(最高経営責任者)。

ビンセント・ローチの名言 一覧

お客様による製品開発の初期段階から私たちが関与し、お互いの技術を擦り合わせることで、一歩進んだ製品を開発できた成功例が数多くあります。日本のお客様には、当社を、高度なアナログ技術を提供する最も信頼できるリソースと考えていただければと切望しています。


統合を考えた時点での両社の経営状況は極めて良好だったため、短期的視野からは統合は不要と見えたかもしれません。しかし長期的視野においては、補完性の極めて高い両社の力を結集することで、将来のお客様にさらに高い価値を提供できるようになると考えたのです。


買収完了後、精力的に統合作業を進めています。そもそも両社は互いをよく理解していましたし、高性能なテクノロジーに特化しているなど、似通った部分も多かったのです。今は、最大限のシナジーを出せるよう研究開発、製造、基幹システムなどの統合を集中的に進めています。


以前は、ほとんどの企業が垂直統合型の事業の強みを生かしたビジネスをしていました。自社だけで高度なイノベーションを生み出そうとしていたのです。しかし、そのような時代は終わりました。世界の市場は多様で、しかも刻々と変化し続けています。迅速に、かつ継続的にイノベーションを生み出すためには、エコシステムを形成し、世界中の技術、知恵を取り入れ、今までにない新しい形で組み合わせていく必要がありますし、我々はその取り組みを進めています。


ビンセント・ローチの経歴・略歴

ビンセント・ローチ。経営者。「アナログ・デバイセズ」CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

中川政七・13代目(中川淳)

商品の企画でまず考えるのは「志」と「ストーリー」です。志とは「こうなりたい」「こうしたい」という思いです。社会的意義や問題意識から生まれます。これがないと商品企画は始まりません。


坂下仁

セミナーの企画に関する付箋はトイレに貼っています。すると、トイレにいる間も考えられるからです。


大串亜由美

プレゼンのはじめに小さいことでいいので問いかけをしてみましょう。質問をすることで聴き手も自分の頭を働かせ、プレゼンに参加することになります。すると、双方向性が出てきます。


南壮一郎

相手によって話す言葉を変えて、伝わりやすいようにしなくてはいけない。転職サイトの事業内容を話すにしても、話す相手が人材業界に詳しい人なのか、IT業界に詳しい人なのか、社員に話すのか、何も知らない人に話すのかでは、言葉選びの段階から変えなくてはなりません。


吉永泰之

何を言われても、どんなしがらみがあっても、トップが素直に課題を直視できるかどうかが重要。「勝てるかどうか」という軸をブラさず、正しいと思ったら本音で話し、実行する。


鈴木敏文

一歩踏み込んで挑戦していくとき、必要なのは目標です。とくに難しいのは数値目標です。その数値は自分たちにとってどんな意味を持つのか。意味の不明確な数値目標は、目標そのものが一人歩きを始める恐れがあるからです。


小川淳司

大切なのは、全員が優勝という同じ方向を向き、選手が自分の力を発揮できる環境をつくることです。


國分文也(国分文也)

現場現場で判断するのは自分自身です。「上司に聞いてきます」では、そのビジネスは終わってしまいます。自分で判断する訓練をしなければ、判断はできないでしょう。


岩野達志

我々は社会を変えていきたい、新しいものをつくっていきたいという志で事業を進めてきました。長い時間軸で、このビジネス(不動産クラウドファンディング)が育つと考え、3年間かけて準備し、ようやく市場も整って、個人投資家の理解も深まり、花開こうというタイミングです。


山崎将志

私にとって遊びといえば、人に会い、ゴルフに行き、ジムに通い、家族と過ごすことです。ときにはドライブにも出かけたい。読書も遊びのうちに入ります。だから平日は6時や7時には帰りたい。遊ぶための時間は戦略的に捻出しなければなりません。それが仕事の生産性を上げるインセンティブになるのです。効率を考えて仕事に取組み、遊んでいる最中に呼び出しがないように仕事は完璧に仕上げ、何かあったときのバックアップをきちんと整えておくのです。


新浪剛史

ローソンは派手なことばかりやっている。社長である僕がマスコミに出て、いつもやれもしないことを大言壮語している。小売りのことをわかっていない、単なる目立ちたがり屋だ。小売業界ではそんなふうに思われているでしょう。僕はむしろ「何もわかっていない素人」だと思われたかった。そう思ってもらっている間に、徹底的に基本を磨き、組織を強化しようと思っていたんです。実際には、基本的なことの実行に90%の経営資源を使っていました。


村田昭治

企業体質が強化され、社内の空気も乱れがなく、「心一致」「政策一致」「考動一致」がみられることが本当の企業成長だ。