ビンセント・ローチの名言

ビンセント・ローチのプロフィール

ビンセント・ローチ。経営者。「アナログ・デバイセズ」CEO(最高経営責任者)。

ビンセント・ローチの名言 一覧

お客様による製品開発の初期段階から私たちが関与し、お互いの技術を擦り合わせることで、一歩進んだ製品を開発できた成功例が数多くあります。日本のお客様には、当社を、高度なアナログ技術を提供する最も信頼できるリソースと考えていただければと切望しています。


統合を考えた時点での両社の経営状況は極めて良好だったため、短期的視野からは統合は不要と見えたかもしれません。しかし長期的視野においては、補完性の極めて高い両社の力を結集することで、将来のお客様にさらに高い価値を提供できるようになると考えたのです。


買収完了後、精力的に統合作業を進めています。そもそも両社は互いをよく理解していましたし、高性能なテクノロジーに特化しているなど、似通った部分も多かったのです。今は、最大限のシナジーを出せるよう研究開発、製造、基幹システムなどの統合を集中的に進めています。


以前は、ほとんどの企業が垂直統合型の事業の強みを生かしたビジネスをしていました。自社だけで高度なイノベーションを生み出そうとしていたのです。しかし、そのような時代は終わりました。世界の市場は多様で、しかも刻々と変化し続けています。迅速に、かつ継続的にイノベーションを生み出すためには、エコシステムを形成し、世界中の技術、知恵を取り入れ、今までにない新しい形で組み合わせていく必要がありますし、我々はその取り組みを進めています。


ビンセント・ローチの経歴・略歴

ビンセント・ローチ。経営者。「アナログ・デバイセズ」CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

アントニオ猪木

1976年、当時のボクシング世界ヘビー級チャンピオンであるモハメド・アリと戦ったことがあります。今になって伝説の名勝負と言われていますが、当時は全然評価されなかった。


岡野雅行(岡野工業)

大企業には何度も騙される。ちょっと上手くいけば、嫉妬した仲間から足を引っ張られる。プレスを始めたときも、それまでは金型屋がプレスに手を出すのは御法度だったから、「生意気だ」と仕事を干されそうになった。ところが苦境に立っても、俺はサラリーマンじゃないから、どうしたらいいか教えてくれる先輩もいない。そこであれこれ工夫して乗り切ってきた。その経験があるから、何とかなるという気持ちになれるんだ。ところが、失敗しないように生きてきた優等生は、そういう経験がないだろ。だから風邪ひいたぐらいですぐ倒れちゃう。こっちはバイキンだらけの中を生きてきてるんだ、免疫力がパンパじゃない。


上山眞文

不動産投資の最大のリスクは「空室」ですが、当社では基本的に、人口が増え続けている都心部の優良物件だけを厳選しています。それも、スタッフが毎日のように地域に強い不動産会社に電話をして、優良物件情報を得ています。本当にいい物件は市場に出る前に業者間で取引されてしまうものだからです。


中條高徳

気を抜くとリーダーというものは、「地位=権威」という錯覚をし始める。


松浪健四郎

格闘技は美の追求です。美しく投げて1本、美しく打って勝ち。レスリングも美しく投げてビッグポイント。したがって、体操も含めてスポーツは美の追求なんです。そのため常に美しいものや素晴らしいものに触れるということが大事。


伊藤洋之輔

管理組合と工事業者の間にいる下請けや孫請けの存在で中間マージンが発生し、コスト高の要因になっています。当社では管理組合と直接取引をすることで費用を抑えています。そのほか工事面では、不必要な場面での組み立て足場をなくし、ロープを活用しています。塗装においても業界の慣習として外壁を3回塗りすることが多いのですが、当社では傷んでいない箇所は1回で済ませます。ある管理組合のケースでは、他社から6千万円の見積もりを受けていた修繕工事を、当社が2千万円弱で担当しました。お客様に喜ばれて紹介が紹介を呼び、営業職が不要な状態です。


宮田孝一

多様な文化、価値観についていける能力は何も外国人とのコミュニケーションに限りません。人口減少と高齢化に向かっている日本では、今後、組織のマネジメントを取り巻く環境も大きく変わるでしょう。女性の活躍や年功序列の崩壊。マネジメントには、いろいろな人の意見に耳を傾け、組織をまとめ上げる能力がますます問われてくるでしょう。


立石義雄

創業家以外から社長を出したことも社員の意識を変えたと思います。頑張れば社長にもなれるんだという意識の変化は、大きなモチベーションにつながります。こういったことは時代の変化に合わせて進化させていく必要があるのです。


北島素幸

俺の場合も、自分のフランスにいた時期を振り返ってみても、あれ以上フランスにいても意味はなかっただろうなと思う。あの頃の自分には、三ツ星や繁盛店の本当のすごさや学ぶべきところというのは、毎日、目の前にあるのに気がつけなかったから。そういうのって独立してはじめてわかるわけです。


オグ・マンディーノ

成功を焦ってはならない。野の百合でさえ自分の季節が巡り来る前に咲くことはないのだ。ひとつの石で瞬時に建てられたピラミッドなどあるだろうか?哀れむべきは忍耐力を持たない人々である。どんな傷も段階を経て少しずつ癒えてゆくではないか。


畑村洋太郎

相手に分かりやすく伝えるために、表現をかみ砕いたり、やさしい言葉に置き換える工夫は、多くの人が実践してきていることでしょう。ただ、言葉の置き換えには注意が必要です。言葉は別の言葉と一対一で等価に対応しているわけではないからです。たとえば「コモンセンス」という言葉を辞書で引けば、「常識」や「良識」といった訳語があてられています。ただ、日本語に置き換えると微妙にニュアンスが変わってしまうのです。


桜田厚(櫻田厚)

私自身は勝ち組という言い方が好きではありません。企業の評価は2種類あります。1つは、業績など数値化できる定量的評価。もう1つは数値化できない定性的な評価です。たとえば好き嫌い、なんとなく応援したいというのがこれに当たります。本来、この2つの評価が一緒になって企業のブランドが作られるわけです。ところが、マスコミのみなさんは、わかりやすい定量的な数字だけに振り回されて、やれ勝ち組だ、負け組だと判断してしまう。


寺脇康文

毎日マラソンと水泳を欠かしません。飲むことや食べることを我慢するのってストレスがたまるだけだから。僕の場合、動いて体型を維持しています。


コリン・アングル

確かに製品のサイズが小さいのは良いことですが、だからといって我々は決して掃除機としての性能を妥協したくありません。結局はきれいに掃除できるロボットが勝るのです。


斉藤惇

社長を引退した人は、社外取締役になるのもいいけれど、教師になるというのもいい。日露戦争で活躍した秋山好古は、退役後に学校の先生になったんです。自分が社会の前線で果たす役割は終わった、あとは先生をやる。そんな感覚で、お金のためじゃなく、自分の経験や知識を後世に伝える、そんな考えで社外取締役をやっていけばいいんだと思います。何かの形で社会に貢献していたいという気持ちがある人は多いでしょう。でも、多くの人が60歳で引退している。


ページの先頭へ