名言DB

9429 人 / 110879 名言

ビンセント・ショーティノの名言

twitter Facebook はてブ

ビンセント・ショーティノのプロフィール

ビンセント・ショーティノ。日本のアニメやドラマを海外向けに配信するサービス「クランチロール」社長。上智大学留学を経て米国ミズーリ大学卒業。その後、クランチロール日本オフィス代表に就任。

ビンセント・ショーティノの名言 一覧

日本は前例やお墨付きを重視しますので、まったく新しいビジネスモデルをなかなか受け入れてくれません。まず最初に海外にパートナーや顧客を作り、そのあとで日本に持ち込むというオプションも検討すべきでしょう。


日本の若者にアドバイスするとしたら、やはりまずは海外に出ていくことでしょう。海外での経験を通してさまざまな知見が得られますし、価値観も広がりを持たせることができます。


ビンセント・ショーティノの経歴・略歴

ビンセント・ショーティノ。日本のアニメやドラマを海外向けに配信するサービス「クランチロール」社長。上智大学留学を経て米国ミズーリ大学卒業。その後、クランチロール日本オフィス代表に就任。

他の記事も読んでみる

クリス・ギレボー

誰でも何かしら趣味や長所を持っていると思います。それらに他人が価値を認めるかどうか、まずは「自分の長所」と「他人の求める価値」との間に接点を見つけることが、起業の第一歩。


金井英之

仕事で成功している人は、みんなコミュニケーション上手です。仕事上のコミュニケーションというと、社外に目が向く人も多いようですが、まずは社内の人脈づくりが重要です。まずは自分の身の回りの人たちに好かれる人間になることです。


藤田晋

それまでの経験は役に立たないわけだから、いままでのキャリアを捨ててもやり遂げるつもりでやりました。やれば意外とできるようになるものです。


小路明善

大切なのは、どの市場でどのようなビールが求められ、我々はそれに対してどのような商品を提供できるかということ。日本が海外事業の司令塔でなければならない理由はない。


酒巻久

国内外を問わず多くの交渉で成功したのは、事前に相手を知り尽くしていたからです。


小林陽太郎

素心深考。その文字が表わす通り、素直な心で、しっかり考えるという意味です。とにかく考える前に早く行動しろといったことが尊ばれる現代だからこそ、あえて時間をかけて思慮することを大切にしたい。そのためには、心のありようが素直なことが不可欠なのです。


小久保裕紀

松下幸之助さんは同じ和歌山出身なので「郷土からこんな大先輩が出られたんだな」と思って、ご著書を何冊も読ませていただいていました。特に繰り返し読んだのが、『指導者の条件』です。ビジネスマンに限らず、スポーツ選手にもすごく参考になることが書かれているので、経営者のための本というより、「人間力の入門書」というのが、私の印象ですね。


小田兼利

やるべきことを見つけ、走り始めたら「やりぬくこと」。いわばマラソンだね。やめたいと思うときもある。だけど絶対に完走するという気持ちが大切。私の場合、周囲の歓声が凄すぎて、途中で棄権できなくなっちゃってるんだけどね。


橋本進(経営者)

君が描いているこれ(設計図)の価値はいくらだと思う? これ(設計図)には1円の価値もない、それどころかマイナスなんだ。顧客は機械で課題を解決するために依頼をするのであって、設計図が欲しいわけではない。設計図はいわば社内決裁書にすぎず、無いに越したことはない。

【覚え書き|同社の技術者に対して】


入山章栄

「グローバル人材」の定義を深く考えていくと、これからのビジネスで真に望まれる人材は2つの方向性に絞られるのではないでしょうか。第一に、「対人交渉力」のように世界中で普遍的に有用な強みを何かひとつ身につけている人材です。大事なことは、この力は国内のビジネス経験でも十分に培うことができるのであり、敢えて海外で修業する必要はない、ということです。第二に、そうでなければある国・地域に徹底的に詳しいスペシャリストになることです。いずれにせよ、「中途半端なグローバル人材化」が一番役にたたない、といえるのかもしれません。