名言DB

9419 人 / 110788 名言

ビル・トッテンの名言

twitter Facebook はてブ

ビル・トッテンのプロフィール

ビル・トッテン。アメリカ・カリフォルニア州出身の経営者。「アシスト」会長。カリフォルニア州立大学卒後、ロックウェル社、システム・デベロップメントに勤務。南カリフォルニア大学経済博士号主語く。その後、来日し、コンピュータソフト販売の株式会社アシストを創業。1990年代の強烈な日米摩擦の最中に『日本は悪くない』を出版したためアメリカ政府からブラックリストに載せられたことからアメリカ国籍を捨て、日本国籍を取得。テレビのキャスターやコメンテーターとしても活躍。

ビル・トッテンの名言 一覧

僕個人は自己管理を徹底していて、恥ずかしいことをすると必ずバレると思っています。


やるべきことをきちんとやっていく、それが天命。


顧客のニーズに応えながら正直に仕事をしていれば、強い信頼関係が生まれ、息の長い取引をしてもらえるようになります。


実践しなければ、学んだことは生かされません。


顧客が必要としていないのなら、無理やりに売り込むようなことはしません。もし顧客にとって有用なものであるならば、ライバル会社の製品でも提案します。


孔子はある王に「あなたが病に倒れず、誰かに殺されることもなく今、王であること、その運命に感謝しなさい」と言いました。同じことは経営者にも言える。社長になれたのも運命だから、社長であることに感謝しなさい。ガバナンスの根底にはこういう意識があると思っているんです。


昔、大きな間違いをしました。かつてはトップダウンでノルマを決めていました。当然、社員はノルマを見るし、それを達成できなかったときの上司の顔色を気にします。お客様よりもノルマ、上司を気にするようになるんです。結果、売るために商品の欠点をお客様に言わなくなる。つまり、誠実ではなくなります。だからノルマの考え方を根本的に改めました。


1980年代頃まで、日本の上場企業の資本のうち8割くらいは銀行からの借り入れでした。それがアメリカ式になったら、四半期の決算が重要で、極論すると秒単位で株が売買されている。そんな環境では、上場企業に長期的視点を持てというのは難しくて当たり前です。


リーダーが変わると会社も変わってしまう。そうではなく、僕がいなくなっても、会社が変わらず継続していくことを考えています。アシスト本舗という会社をつくってホールディングス化したのもそれが理由のひとつです。この持ち株会社は、アシストのことをよく知る、アシストの人で運営しています。これにより、たとえ私がいなくなったとしても、アシストの理念は継続されるようになったと思います。


目が届く範囲でコミュニケーションが取れる仕組み作りが大事。たとえば、部長が5人、課長がそれぞれ5人の部下がいる。そうすると5-5-5の体制だと100人以上の組織でも、きちんと目が届きますよね。この5人というのは、江戸時代の五人組から得た発想です。


僕や現社長の考えだけではなく、社員全体のアイデアで会社が動いています。私も、現社長も、リーダーというよりは指揮者に近いかもしれない。リーダーの会社ではなく、みんなの会社だと思っています。


企業理念は当初こそ、トップダウンで叩き台は作りましたが、創業メンバーで何度も話し合い、社員からも取り入れるべき意見は取り入れて、修正していきました。今でも数年ごとに、変えるべきところは変えています。社員の提言で変更した部分も多い。


お客様を大事にしなければ、お客様にそっぽを向かれて社員が損をする。社員を大事にしなければ、社員がお客様を大事にしてくれない。協力会社をないがしろにすれば、いい製品を供給してくれない。そうなると巡り回って、お客様に満足していただけない。このように、すべてはつながっている。


ビル・トッテンの経歴・略歴

ビル・トッテン。アメリカ・カリフォルニア州出身の経営者。「アシスト」会長。カリフォルニア州立大学卒後、ロックウェル社、システム・デベロップメントに勤務。南カリフォルニア大学経済博士号主語く。その後、来日し、コンピュータソフト販売の株式会社アシストを創業。1990年代の強烈な日米摩擦の最中に『日本は悪くない』を出版したためアメリカ政府からブラックリストに載せられたことからアメリカ国籍を捨て、日本国籍を取得。テレビのキャスターやコメンテーターとしても活躍。

他の記事も読んでみる

津曲孝

最初の頃は、1日9万円の売上げでした。店が半地下なので、店の前に車が停まると店がどこにあるのか分からないので、まずは店の存在を知ってもらうことから始めました。でも、半年後には1日20万円の売上げになり、そこからは右肩上がりで年商が増えていきました。


堀紘一(コンサルタント)

大事な仕事を誰に任せるか、誰を抜擢するかとなったら、学歴や職歴、個別のビジネススキルじゃなく、「彼なら逃げずに責任をもってやってくれる。外に出しても恥ずかしくない」そんな人物を選ぶ。


フィリップ・コトラー

マーケティング部門が孤軍奮闘するだけでは何も変えることはできません。経営トップはもちろん、財務、法務、会計、販売、製造、技術といった各部門が、マーケティングとは何なのか、ブランドとは何なのかということをしっかり理解しておくことが必要です。


三田紀房

「儲ける=悪」というのはあまりにも潔癖すぎます。みんなでお金を回していけば、日本も自分たちも、幸せになるという意識を持たないと。


村井博之

米国では小売は難しいと言われますが、世界最大級のマーケットであることも事実。勝ち方を探る意味も含めて、挑戦したい。


木川眞

褒めることは非常に難しいのです。怒る場合は、1回のミスで瞬間的に叱れます。ですが褒めようとすると、じっくりと相手を観察しなくてはなりません。その意味では、怒ること以上に褒める方がしんどいんです。けれども、褒めあうことができれば仲間意識は高まり、社員同士の絆は深くなります。


奥野宣之

前職で業界紙の記者をやっていた名残もあって、ノートは文庫本と同じサイズのA6判を使っています。他の記者も同じサイズを使っていました。上着のポケットにも入り、いつでも持ち歩いて書き込んだり、見返したりするのに都合がいい大きさです。僕はこの小さなノートを自分で工夫して、備忘録、スケジュール帳、アドレス帳、メモ帳などの機能をすべて一冊で賄えるようにしています。


板東英二

エネルギーの根本にあるのは、欲です。欲しいと思う気持ちがあったら、人間なんか行動をしよる。頭を使い、体も動かす。


染谷光男

英語は下手でも、基礎がしっかりできていれば大丈夫。交渉ごとも条件があいまいなままではサインはしません。自分がわかるまでじっくりコミュニケーションすれば、外国語の問題は克服できる。


永守重信

日本電産が大会社に成長してからも「倒産するのではないか」と心配し、子供の教育資金だけは会社の取引銀行とは別の銀行に預けていた。万一、個人保証を求められても、その分だけは手放さないで済むからだ。