名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ビル・トッテンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ビル・トッテンのプロフィール

ビル・トッテン。アメリカ・カリフォルニア州出身の経営者。「アシスト」会長。カリフォルニア州立大学卒後、ロックウェル社、システム・デベロップメントに勤務。南カリフォルニア大学経済博士号主語く。その後、来日し、コンピュータソフト販売の株式会社アシストを創業。1990年代の強烈な日米摩擦の最中に『日本は悪くない』を出版したためアメリカ政府からブラックリストに載せられたことからアメリカ国籍を捨て、日本国籍を取得。テレビのキャスターやコメンテーターとしても活躍。

ビル・トッテンの名言 一覧

僕個人は自己管理を徹底していて、恥ずかしいことをすると必ずバレると思っています。


やるべきことをきちんとやっていく、それが天命。


顧客のニーズに応えながら正直に仕事をしていれば、強い信頼関係が生まれ、息の長い取引をしてもらえるようになります。


実践しなければ、学んだことは生かされません。


顧客が必要としていないのなら、無理やりに売り込むようなことはしません。もし顧客にとって有用なものであるならば、ライバル会社の製品でも提案します。


孔子はある王に「あなたが病に倒れず、誰かに殺されることもなく今、王であること、その運命に感謝しなさい」と言いました。同じことは経営者にも言える。社長になれたのも運命だから、社長であることに感謝しなさい。ガバナンスの根底にはこういう意識があると思っているんです。


昔、大きな間違いをしました。かつてはトップダウンでノルマを決めていました。当然、社員はノルマを見るし、それを達成できなかったときの上司の顔色を気にします。お客様よりもノルマ、上司を気にするようになるんです。結果、売るために商品の欠点をお客様に言わなくなる。つまり、誠実ではなくなります。だからノルマの考え方を根本的に改めました。


1980年代頃まで、日本の上場企業の資本のうち8割くらいは銀行からの借り入れでした。それがアメリカ式になったら、四半期の決算が重要で、極論すると秒単位で株が売買されている。そんな環境では、上場企業に長期的視点を持てというのは難しくて当たり前です。


リーダーが変わると会社も変わってしまう。そうではなく、僕がいなくなっても、会社が変わらず継続していくことを考えています。アシスト本舗という会社をつくってホールディングス化したのもそれが理由のひとつです。この持ち株会社は、アシストのことをよく知る、アシストの人で運営しています。これにより、たとえ私がいなくなったとしても、アシストの理念は継続されるようになったと思います。


目が届く範囲でコミュニケーションが取れる仕組み作りが大事。たとえば、部長が5人、課長がそれぞれ5人の部下がいる。そうすると5-5-5の体制だと100人以上の組織でも、きちんと目が届きますよね。この5人というのは、江戸時代の五人組から得た発想です。


僕や現社長の考えだけではなく、社員全体のアイデアで会社が動いています。私も、現社長も、リーダーというよりは指揮者に近いかもしれない。リーダーの会社ではなく、みんなの会社だと思っています。


企業理念は当初こそ、トップダウンで叩き台は作りましたが、創業メンバーで何度も話し合い、社員からも取り入れるべき意見は取り入れて、修正していきました。今でも数年ごとに、変えるべきところは変えています。社員の提言で変更した部分も多い。


お客様を大事にしなければ、お客様にそっぽを向かれて社員が損をする。社員を大事にしなければ、社員がお客様を大事にしてくれない。協力会社をないがしろにすれば、いい製品を供給してくれない。そうなると巡り回って、お客様に満足していただけない。このように、すべてはつながっている。


ビル・トッテンの経歴・略歴

ビル・トッテン。アメリカ・カリフォルニア州出身の経営者。「アシスト」会長。カリフォルニア州立大学卒後、ロックウェル社、システム・デベロップメントに勤務。南カリフォルニア大学経済博士号主語く。その後、来日し、コンピュータソフト販売の株式会社アシストを創業。1990年代の強烈な日米摩擦の最中に『日本は悪くない』を出版したためアメリカ政府からブラックリストに載せられたことからアメリカ国籍を捨て、日本国籍を取得。テレビのキャスターやコメンテーターとしても活躍。

他の記事も読んでみる

村口和孝

世の中を観察し理解するためには、机上の空論ではなく、まず積極的な行動が必要。大まかな概要をネットで調べたら、何よりもまず行動することを考えよう。自らその場所に身を置いて、あるいは様々な異なった意見を持つ人から話を聞いて、最初意味は分からずとも、はじめて体験としての観察結果が、得られた直感と共に、体の中に浸み込んで来る。体のすみずみに、一週間なり行動して学習した観察と印象をしみ込ませよう。


野木森雅郁

他人の意見を聞くという態度は、どんな人にとっても有効だと思います。とくに餅は餅屋というように、その道のプロには、外部の人間には敵わない知識や経験の蓄積があるのが普通ですから、そういうものは大いに利用させていただくに限ります。そういう意味では、聞き上手な人というのは間違いなく学習能力が高いといえます。


小宮一慶

どうか皆さんも経済・金融の動きに対して自分なりの仮説を持ち、そこから現実の経済や金融の動きを見つめてください。そうすることで、世の中の動きや自分の金融資産などに対する見え方が違ってくるはずです。世界一の投資家ウォーレン・バフェットがこう言っています。「天と同じく市場は自ら助くるものを助く。しかし、市場は天と違い、右も左もわからぬ者を許さない」


山本ケイイチ

私は、痛みを恐れずに前へ進めることは特別な能力だと思います。全員に備わっているわけではありません。しかも、この能力があるかどうかは誰にもわかりません。だからこそ、私は体を鍛えることを推奨しているのです。例えば筋トレをするとき、自分の体を鍛えるには多少の負荷が必要です。負荷をかければキツいし苦しいけれど、やった分だけ体は応えてくれます。つまり痛みが成長の糧となっていることがわかります。だから、痛みを恐れて前へ進むのをためらってしまう人でもトレーニングでなら、経験則を利用して負荷がかけられていても前へ進もうとするメンタルを鍛えることができると思うのです。


藤田晋

「ありきたりの言葉」は、どれだけ並べ立てても効果はありません。海に水をまくのと同じです。同じ内容を伝える場合でも、言い回し1つで「心に刺さる」かどうかが変わります。だからこそ、言葉選びや言い回しを工夫する必要があります。


赤塚保正

よく「ものづくり・人づくり」と並べられますが、そのどちらもなくては経営は成り立たない。


山本梁介

大阪府立大学との共同研究で「ぐっすり研究所」という睡眠の研究所も立ち上げ、室音や照明などの標準を決めて設計・施工しています。客室で一番問題になるのは廊下から入ってくる音。そこで扉の周りにはゴムパッキンを貼って防音効果を高めています。これで客室には40デシベル以上の音は入ってこないようになりました。これは図書館レベルの静かさです。


廣瀬禎彦

米国にも阿吽の呼吸で意味がわかる言葉もあります。ただ、それはラテン系の人たちの世界や黒人の世界のように、均質な人たちが集まったときの話です。多様な人々がいる公の場では、暗黙の了解を前提にした言葉を使うことはできません。ですから、言葉の定義を明確にしますし、その言葉がどういう人にどう受け取られるのかをきちんと考えるのです。米国系企業が論理的な判断をきちんと実行することには、こうした背景があるのではないでしょうか。


藤原作弥

日銀副総裁への就任を打診された時には3日間、悩み抜きました。「才能もないし、その任にもない」と多くの方に申し上げましたが、最後は公のためだと思いお引き受けすることにしました。


白鳥光良

老後への対策のひとつは、「貯金の山を高くする」こと。すなわち、退職までにできるだけたくさんのお金を貯める。もうひとつは、「収入の期間を長くする」こと。貯金をしたくても余裕がないのが現実。ならば、働く期間を長くして、収入がある状態をできるだけ継続する。貯金が少なくても、一定の収入があれば年金と合わせて生活していくことはできるでしょう。


高橋秀実(髙橋秀実)

うちは、私が怒ると、妻から100倍の怒りが返ってくるんです。でも、結果として「その通りだ」と思うことが多いんです。というのは、観察力、記憶力、決断力、すべてにおいて彼女のほうが優れていますから。


大野直竹

社長時代、支店長になる社員には、長期的視点を持ってもらいたくていつもこう言いました。「君の店の歴代の支店長それぞれの時代に何があったのか調べてみなさい」と。営業成績はもちろん、お客様の広がりなど、誰の時に良いことがあり、誰の時にはそうでもなかったのか。その原因を知っておいた方がいいということです。