名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ビル・トッテンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ビル・トッテンのプロフィール

ビル・トッテン。アメリカ・カリフォルニア州出身の経営者。「アシスト」会長。カリフォルニア州立大学卒後、ロックウェル社、システム・デベロップメントに勤務。南カリフォルニア大学経済博士号主語く。その後、来日し、コンピュータソフト販売の株式会社アシストを創業。1990年代の強烈な日米摩擦の最中に『日本は悪くない』を出版したためアメリカ政府からブラックリストに載せられたことからアメリカ国籍を捨て、日本国籍を取得。テレビのキャスターやコメンテーターとしても活躍。

ビル・トッテンの名言 一覧

僕個人は自己管理を徹底していて、恥ずかしいことをすると必ずバレると思っています。


やるべきことをきちんとやっていく、それが天命。


顧客のニーズに応えながら正直に仕事をしていれば、強い信頼関係が生まれ、息の長い取引をしてもらえるようになります。


実践しなければ、学んだことは生かされません。


顧客が必要としていないのなら、無理やりに売り込むようなことはしません。もし顧客にとって有用なものであるならば、ライバル会社の製品でも提案します。


孔子はある王に「あなたが病に倒れず、誰かに殺されることもなく今、王であること、その運命に感謝しなさい」と言いました。同じことは経営者にも言える。社長になれたのも運命だから、社長であることに感謝しなさい。ガバナンスの根底にはこういう意識があると思っているんです。


昔、大きな間違いをしました。かつてはトップダウンでノルマを決めていました。当然、社員はノルマを見るし、それを達成できなかったときの上司の顔色を気にします。お客様よりもノルマ、上司を気にするようになるんです。結果、売るために商品の欠点をお客様に言わなくなる。つまり、誠実ではなくなります。だからノルマの考え方を根本的に改めました。


1980年代頃まで、日本の上場企業の資本のうち8割くらいは銀行からの借り入れでした。それがアメリカ式になったら、四半期の決算が重要で、極論すると秒単位で株が売買されている。そんな環境では、上場企業に長期的視点を持てというのは難しくて当たり前です。


リーダーが変わると会社も変わってしまう。そうではなく、僕がいなくなっても、会社が変わらず継続していくことを考えています。アシスト本舗という会社をつくってホールディングス化したのもそれが理由のひとつです。この持ち株会社は、アシストのことをよく知る、アシストの人で運営しています。これにより、たとえ私がいなくなったとしても、アシストの理念は継続されるようになったと思います。


目が届く範囲でコミュニケーションが取れる仕組み作りが大事。たとえば、部長が5人、課長がそれぞれ5人の部下がいる。そうすると5-5-5の体制だと100人以上の組織でも、きちんと目が届きますよね。この5人というのは、江戸時代の五人組から得た発想です。


僕や現社長の考えだけではなく、社員全体のアイデアで会社が動いています。私も、現社長も、リーダーというよりは指揮者に近いかもしれない。リーダーの会社ではなく、みんなの会社だと思っています。


企業理念は当初こそ、トップダウンで叩き台は作りましたが、創業メンバーで何度も話し合い、社員からも取り入れるべき意見は取り入れて、修正していきました。今でも数年ごとに、変えるべきところは変えています。社員の提言で変更した部分も多い。


お客様を大事にしなければ、お客様にそっぽを向かれて社員が損をする。社員を大事にしなければ、社員がお客様を大事にしてくれない。協力会社をないがしろにすれば、いい製品を供給してくれない。そうなると巡り回って、お客様に満足していただけない。このように、すべてはつながっている。


ビル・トッテンの経歴・略歴

ビル・トッテン。アメリカ・カリフォルニア州出身の経営者。「アシスト」会長。カリフォルニア州立大学卒後、ロックウェル社、システム・デベロップメントに勤務。南カリフォルニア大学経済博士号主語く。その後、来日し、コンピュータソフト販売の株式会社アシストを創業。1990年代の強烈な日米摩擦の最中に『日本は悪くない』を出版したためアメリカ政府からブラックリストに載せられたことからアメリカ国籍を捨て、日本国籍を取得。テレビのキャスターやコメンテーターとしても活躍。

他の記事も読んでみる

柳井正

いま若い人の中で「頑張らない生き方」が流行っているとも聞きます。しかし、本当ですか?頑張らないで、いったいどうするんですか?私は、生きることはすなわち頑張ることだと思うし、仕事とはつらいことだと信じている。確かに、仕事はつらくて苦しい。しかし、それでこそ正しいのです。楽しく仕事をしたいと言っている人は現実を見つめていない。いい仕事をしようと思ったら、精一杯頑張らないといけない。


田久保善彦

大切なことは「理念」という名前がついているものがあるかではなく、それぞれの会社が何を大切にして商売をしていくのかという根本的な価値観が、広く深く社内に浸透しているかどうか。


寺尾玄

私の人生観は自分の思うままに勝負していくことが最優先で、勝つか負けるかは二の次です。だから破滅も破産も怖くない。


西山昭彦

部下から上司に向けた心配りで最も重要なのは、情報の伝達です。部下の立場では、上司に素早く情報をあげることこそが最良の気遣いといえます。


天谷雅俊

住友金属小倉に社長として就任した当時、平成の大不況で業績は極端に悪化していた。しかも、競争社会の中では当然であるが、分社化を悪くとらえ、存続を危ぶむうわさも流れました。主力製品はシャフトなど重要保安部品向けの特殊鋼で、並み居る強敵も数多く存在していました。住友金属小倉を蘇らせるために構想の要は何かを思案するうちに、古い高炉に目が向きました。通常、高炉は20年から25年も稼働し続ける。それだけに先を読む深謀遠慮が不可欠です。しかし、古い高炉のままでは、二・三年のうちに生産量や品質面で顧客のニーズに応えられなくなり、ジリ貧になっていくのは明白でした。多くの関係者を膝詰めで説得し、高炉建設という乾坤一擲の勝負に打って出ました。


松岡修造

天才・偉才と呼ばれる人は、上から自分を見るような客観的な視点が、自然に持てている。


伊藤友則

平均的な日本企業などもう存在しない。よい会社と悪い会社があるのみ。


アレックス・ラミレス

仕事で行き詰まっている人がいるなら視野を広げることを提案したい。私のポジションは野手です。でも、ピッチャーやキャッチャー、チーム全体を関心を持って見ています。その延長線上には監督の夢もある。仕事にムダはないのです。視野を広げて、自分の新しい可能性を広げていきましょう。


魚谷雅彦

幅広い層に受け入れられるものをつくろうと考えるのではなく、特定の人に支持されるモノをつくろうと発想することが大切です。


岸見一郎

僕もアドラーと一緒で、世界を変えたいと考えています。もちろん、力ずくでは変えることはできません。どういう形で変えられるのか? 自分が変わることによってです。人を変えることはできませんが、自分なら変えられます。


粟飯原理咲

技術ばかりが先行し、新入社員だった私から見ても、これは買わないな……というサイトがほとんどでした。ただ、何か提案したくても、入社一年目の私には説得力がない。そこで、自分と同じようにオンライン・ショッピングを楽しみたい女性10名ほどに声をかけ、生活者の視点からオンライン・ショッピングを語るメーリングリスト『LIFE』を一緒に立ち上げました。
【覚書き|NTTコミュニケーションズ・マルチメディア情報流通推進部に入った当時を振り返っての発言】


加地倫三

自分がすべての仕事をやっていたらキリがない。やるべきことに時間を充てるためには、うまく任せることが大切。