名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ビル・エモットの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ビル・エモットのプロフィール

ビル・エモット。イギリス人ジャーナリスト。ロンドン出身。オックスフォード大学モードリン・カレッジ卒業後、英「エコノミスト」に入社。ベルギー・ブリュッセル駐在、東京支局長などを務めたのち、エコノミスト誌の編集長に就任。その後独立して国際ジャーナリストとして活躍。

ビル・エモットの名言 一覧

人は誰でも間違いを犯す。起こしたミスについて深く反省することは大切だが、それ以上に重要なのは、ミスから何を学び、どのように次に生かしていくか、にある。


世間の関心が短期的なことに集中するのは仕方がないのだが、一方で世界経済を長期の視点で展望する重要性も忘れてはならない。


顧客の信頼を回復するには「すべてをオープンにする」ということに尽きる。どのような体制で、どのように調査を進めているのか。その結果、何が明らかになったのか。その過程をすべて公開していくべきだろう。


既存の産業や企業がパワーを維持した状態では、創造的破壊が起きにくい。立場や世代を超えた「平等」を実現して、開放性を高めなければ、若い人たちのエネルギーは解き放たれない。


開放性を失えば、西洋の繁栄は途絶える。平等でなければ民主主義は成り立たない。この2つの危機は、我々西洋の危機でもある。


いま、日本が最も危惧すべき問題は、人的資本の衰えだ。日本のこれまでの繁栄の礎とも言える人材開発力を、とくに企業が早急に取り戻す必要がある。自然資源が乏しい国がいかに世界各国と競争していくのか。この点において、日本は長らく人的資源開発の手本となってきた。


人材投資こそが、新たなイノベーションを生み出すことは日本の過去の歴史を見れば明らかだ。優秀な学生が労働市場に参加した後も継続して能力を高めていく。地味だが愚直な政策を続けることが、日本経済の今後の発展の基礎となる。政府は何よりも、人的資源の開発に注力すべきだ。


西洋の理念は、実は、悪意を持った内部者によって蝕まれやすいという弱点があります。利己的な大企業や圧力団体が、自分たちの利益ばかりを追求することを、各国政府が許してきました。本当は、打倒すべき「内なる敵」なのに。


西洋の民主主義が繁栄して、多くの国々に広まった原動力は、外からの人材やアイデアといった多様性を受け入れながら、しかも「平等」という理念を貫いたことにあります。あらゆる人々にチャンスが与えられたのです。それによって、西洋社会は信頼され、新たな経済資源が流れ込み、イノベーションが生まれて発展を遂げました。つまり、開放性と平等を失えば、西洋の進化システムが機能しなくなってしまうわけです。


「この会社は何かを隠しているのではないか」という疑念を完全に払拭できなければ、周囲は不祥事が解決したと判断しない。社長をはじめとした経営陣の早期の辞任は逆効果だ。幹部の辞任は、外部の人間から見れば「情報の隠蔽」行為に映ることさえもある。たとえ、やめる必要があったとしても、まずは情報の開示に努めるべきだ。


ビル・エモットの経歴・略歴

ビル・エモット。イギリス人ジャーナリスト。ロンドン出身。オックスフォード大学モードリン・カレッジ卒業後、英「エコノミスト」に入社。ベルギー・ブリュッセル駐在、東京支局長などを務めたのち、エコノミスト誌の編集長に就任。その後独立して国際ジャーナリストとして活躍。

他の記事も読んでみる

西岡常一

功利的なことを考えずに、時間をかけてもええから、本当の仕事をやってもらいたい。ごまかしやなしに、ほんまの仕事をやってもらいたい。


宗次徳二

現場主義を貫けたことと後継者に恵まれたことが何よりうれしい。会長退任のお別れ会で、私は社員にそう話しました。その日まで店の制服を着て、腕まくりで働き、その精神を継いでくれる人間にバトンを渡せたからです。浜島俊哉社長は18歳からアルバイトとして壱番屋で働きはじめ、当社を隅々まで知っている。彼が我々夫婦を追い越してくれたのだから、安心して退任できました。


古森重隆

決断に際して不安や迷いはありません。もちろん、レストランで何を頼もうといったどうでもいいようなことで迷うことはあります(笑)。でも、大事なことを決める時は、断行して、絶対成功させようと力がみなぎってきます。


齋藤孝(教育学者)

話が面白い人と面白くない人を分けるポイントは、ネタか視点の角度かタイミングです。


松下幸之助

一流の人材ばかり集めると会社はおかしくなる。世の中、賢い人が揃っておれば万事上手くいくというものではありません。賢い人は、一人か二人いればたくさんです。


イチロー(鈴木一朗)

野球界に限らず、どの世界でもそうだと思いますけど、自分のできることをとことんやっていきたいという意識があるか、ないか、そういうことだと思うんですよ。首位打者を獲ったとか獲らないとかということじゃなくて、2割5分の選手であっても、自分のできることを、完ぺきには無理でも意識の中でできた人間であれば、適当にやった3割5分の選手よりもプライドを持って相手に立ち向かえると思うんです。どっちが人間として優秀かといわれると、決して適当にやった3割5分を残したほうじゃない。


盛田昭夫

会社はお金を儲けるのを目的としているのだから、経理数字は会社の仕事を測るモノサシである。


宮永俊一

私の座右の銘は「生は奇なり、死は帰なり」です。死は大地に帰ることであり、人生は仮の宿にすぎない、という中国の故事です。縁あって与えられたいまの人生、何事にも前向きに頑張りたい。


渡辺捷昭

問題意識を持つためには、謙虚さも必要です。問題意識の原点というのは、現状に満足しない気持ちです。対して慢心や傲慢さというのは問題発見能力を著しく減退させます。「ナンバーワンになるのは目前」と持ち上げられて「ひょっとしたらそうかもしれないな」「うちがナンバーワンだ」と社員が思うようになったら、トヨタという会社はもう終わりだと思っています。


白洲次郎

英国では会社の社長に給仕がお茶を持ってきたら、必ず「ありがとう」という。当り前のことだが気持が好い。日本でも子供に親がもっとこういうことを教えなければいけない。これがほんとうの民主教育というものだと、僕は思う。


深澤真紀

習い事とは「役に立つ」ことだけでなく、できれば「習ったことを誰かに教えられる」ことを目標にした方がよいのです。先生になることでなくても、誰かに教えようと意識して習うことと、なんとなく習うことでは、覚え方が全然違うからです。


森健次朗

集中するためにまず大切なのは、「うかつに勉強を始めないこと」です。直前まで取り組んでいたことや、勉強の前に起きた出来事を引きずったまま机に向かっても、集中できるわけがないからです。そこで重要になるのが、勉強モードにスイッチを切り替えるための「儀式」です。参考になるのは、アスリートが試合中に行なうルーティンです。野球のイチロー選手は打席に入ったとき、ピッチャーに向けてバットを立てるというルーティンを行ないます。自分の中で勉強前のルーティンを作っておくと、それを行なうだけで自然と集中力のスイッチを入れることができるようになります。