名言DB

9412 人 / 110637 名言

ビル・エモットの名言

twitter Facebook はてブ

ビル・エモットのプロフィール

ビル・エモット。イギリス人ジャーナリスト。ロンドン出身。オックスフォード大学モードリン・カレッジ卒業後、英「エコノミスト」に入社。ベルギー・ブリュッセル駐在、東京支局長などを務めたのち、エコノミスト誌の編集長に就任。その後独立して国際ジャーナリストとして活躍。

ビル・エモットの名言 一覧

人は誰でも間違いを犯す。起こしたミスについて深く反省することは大切だが、それ以上に重要なのは、ミスから何を学び、どのように次に生かしていくか、にある。


世間の関心が短期的なことに集中するのは仕方がないのだが、一方で世界経済を長期の視点で展望する重要性も忘れてはならない。


顧客の信頼を回復するには「すべてをオープンにする」ということに尽きる。どのような体制で、どのように調査を進めているのか。その結果、何が明らかになったのか。その過程をすべて公開していくべきだろう。


既存の産業や企業がパワーを維持した状態では、創造的破壊が起きにくい。立場や世代を超えた「平等」を実現して、開放性を高めなければ、若い人たちのエネルギーは解き放たれない。


開放性を失えば、西洋の繁栄は途絶える。平等でなければ民主主義は成り立たない。この2つの危機は、我々西洋の危機でもある。


いま、日本が最も危惧すべき問題は、人的資本の衰えだ。日本のこれまでの繁栄の礎とも言える人材開発力を、とくに企業が早急に取り戻す必要がある。自然資源が乏しい国がいかに世界各国と競争していくのか。この点において、日本は長らく人的資源開発の手本となってきた。


人材投資こそが、新たなイノベーションを生み出すことは日本の過去の歴史を見れば明らかだ。優秀な学生が労働市場に参加した後も継続して能力を高めていく。地味だが愚直な政策を続けることが、日本経済の今後の発展の基礎となる。政府は何よりも、人的資源の開発に注力すべきだ。


西洋の理念は、実は、悪意を持った内部者によって蝕まれやすいという弱点があります。利己的な大企業や圧力団体が、自分たちの利益ばかりを追求することを、各国政府が許してきました。本当は、打倒すべき「内なる敵」なのに。


西洋の民主主義が繁栄して、多くの国々に広まった原動力は、外からの人材やアイデアといった多様性を受け入れながら、しかも「平等」という理念を貫いたことにあります。あらゆる人々にチャンスが与えられたのです。それによって、西洋社会は信頼され、新たな経済資源が流れ込み、イノベーションが生まれて発展を遂げました。つまり、開放性と平等を失えば、西洋の進化システムが機能しなくなってしまうわけです。


「この会社は何かを隠しているのではないか」という疑念を完全に払拭できなければ、周囲は不祥事が解決したと判断しない。社長をはじめとした経営陣の早期の辞任は逆効果だ。幹部の辞任は、外部の人間から見れば「情報の隠蔽」行為に映ることさえもある。たとえ、やめる必要があったとしても、まずは情報の開示に努めるべきだ。


ビル・エモットの経歴・略歴

ビル・エモット。イギリス人ジャーナリスト。ロンドン出身。オックスフォード大学モードリン・カレッジ卒業後、英「エコノミスト」に入社。ベルギー・ブリュッセル駐在、東京支局長などを務めたのち、エコノミスト誌の編集長に就任。その後独立して国際ジャーナリストとして活躍。

他の記事も読んでみる

竹島一彦

物事が終わってから後講釈で批評することが多いのも日本社会の特徴ですが、私は「だったら自分でやればいいじゃないか」と実践してきました。出る杭は打たれる。そうした性格や行動が災いして叩かれもしてきましたが、大いに鍛えられてきたのも事実です。


知野雅彦

日本には独自の素晴らしい経営システムがあり、それが経済成長を支えた時代もありました。しかし、イノベーションの加速によりプロダクトライフサイクルが一気に短縮した今の世界では、環境変化への迅速な対応が重要。


田中孝司(経営者)

「役員補佐制度」という制度を導入しています。例えば、社長の私には男性2人と女性1人の3人が補佐として付いています。社内には役員補佐は、役員候補であることを宣言しています。役員会などにも出席してもらって、会社全体を見て物事を考えられるように鍛えるのが目的です。


長榮周作(長栄周作)

社長はいつもニコニコしているほうが、仕事ははかどると思っています。社員が率先して意見を言い合いますし、会議も前進します。


八幡紕芦史

経営者のプレゼンが製品の売れ行きを左右する。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

世間で言われている「睡眠神話」は基本的に万人には当てになりません。睡眠のありかたには個人差があり、良い睡眠を得る方法にも「万人向けの正解」はないのです。良い眠りのコツは、「正解」ではなく、自分用の「最適解」を探り出すことです。自分に合った方法を見つけ、カスタマイズしていくことが大切です。


原田泳幸

経営で大切なのは、時代の流れに即し事業の成長性を見極めること。


レイ・クロック

帽子をきちんとかぶらず、靴の手入れが行き届いていないのは、ずぼらな思考の表れである。


進藤孝生

旧新日本製鉄と旧住友金属工業が経営統合し、1年6カ月経ったところで経営のバトンを受け取りました。人事総務畑が長く、(旧新日鉄の)歴代社長の多くが歩んだ営業の経験はありません。丁々発止とは縁遠かった。今は、納得感を醸成するタイプの経営者が必要な時期なのだと受け止めています。


藤井薫(編集者)

働く喜びを感じられている人には共通項があって、それを私たちは「3C」と呼んでいます。まずはご自身の働き方を振り返って、この確認をしてみてください。足りない「C」を探すことが大事です。

  1. 「Clear」自分の持ち味・やりたいことの軸が分かっているか。
  2. 「Choice」それらが生かされる仕事や職場を自ら選択しているという自己選択感があるか。
  3. 「Communication」上司・同僚と密に意思疎通できる職場環境があるか。

姫野友美

甘いものを食べると脳にエネルギーが補給され、シャキつとすると思われがちですが、糖分の摂りすぎは逆に脳の働きを悪くします。お菓子やジュース、缶コーヒーに入っている糖分は意外と多く、摂取すると急激に血糖値が上昇します。すると体内ではインスリンが多量に分泌され、血糖値を下げようとするため、集中力の低下や疲労感、眠気を引き起こします。脳はこの状態を糖分が足りないと判断。また甘い物がほしくなって、つい食べてしまいます。これでは血糖値が乱高下して、よけいイライラが増す悪循環に。インスリンの過剰分泌は脂肪がつきやすくなるうえ、糖尿病や高血圧の原因にもなりますので、甘い物は要注意です。


スガシカオ

自己暗示じゃないけど、毎日鏡に向かって、オレは才能がある、天才だ、天才だ、って言い続ける感じですよ。自己暗示という名の麻酔を自分にかけ続けて会社を辞めた(笑)。普通に考えたらリスキー以外の何物でもないからね。麻酔で痛みをなくして恐怖感をなくしたんだと思う。


森川亮

私は組織を「サバンナ」のような状態にしました。360度評価制度にして、上司、同僚、部下から、その人が「いないとダメ」「いなくてもいい」の2つの軸で評価する仕組みにした。そして、「いなくてもいい」と判断された人には改善を促し、変わらないなら仕事から外します。そうすると、自分から餌を取りに行かないと組織にいられなくなる。組織を「競争の激しいサバンナ」にして、頑張って結果を出している人が報われるような環境を築いたのです。


鳥越慎二

ストレスをため込むとものごとに集中できなくなり、長い文章を読んで理解することが難しくなります。ちょっと複雑な内容の長いメールを打つと返事が返ってこないとか、すごく遅れるとか、返信のパターンの変化に兆候が表れますね。


井上聡(経営者)

ヒップホップには「ラップバトル」というものがあり、お互い即興で相手のことを罵り合っていく。相手の言葉に瞬時に反応しなくてはなりませんから、準備なんてできません。まさに瞬間、瞬間の勝負。こうした瞬間の勝負というのは、うまくいかないととても苦しいけれど、うまくいくと最高に楽しい。仕事も本当はそうだと思うのです。