名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ビル・エモットの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ビル・エモットのプロフィール

ビル・エモット。イギリス人ジャーナリスト。ロンドン出身。オックスフォード大学モードリン・カレッジ卒業後、英「エコノミスト」に入社。ベルギー・ブリュッセル駐在、東京支局長などを務めたのち、エコノミスト誌の編集長に就任。その後独立して国際ジャーナリストとして活躍。

ビル・エモットの名言 一覧

人は誰でも間違いを犯す。起こしたミスについて深く反省することは大切だが、それ以上に重要なのは、ミスから何を学び、どのように次に生かしていくか、にある。


世間の関心が短期的なことに集中するのは仕方がないのだが、一方で世界経済を長期の視点で展望する重要性も忘れてはならない。


顧客の信頼を回復するには「すべてをオープンにする」ということに尽きる。どのような体制で、どのように調査を進めているのか。その結果、何が明らかになったのか。その過程をすべて公開していくべきだろう。


既存の産業や企業がパワーを維持した状態では、創造的破壊が起きにくい。立場や世代を超えた「平等」を実現して、開放性を高めなければ、若い人たちのエネルギーは解き放たれない。


開放性を失えば、西洋の繁栄は途絶える。平等でなければ民主主義は成り立たない。この2つの危機は、我々西洋の危機でもある。


いま、日本が最も危惧すべき問題は、人的資本の衰えだ。日本のこれまでの繁栄の礎とも言える人材開発力を、とくに企業が早急に取り戻す必要がある。自然資源が乏しい国がいかに世界各国と競争していくのか。この点において、日本は長らく人的資源開発の手本となってきた。


人材投資こそが、新たなイノベーションを生み出すことは日本の過去の歴史を見れば明らかだ。優秀な学生が労働市場に参加した後も継続して能力を高めていく。地味だが愚直な政策を続けることが、日本経済の今後の発展の基礎となる。政府は何よりも、人的資源の開発に注力すべきだ。


西洋の理念は、実は、悪意を持った内部者によって蝕まれやすいという弱点があります。利己的な大企業や圧力団体が、自分たちの利益ばかりを追求することを、各国政府が許してきました。本当は、打倒すべき「内なる敵」なのに。


西洋の民主主義が繁栄して、多くの国々に広まった原動力は、外からの人材やアイデアといった多様性を受け入れながら、しかも「平等」という理念を貫いたことにあります。あらゆる人々にチャンスが与えられたのです。それによって、西洋社会は信頼され、新たな経済資源が流れ込み、イノベーションが生まれて発展を遂げました。つまり、開放性と平等を失えば、西洋の進化システムが機能しなくなってしまうわけです。


「この会社は何かを隠しているのではないか」という疑念を完全に払拭できなければ、周囲は不祥事が解決したと判断しない。社長をはじめとした経営陣の早期の辞任は逆効果だ。幹部の辞任は、外部の人間から見れば「情報の隠蔽」行為に映ることさえもある。たとえ、やめる必要があったとしても、まずは情報の開示に努めるべきだ。


ビル・エモットの経歴・略歴

ビル・エモット。イギリス人ジャーナリスト。ロンドン出身。オックスフォード大学モードリン・カレッジ卒業後、英「エコノミスト」に入社。ベルギー・ブリュッセル駐在、東京支局長などを務めたのち、エコノミスト誌の編集長に就任。その後独立して国際ジャーナリストとして活躍。

他の記事も読んでみる

月岡隆

大義には徹底的にこだわります。石油業界はだらしないとか儲からないとか言われますが、利益を上げて何に使うかが問われていると思うんです。やはり一緒に働いている仲間の社員を大切にすることと、次の時代の大義につながる投資に果敢に挑戦することが大事じゃないかと。これからもたとえ経営が厳しい時でも、信念を一本貫いて行く会社としてやっていきたい。


岩澤誠一郎

運用の醍醐味は短期でもうけること。直近の上げ相場でどんな人が勝っているかを見るのは重要。


永守重信

人生のゴールは人それぞれで、豊かな生活や成功を望まないのであれば、それはそれでいい。ただ、後から文句は言ってはいけない。今、周りの同世代を見渡すと、努力しなかったことを後悔する人はたくさんいます。しかし、「こんなに頑張ってきたのに」と、悔いる人はほとんどいない。


小林栄三

ビジネスの成功確率をいかに高めるか。これに腐心してきました。たどり着いたのは、やはり人材の重要性です。だから部下の教育には執念を持って当たりました。


田口三昭

アイデア次第でどんな取り組みもできることを楽しみ、空振りを恐れずバットを振り続けてほしい。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

本人に言い訳の自覚がないのは、彼らにとってそれこそが事実だからです。「言い訳」を聞く側は、そこで本当は何か起こっていたのかを丁寧に見極める必要があります。


河盛好蔵

多くの人が絶望を感じ、不可能と判断することに対しても青年は希望を失わない。反対に多くの人々にとって自明の理と考えられていることがらについても、一応これを自分の目で見、自分の頭で考えてみる熱意と努力を惜しまない。天才が長い努力の結果到達した地点に、自分もまた出発点から自分の足で歩きなおしてみようとする野心を胸に一杯抱く。


佐野恵一

事業を始めた当初、「佐野さん、思いは分かったよ」とか「その理想はすばらしいね」といった励ましの言葉をよくいただきました。しかし、そのあとに続くのはたいてい「でも現実は……」という表現です。しばらくのあいだ「それもそうですね」と話を聞いていたのですが、いまは違います。「佐野さん、理想は分かったからさ」というようなコメントをいただいたら、「これだけは理解してもらいたい、あと5分しゃべらせてください」と堂々と言って、15分くらい話したりします(笑)。そこで黙っていてはダメなのです。押しつけるわけではないけれど、相手にしっかり理念を共有してもらうことが重要です。


オリヴィエ・ブロ

今回の展覧会のように、文化のプロとしても働くことになるとは、以前の私は想像もしていませんでした。しかし、人間は誰しも、たとえずっと同じ分野で仕事をしている人であっても、一つの分野だけに閉じ込められて生きてはいません。仕事や専門分野だけではなく、環境や教育、そして仕事以外でどんな興味を持っているかということも、その人に大きな影響を与えます。私の場合、美に対する興味をずっと持っていて、それが現在の仕事にも生きている。だから、自分が全く新しいところに足を踏み入れているという感覚はありません。


北尾吉孝

学び、調べ、知恵を絞り、創意して考える力はペーパーテストでは計れません。やはり論文を書かせると面白い着眼点を持っている人は、常に意識が高いことが分かります。


山崎将志

20代で資格取得の勉強に励むのは大いに結構なのですが、30代でそれをやるのはあまりお勧めできません。30代になって新しい資格を身につけても勝負できないからです。25歳の新人会計士と35歳の新人会計士がいたら、ほとんどの会計事務所は若い人を採用します。同じ能力を持っている人なら、若い人の方が伸びしろがありますから。


木村新司

社会に貢献できる会社を作り、成功までの道筋や努力の仕方を若い世代に伝えたい。半分は「教育者」のような立場だと思う。