名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ビリー・ブランクスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ビリー・ブランクスのプロフィール

ビリー・ブランクス。アメリカのエアロビクス指導者、ビリーズブートキャンプ創始者。ペンシルベニア州出身。世界で一大ブームを巻き起こした。

ビリー・ブランクスの名言 一覧

この場所へ心が導いてくれた。明日の場所へ心が導いてくれる。


俺をタフな男に変えたのは空手との出会い。肉体だけでなく内面が変わらなければ、本当に強いカラダは手に入らない。


根性あるのみ。途中で諦める人も多い。心のトレーニングも必要ってわけだ。


トレーニングをして満足感を得る人がいるけど、それは長続きしないよ。大切なのは内面を磨くこと。


ブートキャンプをやり遂げて、自信をつかめば必ず変わる! さあもっと声を! モア・パワー! 力はあなたの手の中にある!


捨て身になるんだ。きっとやり遂げられる。それが最初の一歩だ!


力はあなたの手の中にある。自分がいま持っているものを信じて。I believe!


誰のための運動ですか? ボスのためですか? これをやり遂げなければ、人生まで諦めてしまいますよ。変わりたいという気持ちさえあれば、自分は変えられる。自分自身を諦めるな。君は心も意思も強い。最初の一歩を踏み出せば理想に近づけるんだ。苦しいときこそ頑張るんだ。カモーン、俺について来い!


ビリー・ブランクスの経歴・略歴

ビリー・ブランクス。アメリカのエアロビクス指導者、ビリーズブートキャンプ創始者。ペンシルベニア州出身。世界で一大ブームを巻き起こした。

他の記事も読んでみる

石田淳(コンサルタント)

「1日1時間勉強する」と決めた後、なかなか守れず挫折する人は意外と多い。非常にもったいないですね。それなら、「1日10分」と量を減らせばいいだけです。「そんな小さい努力をしてもムダでは?」と思うかもしれませんが、継続は必ず力になるものです。


川本佐奈恵

ここでやめたら自分は何も達成していないという負い目を感じていた昔の自分に戻ってしまう。そうした自分を変えたいという思いが強かったから、勉強を続けられたのだと思います。実際、性格も変わりました。「忙しいから」「子供がいるから」などと言い訳を言うことがなくなりましたから。


山下俊彦

企業というのは1つの人間集団ですから、社長ひとりがたとえどんなに非の打ちどころがないくらい働いても、それだけではダメなんです。やっぱり、社員が動いてくれないと。


嶋津良智

「やる」「やらない」が8:2になってからの決断はあまり意味がありません。事業でいえば、このレベルの決断で成功するようなことは、すでに誰かがやっています。6:4や5:5レベルの微妙なところで決断できるからこそ、先行者利益が得られるのです。


森下一喜

深く悩めば悩むほど、事態が好転するなら良いのですが、そうとは限りません。むしろ、あまりに考え込むと、結果が出るのが怖くなって身動きが取れなくなり、かえって事態を悪化させることが多いと思うのです。それなら、下手に悩むより、今できるすべてのことを全力で取り組むことを考えたほうがいい。


平林実

社長室でふんぞり返っていないで現場へ。それが何よりも大切です。


佐藤孝幸

自分の物差しや価値観で判断してしまったり、これまでの成功体験や先入観に縛られると、相手が本当に何を望んでいるのか理解できなくなってしまうことがあります。自分の価値観や先入観にはこだわらず、相手の立場に立って想像力を働かせることが大切です。


正垣泰彦

数字に強くなりたいなら、割り算を得意にすることです。割り算の良い点は、大きな数字を「人員数」や「作業時間数」などで割ることで、「l人当たり」「時間当たり」といったイメージしやすい数字に変換できることにあります。こうすれば目標に落とし込みやすい。


大山健太郎

企業の再生で大事なのは、従業員のやる気をそがず、かつ自主的に再建を任せて自信をつけさせることです。


布施孝之

通常のビール製造において重要なことは、全国のどの工場でつくっても、いかに品質を同じにするかです。でも、今回はあえて地域ごとに特色のあるビールを醸造長たちにのびのびとつくってもらいました。


山口ひろみ(経営者)

相手の気持ち、お客様の気持ちが分かる人。相手の気持ちを慮ることのできる人。そして、商品をお勧めするからには自分たちの商品に愛着を持ち、商品の効能や特性をよく理解する。そういう人たちは伸びています。


高田明(ジャパネットたかた)

物事を人へ伝えるときに大切なのは情熱。人間は情熱を持てるか持てないかで、パフォーマンスが大きく変わります。見ている人、聞いている人は、パフォーマーが本当に伝えたいと思っているかどうかを、目や耳で感じているからです。