名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ビリー・ブランクスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ビリー・ブランクスのプロフィール

ビリー・ブランクス。アメリカのエアロビクス指導者、ビリーズブートキャンプ創始者。ペンシルベニア州出身。世界で一大ブームを巻き起こした。

ビリー・ブランクスの名言 一覧

この場所へ心が導いてくれた。明日の場所へ心が導いてくれる。


俺をタフな男に変えたのは空手との出会い。肉体だけでなく内面が変わらなければ、本当に強いカラダは手に入らない。


根性あるのみ。途中で諦める人も多い。心のトレーニングも必要ってわけだ。


トレーニングをして満足感を得る人がいるけど、それは長続きしないよ。大切なのは内面を磨くこと。


ブートキャンプをやり遂げて、自信をつかめば必ず変わる! さあもっと声を! モア・パワー! 力はあなたの手の中にある!


捨て身になるんだ。きっとやり遂げられる。それが最初の一歩だ!


力はあなたの手の中にある。自分がいま持っているものを信じて。I believe!


誰のための運動ですか? ボスのためですか? これをやり遂げなければ、人生まで諦めてしまいますよ。変わりたいという気持ちさえあれば、自分は変えられる。自分自身を諦めるな。君は心も意思も強い。最初の一歩を踏み出せば理想に近づけるんだ。苦しいときこそ頑張るんだ。カモーン、俺について来い!


ビリー・ブランクスの経歴・略歴

ビリー・ブランクス。アメリカのエアロビクス指導者、ビリーズブートキャンプ創始者。ペンシルベニア州出身。世界で一大ブームを巻き起こした。

他の記事も読んでみる

宇治原史規

先輩たちを見ていても、経験値が高い人はやっぱりすごい。自分自身の経験だけでなく、そういう先輩の言葉から学ぶこともたくさんあります。相方や後輩の言葉から学ぶこともある。周囲をよく見て、人の言葉によく耳を傾けていると、本当にいろいろなところにヒントがあります。教科書のように答えがひとつにまとめられていないけれど、これが生きた教科書やないか、と気づきました。


臼井由妃

会話中にいい話だなと思ったときにメモをとると、相手には関心を持って話を聞いていることが伝わります。目上の人には「すごくいい話なので、メモをしてもいいですか」と断ってメモをすれば、うなずきや相づち以上の効果があります。


井上雄彦

自分に対して「本当にそれは自分かよ」と問うた時に、ちゃんと「そうです」って答えられるようでありたい。


森川陽太郎

会議や商談などでテンパった時、わざとボールペンを下に落としてみましょう。テンパっている時は、たいがい相手のペースに飲まれていることが多い。ペンを落として拾うことで、その流れを意識的に断ち切ることができ、自分のペースを取り戻せます。


カール・ルイス

自分でコントロールできないことを排除して、できることに集中するんだ。


相神典夫

「継続」は座右の銘でもありますが、そこに会社があり、そこに人がいて初めてその仕事に携われる。そこにミッションを持って事業を継続していければ、必ず新しいことに対応していける。


佐々木常夫

出世の妨げになりかねない家族の問題を、会社に申告すべきかどうかの判断からして大変難しいものでした。最初は言い出せずに一人で抱え込んでいましたが、周囲に打ち明け会社に申告したら、とたんに物事がスムーズに運ぶようになりました。職場の協力、親族や地域のコミュニティの助力がなければ、仕事と介護は両立できません。まずは問題をオープンにして、周囲に協力を求めるべきなのです。


永守重信

もう世界を見据えないと会社の将来はありません。そして、やるからには世界トップを目指します。国体やアジア大会でなく、目標はオリンピックの金メダルですよ。


酒井貞彦

私が社長の座を創業メンバーの一人に譲ったのは、経営陣の若返りが主目的です。背景には私なりの信念がありました。それは「格好いいうちに引き継ぐ」です。仕事をこなせる体力がまだ十分にあり、ものごとを的確に判断する能力もあるうちに、自分のほうから一歩下がる。経営者は自分がみじめになっては戦うことができません。それは、政治家やスポーツ選手でも同じことだと思います。


川端克宜

どんな環境に置かれようとも、お客様に支持される商品を出していけば会社は成長できる。


水島広子

グチで気をつけるべきは、人の悪口を言わないこと。人の行動を非難するのではなく、「自分がどう感じたか」自分の感情を中心に伝えるのがいいでしょう。そのほうが聞く側も共感しやすくなりますし、悪口による人間関係の悪化も防げます。


加藤薫

最大のライバルは1社に絞り込めません。グーグルやフェイスブック、アマゾン・ドットコムなど多くのネット企業がモバイルをカギとしながら、より多くの顧客との質の高い関係構築にしのぎを削っています。各社とも経路は異なるが、目指すべき到達点はドコモとよく似ています。各社が目指すポジションにいち早くたどり着くことで、我々の存在感を示したい。