名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ビリー・ブランクスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ビリー・ブランクスのプロフィール

ビリー・ブランクス。アメリカのエアロビクス指導者、ビリーズブートキャンプ創始者。ペンシルベニア州出身。世界で一大ブームを巻き起こした。

ビリー・ブランクスの名言 一覧

この場所へ心が導いてくれた。明日の場所へ心が導いてくれる。


俺をタフな男に変えたのは空手との出会い。肉体だけでなく内面が変わらなければ、本当に強いカラダは手に入らない。


根性あるのみ。途中で諦める人も多い。心のトレーニングも必要ってわけだ。


トレーニングをして満足感を得る人がいるけど、それは長続きしないよ。大切なのは内面を磨くこと。


ブートキャンプをやり遂げて、自信をつかめば必ず変わる! さあもっと声を! モア・パワー! 力はあなたの手の中にある!


捨て身になるんだ。きっとやり遂げられる。それが最初の一歩だ!


力はあなたの手の中にある。自分がいま持っているものを信じて。I believe!


誰のための運動ですか? ボスのためですか? これをやり遂げなければ、人生まで諦めてしまいますよ。変わりたいという気持ちさえあれば、自分は変えられる。自分自身を諦めるな。君は心も意思も強い。最初の一歩を踏み出せば理想に近づけるんだ。苦しいときこそ頑張るんだ。カモーン、俺について来い!


ビリー・ブランクスの経歴・略歴

ビリー・ブランクス。アメリカのエアロビクス指導者、ビリーズブートキャンプ創始者。ペンシルベニア州出身。世界で一大ブームを巻き起こした。

他の記事も読んでみる

石川康晴

仮説がいくら優れていても、正しいとは限りません。「ちょっと違うなぁ……」と感じたら、たとえ「朝令暮改」であっても、修正する勇気が必要。周りの人たちに影響を与えてしまうならば、修正する「目的」と「理由」を説明する。これを面倒くさがって強行突破しようとすると、仕事はだいたい失敗します(笑)。


山光博康

うちは、「こんなのあったら便利だな」と思ったもので、世の中にないものを商品化しているだけ。


小林一雅(小林製薬)

私自身、マーケティングを「市場創造のための活動全般」と捉えており、商品開発や人事、ライバルとの競争やM&A(合併・買収)など、あらゆる局面でマーケティングの視点を活用しています。


皆木和義

信玄は「自分が人を使うのは、その人の業(わざ)を使うのだ」という言葉を残している。リーダーが人を使うとき、肩書や見た目で人を判断せず、その人物がどのような能力を持っているかに重点を置くべきということである。


山村輝治

従来の直接訪問型に加えて多様な営業形態を取り入れています。その上でもひとつひとつのサービスに心を込めて行なう姿勢は、これまで同様に堅持していくことが大切です。


柳楽幸雄

当社の主力製品はフイルムやシートですが、多くの機能や価値を埋め込んでいるからこそ、様々な応用を見つけて広がってきました。次々と新しい価値を創造した結果が、1万3500種類もの製品群になっているわけです。これが他社には真似のできない強みです


小池百合子

政治にもビジネスのような「共感」が必要。私にとっては、お金をかけずに、「大義と共感」で日本人の持っている良さをどうやって引き出すかが大事。


小澤竹俊

「自分の能力」というまぶしい光を消してみると、家族、友人、職場の仲間、今まで出会った患者さん、ご家族、そして信仰が、自分を支えてくれていたことが見えてきます。「支えを得ている」という実感は、自分のしていることの価値の認識に繋がり、周囲にも優しくなることができ、再び患者さんと向き合えました。


尾﨑孝博(尾崎孝博)

実際のⅡ型糖尿病の臨床試験を実施しており、優位性も出ているのですが、日本でトクホ(特定健康保険用食品)として商品を販売するためには、健常者に対して臨床試験を実施しなければならないのです。しかし健常者に対して試験を行い、効果を証明することにはあまり意味が感じられません。そのような背景もあり、現在は日本よりも健康食品を展開するのがスムーズなアラブ首長国連邦をはじめとする海外で販売をしています。


中村俊輔

自分が輝くためには、まず周りを輝かせなければならない。


守安功

上の立場にいる人の場合、自分が話すことよりむしろ、部下が話しやすい環境をつくる方が重要です。サービスに関する情報が部下から上がってこなければ、有効な戦略を立てることもできません。


ケリー・マクゴニガル

教師として、メンターとして、最も重要な私の役割は、すべての学生が完全にコミュニティーの一員になれるよう、手助けすることだと考えています。私の仕事は、誰が上手に発言するか、評価することではありません。すべての声が届くような場を作ることが、私の仕事なのです。