名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ビリー・ビーン(球団経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ビリー・ビーン(球団経営者)のプロフィール

ビリー・ビーン。米国フロリダ州出身の球団経営者、メジャーリーグ選手(外野手)。高校時代から活躍し、卒業後ニューヨークメッツにドラフト1巡目指名で入団。メッツ、ミネソタ・ツインズ、デトロイト・タイガース、オークランド・アスレチックスなどを渡り歩き引退。現役時代はあまり活躍できなかった。引退後はアスレチックスの球団スタッフとなりスカウトとして活動を開始する。その後ゼネラルマネージャーとなり、経営不振・成績不振のアスレチックスの復活に貢献。メジャーリーグの名ゼネラルマネージャーの一人に数えられた。

ビリー・ビーン(球団経営者)の名言 一覧

慣習でもおかしいと思うことは改める必要がある。


評価に関しては何を基準にするかが重要だ。かつての大リーグでは、投手の投げるフォームやルックスなども評価に影響していた。投げ方がおかしければ評価が下がったし、ルックスがよければ評価が上がるといった具合だ。これらは最終目的である勝利には関係ないが、長らく当然のように受け入れられていた。


報酬に見合った働きをしているのであれば問題はない。ただどこの世界にも報酬をもらいすぎている人、逆に過小評価されている人はいるものだ。経営者の立場にあれば、報酬をもらいすぎている人への過剰な支払いを止め、過小評価されている人に目をつけて引き立てるべきだ。


相変わらず予算が限られているので、コストが安く済む若い選手を中心にチームを編成せざるを得ない。ただその中でもデータを駆使してベストを尽くすことに変わりはない。


野球の攻撃ではアウトにならない(出塁する)こと、長打で多くの塁を奪うことが勝利につながる。出塁するために四球を選ぶのも立派な手だ。選球眼がいいことは評価のポイントになる。また、長打を打つにもパワーなど特別な能力が必要だ。こうして出塁率や長打率に優れた他球団の選手を探していると、評価が低い(年俸が低い)選手が何人か見つかった。彼らはすでに選手としてピークを過ぎていたり、守備に不安があったりといった理由で不遇な扱いを受けていた。しかし、他球団から見えればマイナスのこうした要因も、我々からしてみれば解消は可能だった。


データは「勝利に結びつくもの」と「そうでないもの」を峻別した。それまで球界で重視されてきたのは打率と打点だった。しかし、このふたつは偶発性に左右される要素が強い。当たりが悪くてもたまたま野手がいないところにボールが飛べばシングルヒット程度にはなる。多くの打点をあげられたとしても、それは自分の打席の前にランナーが溜まっていたからだ。そこで我々が注目したのは、こうした偶発性に左右されにくい出塁率と長打率だ。


スカウトの経験則や主観があまりあてにならないことは、私自身が身をもって思い知った。私は超高校生級選手として期待され、ドラフト1位でニューヨーク・メッツに入団したが結果を残せず9年でユニフォームを脱ぐことになった。人の将来性を見抜くのは難しい。他人を評価するときには、どうしても偏見が入ってくる。そこで客観的なデータを重視することにした。


ビリー・ビーン(球団経営者)の経歴・略歴

ビリー・ビーン。米国フロリダ州出身の球団経営者、メジャーリーグ選手(外野手)。高校時代から活躍し、卒業後ニューヨークメッツにドラフト1巡目指名で入団。メッツ、ミネソタ・ツインズ、デトロイト・タイガース、オークランド・アスレチックスなどを渡り歩き引退。現役時代はあまり活躍できなかった。引退後はアスレチックスの球団スタッフとなりスカウトとして活動を開始する。その後ゼネラルマネージャーとなり、経営不振・成績不振のアスレチックスの復活に貢献。メジャーリーグの名ゼネラルマネージャーの一人に数えられた。

他の記事も読んでみる

白坂亜紀

一流の人は、まずお店の雰囲気を壊す飲み方をしません。周りに気を配って、皆が楽しく飲めるよう心掛ける方ばかり。そしてそれは別れ際にも表れていて、混んできたタイミングですっと席を立ったり、目立たないけど頑張っているボーイくんを労ったり、最後の最後まで周囲への気配りがすごいんです。


高橋かのん

怒りの奥には恐れがある。たとえばそのことで、「上司である俺の評価が下がるんじゃないか」「部下に軽んじられてるんじゃないか」など。それに気づくことが大事。自分の恐れのせいで、部下を怒鳴っても無意味であることがわかるはずです。仕事をする本来の目的は「部署全体の成果を出すこと」であって、部下を怒りで支配することではありません。ミスをした部下に「どう言えば、部署全体の成果に結びつくのか」と考えれば、怒りをぶつけることはなくなるはず。


石川朋之

学生を対象にスタートしましたが、会社に入って元気をなくしたら意味がない。そこで企業も元気にしたい。企業が成長すれば地域が潤う。人の成長を軸に、地域が活性化するサイクルをつくっていきたい。


庄田隆

より良い新薬を継続的に創出していけるかどうかという問題は、企業規模では解決できません。


山崎元

会社は自分を絶対に守ってくれる存在ではない。仕事に困らないためには、自分自身が持っている価値しか頼れないと自覚すべき。


吉田博一

若さというものは、心の様相に反映されるものです。サミュエル・ウルマンの「青春」という詩のとおり、希望があれば、人は何歳でも若くいられます。


虚淵玄

大学生のころに映画サークルにいたんです。自分の監督作は頓挫してしまったんですが、ほかの自主制作映画を手伝っていたことがあったので、ありものの素材でいかにやりくりするか。いかにロケ地をごまかすか、といったやり口を見ていたのがかなり糧になりましたね。


藤野英人

業績がいい会社はすでに注目されていて割高だという意見もあるでしょう。しかし、業績がいいのに過小評価されている会社はたくさんあります。ビジネスモデルが古い会社は、プレミアムがつかないので過小評価されがちです。たとえばカラオケ店や産廃会社などで堅実なところがあれば狙い目です。


井上礼之

普遍的な考え方やノウハウなど、優れているものならば、買収側、被買収側にかかわらず、どんどんトランスファー(移転)し合えばいい。お互いの自主性や文化の違いを認め合いながら、一緒にやっていくことでいつの間にか融合する領域が広がって成功する、というのがM&Aの理想型だと思います。


笹氣健治

断れない人の多くは、「断ると相手を拒否したことになる」とネガティブに捉えています。そういう人は、断れば「人間関係が壊れてしまうのではないか」「自分に対する評価が悪くなるのではないか」といった不安に駆られて、断れなくなっていることが多い。


赤井益久

世界から日本を見ると、新たなイノベーションや開拓にもっとチャレンジする必要性を感じます。とはいえ、チャレンジには失敗が伴うので、それを恐れて無難になりがちです。これでは最先端のイノベーションは生まれてきません。失敗を恐れない姿勢をどう作るか、それが今の時代に大切だと考えています。


永田豊志

図解は記憶力を高め、アイデアを豊かにするだけでなく、世界共通で使えるというのも魅力の一つ。以前、台湾に行った際のこと。通訳を介してコミュニケーションを取っていたのですがラチが明かないので、図を描いて説明したところ、言葉が通じないのにすぐに伝わりました。