名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ビリー・ビーン(球団経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ビリー・ビーン(球団経営者)のプロフィール

ビリー・ビーン。米国フロリダ州出身の球団経営者、メジャーリーグ選手(外野手)。高校時代から活躍し、卒業後ニューヨークメッツにドラフト1巡目指名で入団。メッツ、ミネソタ・ツインズ、デトロイト・タイガース、オークランド・アスレチックスなどを渡り歩き引退。現役時代はあまり活躍できなかった。引退後はアスレチックスの球団スタッフとなりスカウトとして活動を開始する。その後ゼネラルマネージャーとなり、経営不振・成績不振のアスレチックスの復活に貢献。メジャーリーグの名ゼネラルマネージャーの一人に数えられた。

ビリー・ビーン(球団経営者)の名言 一覧

慣習でもおかしいと思うことは改める必要がある。


評価に関しては何を基準にするかが重要だ。かつての大リーグでは、投手の投げるフォームやルックスなども評価に影響していた。投げ方がおかしければ評価が下がったし、ルックスがよければ評価が上がるといった具合だ。これらは最終目的である勝利には関係ないが、長らく当然のように受け入れられていた。


報酬に見合った働きをしているのであれば問題はない。ただどこの世界にも報酬をもらいすぎている人、逆に過小評価されている人はいるものだ。経営者の立場にあれば、報酬をもらいすぎている人への過剰な支払いを止め、過小評価されている人に目をつけて引き立てるべきだ。


相変わらず予算が限られているので、コストが安く済む若い選手を中心にチームを編成せざるを得ない。ただその中でもデータを駆使してベストを尽くすことに変わりはない。


野球の攻撃ではアウトにならない(出塁する)こと、長打で多くの塁を奪うことが勝利につながる。出塁するために四球を選ぶのも立派な手だ。選球眼がいいことは評価のポイントになる。また、長打を打つにもパワーなど特別な能力が必要だ。こうして出塁率や長打率に優れた他球団の選手を探していると、評価が低い(年俸が低い)選手が何人か見つかった。彼らはすでに選手としてピークを過ぎていたり、守備に不安があったりといった理由で不遇な扱いを受けていた。しかし、他球団から見えればマイナスのこうした要因も、我々からしてみれば解消は可能だった。


データは「勝利に結びつくもの」と「そうでないもの」を峻別した。それまで球界で重視されてきたのは打率と打点だった。しかし、このふたつは偶発性に左右される要素が強い。当たりが悪くてもたまたま野手がいないところにボールが飛べばシングルヒット程度にはなる。多くの打点をあげられたとしても、それは自分の打席の前にランナーが溜まっていたからだ。そこで我々が注目したのは、こうした偶発性に左右されにくい出塁率と長打率だ。


スカウトの経験則や主観があまりあてにならないことは、私自身が身をもって思い知った。私は超高校生級選手として期待され、ドラフト1位でニューヨーク・メッツに入団したが結果を残せず9年でユニフォームを脱ぐことになった。人の将来性を見抜くのは難しい。他人を評価するときには、どうしても偏見が入ってくる。そこで客観的なデータを重視することにした。


ビリー・ビーン(球団経営者)の経歴・略歴

ビリー・ビーン。米国フロリダ州出身の球団経営者、メジャーリーグ選手(外野手)。高校時代から活躍し、卒業後ニューヨークメッツにドラフト1巡目指名で入団。メッツ、ミネソタ・ツインズ、デトロイト・タイガース、オークランド・アスレチックスなどを渡り歩き引退。現役時代はあまり活躍できなかった。引退後はアスレチックスの球団スタッフとなりスカウトとして活動を開始する。その後ゼネラルマネージャーとなり、経営不振・成績不振のアスレチックスの復活に貢献。メジャーリーグの名ゼネラルマネージャーの一人に数えられた。

他の記事も読んでみる

守安功

ネットオークションはヤフーが強いし、ショッピングでは楽天が強い。何かナンバーワンになれる分野をつくらなくてはいけないということで目をつけたのが、携帯電話を使ったオークションでした。当時、携帯でインターネットをする人が増えていましたが、ヤフオクはPC向けだったので、携帯からは使いづらい。だからうちは、携帯用に新しいものをつくった。これがヒットしました。


前沢孝夫

「こんなことはできないかな?」と誰かが言ったら、自然に部門を越えて人が集まって動き出す。全社が渾然一体となって臨機応変に動くような組織が理想。


築山節

脳が冴えるのは1日に2回くらい。1回につき、最大2時間くらいです。いつそのタイミングが来るかは人それぞれなので、自分の脳が冴えている時間帯を把握して、そこで集中して考える仕事をするようにします。


石田淳(コンサルタント)

短期間で成果を求めるあまり、高いハードルを設けて、結局は長続きしない人が多い。あまり高いハードルを設定しても、長続きしません。まずは少しずつ始めることが、長続きのコツです。


相原孝夫

結局大切なのは「人柄力」です。会社はハイパフォーマーだけを優遇するわけではありません。場を和ませるムードメーカーの存在も必要。ヘッドハンターは、有能でも評判の悪い人は敬遠し、新しい現場に溶け込む人柄の良い人を選びます。生き残る上でこの視点も大切にしてほしい。


藤原和博

報酬とは、もちろん仕事の対価として得られるものですが、自分が積み上げてきた信頼と共感の関数=信用度に対して支払われるものでもあります。いくら能力や自信や知名度があろうと、他者からの信用が得られないような仕事の仕方をしていたら、素晴らしい実績を挙げることはできないでしょう。報酬は決して信用度に先立つものではなく、信用度があってこそ手にすることができるものです。


松藤民輔

ジパングは民間企業ですが、国益に資する企業でありたいと願っており、日本の産業界にとって必要な資源は、自分たちで確保していきたいと思います。


小暮真久

相手に共感しながら本音を引きだしたり、適切な質問をして情報を深掘りするスキルは、多くの日本人が苦手としています。一方、欧米の人たちはこれらのスキルが非常に高い。聞くスキルが弱いと何が問題かといえば、新しい情報が入ってこないこと。相手の話を聞かず、「それは俺の考えとは違う」と一蹴してしまったら、周囲から「あの人には何も話したくない」と思われて当然です。


山久瀬洋二

異文化が入り混じるグローバルな仕事では、「コミュニケーション=柔軟性」がカギを握る。


片山善博(政治家)

明治維新、終戦直後……。日本はダメになって初めて気づくんです。歴史からは学ぶことが多いですよ。


吉永小百合

実際私も子供のころ、すごく貧乏だったんですけど、みんな貧乏だったんですよ、ほとんど。だからそれはちっとも恥ずかしいことじゃなかったし、むしろそういう経験は、私自身にとっては財産になっていると思うんですけど。今の子供たちは、そういう厳しい体験をしていないでしょう。これから大きくなったときに、ちょっと心配な気がします。


宮田孝一

私は社長室でじっとせず、現場に頻繁に足を運び、直接声を聞くようにしています。上司が待っていたらダメ。実際、自分が若いときは役員のところに行きたいとは思わなかったですから。