ビリー・ビーン(球団経営者)の名言

ビリー・ビーン(球団経営者)のプロフィール

ビリー・ビーン。米国フロリダ州出身の球団経営者、メジャーリーグ選手(外野手)。高校時代から活躍し、卒業後ニューヨークメッツにドラフト1巡目指名で入団。メッツ、ミネソタ・ツインズ、デトロイト・タイガース、オークランド・アスレチックスなどを渡り歩き引退。現役時代はあまり活躍できなかった。引退後はアスレチックスの球団スタッフとなりスカウトとして活動を開始する。その後ゼネラルマネージャーとなり、経営不振・成績不振のアスレチックスの復活に貢献。メジャーリーグの名ゼネラルマネージャーの一人に数えられた。

ビリー・ビーン(球団経営者)の名言 一覧

慣習でもおかしいと思うことは改める必要がある。


評価に関しては何を基準にするかが重要だ。かつての大リーグでは、投手の投げるフォームやルックスなども評価に影響していた。投げ方がおかしければ評価が下がったし、ルックスがよければ評価が上がるといった具合だ。これらは最終目的である勝利には関係ないが、長らく当然のように受け入れられていた。


報酬に見合った働きをしているのであれば問題はない。ただどこの世界にも報酬をもらいすぎている人、逆に過小評価されている人はいるものだ。経営者の立場にあれば、報酬をもらいすぎている人への過剰な支払いを止め、過小評価されている人に目をつけて引き立てるべきだ。


相変わらず予算が限られているので、コストが安く済む若い選手を中心にチームを編成せざるを得ない。ただその中でもデータを駆使してベストを尽くすことに変わりはない。


野球の攻撃ではアウトにならない(出塁する)こと、長打で多くの塁を奪うことが勝利につながる。出塁するために四球を選ぶのも立派な手だ。選球眼がいいことは評価のポイントになる。また、長打を打つにもパワーなど特別な能力が必要だ。こうして出塁率や長打率に優れた他球団の選手を探していると、評価が低い(年俸が低い)選手が何人か見つかった。彼らはすでに選手としてピークを過ぎていたり、守備に不安があったりといった理由で不遇な扱いを受けていた。しかし、他球団から見えればマイナスのこうした要因も、我々からしてみれば解消は可能だった。


データは「勝利に結びつくもの」と「そうでないもの」を峻別した。それまで球界で重視されてきたのは打率と打点だった。しかし、このふたつは偶発性に左右される要素が強い。当たりが悪くてもたまたま野手がいないところにボールが飛べばシングルヒット程度にはなる。多くの打点をあげられたとしても、それは自分の打席の前にランナーが溜まっていたからだ。そこで我々が注目したのは、こうした偶発性に左右されにくい出塁率と長打率だ。


スカウトの経験則や主観があまりあてにならないことは、私自身が身をもって思い知った。私は超高校生級選手として期待され、ドラフト1位でニューヨーク・メッツに入団したが結果を残せず9年でユニフォームを脱ぐことになった。人の将来性を見抜くのは難しい。他人を評価するときには、どうしても偏見が入ってくる。そこで客観的なデータを重視することにした。


ビリー・ビーン(球団経営者)の経歴・略歴

ビリー・ビーン。米国フロリダ州出身の球団経営者、メジャーリーグ選手(外野手)。高校時代から活躍し、卒業後ニューヨークメッツにドラフト1巡目指名で入団。メッツ、ミネソタ・ツインズ、デトロイト・タイガース、オークランド・アスレチックスなどを渡り歩き引退。現役時代はあまり活躍できなかった。引退後はアスレチックスの球団スタッフとなりスカウトとして活動を開始する。その後ゼネラルマネージャーとなり、経営不振・成績不振のアスレチックスの復活に貢献。メジャーリーグの名ゼネラルマネージャーの一人に数えられた。

他の記事も読んでみる

宮内義彦

バブル崩壊の頃、多くの企業は余っていたお金を証券や不動産に投資していました。私どもは証券投資を一切やっていませんでしたが、不動産には融資をしていました。ただ、これは怪しいぞということで、他社より半年から一年早く撤退を開始した。会社が生き残っているのは、あのときいち早く撤退する決断ができたからです。


松本洋(コンサルタント)

自分の会社のミッションや目標が分からなければどこに向かって仕事をすればいいのかわからない。


中村扇雀・3代目

結局、歌舞伎って、好きになるか嫌いになるかの両極なんです。芸能としては優れたものだから、はまる人は絶対にはまる。


鈴木桂治

崖っぷちに立っている気持ちは、いまも変わりません。でもいまは、顔を上げて柔道が好きだと言える。生涯、柔道着を身につけていたい。


安藤広大

部下の声に必要以上に耳を傾け、納得して動いてもらおうと思うのはムダです。部下が納得するかどうかではなく、未来のために必要かどうかで判断しないといけません。そして、チームを勝利に導く事で、集団(会社)が獲得出来る利益が増え、結果的に部下が獲得出来る利益を増やしてあげる事にも繋がるのです。


近藤太香巳

社員がやめたときに重要なのは、「なぜ」辞めたのかを考えることです。家庭の事情というのはイレギュラーな理由ですから仕方ありません。しかし、ミスがきっかけとなったというのは、そのミスに対する上司の対応に理由があったと考えるべきでしょう。大切なのは、「そこに愛はあるのか」ということです(笑)。


熊谷正寿

夢あるところに行動がある。行動は習慣をつくり、習慣は人格をつくり、人格は運命をつくる。


石塚しのぶ

色々と研究してみると、規模も業種も様々な会社が企業文化、つまり価値観の共有を基盤とした経営で頭角を現していることがわかりました。アメリカでは、特に、中小企業がこの「価値観主導」の経営とリーダーシップを導入し、地域社会で尊敬され、顧客や社員に愛される会社として活躍しています。そのムーブメントは「スモール・ジャイアンツ(小さくても偉大な会社)」と呼ばれ、注目を浴びています。


岡野雅行(岡野工業)

うちは「誰にもできない仕事をする」をモットーにしている。プレス加工のポイントになる深絞りという技術では抜きんでていると思う。深絞りは一枚の平らな金属の板をいくつもの工程を経ながら順に筒状に加工する技術だ。30年以上間にステンレスを深絞りで加工し、ライターケースを作ることに挑戦した。以来「誰にもできない仕事をする」という信念のもとに仕事をしている。


川邊健太郎

情報感度を高めるには「情報を主体的に捉える」ことが重要です。たとえばニュースである会社の不祥事の謝罪会見が流れたとする。それを見て、「大変そうだなあ」ではなく、「自分だったら防ぐことができたか」「自分だったらどういう態度を取るだろう」などと考える。他人事ではなく自分事として考えるのです。すると、「なぜこうなったのか?」といった疑問が出てくる。そして「ではこの情報も調べてみよう」と、必要な情報が集まってくる。情報を主体的に見ていれば、情報はどんどん集まってくるのです。


ドナルド・トランプ

ニュースが簡単に手に入る時代だから、どこに住んでいようと知らないことの言い訳はもうできない。情報は誰にも開かれている。だから情報と断絶していたらいずれ自分が損をする。


福嶋康博

再挑戦する時、同じ失敗を繰り返してはいけません。失敗すると、そこには必ず失敗の原因となる問題点があります。その問題点を解決した上で、改めて挑戦するのです。それでも上手くいかなければ、別の問題点を探りだして再び行動します。3回も失敗すると「これはまずい」と本質的な間違いに気づくはずです。


一瀬邦夫

急速に出店してきたので、新しく入って慣れていない人たちがステーキを焼くことになります。それでもおいしいものを出し続けなければいけない。店舗を指導するスーパーバイジングを厚くし、「社長道場」や「店長会議」で実技練習もきちんとして、社員のレベルを上げていく努力を並行してやっているから、それができる。


仲暁子

少し残念に感じるのは、日本ではビジネスパーソン同士で「本について語り合う」ような場面があまりないということです。海外では大人が数人集まれば「あの本、読んだ?」「あの一節は最高だった」と盛り上がることがしばしば。特に経営者の集まりなどでは、地球温暖化や人類の未来といった、壮大なテーマについて書かれた本が話題の中心になることが多いですね。


福地茂雄

全員は主役になれないが、助演がいいと舞台が光る。主演だけでは舞台は成り立たない。


ページの先頭へ