名言DB

9413 人 / 110706 名言

ビスマルクの名言

twitter Facebook はてブ

ビスマルクのプロフィール

オットー・フォン・ビスマルク。オットー・エドゥアルト・レオポルト・フュルスト(侯爵)・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン。プロイセン、ドイツの政治家。プロイセン王国宰相、ドイツ帝国初代帝国宰相。19世紀のドイツ統一に大きな貢献を果たした。「鉄血宰相」の名で知られている。

ビスマルクの名言 一覧

青年に勧めたいことは、ただ3語に尽きる。すなわち「働け、もっと働け、あくまで働け」だ。


賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ。


ビスマルクの経歴・略歴

オットー・フォン・ビスマルク。オットー・エドゥアルト・レオポルト・フュルスト(侯爵)・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン。プロイセン、ドイツの政治家。プロイセン王国宰相、ドイツ帝国初代帝国宰相。19世紀のドイツ統一に大きな貢献を果たした。「鉄血宰相」の名で知られている。

他の記事も読んでみる

尾崎元規

毎日毎日コツコツと続ける努力の積み重ねこそが大事です。半年間山にこもって勉強しても、その後の日々を安易に過ごしていたら何にもなりません。いきなりスーパーショットを打つ必要はありません。それよりも長い期間コツコツと努力を積み上げることによってこそ、大きな成果も生まれるのだと思います。


児玉光雄

リレハンメル冬季五輪の金メダリスト、ダン・ジャンセンは、1日も欠かさずトレーニング記録をつけることを日課にしていました。そこには目標記録と実際の記録がびっしりと書き込まれていたのです。漠然とした目標ではなく、クリアすれば確実に金メダルを獲得できる目標記録があったからこそ、ジャンセンは過酷なトレーニングを見事に克服したのです。


春田真

もともと好奇心が強く、興味が広いんです。今はネットの世界にいますが、興味はそこだけじゃないですから、また、ひとつのことをやり続けることもないと思いますね。要は、よくばりなんですよ。


松下正幸

経営上のさまざまな困難に際したときに、幸之助はわりと的確な判断を下したと、世間様からは言われております。あれは動物的な勘が非常に冴えていたのではないかというふうに思われているフシもございますが、それも常日頃から、あらゆる国の、あらゆる地域の、あらゆる階層の、あらゆる地位の人に、分け隔てなく、いろんな話を聞いていたからだと思います。そういった蓄積から総合判断して、「この場合はこういう方向に進めばいいのではないか」というふうに判断を下していた。単なる勘ではなくて、そういう総合的で、非常に奥の深い、生の現場の知識を自分のものにしていたからこそできたことでしょう。


小笹芳央

人間とは社会的な生き物で、万人が人との関係性の中で生きています。人間という字は、「人」の「間」に生きるという存在であり、自分ひとりでは何もできません。


イセオサム

アプリはコアコンセプトを大きく変えるとダメになる。


早見和真

僕としては『ひゃくはち』から『イノセント・デイズ』まで、ひたすら同じことをやってきたつもりでいて。それは物の見方の話です。『ひゃくはち』は「新聞がお仕着せてくるような、汗と涙とキラキラした高校球児だけが正解なのか?」と。登場人物たちは煙草を吸って合コンしてるけど、甲子園へ行きたいという気持ちは純粋なものだし、それを肯定することはできないのかなって思ったんです。『ぼくたちの家族』もそう。社会通念でいえば素晴らしくよくできた家族像に対して「本当に幸せですか?」と疑問を投げかけたかったんです。ただ、何を書いても読者に刺さってる感じ、伝わってる感じがなかった。同じようなテーマで、もっと分かりやすいことをしなくちゃいけないんだなって焦りがあった時に『イノセント・デイズ』の設定を思いついたんです。つまり「凶悪犯罪者」は本当に「凶悪」な「犯罪者」なのか、と。


桜井正光

強ければいい、利益が出ればいいというものではありません。世界で信頼される企業になることが必要です。


高田紘一(髙田紘一)

中小企業だからこそ、小回りを効かして、ちょっとした知恵と改革をすれば新しいビジネスが生まれる。


立川志らく

私も必死に気をまわして、「師匠が求める以上のことをやってやろう」と決めました。例えば師匠が「月に2席、噺を覚えろ」と言えば4席覚え、「俺はこれが好きだ」と言った映画を全部観て、好きな懐メロも聴いて……という具合に。同じものを好きになればそりゃ師匠も可愛がってくれます。


若林正恭

正直に言うと、これ以上正論が強くなることが僕は怖い。同調圧力や全体主義、そして排除の気配を感じてしまう。でも、それらは今後さらに強まると思う。正論はたぶん正しい。でも、面白くはない。「共感できないけど一理あるかも」って脳がパッカーンってなるあの瞬間が好きなのにな。


住谷栄之資

誰にも邪魔されないところで、一人静かに自分を振り返り、次の戦略を練る。これは昔からずっと続けている習慣です。そういう時間の大切さも、いつかキッザニアで子供たちに教えていけたら面白いかもしれません。


正垣泰彦

ビジネスの数字はすべて意味がある。私は常に数字にこだわって経営をしてきました。


清水康一朗(清水康一郎)

私のセミナービジネスは知識や知恵、ノウハウを扱っています。今の世の中、そこにお金が集まると実感しています。


前田晃伸

毎日、「辞めろ」と言われ続けました。辞めるのは簡単ですが、経営を立て直すのが仕事である経営者がここで辞めたのでは、あまりにも無責任だと思ったんです。「軌道に乗るまでは絶対にやめるな」というのが周囲の大半の意見でしたし、僕自身もそう思いました。
【覚書き|日本興業銀行、第一勧業銀行、富士銀行の合併後、大きなシステムトラブルが起きた当時を振り返っての発言】